Windows7の利用率は約16.25%: 前月比+0.6%(2010年3月度)

2010年4月12日

Windowsの最新版Windows7利用率、5回目。

今月23日で発売から半年経過、どの程度普及しているのか。

当ブログのみでは数値が低い為(3月で約9万セッション)、前回のように個人運営ニュースサイトのオーナーよりデータを戴いております。こちらは約23万セッション。ご協力感謝。

属性は直観ですが、当ブログではパソコン初心者から中級者(一部自作変態含む)、ニュースサイトはジャンル不問のGIGAZINE縮小版のような感じな一般人と思われます。

 

Windows7の利用率は16.25%(個人ニュースサイト)

先にニュースサイト、タイトルの数値はこちらです。

windows7の利用率は16.25%

前回の2月では、XPが60.38%だった為-1.06%Vistaは2月21.34で+0.66%。意外な経過と思えますがXP信者な私の感想としては誤差範囲。としたい所ですが後ほど。

続いてこのブログ。

Windows7の利用率は15.41%(BTOパソコン.com)

Windows7の利用率は15.41%(BTOパソコン.com)

ニュースサイトが一般的とするなら当ブログはXPユーザがVistaより5~6%多いという事に。Windows7は大して変わらず。

 

Windows XP、Vista、7の5ヶ月間推移

%では有りますが相対比で見れば数と同等の長さ。

Windowsシリーズの推移

XPとVistaが若干減りつつ、Win7が11月から1月にかけ増加。

もっと解りにくいかも知れないけれど二軸の折れ線に変更。

Windowsのバージョン比較

右のy軸がXP、左がVistaと7の%。最大と最小の差はいずれも30.0%。

XP(青)がVista(緑)より落差が大きく減っているようです。アップグレードかも知れないけれど、質問掲示板など見ていると買い替えでWin7にする数が強いように思えます。

余計な世話ですが、2~3月の間ではWindows7の延びが落ち着いており、4月の伸び次第ではWindows7は永遠にXPを抜けないと妄想出来ます。

まだ5ヶ月ですが無駄に移動平均を追加。

Windows7、XPとVistaの未来

マーカーが付いていない影付きの線が予測値。

XPが減り続けVistaと7が安定している所を見ると本当に故障などの買い替えかと思えますが、まだ5ヶ月。Windows7のカーブがあまりにもきれいに平坦に近付きつつ有る為、このままでは良く行っても年内20%超えも怪しいですが、3区間としており精度は低く予測というには早まり過ぎでしょうな。

 

微増し続けるフルHD、実は停滞しているその他モニタ

撮ったのでおまけとして。

フルHDなど液晶モニタの利用率

可能な限り長期間としたい所ですが、期間が昨年11/6~今年3/28になっているワケは、11/4と3/29にYahooニュースや動画トピックからリンクされ、グラフが突き抜けて見づらくなる為。最上段は全体のセッション数、青は4:3スクエア、緑は16:10、赤が16:9となっております。

先月書いた説明は不足しており、全体の推移を見ずに語っておりました。失礼。延々と右肩上りのため、他のグラフも右肩上がりで当然。サマリ(最上段)の全体と各解像度の離れ具合が本当の推移となります。

そうなるとスクエアや16:10は伸びておらず、16:9のみ上昇中。とは申しましても下3つのグラフは最大値がそれぞれ違うため見た目のみでは比較出来ない。16:9モニタは微増。Windows7の伸びに比例するのやも知れません。

 

Windows7は伸びず年内どころか20%超えは無理 か?

アップルiPadの利用数が上がればパソコンが煩わしいと思う軽めな作業やウェブブラウジングはそちらで済ませてしまうかも知れない。HPは発売済、DELLが発射準備しているタブレットは年内にAndroid(Googleのモバイル用OS)仕様との発表。

更に年内Q4(秋前後)には、GoogleのChrome OSがリリース予定で、ノートPCやモバイルへ浸食を開始。BTOに限らずパソコンメーカーにChrome搭載機はハードウェア販売の便乗に良い機会。ここでWindows7がどう押されるかという、新規購入に影響するわけです。

いつも通りですが、今パソコンを買うならWindows7。どうしてもXPが好き、またはDSPやパッケージが手元に有り安く上げるならOS無しも有りでしょう。

問題はWindows7の場合、32bitか64bitの選択。ある程度流行らなければ64bitに対応しないアプリケーションも延々と出続けてしまい、現在出ている物も64bit対応の腰が重くなる原因に。

まだ32bitで良いと思うものの、自分がPCを買い替える頃には64bitが32bitを上回らないものの、9割以上のアプリケーションが対応している状況になっていて欲しいものです。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。