Windows普及率、10シェアが38%で止まる(2016年9月)

2016年10月 7日

10無償アップ終了から2ヶ月経過。

9月からは無償アップの影響は無くなり、今後は10仕様のパソコンへ買い替えるか、10のパッケージなどを有料で購入しインストールする人が増えなければ10のシェアは伸びない状況へ。

2016年9月、1ヶ月間の集計よりWindowsシェア。

アクセス総数をGoogle Analytics(以下、GA)より。

  • 504,002・・・セッション
  • 375,677・・・ユニーク

ここからのデータは当サイト(BTOパソコン.jp)のブログ部分、携帯電話(ガラケー)用ページを除くセッション数が基準。

 

Windowsバージョン別の利用率

GAより、Windowsのバージョン別シェア。

Windows利用率

50%は切らない7、4割にはまだ到達出来ない10。先月の10は38.18%なので0.3ポイントの減少。

推移

7が微増し8系は横ばい。

無償アップは7月29日(日本時間30日夕方頃)に終了しており、8月は一気に10が伸びた、しかし9月になり減少。

理由を推測すると、7月末頃に駆け込み需要風に10が増えたとしても7月の数日間のみでは集計には出にくい。それから1ヶ月以内にダウングレードしても8月の集計には出にくい。それが9月に出たのでしょう。

前月との差は全バージョンほぼ無し。

前月差

リリース後の期間別対決でも当然ながら低下。

発売後の期間で対決

無償アップグレードは予定通り終わり、その影響が9月で終了した事を表しており、10月からどこまで7を引き離すか、またはいつ7に逆転されるかが見もの。

 

2016年9月は他の集計でも10が停滞または低下

当サイトの集計のみでは無く、大手統計サイトでも似た現象が発生。

Net Applicationsの9月分データによると、Windows 10のシェアが昨年7月の一般リリース以降初めて減少している(中略)

2位のWindows 10は前月から0.46ポイント減の22.53%、1位のWindows 7は1.02ポイント増の48.27%となっている。

source:9月のデスクトップOSシェア、Windows 10が初の減少 | スラド デベロッパー

これの事ですな。リンクは当サイト全ページ最下部にあるので省略。

netmarketshare

0.46%程度の減では誤差だと言う人も居り、その可能性はあるとしても停滞した事には変わり無いと判るものは他の集計でも似た感じ。

StatCounterより、範囲は世界。

statcounter世界

8月は29.46%、9月29.48なのでプラス0.02%。

範囲を日本のみとした場合。

statcounter日本

22.19と22.24なのでプラス0.05%。

一定のPC買い替え需要はあるだろうから、10仕様のパソコンを捨てた人がいると考えるべきか?否、7/8.1へ戻した人が結構居る、または一旦10にしてキーのみ通しただけの人も居そう。

 

10は7の勢いを超えることができるのか?(まとめ)

来月からの見どころはこのグラフになると思う、発売後の期間対決。

発売後の期間で対決

10にしたい人は無償期間中にアップグレードしただろうし、しなかった人は10を嫌ったのだから今後もしないはず、という思考は自作PCユーザの言い分であり少数派。

普通の人はパソコンが故障したなら、修理代がクソ高くなるならパソコンを買い替えるわけで、一般向け7仕様PCが消える来月以降は必然といえるほど新品PCはWindows 10仕様。

7と10を比較したそれぞれの有利&不利な条件を書いてみる。

  • 7・・・XPが強敵だった、但しVistaは話にならなかった
  • 10・・・7が現役で強敵、但し今後は選択肢がほぼ10のみ

「ほぼ」と付けた理由は、中古ならまだ7仕様を選べる、また、私のPCのマザーが今すぐ壊れたならばSkylakeを避けて再びHaswell世代を選べばDSP版の7を引き続き使えるのだからクソ高い10を今すぐ買う必要は無い。これらような少数派以外は10仕様PCへ自動的に移行。

上記2つは似たような条件と思われ、もしそうならば、10が再び上昇を開始したタイミングからは10と7は平行線になるはずなので、伸び率対決で10が7に負ける事は無いでしょう。

本当にそうなるか?今回ばかりは私にも見当付かないくらい判らない為、生温かく見守るしかございません。

7派10嫌な私としては、XPから7は仕方無い程度で済んだけれど、7から10は勘弁して欲しいくらい移行したくない。フワフワしたUIやウザいタイルは慣れだろうし目を瞑るとしても、マイクロソフトに何されるか解らない点で怖い。

今月のオススメBTOパソコン
| コメント(2)

リンク用ソース

コメント(2)

>10シェアが38%で止まる
そろそろWin7PCの購入が厳しくなって来ますから、プリインストールの終わる10月末までは、Win7が少し伸びるのでは、と思いはします。Win10が40%を超えるのは12月の集計くらいからやも。

>伸び率対決で10が7に負ける事は無い
Win7に致命的な欠陥が見つかり、それの対処がセキュリティソフトやWindowsUpdateでは不可能になるとか、Win10PCを購入するとMSから購入金額の30%をキャッシュバックするとか、大きな何かが無いとWin7の勢いを超えるのは難しいですね。


私は今のところ、Win10でさして問題は起こっていません。機能は追加されても消されてはいませんから、無駄機能の追加は使わなければ良い、で対処。コルタナを筆頭に消して欲しい機能はありますが、そこは慣れで。

>Win7に致命的な欠陥が見つかり、それの対処がセキュリティソフトやWindowsUpdateでは不可能になる
Windows 7までにDoS誘発の脆弱性、MSの推奨対策はアップグレード - ITmedia エンタープライズ
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1610/07/news095.html
タイムリーな記事w

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。