Windows7利用率は約11.44%:前月比+2.65%(2009年12月度)

2010年1月26日

Windows7ユーザがどの程度の率かを訪問数で調査。

今回はデータがこのブログしか無いため、解像度などから他の要素も見て行きます。カテゴリは強引にBTOパソコンの選び方。他の方々がどのような環境でパソコンを使用されているか参考になりますという事で。

サンプル数は多いけれど、なぜか少なめになっているサムライファクトリーの公開データもご参考まで。Windows7ユーザがここまで少ないわけが無いとは思うものの約5億人分。

株式会社サムライファクトリー | インフォメーション - 【OS・ブラウザー国内シェア調査】~ChromeがOperaを抜く Windows 7のシェアは2.54%~ 2009年12月度発表
http://www.samurai-factory.jp/info/2010/20100108188.html

○OSシェア
《XP 59.25%、Vista 29.06%、MacOS 4.55%、Windows 7 2.54%
Windows 7の12月度の月間シェアは2.54%でした。(11月度は1.41%

気にせず次行きます。

 

2009年12月のWindows7利用率は11.44%に上昇

11月のWindows7利用率は7.43%、好意で戴いた個人ニュースサイトの数値は8.79%、今回は私のブログしか有りませんがこのようになっておりました。昨年12月です。

Windows7の利用率(OS比率)

GoogleAnalyticsというアクセス解析より、OSの中のWindowsの中。

業者の話によると12月1日まではWindows7はNTと表示されていたらしいため、6003+174で11.44%となりました。まだWin7は1割程度かとは思うものの私のブログは修理や選び方が多く、Windows7ユーザには用が無いサイトとも言えます。

見所はVistaとの比率で、上記の通りWin7ユーザはこのブログに用は無いもののVistaと約6%しか差が無く、この調子で行けば夏までには確実に逆転すると予想出来ますな。

 

ブラウザは何をお使いか?

Windowsパソコンに初めから入っているインターネットエクスプローラ。は、とっとと乗り換えてFirefoxやChromeにしましょう。セキュリティホールなど真っ先に狙われるブラウザはIEです。

ブラウザの比率

このブログの属性からもっとIE以外の率が高くなっても良いとは思うものの約6割。

何を使おうとユーザの好みや慣れでは有りますが、先に書いた通り、IEは狙われやすく、ついでに言えばアウトルック(エクスプレス)も攻撃対象になり易い。どちらも無料なので、IEやOEを使っているならこれを機会に試してみましょう。

無料メールソフト Thunderbird – Windows 7 対応メールソフトの決定版
http://mozilla.jp/thunderbird/

次世代ブラウザ Firefox – 高速・安全・カスタマイズ自在な無料ブラウザ
http://mozilla.jp/firefox/

IEやOEを消す必要は有りません。

 

モニタの解像度からフルHDなどの普及状況を見る

私がこれを書いているモニタは1280x1024のスクエア。XPユーザでは一般的なサイズかと思います。Windows7のモニタはワイドが基本ですが比率は下図の通り。

パソコンモニタの解像度

5人に1人が私と同じ1280x1024、2位の1024x768は3~5年前のノートに多く、このブログは1024x768でぎりぎり表示されるよう設計してあります。

その下、34567位はワイドモニタ。で1680x1050は16:10の為、Vistaユーザが多いかと。その下1920x1080がフルHDの16:9です。ではフルHDはどの程度使われているのか推移を見ます。

1920x1080のフルHD解像度の比率

10月3日にサイトを移転しており、そこからの推移。

10月22日にWindows7が出た為、徐々に上がっているように見えます12月24日付近から賑やかになり始め、平均200前後のセッション(アクセス)数。Win7が出るまでは100程度だった為、約2倍になっていると言えるやも知れず。数値が低いため、あまりアテにはならないけれど。

 

皆が使っているパソコンの仕様を使うという選択は有り

売れていたり多くの人間が使っている仕様にしておけば情報は多く発信され、何かあった時に検索すればヒット率が上り困った時も早く高精度に何とかなるという考え方。

私のお勧めは、近くにパソコンに詳しかったり好きで自作している人間が居れば、その人の環境に合わせたり近い構成にする事。私の例で言えば、XPを使っており未だにPentium4(LGA775)を使っているならアドバイスもし易く、逆にVistaは勝手が判らずWin7は本格的に不明。簡単な作業さえ出来ないかも知れず。


通常、私は記事1本に30~90分かかりますが、今回の記事は画像の準備を除きここまで15分で書きました。本当にBTOやパソコンの事を書くのは面倒という、どうでも良い話。

また来月というか、既に1月末のため、ニュースサイトの管理人殿にデータをくれと連絡します。私のブログだけでは我ながら信憑性にやや難有り。

フルHDは1920x1080がお勧めという話でした。

 

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。