Win7利用率XPと僅差へ、解像度の推移も比較(2011年12月)

2012年1月18日

Windows7発売から約2年と2ヶ月。

Vista発売から約5年、XPは約10年。今年はWindows8がリリース予定なので2012年の後半に出ると仮定すると7発売から約3年。新バージョンの発売間隔が約3年に短縮という事になり短い気はするけれど、XPからVistaが異様に長かっただけでしょうな。

2011年12月、1ヶ月間の集計より。

12月31日間のアクセス総数。GoogleAnalytics基準。

  • 448,165・・セッション
  • 333,496・・ユニーク

対象は当サイト(BTOパソコン.jp)のブログ部分。携帯電話用ページを除くセッション数が基準。

ご丁寧に、他のサイトでは既にWindows7がXPを超えている(キリッ という内容のメールを頂戴しておりますが、そういう見方をすると混乱の元なのでやめましょう。

時間の経過による占有率変化の推移を見る事が目的。Macの情報サイトならMacが多く、企業ユーザが多ければXP以前が多め、Yahooに広告を出せば7が多くなるもの。

 

Windows7とVistaとXPの利用率(2011年12月)

いつも通り、先月のWindowsの割合グラフから。

windows7-vista-xp-2011-12.jpg

XPは43.55%に対して7が42.10%、差は1.45%まで迫っております。

Windows7があと1.45%上がるという事では有りますが、パソコンの買い替えなどによるXPからの移行を含めると7は純粋に1.45%上がる必要は無く、XPやVistaが減るなら7が大きくなるという。

Windows内に限らず、XPやVistaからMac(やiOS)やAndroidに乗り換えてWindowsを捨てても7の割合は上昇へ。パソコンで無くともスマートフォンやタブレットPCで事足りると宣うユーザも存在しております。

推移を見ると交差する直前。

windows7-vista-xp-2011-12-graph.jpg

ポイント(丸)の付いていない線は移動平均による予測のような何か。ほぼ全ての期間でWin7が平均を上回っております。

1月で逆転するとは思うものの、大手調査会社の予想によるとHDD高騰の影響は今年に入ってから出ると言われており、インテルが利益を下方修正したのは最近の話。本当に影響するなら7不利やも知れず。

7とXPのみで比較している前月比。

windows7-xp-2011-12.jpg

2011年10月からは順調に1%を超えるWin7の増加。

別の計算方法で予想している半々になる時期のグラフも。

windows7-xp-50-50-2011-12.jpg

現在が黄緑(2012年12月)、交差する時期が紫。

このグラフ自体が曖昧なものの、紫の位置を見るとおおよそ1月の上旬には逆転し7率がWindowsの中で最も高くなるようです。

逆転した後、このグラフは用無しになると思われそうな気がしておりますがそうでも無し。今度は赤と青の線の角度が緩くなり、言い方を変えると交わっている部分の角度が小さくなるだろうと推測。

3つ上の画像に有るVistaのように、XPが底打ちする時期が来ると考えており、その前兆で角度が変わって来るという意味にて。

 

 

モニタ解像度の12月分シェアと上位5種類の年間推移

直近1ヶ月間の解像度の割合。

resolution-2011-12.jpg

フルHDが最も多く、次に4:3モニタでは高解像度なSXGA。3位も同じく4:3でノートに多いと思われるXGA。ワイドのHDは5位に付けております。

実際に販売されているモニタやノートを見ると分かり易く、既に時代はフルHD。ノートでも15インチ以上ではフルHDでも良いとされる傾向が有るものの、小型モニタではHDの需要が多いと予想。

12月できりが良いので年間の割合推移。

resolution-2011-01-12-top5.jpg

手を抜いているので激しく見づらいけれど、左端が1月1日で右端が12月31日の365日分。Googleのグラフをそのまんま取るとアクセス数に影響される為、全ての解像度でアクセス数を出し、総アクセス数で割っております。y軸の%は利用率。

グラフが大きく上下に振れている青(フルHD)と橙(SXGA)の下方向は土日や祝日になっており、企業や学校、要するに定期的にアクセスしなくなるユーザが多い事を表しているのでしょう。

上下で言うと当然ながらワイドモニタが上昇、4:3の旧型モニタは減少傾向。最新のモニタは古いパソコンでは解像度が合わない事も考えられ、ボケるどころか映らない事も有りそうなので10年くらい前のデスクトップなどは御注意有れ。

 

Windows8発射準備中、出たら占有率がカオス(まとめ)

XPの寿命は長くサポート終了(予定)は2014年4月となっており、まだ2年以上使えるOS。もしWin8がこけた場合は7か9か。

7のHome~などのサポートは2015年1月までの予定なので約3年後。冒頭で書いた3年周期とするなら9は2015年。XPを1年半少々サポートを切らせて使い続けるか、7のPro~以上(サポートが2020年まで)に乗り換えるか、でしょうか。

8がこけると7が延命されたり9が早く来るかも知れず。こける前提で言うのもマイナス思考では有りますが、開発版を見る限りでは期待出来ず。

Vista発売前の空気に似ている気がするのは気のせいでしょう。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。