Windows 10普及率は月間2%増加ペース(2016年1月)

2016年2月 3日

10リリースより先月で約6ヶ月。

昨年11月30日、国内初のWindows 10 Mobile仕様のスマホが発売。これでWindows 10による包囲網が完成したと思われるものの、網の品質が悪い上に小さ過ぎ、取扱難易度が高過ぎて普及すると思えない。

2016年1月、1ヶ月間の集計よりWindowsシェア。

アクセス総数をGoogle Analytics(以下、GA)より。

  • 591,419・・・セッション
  • 450,457・・・ユニーク

ここからのデータは当サイト(BTOパソコン.jp)のブログ部分、携帯電話(ガラケー)用ページを除くセッション数が基準。

 

Windowsバージョン別の利用率

GAより、Windowsのバージョン別シェア。

Windowsシェア

Windows 10が2割に近付いております。

一時期は7割をキープしていた7が6割切り目前まで低下しており、他のバージョンも順調と言えるかは別として減少中。正直、XPが2%台まで落ちるとは思わなかった。

推移。

推移

7は全盛期と比較し10%くらい、8系は8%くらい落ちているので7の方が以降数は多いと言えるけれど、8系は元のシェアが低い為、20%から10%まで落ちるとするなら最盛期の半減まで下がっているという事に。

Vistaが上がっているのはブレだと思う。正月休みが少し入った為、もしかすると実家のPCがVistaだったとか。来月には戻るはずなので気にせず。

前月との%差。

前月差

前回の記事より。

9+10月ならば11月からは2%ペースの増加と言えるものの、10+11月とすると12月の2%はプラス方向へブレている可能性。1月で2%行くようなら+2%ペースは本物と言えそう。

本物のようで、10の増加ペースは今のところ2%と言い切りましょう。突然再び10月のような謎の停滞が発生するかも知れないけれど。

リリース翌月からの推移で比較。

発売後の期間対決

10が順調に7並の伸びを見せております。

言い方を変えるとタダにも関わらず有料の7と同じくらい。しかし、7は当時のVista地獄から抜け出す人が多かったので、タダでは無いけれど別の意味でブーストされているのは確か。

そのVistaブーストだったのかも知れない期間は7ヶ月目で落ち着きを見せており、その後は勢いにやや衰えが出ている為、10が現状のペースを維持するなら8ヶ月目には7の伸びを抜くはず。

10の推移の線上にルマンドを載せてみると、無償期間終了間際の12ヶ月目には約30%。私の皮算用な計算では30~36%の範囲と予想しており、駆け込み需要とマイクロソフトの強引な推奨アップグレード化がどこまで影響するかで更に伸びる可能性。

逆に駆け込んで見たは良いけれど、10のクソさ加減に呆れて8.1や7へ戻す出戻り減少も起こると予想。

 

OS全体やブラウザなど2014と2015年の比較

昨年の1月は何を集計したか見て来ると、過去3年分でOSなどのシェア推移を比較しており、今回もそうしようと思ったけれど2014年と2015年の差が大きく無かったので2年間で。

OS全体

OS

OS全体では6位まで変動無し。赤丸は上昇した何か。

WiiとPS3が下がったというより、Chrome OSが上がったと見る方が自然でしょうな。Chrome OSは日本ではパッとせず、いずれAndroidとの統合が予定されている為、その後に期待。

Windowsが2%下がりモバイル用OSが各1%上がった感じ。但しこのグラフは当サイト内、モバイルレイアウト非対応、BTOパソコンのサイトなのでWindows寄りに出ている可能性が有り、他のサイトではモバイル増加が顕著やも知れず。

Windowsのみ

Windows

Windows XPが10と交替した感じですな。

2014年といえば4月のXP終了祭りで7が爆増した8ヶ月間を含み、2015年7月末の10登場により他のWindowsが減少傾向となった5ヶ月間を含む。それらが中和され、7はだいたい同じくらいの割合になったのでしょう。

