Windows普及率、平常運転8に対し7停滞(2014年8月)

2014年9月 6日

Windowsのバージョン別普及率、先月分。

8月も動きは落ち着いており、3ヶ月連続で微増微減もしくは停滞している為、XPサポート終了祭りも完全に終わったと確信。今回はWindows以外にモバイル端末やタブレットの利用率も追加。

2014年8月、1ヶ月間の集計よりWindowsシェア。

7月31日間のアクセス総数。Google Analytics(以下、GA)より。

  • 507,342 ・・・セッション
  • 379,891 ・・・ユニーク

対象は当サイト(BTOパソコン.jp)のブログ部分。携帯電話(ガラケー)用ページを除くセッション数が基準。

 

Windows 8系と7とVistaとXPの利用率

いつも通り、GAの円グラフから参りましょう。 

GAよりWindowsバージョン別利用率 

Windowsは既に7率が7割以上で固まっており、1つ前のバージョンにも関わらず今でも伸び続けております。

最新のWindows、8系は合計16.09%となっており、仮に7ユーザが8系へアップグレードや買い替えしないとすると残12.39%。そう考えると8の上限は28.48%となり、7の半分にも満たないという惨敗もしくは失敗。

8月の特徴としては盆休みや夏休みにより、会社や自宅PCの割合が減っていると思われる点。実家のパソコンがXPなら7へ乗り換えを推奨し、Vistaや8系なら窓から放り投げるようお勧めしすることをおすすめ。但し自己責任にて。

推移はこちら。 

Windowsシェア8月分まで推移 

勢いが良すぎたのか、7がここで失速。

7月の71.78%に対して8月は71.52%と落ちており、6月は71.56%なので2ヶ月前の水準へ逆戻り。この調子で9月も減ったり停滞すると何らかの要因が考えられるものの、だいたいは妙な減り方をすると翌月戻すので、今のところは当サイトや日本の連休独特のブレと見るべきでしょう。

XPは順調に減り続けており、このまんま進めば来月には停滞気味のVistaを下回りそうな感じ。サポート切れのXPに対しVistaはほぼ販売されていないとは言えまだ現役(サポート期間中)なので、XPが落ちてVista停滞は自然な流れ。

8系は順調といえるかは別として、微増し続け堅調に被害者を増やし続けているご様子。マイクロソフト、早く何とかしないと。

前月との差。

サポート中Windows割合前月差

JEITA統計の出荷台数では2014年3月がピークで4月からは低下していたので、納期2ヶ月とかで4~5月のXP割合が減り主に7が増えたのか。

6月から8月までの3ヶ月は以前のペースと似ている為、XP祭り前に戻ったと言えましょう。

悟空とクリリン状態となってしまった8対7。意味不明なら失礼。

発売後の期間別対決、Windows8対7

Windows 7の方は既に超サイヤ人と化しており、来月停滞するけれど、24~34ヶ月目辺りまではナメック星人もびっくりな戦闘力となる実績有り。再び意味不明失礼。

解説する気が失せてしまったので以上。

 

モバイル端末やタブレット端末の利用率

今回はモバイルの項目に注目してみた件。

モバイルやタブレット利用割合 

GA(Google)は米国仕様なので、desktopはノートやMac含めたパソコン全ての事と思われ、モバイルはスマホ、タブレットはタブレットという分け方でしょう。おそらく。

スマホ率が全体の1/4くらいまで増加しており、タブレットは5%に満たず。しかし日本のスマホ普及率が6割くらいとするなら、その1/5となるタブレットは12%ほどとなり、やはり少ないですな。

当サイトはスマホ専用デザインやレスポンシブデザインなどを用意しておらず、もしそれが原因で見づらいとするなら、キッチリやっているサイトはもっとスマホやタブレット率が多いのかも知れない。

端末別に分けた結果。 

モバイル端末の機種別利用割合

リンゴ軍が圧倒的じゃないか我が軍はと言いそうな、iPhone+iPad合計シェアは何と50.58%と過半数。 

しかし残りは機種無関係にほぼAndroidと考えるなら、GoogleもApple相手に大健闘と言えましょう。もう一つ何とかProやRTとかいうタブレットが有った気がするけれどスルー。Proはパソコンと認識されているはず。RTは知らない。

レスポンシブデザインは本当に見易いのか?(余談)

おそらくパソコンを持っていない人はここ見ていないと勝手に想定し、スマホ(正確にはiPod Touch)で価格コムとAmazonを表示させた場合の画面の例として。

iPodで価格コムとAmazon表示

私はこのレイアウトが激しく嫌いで、スマホでもPCと同じ表示にして欲しいと思っております。見づらい、リンクを押しづらい、ならば 戦争 自分で拡大するので勝手に縦長にするな、と。

下はiPod Touchで当サイトの記事を表示した場合。(縦サイズがでかすぎるので上から800pixでカットしております)

ipod-view-bto-pc-jp 

うそつけと思ったなら、iPhone 5以降のSafariでもChromeでも良いので画面中央を適当にダブルタップ。すると<div ~のボックスへ自動で合わせるのか、ぴたりと左右が画面に合った状態で文字サイズも勝手に大きくなりましょう。ちなみに文字サイズは本文が新聞と同じくらい。

Androidで同じ操作をするとややずれるけれど拡大するはず。合わせるなら手動でピンチアウト。Androidの場合は斜めスクロールするという高機能なのか不便なのか判らない動作をするのでスクロールは難しいかも知れないけれど。

中央の列では無く、右や左の列をダブルタップしても(iOSなら)同じように横サイズに合わせて拡大してくれるはず。拡大状態で再度ダブルタップすると原寸に。これで何か問題でも?と思っているので、スマホデザインは作るのが面倒な事も有り対応しておりません。

