Windows 8系の利用率が10%超えで7は約62%(2014年1月)

2014年2月20日

Windows 8系(8と8.1合計)がようやく10%突破。

この10%はWindows内での約1割なのでOS全体では一桁となっており、発売から1年以上経てどその勢いの無さが良く判る数値の低さ。7の発売後と比較しどうなのかのグラフも有るので続きをどうぞ。

2014年1月、1ヶ月間の集計よりWindowsシェア。

2014年1月31日間のアクセス総数。Google Analytics(以下、GA)より。

  • 366,369 ・・セッション
  • 257,667 ・・ユニーク

対象は当サイト(BTOパソコン.jp)のブログ部分。携帯電話(ガラケー)用ページを除くセッション数が基準。

 

Windows 8系と7とVistaとXPの普及率

Windowsのみでのバージョン別比率。

Windows 8/7/Vista/XPシェア(2014年1月)

Windows 8と8.1が分かれているので合計すると8系は10.57%となっており、8発売から1年少々で何と1割を突破。言い換えると、発売から軽く1年以上経過でようやく1割に到達したところ。

7は減ること無く相変わらず6割をキープしており、次の推移グラフの通り、8が発売され減るどころか延々と伸び続けております。 

Windowsシェア推移(2014年1月)

8が出る前ほどでは無いとしても7の右肩上がりは変わらず、8系も伸びているのでXPやVistaのシェアを奪い合っている印象。

1月はXPとVistaの減少率がやや控えめなので、この反動は2月に出るのか、または落ち着いて来たのか。いずれにしてもXPとVistaどちらも0%になる事は無い為、下降はいずれ緩やかになる時が来るでしょう。

XP減少が控えめな様子は前月差ではっきりと。

Windowsシェア前月差(2014年1月)

1月は5日の日曜まで正月休みとするなら、企業や学校以外に一般家庭でもパソコンでOSや機種を変更する時間が少ない人が多いと思われ、31日間有るけれど実質は31日未満と見た方が良さそう。

Windowsシェアのラストは7対8、発売後の伸び率比較。 

Windows8と7の発売後からの月数で対決(2014年1月)

15ヶ月目は7が大きめに上がっており8と大きめな差を付け、勢いの差は15%を超えております。青いマイナス。

7が6割、8が1割とすると残りの枠は3割程度。この3割部分が少なくなるに比例し、敵がXPのみと言えた7の頃より、7が敵となっている8の伸び率が低下するのは目に見えており、それは遠くない未来でしょう。

 

タブレットvsモバイル、Apple端末の強い人気

久々にGA内を適当に見回すとこのような数値を発見。 

タブレットとモバイルとPCの割合

当サイトはモバイル用レイアウトは作っていないのでdesktop(パソコン全部と思われる)が高くなるは当然としてスルーし、モバイル(スマホのみ?)とタブレットを比較すると約5倍の差。

総務省の2013年春調べではタブレット端末の普及率は15%、スマホ50%くらいなので、あれからスマホが伸びタブレットが大した普及をしていないのなら倍率として合っていそう。但し総務省は世帯、これは端末ごとなのでそういう意味での比較はおかしいものとして。

もう一つ気になった項目は、モバイルの機種別シェア。 

モバイルは半数以上がApple端末でXperiaも人気

iPhone+iPadでさえ51.17%なので過半数。iPod Touchも含めると53.44%となり、アップル端末人気のデカさが分かりますな。

Apple以外で見るとNexus7が多く、シリーズで分けるとソニーのXperia~とサムスンのGalaxy~が人気のようで。

価格コムの売れ筋ランキング同様、スマホやタブレットの事が良く解らない、調べる気が無いならこのような普及率=人気度から選ぶ手も有りかと。

私がその流れに乗る事が多く、もしスマホへ乗り換えるなら特に調べずXperiaにするかと。GalaxyシリーズはTabを持っている事も有り、iPod TouchとかぶるのでiPhoneも無しという考え方。現役のガラケーが故障するかFOMA携帯が廃止になるまで乗り換える気は無く、スマホの月額セレブが改善されないなら次もガラケーの予定。

 

7人気で狭まる新Windowsの販売シェア(まとめ)

円グラフでも良いけれど、こうした方が分かり易い。

Windowsの未来は明るくはない

左右両端の7と8をご覧有れ。特に7。

現在のWindows 7のシェアは62%くらい。6割程度とするなら半分と少し、Windows PCの5台中3台になるけれど、66.7%になると1/3となり3台中2台が7という事になり印象が変わりましょう。

7の過去6ヶ月の平均伸び率は0.45%になっていた為、単純にこれを当てはめると66.7%を超える時期は10ヶ月後となり年内11月頃。ちなみに偶然にも8も0.45%。

噂では今年の4月にWindows 9(仮)が発表とされており、リリースは来年4月との情報(via:ガジェット速報)もございます。

マイクロソフトが7の販売を止めなければ来年4月には7が66.7%を超えている可能性は高く、それでも7を止めないなら2015年内に7は7割に到達するかと。

過去半年の伸び縮み平均を基に1年後、2015年1月のシェア予想。

windows-future-2015-01.png

2015年4月には7が69%を超える計算になるので約7割となり、VistaやXPやその他が計10%以上は残るとするなら8や9の空き枠は2割くらい。

マイクロソフト(MS)のタブレット市場進出の為に8系からWindowsをタッチ対応にした事は過去の報道で判っているけれど、多くて2割の枠ならその方針は既に破綻しておりましょう。