6位以下はシェア1%未満なので真面目に見るものではございません。

ブラウザ

ブラウザ

SafariとFirefoxが入れ替わり、Edgeが登場。

2014年でChromeとIEが逆転し、2015年は更にChromeの勢力が増大している点は当サイト独特なシェアなのか妥当なのか。いずれにせよEdgeへと置き換わるIEが減る事には違い無いでしょうな。

可能性としては低いけれど、今後Windows 10でEdgeシェアが増え、他のブラウザがほぼ使えないWindows PhoneのEdgeが増えるならば・・・いや、やはり無いか。

解像度

解像度

おまけで解像度も。

左右代わり映えしないしない中で新たな解像度が2つ登場。やたら低いのでスマホだろうと思い検索すると、スマホの場合は描画解像度では無く仮想解像度という見方が有るようで、ドコモのXperiaやAQUOSなどが仮想360pixクラスとされている御様子。

GAは仮想解像度で判定していると今知った。要するに描画解像度フルHDのXperiaでも、画面が小さく仮想360x640なら小さい方で検出するという意味。

 

完全に出遅れたMSのWindows Phone(まとめ)

今回の集計で気付いた点は、2014年との年間比較でOSのモバイルとWindowsの割合に変化が見られないところ。

お前がスマホレイアウトに対応していないからと言われそうだけれども、それをやるとスマホなどからの新規アクセスが純増する以上に、それまでパソコンで見ていた人がスマホで見始めると思うので端末が増えたとは言えない。

敢えて対応していない当サイトだからこそモバイル率の増減が過去と同じ条件で見えており、このグラフを見るとiOSとAndroidは超微増。

OS

Windows PhoneもWindowsに含まれるのでは?と思ったなら私もそう思ったけれど、1月のみのOSシェアをご覧有れ。分かれておりGoogle先生がGJでございます。

OSシェア2016年1月

10位のこれ↑赤枠するの忘れた。

MSの野望はWindowsを利用しパソコンとタブレットをまずは混ぜ、そしてスマホとゲーム機でもWindowsを流用し勘違いシームレスによるクラウドネットワークを確立する事。

MSの理想は、Windows 10シリーズにより2in1にてパソコンとタブレットを利用、そしてスマホも10を使わせ、持っている人はXboxも繋げる。

スマホの普及率はまだ伸びているとはいえ、必要な人には行き渡ったと見られ、今後は今までガラケーを使っていたけれど仕方無くスマホにする人が増加の主流となって行く時期。

買い換えるならiPhoneユーザはiOS、Android端末所有者は同じOSが使い易いわけで、ここへWindowsスマホが入り込む隙間は狭すぎましょう。

とどめにWindows Phoneは10がそうであるように凄く使い難い、解り難い、アプリが超少ないという発展途上過ぎる状態。スタートしてゴールが見えているGoogleとAppleに対し、MSはまだ準備運動中にて走り出せてもいないとするなら負けは確実。

もう一度書く、Windows Phoneは解り難い使い難いアプリ無しという、現状はパソコンの10以上に使えないクソOSなので、余程のマニアで無ければ乗り換えようとは思わないはず。

やたらとストレートに書いている理由は私が先日からWindows Phone(Windows 10 Mobile仕様)ユーザになっている為。マジでこれ駄目。お勧め出来ない。

Windows 8系や10が7より使い易いと思っている人、タイルを消していないような変態には最適かも知れないけれど、普通のWindowsが良い人は普通にAndroidやiOSを強く推奨。

たとえWindows 7を10にしたとしても、普通の人はスマホだけは10 Mobileにはしないと思う。いや、私はしたけれどLINEのトーク専用なので問題無し。

iOSとAndroidを利用した事が無く、10 Mobileの解り難いUIやタイル仕様に慣れるまで我慢出来、GoogleのChromeブラウザや日本語入力やDropboxなど色々と使えなくても良い人限定のような感じ。

Windows 10スマホ、始まる前から終わっております。

今月のオススメBTOパソコン
| コメント(6)

リンク用ソース

コメント(6)

>Chrome OSが上がったと見る方が自然でしょうな。
>Chrome OSは日本ではパッとせず、いずれAndroidとの
>統合が予定されている為、その後に期待。

