Windows7普及率50%超え、XPとVistaは依然減少(2012年6月)

2012年7月18日

Windows7発売から2年と8ヶ月くらい。

Windows8の発売予定は10月とのニュースが有り、RTM(最終出荷候補、完成)版は8月予定との事。ようやくWin7が過半数になった所へ新バージョンの投入。8に賭けるか7で止めるか、夏休みには判りそうな気配。

Windowsのシェアなど2012年6月、1ヶ月間の集計より。

2012年6月30日間のアクセス総数。GoogleAnalyticsより。

  • 492,950 ・・セッション
  • 357,218 ・・ユニーク

対象は当サイト(BTOパソコン.jp)のブログ部分。携帯電話用ページを除くセッション数が基準。

 

Windows7とVistaとXPの利用率(2012年6月)

Windows7が50%を突破しております。

windows7-vista-xp-2012-06-ga.jpg

5月と比較すると、7が上がりVistaとXPが下がるいつも通りの増減。

  • Win7・・49.54 -> 50.53%(+0.99)
  • Vista・・ 11.27 -> 10.92%(-0.65)
  • XP・・38.22% -> 37.50%(-0.72)

いつか忘れたけれど、Windows2000ユーザが多過ぎないか?とお便りを頂戴しておりましたが、これは30日間のセッション合計なので上の数値(1,388)を30で割ると1日46アクセスくらいなので不自然な数値では無いでしょう。

この計算で行くとMEユーザが1~2人、またはそれ以上居られそうな気配。会社や学校PCの罰ゲームなら仕方無いけれど、自宅などの自己所有PCならとっとと買い替えましょう。

7発売翌月からの各バージョンの利用率推移。

windows7-vista-xp-2012-06.jpg

7が安定して伸び続けXPはその逆に減り続ける状況。

今回の入力で移動平均がやや緩やかになっておりますが買い控えでも始まったのでしょうか。

また、Vistaが10%台で落ち着いている為、XPはそれ以上の割合で下降が緩やかになると見ておりますが今の所そのような気配は無し。

windows7-xp-cmp-2012-06.jpg

7とXPの前月比較は特に変わった事はございません。

7とXPのみでの比較と今後の予想。

windows7-xp-50-50-2012-06.jpg

8が混ざるとどう変わるか見もの。

 

画面解像度がフルHDはWindows7ユーザが約75%

今回は画面解像度の集計をピックアップ。

resolution-2012-06.jpg

トップシェアは安定してフルHDとなっており、2位が旧式モニタの高解像度、3位はノートに良く有るHD解像度。

気になる箇所は6位のやたら低い解像度の端末。おそらくスマートフォンと思われ、約5%という割合は大きいと感じております。

話を戻し、フルHDかつWindows7に限定したグラフにすると

resolution-windows7-2012-06.jpg

約74.5%、4人中3人がWindows7(オレンジの線)ユーザのようで。

この数値が大きいか小さいかは人それぞれと思うけれど、私に言わせると想像より7ユーザの率が若干低めと感じた次第。

同じようにHD解像度のWindows7ユーザに限定すると。

resolution-1366x768-2012-06.jpg

約81.7%、5人中4人がWindows7となっております。

1366x768はノートが多いと思われ、HD解像度のノートはWindows7ばかりと思っていたので、こちらは私の予想より大幅に低め。

ナショナルブランド(NECとか富士通など)でデスクトップを購入するとモニタセットが普通なものの、BTOパソコンや自作はモニタは(解像度が合うなら)流用も可能。

ノートや一体型よりデスクトップの方が安く付く場合もございます。

 

2012年6月のWindows7普及率(まとめ)

冒頭で書いたWindows8発売時期の情報はこちら。

Windows 8は8月に完成(RTM)、10月中に一般販売 - Engadget
http://japanese.engadget.com/2012/07/09/windows-8-8-10-windows-rt/

噂では無くマイクロソフトの発表らしく、8月の第一週にRTM、10月末までには一般販売するとの事。一般販売が気になりますな。OEM(PCメーカーのプリインストール)や企業用はそれより早いのか。

Windows8は板PC用も同時発売(但し、単品販売は無し)な上、マイクロソフトが板PCを製造販売すると言っており気合が入っております。

iOSかAndroidか、Windows8 RT(板PC、ARM用)か。Windows8のPC版も使うなら板PCも8が良い気がするけれど、個人や業務の用途次第なので何とも言えず。

無いとは思うけれど、RTM版でリボンインターフェイスが復活したら世界中のWindowsユーザが注目するでしょうな。悪い意味で。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

マウスコンピューター

高性能: ★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★★

初心者: ★★★★★

令和時代の鉄板スタンダードなPC初心者向けメーカー。標準構成のバランス感覚が突出しており、私でさえケチを付けることが滅多にできない。性能の下から上まで幅広く実用的。

パソコン工房

高性能: ★★★★ 保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★

初心者: ★★★★

性能とパーツの相場がある程度わかる人なら標準構成が多いのでコスパ重視で選びやすい。同じに見える同じ価格でも仕様の違いがどうなのか判る人には最適。

ドスパラ

高性能: ★★★★ 保証: ☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★★

昔はドスパラ=BTOだったけれど最近は普通のパソコンに力を入れておらず、2018-2019年の偽インテルチップ中華SSDの件が未解決なので信用問題的に何とも言えない。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

10年以上前まではDELL=初心者向けの安いパソコン、それはもう通用しておりません。クーポン適用後が適正価格だと見抜けるパソコン詳しい人向け、または大人買いで割安になる法人向け。

日本HP

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★☆☆

コスパと性能以外にも見た目も重視したいならHPのノートも選択肢としてアリ。自社製造状態なのでBTO=ダサい印象は払拭されるかと。デスクトップは法人用、ゲーミングは海外向け。

FRONTIER

高性能: ★★☆☆☆ 保証: ☆☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ☆☆☆

初心者: ★★★☆☆

フロンティア神代の解散後、現所長のパワハラがひどいとタレコミが複数あり、私から内情を運営会社へ伝えると逆ギレされて私を訴えるぞと謎すぎる返しがあり困惑中。

サイコム

高性能: ★★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★★

初心者: ☆☆☆☆☆

PC自作しない中~上級者向け、昔ながらの2chおっさん御用達な鉄板メーカー。動かない構成でも購入できるので初心者にはおすすめ不能。量産系BTOのようにコスパ悪くならないのでサイコムだけは自由なカスタマイズを激しくおすすめ。

※並びはBTOメーカーの知名度の順(暫定)で、大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
格安SIMなb-mobileを勝手に評価
格安SIMなLinksMateを勝手に評価

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。