Windows利用率、10シェアが75%突破(2019年12月)

2020年1月15日

Windowsバージョン解析更新。

ついに今月でWindows 7のサポートが終了し、多くの人が10へ移行したと見えるものの、まだ7ユーザも余裕の二桁%で推移しております。当サイトのアクセス数は減り続けているけれどまだ公開できる分母サイズ。

1ヶ月間の集計よりWindowsシェア。

アクセス総数をGoogle Analytics(以下、GA)より。

サマリ

いつもと表示物が違う原因は、いつの間にかレイアウトが変わっていた。

 

Windowsバージョン別の利用率

GAより、Windowsのバージョン別シェア。

Windowsシェア

タイトルの通り、10が一気に75%を突破しておりWindowsの4台中3台まで普及。対して7は2割を切り、ついでに8系は5%未満を維持。

個人的には7残留派なので、私も5%未満になるまでは7で行こうと今決めた。さすがに下がりすぎるとグラボのドライバとか出さなくなるだろうから、それはそれで困る。

推移

推移

10絶好調ですな。7も消費税アップグレード月を境界に絶賛下降中。

前月差。

前月差

無償アップグレード終了後の範囲では、今年10月は2017年4月に次ぐ増え方。その4月は何があったのだろうかと思い過去記事を見るも不明となっており、以下、当時の私の推測。決算つながり。

3月にパソコンを買い替えた企業が比較的多いなら10シェアの急増は不自然ではございません。

source:Windows普及率、10シェア大幅に増加?(2017年4月)

StatCounterより世界シェア。

世界

約65.4%なのでこちらでは10率が3台中2台くらい。

StatCounterの数値を入れた世界シェアと国内という名の当サイト調べ。

フォーキャスト

消費税+2%月で勢いがついた。

赤い点の直線は赤い太線の範囲から計算された予測なので、9月で急激に上がるとその上がったまんまから再開するので中々追いつけない。

そしてこのグラフは今回で一旦終了。結果として言えることは、2017年10月(薄い緑)から2018年10月(濃い緑)時点までは右肩上がりが強く、その緑と2019年12月の赤で比較すると勢いは弱まった。

というわけでこのグラフはお払い箱なのだけれども、もったいないので次回からは緑の線を消した状態で勢いを見て行こうかと。

面白くなくなった時点で終了予定。具体的には7の下降が停滞した時。

 

1~2月の10シェアの伸びが真の勝負どころ

先月に貼り付けたやつ再び。

windows-share-2019-11-710.png

だけでは芸がない+月がよく見えないので範囲を狭めた。

windows-share-2019-12-2014.png

2ヶ月、2段階かけて急降下。今回の7終了をあてはめると、赤枠の中央4月が今月な2020年1月にあたるため、GAの集計でこうなるか見えるのは来月のこのシリーズ記事にて。

以下、%は左がXP、右が7。

  • 2014年3月・・・19.39%:19.51%・・・2019年12月
  • 2014年4月・・・13.23%:????・・・2020年1月
  • 2014年5月・・・ 8.70%:????・・・2020年2月

2ヶ月で7の10%切りは来るのだろうか。見当つかないのでアンケート。

source:7は2月に10%切ると思う?

投票後に経過表示、投票せず経過のみ見るなら View Results をどうぞ。

今月のオススメBTOパソコン
| コメント(1)

リンク用ソース

コメント(1)

>Windows 7
いま使用中のプライベート用サブノートはWin7のHomeです。Win7のディスクからインストールした純Win7。更新は面倒で試していませんし今後する予定も無し。今いち新PCが不安定なため、環境を変えるのが怖いという。

>対して7は2割を切り
翌月から更新が止まると分かっている状況で19%は多めですね。15%くらいに落ちるかと思っていました。

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

マウスコンピューター

高性能: ★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★★

初心者: ★★★★★

令和時代の鉄板スタンダードなPC初心者向けメーカー。標準構成のバランス感覚が突出しており、私でさえケチを付けることが滅多にできない。性能の下から上まで幅広く実用的。

パソコン工房

高性能: ★★★★ 保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★

初心者: ★★★★

性能とパーツの相場がある程度わかる人なら標準構成が多いのでコスパ重視で選びやすい。同じに見える同じ価格でも仕様の違いがどうなのか判る人には最適。

ドスパラ

高性能: ★★★★ 保証: ☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★★

昔はドスパラ=BTOだったけれど最近は普通のパソコンに力を入れておらず、2018-2019年の偽インテルチップ中華SSDの件が未解決なので信用問題的に何とも言えない。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

10年以上前まではDELL=初心者向けの安いパソコン、それはもう通用しておりません。クーポン適用後が適正価格だと見抜けるパソコン詳しい人向け、または大人買いで割安になる法人向け。

日本HP

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★☆☆

コスパと性能以外にも見た目も重視したいならHPのノートも選択肢としてアリ。自社製造状態なのでBTO=ダサい印象は払拭されるかと。デスクトップは法人用、ゲーミングは海外向け。

TSUKUMO

高性能: ★★★★★ 保証: ☆☆

コスパ: ★★★★ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

昔のマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。機種が少なく特徴的な少数精鋭状態なので選べる人を選ぶが、それにしても選びにくい。

FRONTIER

高性能: ★★☆☆☆ 保証: ☆☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ☆☆☆

初心者: ★★★☆☆

フロンティア神代の解散後、現所長のパワハラがひどいとタレコミが複数あり、私から内情を運営会社へ伝えると逆ギレされて私を訴えるぞと謎すぎる返しがあり困惑中。

サイコム

高性能: ★★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★★

初心者: ☆☆☆☆☆

PC自作しない中~上級者向け、昔ながらの2chおっさん御用達な鉄板メーカー。動かない構成でも購入できるので初心者にはおすすめ不能。量産系BTOのようにコスパ悪くならないのでサイコムだけは自由なカスタマイズを激しくおすすめ。

※並びはBTOメーカーの知名度の順(暫定)で、大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
格安SIMなb-mobileを勝手に評価
格安SIMなLinksMateを勝手に評価

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。