Windows利用率公開、8年間の歴史に幕(2020年12月)

2021年1月 2日

前月でWindows 10が9割を突破。

そして今回の2020年12月分でWindows 7サポート終了から丸一年経過。10台中9台以上のWindowsが10となり、10への移行は結局のところ上手く行ったと言えども過言ではないかと。

1ヶ月間の集計よりWindowsシェア。

アクセス総数をGoogle Analytics(以下、GA)より。

windows-share-2020-12-sm.gif

 

Windowsバージョン別の利用率

GAよりWindowsのバージョン別シェア。

windows-share-2020-12-ga.gif

今回も10が9割をキープ。

他のバージョンは8.1以外全てサポート終了しているため、今すぐ買い換えるか今夜買い換えるか検討しましょう。と言いつつ私は終了した7を1年使い続けているのだけれども。正直、Windowsアップデートが皆無なので超快適、とか言ってはいけませんな。

推移。

windows-share-2020-12-ex.gif

10の角度が半年くらいなだらかに。

同時に7の微減も8系に近付いているように見え、8はほぼ8.1なのでサポート終了しておらず、7は終わっているので8系よりも下へ潜り込む可能性がありますな。

前月との差。

windows-share-2020-12-ba.gif

5月を過ぎてからは動きほぼ無し。 

世界シェアをStatCouterより。

windows-share-2020-12-ww.gif

こちらはなぜか10が減少。

2ヶ月連続でブレが出ていると言いたいけれど、StatCounterあるあるで本当に2連続で減っているはず。どういう集計方法なのか不明なので不明。 

国内(当サイト)と世界(StatCounter)の推移と予測。

windows-share-2020-12-fc.gif

線形近似の最新にピタリと寄った。

 

Windows利用率公開、8年間の歴史に幕

このコーナー(Windows利用率)はWindows 8が出た3ヶ月めの2013年1月分から始まり、今回の当記事で96ヶ月分もやっていたことに。小学6年生が大学生になるとか就職しているくらいと思えば割と長い歴史。

振り返ると、ゴリ押しで出した8が全然伸びず7がクソ強かったり、7と10のリリースから3年間の36ヶ月勢い対決辺りが集計していて面白かった。

Windowsは10で終わりらしいのでこれ以上続けても10が9割を維持しつつ微増し、他のバージョンは微減するは当たり前なのでこれにて終了。

Windows 10Xが出る話があるけれど、あれは2画面用という特殊な形なので普及するようなものではなく、10の亜種なのでバージョン別シェアとは関係ないとして。

個人的には原因不明で毎月落ちていくアクセス数のスクリーンショットを撮らなくて良くなるので精神的に楽。

以上、Windows利用率または普及率でございました。

今月のオススメBTOパソコン
| コメント(4)

コメント(4)

自宅では念のため、Windows 7環境も 1台だけ残してあるのですが、最近はまったく利点を感じなくなって来ました。むしろ「Win10で出来るのにWin7で出来ない」ことが鼻につく次第。

>世界シェアをStatCouterより
ブラウザのシェアなんかも妙に飛び跳ねたり下がったりしますね。あそこは単月ではなく通年で見て、増減の傾向や平均値を出す方が向いている印象。

>8年間の歴史に幕
Windows 8から8年も経っているのに、Windowsの見た目や機能はWindows 7とあまり変わっていませんね。10年も経つなら1つくらい革新的な機能が欲しいところでした。

>10への移行は結局のところ上手く行ったと言えども過言ではないかと。
7ユーザーなら実質タダですから。
「タダより高いものは無い」とも言いますけど、他に選択肢は無いですからね。

Windows 7のシェアがとうとう20%を切る - GIGAZINE
https://gigazine.net/news/20210107-windows-7-share/

Windows 7のサポート終了からまもなく1年 いまだ1億台以上のPCが利用 : PCパーツまとめ
http://blog.livedoor.jp/bluejay01-review/archives/57578631.html

世界的にも7のシェアは20%を切ったようですが、未だに利用されていますよ

【やじうまPC Watch】Windows 7サポート終了から1年。PC Watchへのアクセス数はどう変化したか - PC Watch
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/yajiuma/1300112.html
PC WatchもWindows利用率の推移を公開しましたよw

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★★ 保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★

初心者: ★★★★

性能とパーツの相場がある程度わかる人なら標準構成が多いのでコスパ重視で選びやすい。同じに見える同じ価格でも仕様の違いがどうなのか判る人には最適。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★★ 安定: ★★★

初心者: ★★★★★

令和時代の鉄板スタンダードなPC初心者向けメーカー。標準構成のバランス感覚が突出しており、私でさえケチを付けることが滅多にできない。性能の下から上まで幅広く実用的。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

10年以上前まではDELL=初心者向けの安いパソコン、それはもう通用しておりません。クーポン適用後が適正価格だと見抜けるパソコン詳しい人向け、または大人買いで割安になる法人向け。

日本HP

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★☆☆

コスパと性能以外にも見た目も重視したいならHPのノートも選択肢としてアリ。自社製造状態なのでBTO=ダサい印象は払拭されるかと。デスクトップは法人用、ゲーミングは海外向き。

ツクモ

高性能: ★★★★★ 保証: ☆☆

コスパ: ★★★★ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

昔のマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。機種が少なく特徴的な少数精鋭状態なので選べる人を選ぶが、それにしても選びにくい。

フロンティア

高性能: ★★★☆☆ 保証: ☆☆☆

コスパ: ★★★★ 安定: ☆☆☆

初心者: ★★★☆☆

フロンティア神代の解散後、現所長のパワハラがひどいとタレコミが複数あり、私から内情を運営会社へ伝えると逆ギレされて私を訴えるぞと謎すぎる返しがあり困惑中。

サイコム

高性能: ★★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★★

初心者: ☆☆☆☆☆

PC自作しない中~上級者向け、昔ながらの2chおっさん御用達な鉄板メーカー。動かない構成でも購入できるので初心者にはおすすめ不能。量産系BTOのようにコスパ悪くならないのでサイコムだけは自由なカスタマイズを激しくおすすめ。


※ドスパラはパーツの偽装疑いを誤魔化したり取引先を勝手に切る信頼性暴落した事件があり掲載中止(2020.11.26)

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
格安SIMなb-mobileを勝手に評価
格安SIMなLinksMateを勝手に評価

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。