Windows7の利用率は約8.79%(2009年11月度)

2009年12月 7日

10月22日に発売されたWindows7。

現在、どの程度普及しているのかを調査しました。販売数など取れるわけが無いため、サイトへのアクセスをGoogleのアクセス解析がOS毎に自動集計しています。

先に、無料ブログやアクセス解析で有名なサムライファクトリーのプレスリリースを引用しましょう。11月の一ヶ月、Windows7のアクセス数などを公開しています。

株式会社サムライファクトリー | インフォメーション - 【OS・ブラウザー国内シェア調査】~業界騒然!?『Windows7』発売から1ヵ月。気になる利用率は?~ 2009年11月度発表
http://www.samurai-factory.jp/info/2009/20091202179.html

◇調査期間:
 2009年11月1日(日)~11月30日(月)

◇対象データ数:
 489,894,420ユニークアクセス(※)

延べ約5億人分のアクセスより

○OSシェア
 《XP 60.32%、Vista 29.18%、MacOS 4.56%、Windows 7 1.41%》
 10月末に発売されたWindows7の11月の月間シェアは1.41%でした。

XPが6割、Vista3割。Macは5%弱でWindows7は1.41%とあります。

その他、4.53%となり、調査する場所や属性にもよりますが、素直に5億分のアクセス解析は凄い。侍グループのサービス全体から抽出したのでしょう。

しかし私の調査では変わります。

 

Windows7でのアクセスは7.43%(BTOパソコンcom)

私のブログですが、お陰さまで11月2日にYahooニュースで炎上し、11月は約56千(セッション)のアクセスが有りました。Yahooさんまたお願いします。

windows7-access-btopc-com

XPが7割、Vistaは2割。7はまだ1割に満たない。

3番目に位置する「NT」がWindows7です。解析業者の話では、12月2日にGoogle Analyticsの表示が「7」になったようで、12月1日まではWindows7は「NT」と表示されているらしい。

私のブログは超マニアックではないものの、それなりに詳しい人から訪問され、ご自分でカスタマイズ出来るレベルの方が多く来られます。XPの比率がやや高めになっているのやも知れず。Vista2割は低いですね。

私個人のしかもパソコン系ブログでは属性が偏り過ぎているかも知れないため、ご好意で頂いた個人のニュースサイトのデータも公開します。ご協力感謝致します。

 

Windows7からのアクセスは約8.79%(個人運営ニュースサイト)

私のブログはデータを公開しても全く構いませんが、他人様のデータのため、どこのサイトかは控えます。属性は一般向けで、GIGAZINEの縮小版というかもう少し普通寄りへ緩い感じ。

windows7-access-newssite

XP6割強、Vistaは25%までアップ。7(NT)は8.79%となっています。

こちらのデータの方が一般的かと思われ、(セッションの)サンプル数も私のブログとは一桁違います。サムライファクトリーのデータは、私のブログの方が近いとも取れますが、決定的な違いはWindows7利用のアクセス率。

ユニークとセッションでは件数に違いは出るものの、率で言えばWindows7利用者が突出してセッション切れが多いとは思えず、私の調査では8.79%が本当と言い切っておきます。

 

見ろ、Macがゴミのようだ!

失礼。Windowsがでかすぎて他のOSがゴミのようという事で。twitter経由のマックユーザを煽っているわけでは有りません。私はMacも好きです。(CMは嫌いですが)

access-os

とは言えMac3.27%は健闘。4位のiPhoneも合わせるとAppleシェア4.99%。

Windowsが約95%となっており、先のニュースサイト以外に、通販のクライアントを30社担当する解析業者に聞いたところ、平均95%と100人中95人はWindowsを利用しているようです。
 



今後の動向が気になりますが、他人がWindows何を使おうと自分には関係有りません。Win7のシェアが大きくなれば時間と共に対応ソフトや周辺機器も広がり、今後の新製品は間違いなく7対応するため買い替えはWindows7で決まりでしょう。

マイクロソフトは7へ一本化したいのかと思いますが、問題が2点。

  • XPユーザはWindows7に期待している人間が多くはない
  • Vistaユーザは、買い換える程の利用期間が無い

XPから7へのアップグレードは有り得ない程面倒、Vistaからのアップグレードに金がかかる時点で個人的には間違っているような気もします。(Windows7はVistaのSP2という考え方)

次回、協力頂けるかは不明ですが、思い出した頃に推移としてWindows7のアクセス数を公開しようかと思います。忘れている可能性が高い為、来年辺りに気付いたら教えて下さい。

データは結構簡単に取れる上、記事も書きやすい。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

マウスコンピューター

高性能: ★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★★

初心者: ★★★★★

令和時代の鉄板スタンダードなPC初心者向けメーカー。標準構成のバランス感覚が突出しており、私でさえケチを付けることが滅多にできない。性能の下から上まで幅広く実用的。

パソコン工房

高性能: ★★★★ 保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★

初心者: ★★★★

性能とパーツの相場がある程度わかる人なら標準構成が多いのでコスパ重視で選びやすい。同じに見える同じ価格でも仕様の違いがどうなのか判る人には最適。

ドスパラ

高性能: ★★★★ 保証: ☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★★

昔はドスパラ=BTOだったけれど最近は普通のパソコンに力を入れておらず、2018-2019年の偽インテルチップ中華SSDの件が未解決なので信用問題的に何とも言えない。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

10年以上前まではDELL=初心者向けの安いパソコン、それはもう通用しておりません。クーポン適用後が適正価格だと見抜けるパソコン詳しい人向け、または大人買いで割安になる法人向け。

日本HP

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★☆☆

コスパと性能以外にも見た目も重視したいならHPのノートも選択肢としてアリ。自社製造状態なのでBTO=ダサい印象は払拭されるかと。デスクトップは法人用、ゲーミングは海外向け。

FRONTIER

高性能: ★★☆☆☆ 保証: ☆☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ☆☆☆

初心者: ★★★☆☆

フロンティア神代の解散後、現所長のパワハラがひどいとタレコミが複数あり、私から内情を運営会社へ伝えると逆ギレされて私を訴えるぞと謎すぎる返しがあり困惑中。

サイコム

高性能: ★★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★★

初心者: ☆☆☆☆☆

PC自作しない中~上級者向け、昔ながらの2chおっさん御用達な鉄板メーカー。動かない構成でも購入できるので初心者にはおすすめ不能。量産系BTOのようにコスパ悪くならないのでサイコムだけは自由なカスタマイズを激しくおすすめ。

※並びはBTOメーカーの知名度の順(暫定)で、大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
格安SIMなb-mobileを勝手に評価
格安SIMなLinksMateを勝手に評価

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。