パッケージ版Windows7アップグレードは上位互換

2009年10月13日

上位互換という表現が正しいかは分かりませんが、過去にOEMのWindows Vistaでは、横繋がりのグレードでしかWindows7へアップグレードが適用されないと書きました。

PCメーカーのVista「Home Basic」は買ってはいけない | BTOパソコン.com

もちろん日本のみでは無く、海外も同様。

Windows 7への無料アップグレード、Vista Home Basic搭載PCにはやはり適用されず : [特集]Windows 7 - Computerworld.jp
http://www.computerworld.jp/topics/win7/156649.html

アップグレード権が適用されるのは、Vista Home Premium、Vista Business、Vista Ultimateを搭載したPCに限られる。 したがって、このPCを購入したユーザーがWindows 7にアップグレードするには、120ドルからという価格構成のアップグレード版を店頭で購入する必要がある。

これは、6月26日以降にVista買ってしまった人ごめんなさい救済アップグレードの事で、パッケージを買うなら別の話。好きに上げやがれと御マイクロソフト様の偉大なるストアで勝手に値下げされています。おいおい。

windows7-upgrade-package.jpg

 Microsoft Store Japan - Windows 7
http://www.microsoftstore.jp/Form/Product/ProductCategory.aspx?cat=100002

 以前、マイクロソフトのプレスリリースを一覧にした表がこちら。

Windows7-pack-upgrade.gif

通常版はアップグレードでは無い普通のパッケージ。その下「優待パッケージ」が今回の直販価格のはずですが、Home Premiumが897円、Professionalが1280円安い。DVD版でもHome Premiumが771円、Proは1101円安くなっています。

送料が別かと思えば無料なので、どうしても予約購入したい人は買っても良いかと思いますが、どういうアップグレードになるかも見ておきましょう。

windows7-upgrade-rules.jpg

 Microsoft Store Japan - Windows 7 アップグレード情報
http://www.microsoftstore.jp/Form/Win7/upgrade.aspx

塗り潰しの丸は、今使っているVistaをそのままアップグレード出来ますが、白抜きの三角はクリーンインストール(一旦、今使っているWindowsを消して再インストールする)となっています。

XPは当然ながら問答無用で再インストールとなりますが、金さえ出せばHome BasicからHome PremiumやUltimateへもアップグレード可能。Professionalにはならないようですが、これは今回予約販売している中にUltimateが無く、Home Premiumに止めておこうというMS作戦です。さすがマイクロソフト様。

簡単には上記の通りですが、以前Engadgetで詳しく載っていました。

Windows7-upgrade-32bit-and-64bit.jpg

Windows 7 アップグレード 早わからないチャート
http://japanese.engadget.com/2009/08/07/windows-7/

タイトルは早わからないと書いて有りますが、それを改訂した一覧が上の画像となっています。マイクロソフトと同じでした。

本格的に判り難い一覧はリンク先より元記事をどうぞ。私が見た当時は、早わからない方しか載っていませんでした。嫌がらせかと思えます。

 

Windows7アップグレード予約購入まとめ

年内に購入予定で発売後すぐにHome PremiumやProが欲しいなら買いでしょう。年内とした理由は、アップグレード版が年末までにこの価格までは下がらないだろうという安易な予想です。マイクロソフトがどこまで操作できるのかは知りませんが。

Home PremiumはVistaのBasicや同バージョンから上げ、ProfessionalはXPのダウングレードを購入したなら有りかと。ダウングレード以外でVista Businessを購入する理由が分かりませんが、本当にビジネス(法人)ならメーカーの営業やSIerに相談です。

Ultimateなら待ちですが、26800円がどこまで下がるかは財布と相談。値下がりを待つ時点で今購入する気は無いので、SP1が出るまで待てば良いかと思います。

結局、買う人はこれを読むまでも無く予約しているかと思いますが、いずれにしても下記のどちらかの試練が有ります。

  • アップグレードは容量に比例して時間がかかる
  • クリーンインストールは要データ退避

ドライバやアプリケーションの対応がどうなのかは博打ですね。Vistaで動くなら7も行けそうな気もしますが、XPから7では中々腰が重いものです。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメント(4)

>IE6、7、8でアクセス出来ない

Flash Playerの許可のポップアップが出ますが、しつこく許可するをクリックしていれば表示されます。

TOPは大丈夫ですが、カテゴリページが
IEは先ほどと同様、Firefoxも上部が黒くなっています。

追記
今後もサイトの更新を楽しみにしております。

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

マウスコンピューター

高性能: ★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★★

初心者: ★★★★★

令和時代の鉄板スタンダードなPC初心者向けメーカー。標準構成のバランス感覚が突出しており、私でさえケチを付けることが滅多にできない。性能の下から上まで幅広く実用的。

パソコン工房

高性能: ★★★★ 保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★

初心者: ★★★★

性能とパーツの相場がある程度わかる人なら標準構成が多いのでコスパ重視で選びやすい。同じに見える同じ価格でも仕様の違いがどうなのか判る人には最適。

ドスパラ

高性能: ★★★★ 保証: ☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★★

昔はドスパラ=BTOだったけれど最近は普通のパソコンに力を入れておらず、2018-2019年の偽インテルチップ中華SSDの件が未解決なので信用問題的に何とも言えない。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

10年以上前まではDELL=初心者向けの安いパソコン、それはもう通用しておりません。クーポン適用後が適正価格だと見抜けるパソコン詳しい人向け、または大人買いで割安になる法人向け。

日本HP

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★☆☆

コスパと性能以外にも見た目も重視したいならHPのノートも選択肢としてアリ。自社製造状態なのでBTO=ダサい印象は払拭されるかと。デスクトップは法人用、ゲーミングは海外向け。

FRONTIER

高性能: ★★☆☆☆ 保証: ☆☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ☆☆☆

初心者: ★★★☆☆

フロンティア神代の解散後、現所長のパワハラがひどいとタレコミが複数あり、私から内情を運営会社へ伝えると逆ギレされて私を訴えるぞと謎すぎる返しがあり困惑中。

サイコム

高性能: ★★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★★

初心者: ☆☆☆☆☆

PC自作しない中~上級者向け、昔ながらの2chおっさん御用達な鉄板メーカー。動かない構成でも購入できるので初心者にはおすすめ不能。量産系BTOのようにコスパ悪くならないのでサイコムだけは自由なカスタマイズを激しくおすすめ。

※並びはBTOメーカーの知名度の順(暫定)で、大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
格安SIMなb-mobileを勝手に評価
格安SIMなLinksMateを勝手に評価

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。