[速報] Windows PCの販売は過去1ヶ月で約2割減 (海外)

2012年12月 3日

Windows8発売から1ヶ月少々。

10月26日に出た新Windowsは、東芝やNECなど有名メーカーでは秋冬モデルをほぼ全て8採用仕様で発表や発売しておりますが、家電量販店では7仕様の型落ちPCが安い為に売れていないとの言い訳をしておりました。

本日は本来更新休止日の為、短めに参ります。

海外ではWindows PCの販売数が1ヶ月で21%減少

ソースをロイターより。

ウィンドウズ搭載PC、ここ1カ月の販売は21%減 | Reuters
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE8AT01T20121130

海外の調査会社、NDPグループの調べによるとタイトルの通り21%減少。これはWindows7や8という分け方では無く、Windowsパソコン全体の販売数が前年比で2割くらい落ちたという意味。

どのような見方をされているかはこちら。

10月26日に発売した新OS「ウィンドウズ8」の売れ行きがさえないことを示唆する結果となった。

マイクロソフト曰くの4千万ライセンス売ったはライセンス数の事。しかもメーカーへ卸したとかアップグレードも含まれていると見られており、新規のPC販売とは限らない。

前年比はデスクトップとノート(ラップトップ)も分けられております。

10月26日の「ウィンドウズ8」発売以来、「ウィンドウズ」搭載ラップトップの販売台数は前年同期比24%減、デスクトップの販売台数は同9%減。両方合わせて21%減

日本は海外より比較的ノートPCの使用割合が高いと記憶しておりますが、海外でも一般PCユーザはノートが多いのか24%も減少。デスクトップPCユーザは日本と同じ属性、ややマニア寄りと考えると、憶測ながらWindows7が選択し易いのかと。

調査会社NDPの偉い人曰く。

まだ発売後4週間しかたっていないため、PC市場の弱さの原因がウィンドウズ8だと決めつけるのは尚早ではないか。(中略) ただ、ウィンドウズ8が販売の弾みになるとの期待が実現していないことは、明らかなようだ

多少でもパソコンに興味有る人なら8の使い勝手の悪さを知っており、一般PCユーザには良く解らないWindowsが8。現Windowsユーザなら自分が持っているWindowsとは違うと感じ腰が引けて当然。

以上、海外の調査では有りますが、1ヶ月で前年比を公開した情報は初めて目にした為、速報と称してネタにした次第。

 

国内のパソコン出荷台数を見るならJEITAで比較

日本国内の出荷台数を月別で見るならJEITAが継続で公開中。

2012年度パーソナルコンピュータ国内出荷実績 - JEITA/統計データ
http://www.jeita.or.jp/japanese/stat/pc/2012/

jeita-pc-2012-10.gif

上の一覧、11月の列へ数値が入る予定。時期は過去の実績から予測すると、11月分の公開は12月24~29日頃。

但し、これにはアップルが含まれておりWindowsパソコンとは限らない。しかしMM総研のデータによるとアップルのシェアは5%程度。

MM総研はDELLなどが入っているけれどJEITAには入っておらず、それらを踏まえてもJEITA統計のアップルシェアは10%行かないとすると9割以上がWindowsと見てよろしいかと。

ロイター発NDPの数値を当てはめると、ノート型76%、デスクトップ91%。前年比なので海外とは違うと思うけれど、近い数値が出そうな気がしております。

デスクトップの割合がユニットコムやエプソンなど通販型に偏っているなら、デスクトップは上がるかも知れないけれど、NECなどと比較すると規模が違う為、それは無いか。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

マウスコンピューター

高性能: ★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★★

初心者: ★★★★★

令和時代の鉄板スタンダードなPC初心者向けメーカー。標準構成のバランス感覚が突出しており、私でさえケチを付けることが滅多にできない。性能の下から上まで幅広く実用的。

パソコン工房

高性能: ★★★★ 保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★

初心者: ★★★★

性能とパーツの相場がある程度わかる人なら標準構成が多いのでコスパ重視で選びやすい。同じに見える同じ価格でも仕様の違いがどうなのか判る人には最適。

ドスパラ

高性能: ★★★★ 保証: ☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★★

昔はドスパラ=BTOだったけれど最近は普通のパソコンに力を入れておらず、2018-2019年の偽インテルチップ中華SSDの件が未解決なので信用問題的に何とも言えない。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

10年以上前まではDELL=初心者向けの安いパソコン、それはもう通用しておりません。クーポン適用後が適正価格だと見抜けるパソコン詳しい人向け、または大人買いで割安になる法人向け。

日本HP

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★☆☆

コスパと性能以外にも見た目も重視したいならHPのノートも選択肢としてアリ。自社製造状態なのでBTO=ダサい印象は払拭されるかと。デスクトップは法人用、ゲーミングは海外向け。

TSUKUMO

高性能: ★★★★★ 保証: ☆☆

コスパ: ★★★★ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

昔のマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。機種が少なく特徴的な少数精鋭状態なので選べる人を選ぶが、それにしても選びにくい。

FRONTIER

高性能: ★★☆☆☆ 保証: ☆☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ☆☆☆

初心者: ★★★☆☆

フロンティア神代の解散後、現所長のパワハラがひどいとタレコミが複数あり、私から内情を運営会社へ伝えると逆ギレされて私を訴えるぞと謎すぎる返しがあり困惑中。

サイコム

高性能: ★★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★★

初心者: ☆☆☆☆☆

PC自作しない中~上級者向け、昔ながらの2chおっさん御用達な鉄板メーカー。動かない構成でも購入できるので初心者にはおすすめ不能。量産系BTOのようにコスパ悪くならないのでサイコムだけは自由なカスタマイズを激しくおすすめ。

※並びはBTOメーカーの知名度の順(暫定)で、大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
格安SIMなb-mobileを勝手に評価
格安SIMなLinksMateを勝手に評価

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。