Windows 10利用率は月間+2%ペース?(2015年12月)

2016年1月13日

10リリースより約5ヶ月。

今回の年末年始は年始が3日しか休みにならず、12/28を有給とし年末6連休の計9連休にした人や企業も多いと予想。この機会にWindows 10への無償アップグレードを試した人も多めかも知れない。

2015年12月、1ヶ月間の集計よりWindowsシェア。

アクセス総数をGoogle Analytics(以下、GA)より。

  • 570,264・・・セッション
  • 433,309・・・ユニーク

ここからのデータは当サイト(BTOパソコン.jp)のブログ部分、携帯電話(ガラケー)用ページを除くセッション数が基準。

 

Windowsバージョン別の普及率

GAより、Windowsのバージョン別シェア。

Windows内のシェア

8系は合計13.43%。

注目のWidows 10は前月13.81%なのでプラス2.33%と、過去最大となる割合増加、そして5ヶ月目にしてようやく初の8系超えを達成。

XPは順調に0へと近付いており、故障し買い替える人が居るのかVistaも減少傾向。今でも2000や98を利用中の人も居るくらいなので、0にはならないでしょうな。

続いて推移。

推移

10以外は全体的に減少中。

7はXP祭り直後の水準まで低下しており、早々と10へ移行しているのでしょう。8系も7と同じく祭り直後の時期の数値まで落ちております。

3種類のWindowsで前月差。 

前月差

相変わらずスローペースですな。

10月に10が延びていない為、このブレは9月か11月のどちらが影響しているのか気になるところ。

9+10月ならば11月からは2%ペースの増加と言えるものの、10+11月とすると12月の2%はプラス方向へブレている可能性。1月で2%行くようなら+2%ペースは本物と言えそう。

リリース時からの勢い比較。

発売後の期間で比較

一度は負けペースに陥ったものの今回で10が再浮上。

発売6ヶ月目の7シェアは18.01%なので、10が1月にプラス1.87%超えを叩き出せば勝ち戦へ転じる可能性。いや、戦では無いけれど。

毎回書いている気がする、無償アップグレードでも有料だった7に勝てないとは、10の伸び悩みが良く判る。タダが終わる予定の12ヶ月目以降が見もの。

予想を下回る伸び悩み対策として、マイクロソフトが無償アップグレードを延長するなら、8月以降も無償中の伸び率の高さに期待出来るものの、ギリでアップグレードしようとしていた人が安心してしまい、その分のブーストに期待出来なくなってしまうという、どちらにしても利と難点が存在。

 

端末の種類・OS・ブラウザ・解像度(2015年12月)

今回はWindows以外のシェアを幅広く見て参りましょう。端末、OS全体、ブラウザ、モニタ解像度の4種類。

端末

端末シェア

desktopはノートPC含むパソコン全てと思われ、当サイトはBTOパソコン.jpなのでPC率が盛られ気味なのか約7割。

端末シェアはサイトにより違いが有り、スマホアプリの紹介サイトでは6割以上がスマホという凄まじい結果も実在。

タブレット少ないですな。これも当サイト独特な数値やも知れず。 

OS全体

OSシェア

Windowsネタが多いので当然の如くWindowsがトップで、2/3の端末がWindows PC。次いでiOSが来ており、端末でタブレットが5.24%なのでほぼiPhoneと見てよろしいかと。

さすがにMacは少ないですな。Mac mini所有しているけれど、MacやMac OS(Yosemite)を利用したネタを思い付かない。 

ブラウザ

ブラウザシェア

全体の1/3がChrome、1/4がIE、次はFirefoxかと思いきやSafariと来ており、これはMacというよりiPhoneですな。

個人的にMacのSafariは特に使い易いと思わずChromeが良いと思うけれど、iOSのSafariはChromeより使い易い気がするのは慣れでしょうな。

ブラウザシェアも当サイト独特な割合と思われ、世間一般のChrome率はここまで高くは無いと思う。

モニタ解像度

解像度シェア

そろそろ4K解像度がトップ10入りしただろうかと期待したけれど無し。

3位以下は低めの解像度が続いており、パソコンらしからぬ縦横サイズなのでスマホと予想。1920x1200派は3.15%と少数ながら存在。

4Kモニタが気になったので2K(横2560)もついでに調べた結果。

  • 20. 2560x1440 6,548(1.15%)
  • 39. 2560x1600 862(0.15%)
  • 48. 3840x2160 673(0.12%)
4Kは48位、アクセス数673ならば全員が毎日1回アクセスしたと仮定すると22くらいなので、最低でも22人くらいは居られそう。但し、セッションのCookieは30分で切れる為、朝昼晩と深夜など激しく見ている人が居るなら話は別。