ほんと期待するw
ただVMware上のChrome OSはマウスの動きが悪かった。
Chrome OSのバージョンが古いせいかな。
マウス設定変えても微妙だった。初速が遅い感じ。

Chrome OS普通のは問題ないのかな。

>今までガラケーを使っていたけれど仕方無く
>スマホにする人が増加の主流となって行く時期。

私は中古でもガラケーにする。
というか、ガラケーの新品より型が古い方が使い易い。

スマホに質の良い開発者が持って行かれたのか
最近のガラケーがしょぼかった。
仕様の機能面は上がっているんだが操作性がガタ落ちw
最近のガラケーはF-07Fの事だけど、他のガラケーどうなんだろう?

昨日の自動アップグレード祭りを拝見してきた限りにおいて
10擁護派の印象がさらに10ヘイトへ導くというどこかの隊と同じ様相を呈す


>10は永遠に無償アップデートするって約束してる上に~

無料で配って後で月額課金とかされそうだなあ…

>システムを永遠にそのまま無償で使い続けられると思っているならお前が阿呆なだけ

>ただ(無償)で永遠に使えるのが当たり前と思っているおかしな人が増えたよね

>阿呆は有償os使うな阿呆に合わせて進歩遅らせてどうするこんなの10の問題以前の話だマヌケ

>抵抗は無意味だから受け入れろよw

>Vistaが上がっているのはブレだと思う
>来月には戻るはずなので気にせず
それはどうかな?w
Vistaちゃんはいい子だから勝手にWin10になったりしないw

Vista使いの私は勝ち組。(ウソですごめんしばらく電源入れてない

>Vista地獄
>Vistaブースト
ヒドイ言われようw

SSDでRAID 0とかRAMディスクとか、速い軽いに執着するのはその地獄を知っているからかもしれないと今気付いた。

>推移の線上にルマンドを載せてみる
ヲイwそこは定規だろwと久しぶりなので一応ツッコミ入れておきます。

>マイクロソフトの強引な推奨アップグレード化
>10のクソさ加減
これはテロと言っても差し支えないのではないかマイクロソフトによる世界多発テロと断言しよう呆れ果ててどうでもよくなってきたMSも自暴自棄になっているのかも知れん誰でもよかったムシャクシャしていた的な何か(棒

>私はしたけれどLINEのトーク専用なので問題無し
Windows Phoneを買ってもあくまでも遊び用になりそうw

>GoogleのChromeブラウザや日本語入力やDropboxなど色々と使えなくても良い人限定
乗換案内や道案内も使えませんね?w

まだまだ増え続けるXPユーザー! Windows 10普及を遅らせる要因にも… : ギズモード・ジャパン
http://www.gizmodo.jp/2016/02/xp_windows_10.html
割合が増えたからといってユーザー数が増えたとは限らないことが分かっていないバカ記事w

>10の増加ペースは今のところ2%と言い切りましょう
2016年度中のWin10シェア30%達成は固そうですね。もしかしたら40%に届くやも。

>OS全体
私個人の比率だと
60%:Windows
30%:Android
10%:Linux
くらいですね。デスクトップとモバイルの比率なら「デスクトップ:モバイル=7:3」です。

>ブラウザ
Chromeの「30%→34.7%」が熱い。

>解像度
SXGA(1,280×1,024)は強いですね。メインで使用している方は少ないでしょうが、2015~2016年に発売されたSXGAのモニタは10種類以上あるようですし、外付けとか2台目とかで使っている方も多いのでしょうか。

> 逆に駆け込んで見たは良いけれど、10のクソさ加減に呆れて8.1や7へ戻す出戻り減少も起こると予想。


Windows7 32bit → Windows10 32bit → Windows10 64bit
のルートで64bit OS化が出来ると聞いてWindows10にしました。

が、Core i7 860 + P55 と相性が悪いのか
普段使ってるソフトウェアとの相性が悪いのか
頻繁に応答なしになるためWindows7 32bitに戻しました。

原因探って快適になるようにお金かけるくらいなら
Windows7 64bit購入する方がはるかに有益そうなので
サポート切れまではWin7にする予定です。

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。