PCでは無いけれど気が向けばアンケートへ質問入れてみましょうか。

いずれにしても、当サイトはスマホ用デザインに対応する予定は無し。やるとコンテンツ出るまで5画面くらい広告を入れまくられそうな為。

余談ここまで。

 

Windows 7の停滞は9待ちの買い控え?(まとめ)

そんなわけは無いと思う理由は割合の出し方の問題で、Windowsの全バージョン合計を1としている為に起こる現象と推測。

最新4種類のWindowsのみで1とした今年のデータ。

2014年のWindows利用率

左から行くと、

  • XP・・・減少
  • Vista・・・ほぼ停滞
  • 7・・・微増、ここ数ヶ月停滞
  • 8・・・微増

8月は7が落ちたという妙な推移となったけれど、仮に8が7よりもっと多く伸びたとするなら8以外のWindowsが圧縮される為、7が増えていたとしてもマイナスになる可能性は有るという意味。

しかし普通に考えると8月は盆休み。実家へ帰省する人が多かったとするなら、会社や自宅(自分)のPCでは無く、実家のパソコンが8系やVistaが多めなのかも知れないと考える方が自然でしょうな。

今月か来月には次期Windows、Thresholdのテスト版が公開予定。そして来月でWindows 7 Professional(とダウングレード)以外入り7パソコンは出荷が終わる予定。

5千円くらい安いHome Premium入りパソコンが良いなら今の内に買い替えの検討を、と思ったけれど、Windowsサポート終了となるXP以前のパソコンの割合が計6.59%なら、言わなくても既に買い替えておられると見るが妥当。

Thresholdは7を超える事が出来るのかはまだ判らないけれど、サポートが長い方が良いならThreshold待ち、対応ソフトウェアの多さを理由に今は7を選ぶという考えも有りでしょうな。Thresholdが出ても1年くらいはベータ版状態と思われる為。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメント(4)

>Vistaや8系なら窓から放り投げるようお勧めしすることをおすすめ。

ウチでは4台中2台が放りなg

今見てるのはVistaBusinessPCなんですがw言うほど悪くないですよ。
win9を無料または安くばら撒いてくれるなら、アップグレードして遊んでみたいですね。

>Windowsのバージョン別普及率、先月分
お、コレは見逃せないな(無関心)

>残12.39%。そう考えると8の上限は28.48%となり、
>7の半分にも満たないという惨敗もしくは失敗
大丈夫だ問題ない 中身アレでそれならむしろ大健闘とも言える

>Vistaや8系なら窓から放り投げるようお勧め
なんだよVistaちゃんはイイ子になったじゃないか(迫真)
いや、もう古いからきっかけにちょうどいいかもw

>8系は順調といえるかは別として、微増し続け
>堅調に被害者を増やし続けているご様子。
>マイクロソフト、早く何とかしないと
むしろ with Being で無双 もとい 夢想中ですからw

>悟空とクリリン状態となってしまった8対7
クリリンに謝れ 超謝れ

>Windows 7の方は既に超サイヤ人と化しており
金色になってねぇな(適当)

>ナメック星人もびっくりな戦闘力となる
緑色になってねぇな(超適当)

>圧倒的じゃないか我が軍はと言いそうな、iPhone+iPad合計シェア
総統乙 てかソレ、どっちかっつーと負けフラグですからw

>GoogleもApple相手に大健闘と言えましょう
なるほどここからジワジワ攻勢に移るAndroid側が連邦のほうなんだな
ちな、白い悪魔に該当するのはどれやw

>ならば 戦争
少佐乙 よろしい が入ってないやり直し

>やるとコンテンツ出るまで5画面くらい広告を入れまくられそう
好きにしてエエで スマフォ持ってないから関係ないしw

>実家のパソコンが8系やVistaが多めなのかも知れないと考える方が自然
いや、ここからものすごい快進撃来るから(棒

>Thresholdは7を超える事が出来るのかはまだ判らないけれど
9じゃイカンのか 正直Thresholdって打つのホネなんですがw

>Vistaや8系なら窓から放り投げ
勤務先では10台くらい放り投げましょうかネ。モニタは再利用するんで残します。でも周りが畑や田んぼゆえ、壊れてくれるか…

職場で8系はそれほど不評ではなく。
聞いてみると、どうも社員の皆さんはスタート⇒プログラムを起動とかやってない。デスクトップにWordだのExcelだのメーラーのショートカットが散在。そこから起ち上げてる模様。そもそもスタートボタンは帰宅前にシャットダウンにしか使ってなかった模様。シャットダウンがわからんは予想できたので、ググレともいえず事前にペラ1マニュアル配布。シャットダウンにマニュアルが必要ってどうよ、という話ではありますが。

>Vistaや8系なら窓から放り投げるようお勧めしすることをおすすめ。
窓辺なので窓から放り投げようと思いましたが、Vistaや8のパソコンがないので不可能…w

>その1/5となるタブレットは12%ほどとなり、やはり少ないですな
みんなPCからタブレットに移行しているはずだったのにー(棒)

>私はこのレイアウトが激しく嫌いで、スマホでもPCと同じ表示にして欲しいと思っております。
縦長になので横に長いページ、特に表は途中で切れますしw

>見づらい、リンクを押しづらい
表が途中で途切れるも追加でw

>スマホデザインは作るのが面倒な事も有り対応しておりません
自サイトもHTML5に移行し、デザインも少し改修予定ですが、レスポンシブデザインには対応するつもりはありません。

>実家のパソコンが8系やVistaが多めなのかも知れないと考える方が自然
逆に会社のパソコンではXPが多めなんでしょうなw

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。