20と39位の2KはノートPCでしょうな。デスクトップ用モニタでこの解像度は見た事が無い、有れども相当マイナーなはず。

 

旧Windowsユーザに対するMSの次の一手は?(まとめ)

AppleユーザならばApple(CEO、現クック氏)が何をしようともAppleマンセーなのかも知れないけれど、Windowsユーザはクソはクソだと言える人間が多く、Windows 10は今のところ駄目、8系は有り得ない程に駄目と言い切りMSも認めた。

Windowsユーザは、ジョブズ氏が化けて出て来て暴れそうなApple WatchやiPad Proのペンシル()のような物でも賞賛する信者とは違う、駄目な物は駄目。

10も悪くは無いのだけれども、「お前絶対サブスクリプション(Windowsライセンス年額払い)狙いだろう」とか、「勝手に広告ぶち込んだり自社製品押し付けを強めたりするだろう」と、疑える現状。

Windows 10のシェア上昇率が月間2%とすると、無償アップグレードが終わる7月まで残り7ヶ月。ならば+14%なので約30%となり、7が多数残り、7ユーザが数万円支払い劣化Windowsへ移行するとは思えない。

過去に何度も書いてしつこいとは思うけれど、今年6月頃までは強制アップグレードの類がWindowsアップデートで繰り広げられそうと思うので、特に企業のシステム管理者は御注意有れ。

情報源として、PC WatchやASCII、ITmediaなどIT関連サイトの有名所は多々有れど、最速なのはGIGAZINEだと思う。

今月のオススメBTOパソコン
| コメント(5)

リンク用ソース

コメント(5)

>デスクトップ用モニタでこの解像度は見た事が無い、有れども相当マイナー
5年くらい前はWQXGA(2560×1600)と言えば大体30インチディスプレイだったと思いますよ。

たしかに今となってはマイナーかもですが、DELLがIPSでそれなりのをずっと出してます。GTG 6ms程度なんで、まぁゲームも可。それなりではあるけれど、たまに安売りするのがありがたい。

ちな私がずっとソレで、そろそろ買い替え時かもなんですが、さすがに4Kだと30インチでは目にキビシイので次回もWQXGAあたりかと。
(部屋とか拡張できるならフルHD縦にして2枚とか3枚もありなんだろうけど、ゲームの度に横にするのもマヌケ)

>デスクトップ用モニタでこの解像度は見た事が無い、有れども相当マイナーなはず。
価格.com - 解像度(規格):WQHDの液晶モニタ・液晶ディスプレイ 人気売れ筋ランキング
http://kakaku.com/pc/lcd-monitor/itemlist.aspx?pdf_Spec101=16
存在しますよw 高いけどw

次回でいいから、地域別Mac利用率を調べてほしいなぁw 本当に他の地域と比べて東京圏でMac利用率が高いか知りたいw

自宅で、WQHD(2560x1440)の液晶モニタと、仕事場で4K(3840x2160)を使っております。

4Kが出る前のトップハイエンド(3年位前でしょうか)と言えば、30インチのWQXGA(2560×1600)でした。一番安いDellの物で12、3万で、たまに10万円前後になり、2chの祭りスレが盛り上がっていました。

同じ時期のミドルハイエンドが27インチのWQHD(2560x1440)で、やはりDellの通常価格が10万前後、特価で7万くらいでした。私の物もDellの特価で買った物です。IPS、ノングレア、4系統入力など充実した仕様でNANAOやASUSの半値以下で、NANAOのUXGA使っていたところに買い増しして、現在でもNANAOとデュアルディスプレイで使っております。

4Kが48位と言うのに驚きです。私ももっといると思っていました。まあ、27インチ4Kを使ってる経験から言わしてもらうと、30~32インチが4Kを有効に使う限界ですね。27インチ4Kだと、結局スケーリングをWQHD相当にしないとつらいです。

ぜひ、解像度による見え方というか、文字の大きさなどを検証してもらえると今後の参考になるのですが、どうでしょうか?

