Windows普及率、10が7割超えの絶好調(2019年9月)

2019年10月 2日

Windowsバージョン解析更新。

9月が終わるとWindows 7終了まで約3ヶ月、正確には1/14までなので+14日あるとしても、年末年始で引き算される以前に師走や年始にパソコン入れ替える?などと呑気な事を言っている場合では無いとしての約3ヶ月。

1ヶ月間の集計よりWindowsシェア。

アクセス総数をGoogle Analytics(以下、GA)より。

概要

Google検索とモバイル流入が馬鹿らしいほどいい加減すぎてアクセス解析を一々分析しようとする気が起きない良い悪い例。

求められて検索結果に出ていたのが昔、今は新記事上げるとGoogleのモバイル版ニュースで勝手に宣伝してくれる。それ、求められているのか?と思うのは私がひねくれているのだろうか。

 

Windowsバージョン別の利用率

GAより、Windowsのバージョン別シェア。

Windowsシェア

ついに10が7割超え、7が25%どころか24%さえ切ってしまい、更に8の5%切りが同時多発ブレ?

前月の数値。

  • 7・・・25.16%(25%切っていなかった
  • 8・・・5.11%(5%切っていなかった
  • 10・・・69.51%(7割超えていない

ブレかも知れませんな(白目

推移はこちら。

推移

グラフを見ると順調に増えて順調に減っているだけなので、7割超えなどのハードル突破は感じさせない平常運転でございます。 

前月との差。 

前月差

やはり平常運転なので何とも言えずツッコミどころに悩む、どころか無い。

世界シェアをStatCounterより。

世界シェア

世界シェアは分母デカいのか10が緩やかに上がり続けております。

フォーキャスト。

フォーキャスト

消費税10%前効果と言う人が居るけれど、本当にそうなのだろうか。

たかが2%で狼狽えるような企業や人は居るのか?と思っていたものの、9月30日にドラッグストアやスーパーでトイレットペーパー売り切れとか、どう見てもオイルショックの再現。

そんなものは元値がいくらなのかであり売る側の言い値。2%増税なので期間限定で2%引きとか平気でやらかしている、どころか感謝祭とかわけのわからない勝手な祭りで10%引きとか普通にやっている、そんなセールに惑わされてムダに衝動買いしたりカネをモノに替える在庫はアホとしか思えない。

 

終わる気配も予感もしない4K解像度元年

誰も元年とか言っていないはずながら、4Kが普及する、標準になると言われ始めて3年以上は軽く経過している割に普及は全然しておりません。

流行らぬ4Kの過去な未来

3820で抽出した解像度の人は668と出た。

分母がスマホ含む全体ならばひどい割合になるため、上の方で貼ったWindowsのみの126,168を分母にすると0.53%でしかない。

昨年の記事より。

4K解像度の検出は0.25%なので400人中1人という少なさ。

source:Windows普及率、10世界シェア5割到達(2018年9月)

前年比212%でございます。恐ろしい早さで4K利用率高まる(棒読)

テレビで4Kはそれはそれで結構。4K仕様が多いし、HDやFHDと何が違うか知らないけれど売れていたりオススメならそれでOKな人が買うのだから。高確率で4Kの意味が無いとしても。

パソコン用モニタも同じで4KでもFHDの上位互換ならばよろしいかと。しかしPC業界、デスクトップ用の外付モニタでそれやると、モニタ単体価格の競争が激しい点で「なぜこれ高いの?」と思われ浮いてしまうは当たり前。

そう考えると、パソコンのモニタの仕様なぞ深く考えないノートPCで4Kとか8Kやる方がまだ現実的とも思えてしまえる。彼らは解像度とか意味わからないだろうし、高いモノが良いモノだと思うのだろうから。

以上、4K、アホほど普及しておりません。終わったな感。

 

パソコン市場の衰退はMicrosoftの強欲

パソコンと言えばWindows、と言えるほどまで印刷屋やデザイナまでMacでなくともOKな時代になったにも関わらず、そのWindowsを壊してまでモバイルに固執しまくり続けるMicrosoftの無双から夢想への転落。

もうAndroidとiOSで約10割となったモバイル市場は変えられない。日本ではiOSやや有利な5割少々ながら、世界ではAndroidが7~8割なのだからAndroidの優勝状態であり、ほぼ日本だけで存在感あるiOSでさえ引っくり返せない現実。