7と8の違いを良く知らない人なら「古い7から8(9)へ移行するのでは?」と考えそう。しかし、8を嫌い敢えて1つ古いWindows、7へ移行した人も居るわけで、8が駄目だという情報が時の経過により広まるなら、特に考えていなかった人が7にとどまる率も高まるかと。

MSがこれ以上失敗をしない為には、1日も早く7の販売を全てやめるか、できるだけ早くWindowsを正常な(7までの)インターフェイスに戻すか、この2択。

但し、7終了を告知するとXP終息祭りの時のように7シェアが伸びると思われ、7シェアが拡大し軽く2020年まで戦うはめになる為、MSに残された道はやはり元に戻すしか無く、モバイル市場はWindows Phoneの派生OSでやるべきなのにOne Microsoft(キリッ とか言って餃子のせラーメンにチャーハンをぶち込むわけですな。

MSは最近CEOが変わり、ビル・ゲイツ氏も技術顧問として復活。Windows開発の方針がどうなるかは年内に見えて来ると思うけれど、改善には期待出来ないでしょうな。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメント(4)

>7が敵となっている8の伸び率が低下するのは目に見えており、それは遠くない
いや、もう普通になっとる気がするんですがソレは(小声)

>もしスマホへ乗り換えるなら特に調べずXperiaにするかと
一人負けになっているSONYがアップを始めたようです

>スマホの月額セレブが改善されないなら次もガラケーの予定
どう考えても改善はないでしょうな、キャリア的に改善=収益減ですから
なんのために必死にスマフォに替えさせようとしてるのか無意味になっちまうw

>噂では今年の4月にWindows 9(仮)が発表とされており
コレは様子見的に考えてよけいに8が売れなくなるなw

>多くて2割の枠ならその方針は既に破綻しておりましょう
りんご様とGoogle先生の双璧が無双しとるタッチデバイス分野では2割どころかさらに低いのでしょうなぁ

>7と8の違いを良く知らない人なら「古い7から8(9)へ移行する
>8を嫌い敢えて1つ古いWindows、7へ移行
コレだいたい世間一般的にはどのくらいの比率なんでしょうかね
ここのアンケ結果的に見れば3:7くらいなんでしょうけれどもw

>1日も早く7の販売を全てやめるか、
>できるだけ早くWindowsを正常な(7までの)インターフェイスに戻すか
前者は死期早めてるだけにしか思え無いんですがソレは(震え声)

>7シェアが拡大し軽く2020年まで戦うはめになる為
いや、既にMicrosoft収益のコアになっとる法人顧客は7一色なのだから、むしろほんとに2020年で7を切れんの?とすら思える状況なんですが(白目)

>年内に見えて来ると思うけれど、改善には期待出来ないでしょうな
もう8路線はそのままでいいから、法人用は別系統のエディションにしろ
HOMEPremium/無印系 → すーぱー情強エリート用タッチUI
Professional/Business系 → 情弱法人業務用従来UI
多少高くても個人で情弱用UIのほう買って使うからさw

>7の過去6ヶ月の平均伸び率は0.45%になっていた為・・・
数字のマジックでしょうか。同じように見える0.45%でも

7・・・62%の0.45%
8・・・16%の0.45%

では7が8の4倍増という事になりますね。

あと8のシェアにはダウングレードした7も入っているという事はないでしょうか。

>XP減少が控えめな様子は前月差ではっきりと。
私みたいにXPを使わざるを得なくなった人が多いんでしょうねw(違)

>モバイル(スマホのみ?)とタブレットを比較すると約5倍の差。
やっぱりマスコミが煽っているほどタブレットは普及していませんねw このサイト限定ですがw

>iPod TouchとかぶるのでiPhoneも無しという考え方。
私はすでにtouchを持ってるのに、iPhoneにしましたw

>8を嫌い敢えて1つ古いWindows、7へ移行した人も居るわけ
私もそのつもりですw

>MSがこれ以上失敗をしない為には、1日も早く7の販売を全てやめるか、
できるだけ早くWindowsを正常な(7までの)インターフェイスに戻すか、この2択
後者一択ですw

>One Microsoft(キリッ とか言って餃子のせラーメンにチャーハンをぶち込むわけですな
カレーにパフェを乗せてわさびをかけるともw
デスクトップは従来の7路線、モバイルは8系路線なんですねw

>改善には期待出来ないでしょうな
何事も期待したらだめだw

ここはむしろ、これだけ叩かれているにも関わらず、盤石のXPと優秀な7相手によく頑張ったと褒めるべき。その割にタッチパネル付きのディスプレイは、あまり売れていない気もしますが。

>モバイルの機種別シェア
iPhoneが40%は凄まじい勢い。その割に私の周りだとiPhone所有率は10%前後なのですけれど、これは私がiPhoneユーザではない事に起因する類は友を呼ぶ理論ですかね。

>スマホの月額セレブが改善されないなら次もガラケーの予定
もうPHSで良いのでは。携帯電話と比べるとバッテリの持ちが悪いですが、月1,500円くらいでメルアドも取得できますから、便利と言えば便利ですよ。ここは携帯性を重視して「ストラップフォン2」辺りを選択するべき。

WILLCOM「ストラップフォン2」
http://www.willcom-inc.com/ja/lineup/wx/06a/index.html

>8系からWindowsをタッチ対応にした
いちおうテレパソ的な使い方を目指して、Win7もタッチ対応を売りにしていたのですけれど、いつからかアピールしなくなりましたね。


しばらくはWin7機で頑張るつもりですが、2020年までには1台くらいWin8以降のOSを使用してみようと思っています。新しいOSにも慣れておかないと、Win7のサポートが切れたら特に仕事で大変に困りそうですから。

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。