後、3位の640x360の解像度って具体的にどの機器なんですかね…。ガラケーのフルブラウザかPSPとか3DSのゲーム機ですかね。かなりサイトが見づらい気がします。

>年末年始
>この機会にWindows 10への無償アップグレード
私の知り合い中には居ませんでした。
アップグレードをする気のある方は中級~上級PCユーザでしょうし、わざわざ年末年始の忙しい時期に面倒なアップグレードはしないのでは。予め使用ソフト&ハードの互換性を調べておけば、アップグレード作業なんぞ半日もあれば十分ですから。

>Windowsのバージョン別シェア
Win10がついに15%を超えましたか。「遂に」より「やっと」かもしれませんが。上手く運べば2016年度を20%から始められるやも。

>XPは順調に0へと近付いており
ちなみにXPとVistaは、2016年の3月をもってGoogleChromeのサポートが終了するため、ブラウザにChromeを使っているなら気を付けた方が良いです。Chromeはシェアが高い=攻撃される可能性が高い、しかしXPとVista向けのChromeはセキュリティのアップデートが終わる、という危険。VistaはMSのサポートが続いているため、特に注意が必要です。

GIGAZINE:ChromeのWindows XP・Vista・OS X 10.8サポートは2016年4月に打ち切り
http://gigazine.net/news/20151111-google-chrome-support-windows-xp/

ライブドアニュース:Google Chrome 2016年3月31日にWindows Vistaのサポートを終了
http://news.livedoor.com/article/detail/10882000/

>MacやMac OS(Yosemite)を利用したネタを思い付かない
この辺でも読んでネタを探してみては。

週刊アスキー:WindowsユーザーのためのMac講座
http://weekly.ascii.jp/sp/win2mac/

ITmedia:「WindowsユーザーのためのMac入門」最新記事一覧
http://www.itmedia.co.jp/keywords/ait_da_win_macbook.html

PC Watch:WindowsユーザーのためのMac OS講座
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2006/0821/macos01.htm
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2006/0830/macos02.htm
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2006/0907/macos03.htm
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2007/0110/macos04.htm

>ブラウザ
Edge低いですね。Windows10のシェア16%に対し、Edgeの使用率は2.0%程度。

>そろそろ4K解像度がトップ10入りしただろうかと期待したけれど無し
Amazonのランキングでは、30位を超えるまでは見えませんね。

Amazon.co.jp ディスプレイの売れ筋ランキング
http://www.amazon.co.jp/gp/bestsellers/computers/2151982051

現在の最高は「35位」のLG製27型ディスプレイ。

Amazon.co.jp: LG Electronics Japan 27型 4K
http://www.amazon.co.jp/ref=zg_bs_2151982051_35

>Windows 10への無償アップグレード

親が、親専用のパソコンをWindows 10にアップグレードしてしまったため、年末年始はWindows 10の設定をしていました。
前に戻すこともできると伝えましたが、ネットが問題なくできればそれでよい、とのことなので、とりあえずブラウザの設定をIEに戻し、プライバシー設定を見なおしておきました。
にしても、Windows 10へのアップグレードの押し売りはひどいですな。
相談を持ちかけられたときに「Windows 10に『してしまった』」と言っていたので、やはり不本意だったのでしょう。


>デスクトップ用モニタでこの解像度は見た事が無い、有れども相当マイナーなはず。

マカー発言で申し訳ありません。
Appleのオールインワン(一体型)コンピュータである、iMac 27インチモデル (Late 2013以前。非Retinaディスプレイ。) の画面解像度が、2560x1440ですね。
ちなみに、現在のiMac 27インチモデルは、Retinaディスプレイモデルのみのラインナップになっているため、解像度が2560x1440のiMacはすでに販売されていません。
また、同じくAppleの純正モニタである、Thunderbolt ディスプレイの画面解像度も、同じく2560x1440です。
(Thunderbolt ディスプレイの前モデルである、LED Cinema ディスプレイも2560x1440だったりします。)

Macを使っている方で、iMac 27インチやThunderbolt ディスプレイで閲覧されている方もそれなりにおられるのではないでしょうか。(自分もその一人だったりします。)
とはいうものの、Appleの27インチのディスプレイの時点で、マイナーですね。
職場などではともかく、個人で、iMac 27インチモデル、もしくはThunderbolt ディスプレイを使用している方って、どのくらいおられるのか気になったりします。

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。