[おまけ] Windows8とWindows RTの違い

2012年10月22日

8とRTの違いは簡単にいうとPC用かタブレットPC用か。

Windows RTとは、正式発表より以前にARM版(WOA)と言っていたものと同様。CPUがインテルやAMDでは無く、ARMアーキテクチャを使った製品用で、携帯電話や携帯ゲーム機などで使われるプロセッサと同じ。

8とRTがどう違うか手短に参ります。

以下、Windows8は8、Windows RTはRT、MicrosoftをMSとし省略。ややこしくなるので参考リンクは最後に貼らせてもらいます。 

RTの対応CPUはパソコン用ではなくARM用

ARMとはCPUのメーカーや名前では無くアーキテクチャ(構造、設計)の名前で、ARM社が製造メーカーへライセンス(この場合、製造する権利)を販売し、物を作るのは自分でやれという形態。

現在のパソコン用CPUはほぼインテル、自作ユーザなどに人気のAMD、いずれもx86やx64と言われるものでARMプロセッサとは別物。

というわけで互換性は無く、WiiとニンテンドーDSくらい違うわけで、Windowsという名前が付いているもののパソコン用では無し。

RTの単品販売は無くプリインストールのみ

プリインストールとは、ハードウェア(機器)へ生産時にインストールされる状態の事で、パッケージやCD、DVDなどでの単品販売は無し。AndroidやiOSのように必ずハードウェアに入った状態で販売されるという制限がございます。

また、RTは必ずタッチ操作可能で重量は1.2kg以内などハードウェア要件も有り、それらを満たさない機器には搭載出来ない模様。

RTは基本的にWindowsストアからアプリ入手

ARMプロセッサという事で従来のパソコン(x86、x64)用アプリケーションは使えず、AndoroidのようにLinuxベースという事でも無いので、Windows RT用のアプリが必要。

入手方法は基本的にWindowsストアからとなっており、AndroidのGoogle Play、iOSのApp Storeのようなダウンロード形態。

RTはMSオフィス標準搭載、但し機能は制限

RTの特徴は最初からマイクロソフトオフィス2013(RT)が搭載されており、エクセルやワードなどが標準で利用可能。

但し機能が制限されており、マクロやアドインは利用不可。しかしそれらを使っていないファイルならパソコン版MSオフィスで作成したファイルも開く事が出来るらしく、AndroidやiOSとの大きな違い。

見た目は8と同じRT、中身は別物に近い(まとめ)

共通するのはWindowsの基本機能で、ソフトウェアはWindows RT用を使わねばならず、x86やx64エミュレータの噂は有ったけれど実現せず。

見た目はWindows8、中身はマイクロソフト版タッチ操作端末専用OSなので、パソコンと同じWindows8とは思わぬよう。

具体的にはWindows7までの資産はソフトウェア、ハードウェアともにほぼ使えないので、ご注意有れ。

おそらくマイクロソフトがタブレットPCやスマートフォン市場も乗っ取りたく、強引にWindows8と関連させたのでしょう。

WindowsやAndroid、iOSで無くとも良く、マイクロソフトが好きとかRTに将来性を感じるなら有りでしょうか。

ゲーム機のようにソフト次第と思うので、Windows Storeにどのくらいのアプリが登録され、どの程度までx86/x64版ソフトウェアがRT用へ移植されるかが見ものですな。

 

<参考リンク>※古い記事も参考にしているので現状は違うかも知れない

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

マウスコンピューター

高性能: ★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★★

初心者: ★★★★★

令和時代の鉄板スタンダードなPC初心者向けメーカー。標準構成のバランス感覚が突出しており、私でさえケチを付けることが滅多にできない。性能の下から上まで幅広く実用的。

パソコン工房

高性能: ★★★★ 保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★

初心者: ★★★★

性能とパーツの相場がある程度わかる人なら標準構成が多いのでコスパ重視で選びやすい。同じに見える同じ価格でも仕様の違いがどうなのか判る人には最適。

ドスパラ

高性能: ★★★★ 保証: ☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★★

昔はドスパラ=BTOだったけれど最近は普通のパソコンに力を入れておらず、2018-2019年の偽インテルチップ中華SSDの件が未解決なので信用問題的に何とも言えない。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

10年以上前まではDELL=初心者向けの安いパソコン、それはもう通用しておりません。クーポン適用後が適正価格だと見抜けるパソコン詳しい人向け、または大人買いで割安になる法人向け。

日本HP

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★☆☆

コスパと性能以外にも見た目も重視したいならHPのノートも選択肢としてアリ。自社製造状態なのでBTO=ダサい印象は払拭されるかと。デスクトップは法人用、ゲーミングは海外向け。

TSUKUMO

高性能: ★★★★★ 保証: ☆☆

コスパ: ★★★★ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

昔のマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。機種が少なく特徴的な少数精鋭状態なので選べる人を選ぶが、それにしても選びにくい。

FRONTIER

高性能: ★★☆☆☆ 保証: ☆☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ☆☆☆

初心者: ★★★☆☆

フロンティア神代の解散後、現所長のパワハラがひどいとタレコミが複数あり、私から内情を運営会社へ伝えると逆ギレされて私を訴えるぞと謎すぎる返しがあり困惑中。

サイコム

高性能: ★★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★★

初心者: ☆☆☆☆☆

PC自作しない中~上級者向け、昔ながらの2chおっさん御用達な鉄板メーカー。動かない構成でも購入できるので初心者にはおすすめ不能。量産系BTOのようにコスパ悪くならないのでサイコムだけは自由なカスタマイズを激しくおすすめ。

※並びはBTOメーカーの知名度の順(暫定)で、大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
格安SIMなb-mobileを勝手に評価
格安SIMなLinksMateを勝手に評価

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。