第9使徒ヤマダエルがTSUKUMOの精神汚染を開始

2009年10月25日

まずはアホなタイトルで申し訳無い。

それは良いとして(良いのか?)、以前私は左のリンクでTSUKUMOの評価に「液晶のドット抜け保証が無くなった」と書いていました。これは誤りで、ツクモのドット抜け保証は健在という記事で訂正しました。

なぜ私が誤ったのかは、延長/交換保証のページからリンクが無くなっていたと勘違いした為。実際には判り難くなっていたのみで、以前と同様のページが残っていました。

tsukumo-lcd-dot-nuke.jpg

(cache) ツクモ パーツ交換保証 - BTOパソコン(エアロ)TSUKUMO ネットショップ
http://s02.megalodon.jp/2009-1015-2139-28/www.tsukumo.co.jp/hosyo/koukan/index.html

右の4に有る通り、液晶モニタを購入しドット抜けが気になっても(製造)メーカーの規定では初期不良では無い。それをツクモの交換保証では、他の商品へ差額交換を保証すると書かれています。

リンクは魚拓キャッシュなのでスタイルは適用されていませんが、元のページ丸ごとそのまま保存しておきました。

 

なぜキャッシュにしているかは、いつ書き換えられる、またはリンク先が変わるか分からないため。 私が何を疑っているのかはこれだ。

tsukumo-lcd.jpg

いつも通りのツクモの通販ですが、最下2行の赤で書かれた箇所。

【保証期間】メーカー3年間保証(パネル、バックライトは1年間保証)
※液晶パネルには、ドット抜け、常時点灯、及び色むらが存在する場合がございます。これらは液晶パネルの構造によるものであり、初期不良や故障にはあたりません。これによる返品・交換は受け付けることはできませんのでご了承ください。

話が違う。

私が選択した送料無料のAcerが対象外となるのかと思い、他のLCDを見たところ全てのLCDに上記の注意書きが突っ込まれておりましたとさ。

メーカー保証が3年の部分は、製造ベンダー(上記ではAcer)がユーザ過失で無ければ無償で修理交換するという意味ですが、そう考えるとこの液晶にツクモの延長保証は不要。

なるほど、延長交換共にカートで選べなくなっているのかとのぞくと。

tsukumo-lcd-in-bascket.jpg

(右上)交換保証は1050円となっております。何だこれ。

その上の延長保証も普通に選択可能。ツクモファンは全部ぶっ込みで選択するのかも知れませんが、普通そんな無駄遣いをする人は居ません。

延長保証のページも一応確認。

tsukumo-warranty.jpg

私の記憶違いかも知れませんが、1年以上2年未満は70%では無かったでしょうか。2年目でいきなり50%とは、保証の加入額が安いとは言っても、これではヤマダ電気の5年保証に入った方がマシです。

 

他にも怪しい雰囲気が見受けられます。

tsukumo-ec-menu.jpg

なぜ家電?

tukumo-new-category.jpg

色々と揃っていそうでは有りますが、いずれを選択しても在庫は「お取り寄せ」となっております。在庫するつもりでしょうか。しないなら意味が無い。

ヤマダ電気の100%子会社にはなりましたが、TSUKUMOはパーツの単品が安く、BTOパソコンも作っており、高橋敏也と慈威魏亜(ジーギア)などというネタもできる子。

これはヤマダ電機幹部様天下りの御方針と妄想。

各店のブログがある事はまだしも、twitterでは非公式と書いてはいるものの、どう見ても店員が販売情報を流していたりなど、やろうとしている事とスタッフとのズレを感じざるを得ません。

 

破産するまでのツクモは良い面が多く、当時のスタッフで引き継がれているのかと思いますが、経営としては駄目な企業という事でヤマダ電機に喰われてProject Whiteが再出発となりました。今後どうなるのでしょうか。

Windows7のG-GEARは結構良い内容です。

TSUKUMO、ゲーミングPCブランド「G-GEAR」においてWindows 7モデルを9機種 | パソコン | マイコミジャーナル
http://journal.mycom.co.jp/news/2009/10/18/004/index.html

Core2-E7500、P45、4GB、640GB、スーパーマルチ、GF9800GT、Windows 7 Home Premium、で74,980円。ミドルクラスに良いスペックかつ安いかと思います。

長期保証は笑えばいいと思うよ。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。