Windows7動作確認ツール(アプリと周辺機器)

2009年10月23日

Windows7に移行するとして気になる事は動作確認。

ドライバが無くとも結構行けるという話も聞きますが、それは他人の話。マイクロソフト様が検索用の専用ページをお作りでございます。

 

Windows7動作確認(アプリケーションと周辺機器の検索)

windows7で周辺機器やソフトが動作するか確認できるページ

Windows 7 対応製品情報
http://www.microsoft.com/japan/windows/windows-7/compatibility/result.aspx?rcat=%e3%82%bd%e3%83%95%e3%83%88%e3%82%a6%e3%82%a7%e3%82%a2&key=adobe&pid=2

調べてみよう!に私の真上に鎮座する、滅多に使わないプリンタの型番を入力し検索します。CANONのMP500だったかと思います。

canonのプリンタmp500をマイクロソフトのWindows7で動作するか確認

出なかったらどうしようかと思いましたが、CANONのみでは無く相当幅広く情報を集めているようです。各ベンダーからの情報提供らしいですが、余程マイナーな周辺機器やアプリケーションでは無い限り検索できます。

10万円以上もする割に何故か皆さんお持ちのadobe製品は全て対応となっていました。が、これは動作する事を前提に情報提供をしているとも考えられます。動作しないソフトやバージョンは情報を渡さなければ良いわけです。

家電メーカーは良心的、動かない事を証明するかの如くNGの嵐。

ビデオカメラのwindows7対応状況

ここぞとばかりに動画編集のためハイスペックを構成すると、新しいビデオカメラがセット購入になりそうな勢い。生かすべき64bitは壊滅状態です。

ハードウェアの接続というよりアプリケーションが対応していない、またはメーカー各社が動作確認をしていないため、とりあえずNGにしているのかも知れません。

 

フリーソフトもWindows7の対応状況を調べてみる

周辺機器とアプリケーションは判ったけれど、フリーソフトはどうなのか。

動かなければ別のフリーソフトを使えば良いと思いますが、長年愛用し毎日のように使っている高機能なツールは手放せない。私はwinshotがそれにあたります。

windows7-freesoft-vector.jpg

Windows 7 アプリケーション動作報告リスト
http://w7.vector.jp/

丸が5付いています。どうやら動く御様子。

こちらはフリーソフト、シェアウェアで有名なVectorの半人力情報サイト。ログの日付からやや寂れている感は有りますが、Vectorダウンロードの動作報告と連動しており、ボランティアの皆さんが情報を入れまくっています。

 

自分のパソコンは動作環境として対応しているのか?

以前は英語しか有りませんでした(Windows7の動作環境確認ツールのダウンロード)ですが、日本語版が上がっています。正規版のWindows XP(Vista)なら試しにダウンロードしチェックしてみましょう。

マイクロソフト様公式、windows7のアップグレードアドバイザーというツール

ダウンロードの詳細 : Windows 7 Upgrade Advisor
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=1b544e90-7659-4bd9-9e51-2497c146af15&DisplayLang=ja

先に「正規版の」と書きましたが、マイクロソフトのアップデートなどにはWGAという認証システムを使っています。海賊版や不正なプロダクトキーでWindowsをお楽しんでいるとアップデート同様、上記のアドバイザーも使えないどころかダウンロードできません。

OEM(パソコンに最初から入っていたメーカーのWindows)や、新品で購入したパッケージ、DSPなら大丈夫。オークションなどで妙なCDメディアを購入し、手書きのプロダクトキーなどはアウト。確認はリンク先左の「Windowsの検証」からどうぞ。

正規の Microsoft ソフトウェア
http://www.microsoft.com/genuine/Default.aspx?displaylang=ja

コピー品であった場合は、個人情報がマイクロソフトへ送られ はしませんが、これは不正なWindowsと表示され、正規のシリアルを販売してくれます。結構安かったため、故意に不正なプロダクトキーを使い、正規を買う人も居そうな気がします。


やや話が逸れましたが、これらの確認ツールや情報で、全ての機器やソフト、利用中のパソコンが対応していれば、32bitまたは64bitのどちらかで良ければDSP版がお買い得。64bitの未来を見るなら高価ながらパッケージ。

購入から3~4年経ち、動作が不安定だったりエラーが頻発していたり、明らかに故障ならば、下手に修理するより買い替えた方が安く付く可能性が有ります。

モニタもワイド(16:9)が標準になっているため、古いビデオカードやオンボードでは解像度が合わず、モニタの故障まで心配せねばなりません。液晶モニタなぞそう壊れる物では無いため、安くはなりましたが長く使いたいものです。

 

22日前後から、PCメーカー各社のWindows7仕様PCのプレスリリースやニュースがばら撒かれていますが、本当に必要か良く考えましょう。

私のようにXPで結構、完全に故障した後に考えるという人間も大勢居るかと思われます。たかがOSされどOS。動作確認は無料、やっておきましょう。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメント(2)

http://japan.cnet.com/sp/windows-7/story/0,3800101284,20401975,00.htm


7を歓迎するメーカーの公式コメント一覧だそうです

勇気あるメーカーが

「糞VISTAが消えてくれて嬉しい」

とか言って欲しかったですね

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

マウスコンピューター

高性能: ★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★★

初心者: ★★★★★

令和時代の鉄板スタンダードなPC初心者向けメーカー。標準構成のバランス感覚が突出しており、私でさえケチを付けることが滅多にできない。性能の下から上まで幅広く実用的。

パソコン工房

高性能: ★★★★ 保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★

初心者: ★★★★

性能とパーツの相場がある程度わかる人なら標準構成が多いのでコスパ重視で選びやすい。同じに見える同じ価格でも仕様の違いがどうなのか判る人には最適。

ドスパラ

高性能: ★★★★ 保証: ☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★★

昔はドスパラ=BTOだったけれど最近は普通のパソコンに力を入れておらず、2018-2019年の偽インテルチップ中華SSDの件が未解決なので信用問題的に何とも言えない。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

10年以上前まではDELL=初心者向けの安いパソコン、それはもう通用しておりません。クーポン適用後が適正価格だと見抜けるパソコン詳しい人向け、または大人買いで割安になる法人向け。

日本HP

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★☆☆

コスパと性能以外にも見た目も重視したいならHPのノートも選択肢としてアリ。自社製造状態なのでBTO=ダサい印象は払拭されるかと。デスクトップは法人用、ゲーミングは海外向け。

FRONTIER

高性能: ★★☆☆☆ 保証: ☆☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ☆☆☆

初心者: ★★★☆☆

フロンティア神代の解散後、現所長のパワハラがひどいとタレコミが複数あり、私から内情を運営会社へ伝えると逆ギレされて私を訴えるぞと謎すぎる返しがあり困惑中。

サイコム

高性能: ★★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★★

初心者: ☆☆☆☆☆

PC自作しない中~上級者向け、昔ながらの2chおっさん御用達な鉄板メーカー。動かない構成でも購入できるので初心者にはおすすめ不能。量産系BTOのようにコスパ悪くならないのでサイコムだけは自由なカスタマイズを激しくおすすめ。

※並びはBTOメーカーの知名度の順(暫定)で、大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
格安SIMなb-mobileを勝手に評価
格安SIMなLinksMateを勝手に評価

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。