Win7のDSPは安いがパッケージは64bit+32bit(OEMは?)

2009年10月18日

過去のニュースを読んでいると、概要に気になる一文。

Windows 7のパッケージ製品には、x86版(32bit版)とx64版(64bit版)のインストールディスクが両方とも含まれるという

ASCII.jp:32bit vs 64bit Windows 7を入れるならどっちだ?|買う前に知っておきたいWindows 7のアレコレ特集
http://ascii.jp/elem/000/000/457/457279/

ASCIIでは「入れるならどっちだ?」と有りますが、これはパッケージに32bitと64bitが入っており、どちらをインストールし使うかというタイトルで、どちらを購入するかという意味では無い事が解ります。

以前書いた、Win7のDPSやアップグレードの価格比較では、パッケージを含め予約販売での優待価格を一覧しましたが、今回は優待や予約を抜いて今後の事を考えます。

グレードと販売方法の各3種類を並べました。

windows7-price-list.gif

DSPがツクモになっている理由は、FDがセットで平均的な価格になっていたため。この表から一発で判ることは、予約販売の優待価格に今乗らなければアップグレードはDSPより高価という事です。

特にXPユーザの場合は、アップグレード版を購入してもクリーンインストール(再インストール)になるため全グレードでDSPが得。アップグレード自体が期間限定のようなもののため、次の表では外します。

windows7-32bit-or-64bit.gif

パッケージは32bitと64bitが丸ごとパック、DSPは32bitまたは64bitという単体別売りのため、単純にパッケージの価格を1/2にし、DSPからパッケージの差額を出しました。

今後64bitの利用予定が2~3年以内に有るなら、UltimateではDSPが5600円高く付く。HomePremiumでも約2000円。Proは逆に高く見えますが、これは企業用途という意味も有るかと思いますがUltimateを安く見せるための当て馬です。

たかが2~5千円程度と思えば、初めからアプリケーションや周辺機器の対応状況が怖い64bitでも良いかと思いますが、逆に今32bitで今後64へという事なら、差額は4~11千円と倍になります。

Ultimateで例えると、パッケージ41千に対してDSPを32と64の2個買えば52千円。しかしそれは時の流れで価格は下がり、1万円以上の差額は出る事は無いでしょう。

 

インテル様が何年も前から、はよ64bit対応しろや と待ち構えていた事を汲んだのか。ようやくマイクロソフト様も重い腰を上げたと思いきや、消費者に選ばせ、市場を静観するという賢い選択に出ました。これは上手い。

タイトルの末尾にかっこで括りましたが、OEM(PCメーカーがパソコンにインストールして出荷するWindows7)は、通常製品と同様の内容となるため、32bitのパソコンを買えば64bitが付属し逆も有りと予測します。

 

マイクロソフトとしては、最も力を入れる所はOEMです。

パッケージの利益や出荷数、DSPがどうだという事では無く、世界のOS「Windowsシリーズ」としてパソコン市場を独占しておかねばならない。

中古PC用のXP(Pro、格安OEM)を出したと思えば、中古PCにLinuxを標準仕様として官公庁へ大量に突っ込むNPO法人が現れたり、箕面市ではMS様のセレブ生活から脱却したいようです。そして、来年の今頃にはGoogleがChromeというLinuxベースのOSをリリース予定。

既にWindows7とAndroidをスイッチできるネットブックを、世界市場第三位のAcerが元気良くかどうかは知りませんが出ます。

Googleの携帯電話向けOS「Android」と「Windows 7」を再起動せずに切り替え可能なネットブックがついに登場 - GIGAZINE
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20091015_android_aspire_one/

64bitのWindows7が必要になる頃、Windows7が本当に必要なのかが気になりますが必要でしょうね。 チッ

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

マウスコンピューター

高性能: ★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★★

初心者: ★★★★★

令和時代の鉄板スタンダードなPC初心者向けメーカー。標準構成のバランス感覚が突出しており、私でさえケチを付けることが滅多にできない。性能の下から上まで幅広く実用的。

パソコン工房

高性能: ★★★★ 保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★

初心者: ★★★★

性能とパーツの相場がある程度わかる人なら標準構成が多いのでコスパ重視で選びやすい。同じに見える同じ価格でも仕様の違いがどうなのか判る人には最適。

ドスパラ

高性能: ★★★★ 保証: ☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★★

昔はドスパラ=BTOだったけれど最近は普通のパソコンに力を入れておらず、2018-2019年の偽インテルチップ中華SSDの件が未解決なので信用問題的に何とも言えない。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

10年以上前まではDELL=初心者向けの安いパソコン、それはもう通用しておりません。クーポン適用後が適正価格だと見抜けるパソコン詳しい人向け、または大人買いで割安になる法人向け。

日本HP

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★☆☆

コスパと性能以外にも見た目も重視したいならHPのノートも選択肢としてアリ。自社製造状態なのでBTO=ダサい印象は払拭されるかと。デスクトップは法人用、ゲーミングは海外向け。

FRONTIER

高性能: ★★☆☆☆ 保証: ☆☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ☆☆☆

初心者: ★★★☆☆

フロンティア神代の解散後、現所長のパワハラがひどいとタレコミが複数あり、私から内情を運営会社へ伝えると逆ギレされて私を訴えるぞと謎すぎる返しがあり困惑中。

サイコム

高性能: ★★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★★

初心者: ☆☆☆☆☆

PC自作しない中~上級者向け、昔ながらの2chおっさん御用達な鉄板メーカー。動かない構成でも購入できるので初心者にはおすすめ不能。量産系BTOのようにコスパ悪くならないのでサイコムだけは自由なカスタマイズを激しくおすすめ。

※並びはBTOメーカーの知名度の順(暫定)で、大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
格安SIMなb-mobileを勝手に評価
格安SIMなLinksMateを勝手に評価

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。