Win7用XPモードのダウンロードとUltimate、Proの比較

2009年10月26日

10月19日にWindows7のUltimateとProfessional用のXPモード ダウンロードが公開されました。最初から入っている物では無いため、Virtual PCが入っていなければとセットでダウンロードしましょう。

当然ながら、Windows7のUltimateやProを持っていない人には無関係です。

ダウンロードの詳細 : Windows Virtual PC
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=2b6d5c18-1441-47ea-8309-2545b08e11dd&DisplayLang=ja

ダウンロードの詳細 : Windows XP Mode
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=fb633e9d-ddbc-4044-bb09-4f99e757064e&DisplayLang=ja

XPモードは先に書いた通り2種類のエディションのみ動作しますが、それ以前にパソコン(BIOS)が対応しているのかを調べる必要が有ります。

Windows7のXPモードの動作環境と条件とは? | BTOパソコン.com
https://btopc.jp/select/bto-pc-368.html

最近購入、またはOEMのWindows7PCの購入なら、まず対応しています。

 

XPモードの動作環境(条件、システム要件)

マイクロソフトより提示の条件。最低このスペックでも行けるようです。

CPU
1GHz以上
メインメモリ
1GB以上
グラフィックス
DirectX 9対応
HDD
15Gバイト以上

私の4年前のPCでも全てクリアしているため、余程の安物で無ければ先にリンクしたチェックを通してOKとなります。

 

バーチャルPCの動作環境(条件、システム要件)

XPモードを動かすために必要です。その最低スペック。

CPU
仮想に対応したインテルやAMD
メインメモリ
2GB以上
グラフィックス
-
HDD
20Gバイト以上

 こちらの方が条件はやや上。XPモード、と言うより仮想ツールが動けば良いという事ですね。

 

UltimateとProfessionalの機能を比較

XPモードが動作する2つのエディションをこちらを参考に比較。

機能/エディション Home Pro Ultimate
XPモード ×
ドメイン参加 ×
バックアップ、完全復元 ×
BitLocker × ×
35言語切替 × ×

XPモードは何度も書いた通りですが、ドメイン参加は企業のネットワークなら必要かも知れず。気になる項目はバックアップと「完全復元」です。

ドライブを指定し、システムファイルを含め範囲を自由に決める事ができ、これが標準かつ使い物になるならProfessional以上はお勧めということに。

BitLockerは暗号化出来る機能ですが、企業などで使われるでしょうか。しかしWindows標準機能というものは、大抵の場合にハックされます。本気で情報漏洩を防ぐなら、ハードウェアに仕掛けをしましょう。

注意する事は、下手に暗号化などしておくと市販や業者のデータ復旧が困難になる事。不要なら暗号化どころか、ログインパスワードも掛けないように。

 

どのエディションが売れているのか?

BCNの10/22のデータより。

Windows 7ついに発売、初日はVistaの1.54倍の売り上げで好スタート
http://bcnranking.jp/news/0910/091023_15666.html

一覧は有りましたが更に見易く、エクセルで引き直しました。

Windows 7 発売初日 09年10月22日の販売本数ランキング

HomePremiumが多いようですが、これは予約分を含むとあります。

マイクロソフトが6月と9月に実施した事前予約キャンペーンがありそうだ。この事前予約では、「Home Premium」を通常よりも安い7777円という特別価格で購入できる優待パッケージも用意され、同パッケージの売り上げが多分に含まれていると考えられる。


 UltimateとProfessional、いずれもパソコン(BIOS)が対応していればXPモードは使えます。その他の機能、BitLockerや35言語切替は不要に思えますが、孔明の罠かも知れず。

マイクロソフト様には、サービスパック(SP)という名前の大規模な不具合修正アップデートが有り、このタイミングで拡張や新機能を上位エディションのみで対応する事が有ります。

そこまでは考えないならば、数千円安いためProでも良いかも知れません。というか、そこまで考える人ならご自分で判断される事でしょう。

上の円グラフでは通常版と書かれた製品の比率(Ultimate>Home>Pro)が今後の市場動向の元になるかと見ています。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメント(4)

はじめまして。マイクロソフトのサイトでライフサイクル検索を行うとWindows 7はProとEnterpriseを除いて延長サポートがありません。XPのサポートが2014年まで延長されていることを考えると長く使おうと思うと実質Proしか選べないように思います。ところが通常版はUltimateが一番売れていますね。みなさんサポートのことには頓着しないのでしょうか。それともライフサイクル検索自体マイクロソフトのサイトの中でもとてもわかりにくいところにあり、私の場合探すのに苦労したほどですから皆、気付いていないだけなのでしょうか。

Vistaの時にUltimateのサポートがコンシューマー扱いで真に酷いと思いましたが全く改善されていないようでとても遺憾です。"売れれば"XPの時のようにサポート期間が延長されるかもしれませんがそうでなければ延長サポートなし組は2015/01/13でパッチも当てられなくなってしまいます。この懸念について世間では全く取り上げられていないのは理解に苦しみます。

知られていないがWIn7 Homeは、メモリ制限がある
Win8とばして次Pcまでもたせようとすると

Pro選択に限る

Windows 7 Home BasicとStarterは最大8GB、
Windows 7 Home Premiumでは、最大16GB、
Windows 7 Professional、Enterpriseは、Ultimateは最大192GBとの事。

Xp>7にvista飛ばした者より

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

マウスコンピューター

高性能: ★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★★

初心者: ★★★★★

令和時代の鉄板スタンダードなPC初心者向けメーカー。標準構成のバランス感覚が突出しており、私でさえケチを付けることが滅多にできない。性能の下から上まで幅広く実用的。

パソコン工房

高性能: ★★★★ 保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★

初心者: ★★★★

性能とパーツの相場がある程度わかる人なら標準構成が多いのでコスパ重視で選びやすい。同じに見える同じ価格でも仕様の違いがどうなのか判る人には最適。

ドスパラ

高性能: ★★★★ 保証: ☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★★

昔はドスパラ=BTOだったけれど最近は普通のパソコンに力を入れておらず、2018-2019年の偽インテルチップ中華SSDの件が未解決なので信用問題的に何とも言えない。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

10年以上前まではDELL=初心者向けの安いパソコン、それはもう通用しておりません。クーポン適用後が適正価格だと見抜けるパソコン詳しい人向け、または大人買いで割安になる法人向け。

日本HP

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★☆☆

コスパと性能以外にも見た目も重視したいならHPのノートも選択肢としてアリ。自社製造状態なのでBTO=ダサい印象は払拭されるかと。デスクトップは法人用、ゲーミングは海外向け。

FRONTIER

高性能: ★★☆☆☆ 保証: ☆☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ☆☆☆

初心者: ★★★☆☆

フロンティア神代の解散後、現所長のパワハラがひどいとタレコミが複数あり、私から内情を運営会社へ伝えると逆ギレされて私を訴えるぞと謎すぎる返しがあり困惑中。

サイコム

高性能: ★★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★★

初心者: ☆☆☆☆☆

PC自作しない中~上級者向け、昔ながらの2chおっさん御用達な鉄板メーカー。動かない構成でも購入できるので初心者にはおすすめ不能。量産系BTOのようにコスパ悪くならないのでサイコムだけは自由なカスタマイズを激しくおすすめ。

※並びはBTOメーカーの知名度の順(暫定)で、大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
格安SIMなb-mobileを勝手に評価
格安SIMなLinksMateを勝手に評価

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。