海賊版Windowsに騙されない方法と正規版で注意する事

2009年12月16日

前回はマイクロソフトのページを参考にしましたが前置き。

今回が本題。海賊版の駄目さ加減3つのポイント。

  1. Windowsアップデートが出来ない
  2. WGAを回避してもすぐに対応される
  3. 他人へ譲る際にWindowsをインストールして渡せない

セキュリティが甘くなり、いたちごっこオンラインゲームを繰り返し、売れば犯罪になるパソコンを持たないように、という内容だったかと思います。今回も初心者向きな内容ですが、中級者や自作変態の皆様もさらりとどうぞ。

まずは偽造されたWindowsが垂れ流れるルートから。

 

ヤフオクで「DELLパソコンのコアラベルのみ」を買わない

Yahooオークションで良く見る光景ですが、DELLの一部機種はドライバなどがセットになっていないDSPのような形態のOEM版Windowsが付属している事が有ります。

おそらく個人でDELLパソコンを買い取り個人で販売しているのかと推測しますが、実際に落札してインストールするとアクティべーションが通ってしまいます。だから売られているわけですが、もちろんライセンス違反です。

昔のDELLとは言っても数年前ですが、DELLが何か言えばマイクロソフトさえ動くという関係さえ有ったようで、その際の名残かも知れず。通常のOEMは、製造メーカーが専用としてBIOSからWindowsの内容まで書き換えているため認証は通りません。

あえて書きますが、これは違法では無くライセンス違反。DELLのPCで使う事を前提にマイクロソフトはOEMとしていますが、コピーや海賊版では無くチートのようなものでしょうか。

メーカー以外でも民間の修理業者へ依頼するなら断られる可能性が有ります。

※違法か否かまでは調べていません。根拠有るデータをお持ちの方はぜひお知らせ下さい。
※DELLのコア使い回しは一部の機種のみで対策はされています。買わないように。

 

店舗(法人の業者)以外から中古PCを買う際は要確認

これまたオークションなどで有りそうですが、中古PCで特に自作や改造PCは普通OSは付けません。Windows 2000以前なら不要かも知れませんが、個人売買にXPやVistaが付けば怪しみましょう。

通常の売り方なら、Windowsの起動まではテスト用としてインストールし写真を撮った後にWindowsは消去する。またはアクティべーションを通していない30日期限付の状態で送る事が多いかと。Windowsが入っておりドライバも全てあたっていれば正常品という証拠にはなりますが、OEMメーカー以外のWindowsは使えるため複数持っていなければ普通は売りません。

個人で複数所有しているなら有りかも知れませんが、特にオンラインでの取引は慎重に。海賊版を掴まされたという質問がOKWaveや知恵袋などに良く上がっています。

中古PCの取引を知識無くやらかしてしまう、騙される方も悪い。

通販では選択肢が狭まりますが、中古PCは専用の激安(と思われる)OEMライセンスがマイクロソフトから発行されており、XPのPro仕様が激安で販売されています。

 

OEMのWindowsプレインストールPCは、ライセンスが本体とセット

マウスコンピュータやフロンティア、ソニーや富士通などに限りませんが、OEMのWindowsはパソコン本体丸ごととセットになったライセンスです。DSP版WindowsはFDD(フロッピーディスクドライブ)やカードリーダーなどと抱き合わせですが、それがパーツでは無くPC本体と考えます。

どこを見るのかはBIOS、マザーボードを交換すると認証が通らない事はもちろん、BIOSをアップデートしても通らなくなります。パソコンの電源を入れてすぐに「DELL」や「FUJITSU」などのロゴが出ますが、あれはBIOSをマザーボードの製造メーカーに焼かせている為です。

どこまでマイクロソフトが把握しているのかは謎ですが、CPUを交換しても認証出来なくなる事もあります。さすがに電源や光学ドライブでは反応しませんが、メーカー製PCなら型番によりOEMを入れるというPCの型番や構成を登録しているのかと思われます。これは推測です。

メーカー製PCは同型どころか同じリビジョン(バージョン)のBIOSで交換しなければ、セルフでのマザー交換は無理くらいに思いましょう。BIOSもメーカーが持っており、普通はユーザまで出回りません。私も修理現場ではBIOSのデータは慎重に、漏らさぬよう言われていました。

エプソンのように不具合が出たからこれでアップデートしてくれとダウンロードできる事も稀に有りますが、まず手に入らない物です。

 

なぜ海賊版やライセンス違反のWindowsが出回るのか

マイクロソフトのWGAなどいたちごっこは苦笑ものですが、自分が作って売っている物を勝手にコピーされたり偽造され、商売にまでされては流石に頭に来ます。そういう問題では有りませんが、なぜコピーされるかは一重に価値と比較し高額過ぎる為かと。

何故たかがOSごときに3万も5万も出さなければならないのか。嫌ならLinuxなどの無料ソフトを使えという事は正論では有りますが、それにしても高い。やたらと個人ユーザにまでadobeのフォトショップやイラストレータのCS版が普及している事も同様。10万や20万するアプリケーションにしてはユーザが多すぎます。

Windowsはパソコンを使う誰もが必要になる最低限の環境。マイクロソフトの独占状態な為、少々高額だろうとWindowsを買うしか無い。個人でインターネットやメール、オフィス程度ならLinuxで何とかなりますが、仕事となれば話は別。どうしてもWindowsが要ります。

Windows7はVistaユーザ救済の意味も有るのかも知れませんが、今までのWindowsシリーズでは結構安い方です。アップグレード祭り然り、内部の強敵XPにも勝たねばならない為の値付けという意味も有るかと思いますが、手の届き易い等価で無ければコピー対策に金も時間も掛かると気付いたのでしょう。以前のマイクロソフトなら64bit版のセット販売は有り得ない。

 


マイクロソフトは知りませんが、adobe製品はコピーや海賊版に厳しく、イラストレータを6~7千円で出品していた個人へ数百万だったかの賠償を請求するなど派手にやってくれます。

コピーはライセンス違反、売れば犯罪。社会的な信用が無くなり、下手すりゃ前科まで付き、万引きや窃盗をするより遙かに多くの金と時間を失います。

堂々とコピーや海賊版を手に入れる方法を質問していたり公開しているサイトも有りますが、正規品を普通に買いましょう。Windows7が安くなった理由はマイクロソフトも反省している。

と、思い込む事にしませんか。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。