パソコン市場で過去の遺物となりそうなMac、新たに息を吹き込もうとして全然進んでいないChrome OS、これらをWindows 10ごときでさえPC市場守れているのが不思議と思えばよろしいのがMicrosoft。

パソコンはWindowsで良いし、モバイルはAndroidで良い。MacとiOSはどうでも良い。

PC市場を壊してまでモバイルでハァハァしたい変態がMicrosoftで、PC市場に入りたくて苦戦しているのがGoogleで、この均衡が崩れると世界はGoogleに支配されてしまうわけで。

そうなるならそれでいいかな、とも思うけれど、Microsoftはモバイル向けやりたいならXPをベースにしたWindows 10 Classicを出すべき。アップデートは月次の定期と脆弱性対策だけで。

今月のオススメBTOパソコン
| コメント(2)

リンク用ソース

コメント(2)

>そんなものは元値がいくらなのかであり売る側の言い値。
https://twitter.com/kingjim/status/1178879015832051712
そりゃそうなるわって感じですねw


Microsoft、中小企業にもWindows7の延長セキュリティ更新プログラムを2023年まで提供 - PC Watch
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1210529.html

マイクロソフトが方針転換。Windows 7の2023年までの延長サポート、あらゆる企業が購入可能に - Publickey
https://www.publickey1.jp/blog/19/windows_72023.html

MSは完全に自爆しましたねw

>それ、求められているのか?と思うのは私がひねくれているのだろうか。
昔:Googleとサイト管理者との知恵比べ
今:Googleのご機嫌取り

>9月30日にドラッグストアやスーパーでトイレットペーパー売り切れ
買い手:増税前に買わなきゃ!!!!!!!!!
売り手:値上げしても馬鹿買いしてくれるとか草

>XPをベースにしたWindows 10 Classic
そういや「X」で「10」と読ませるOSがあったような。Windows 10 Professional 略してWindows XP の課金アップデートが望まれる。

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

マウスコンピューター

高性能: ★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★★

初心者: ★★★★★

令和時代の鉄板スタンダードなPC初心者向けメーカー。標準構成のバランス感覚が突出しており、私でさえケチを付けることが滅多にできない。性能の下から上まで幅広く実用的。

パソコン工房

高性能: ★★★★ 保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★

初心者: ★★★★

性能とパーツの相場がある程度わかる人なら標準構成が多いのでコスパ重視で選びやすい。同じに見える同じ価格でも仕様の違いがどうなのか判る人には最適。

ドスパラ

高性能: ★★★★ 保証: ☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★★

昔はドスパラ=BTOだったけれど最近は普通のパソコンに力を入れておらず、2018-2019年の偽インテルチップ中華SSDの件が未解決なので信用問題的に何とも言えない。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

10年以上前まではDELL=初心者向けの安いパソコン、それはもう通用しておりません。クーポン適用後が適正価格だと見抜けるパソコン詳しい人向け、または大人買いで割安になる法人向け。

日本HP

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★☆☆

コスパと性能以外にも見た目も重視したいならHPのノートも選択肢としてアリ。自社製造状態なのでBTO=ダサい印象は払拭されるかと。デスクトップは法人用、ゲーミングは海外向け。

TSUKUMO

高性能: ★★★★★ 保証: ☆☆

コスパ: ★★★★ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

昔のマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。機種が少なく特徴的な少数精鋭状態なので選べる人を選ぶが、それにしても選びにくい。

FRONTIER

高性能: ★★☆☆☆ 保証: ☆☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ☆☆☆

初心者: ★★★☆☆

フロンティア神代の解散後、現所長のパワハラがひどいとタレコミが複数あり、私から内情を運営会社へ伝えると逆ギレされて私を訴えるぞと謎すぎる返しがあり困惑中。

サイコム

高性能: ★★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★★

初心者: ☆☆☆☆☆

PC自作しない中~上級者向け、昔ながらの2chおっさん御用達な鉄板メーカー。動かない構成でも購入できるので初心者にはおすすめ不能。量産系BTOのようにコスパ悪くならないのでサイコムだけは自由なカスタマイズを激しくおすすめ。

※並びはBTOメーカーの知名度の順(暫定)で、大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
格安SIMなb-mobileを勝手に評価
格安SIMなLinksMateを勝手に評価

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。