正規版Windowsを確認する方法と偽造の見分け方

2009年12月15日

正規のWindowsかどうかはアップデートをしていれば自動的に判ります。

問題は、「Windowsアップデートをしていない」または「Windowsアップデートって何だ?」という、背伸びをして自作や多作、中古PCへ付属のWindowsを入れている人々です。

Windowsの更新は標準では定期的に行うとなっているものですが設定により、XPなら更新する時刻が午前3時になっており、誰がそんな時間にパソコンでブログ記事を書いているのかと思いますがもちろん私です。

何時だろうと手動でやれば良く、スタートボタンからWindows updateをクリック。無ければここをクリックすると更新ページへ行けます。Vistaは標準でアップデートする設定になっています。

 

正規版Windowsかどうかを確認するページ

Microsoft様の御設置になられた検問はこちら。

正規の Microsoft ソフトウェア
http://www.microsoft.com/genuine/default.aspx?displaylang=ja

正規の マイクロソフト ソフトウェア

左の「今すぐ確認」から、Windowsの検証をクリックしましょう。

明らかに海賊版を使っている人は押しても結構ですが、正規版を買えというページに飛ばされるかと思います。今、手元に不正なシリアルとパソコンが無いため試しませんが、いずれ機会が有れば。

IE(インターネットエクスプローラ)なら出ないかと思いますが、Firefox(mozira系全部)ではこのような画面になります。大人しくプラグインをダウンロードしましょう。

firefoxなどmozira系で表示されるプラグインのインストール画面

怪しいexeファイルが保存されるので実行します ※怪しくはありません

プラグインのインストール開始

マイクロソフト様の仕様では、次へをクリックすると一旦長々と同意するかという画面が表示され、いつも通り熟読しようかと待ち構えていたところ・・・・

プラグインのインストール完了

速い、早過ぎる。クリックから0.2秒で完了。
飲んでいた焼酎(くろうま)を吹くかと思った。

気を取り直し、先のページで適当にボタンを押すとこのような画面になります。

正規のWindowsが確認完了した画面

画面が表示されるまで2秒程かかり、グラスを持つ手に力が入った事は言うまでも有りません。というか、自分でインストールして海賊版も何も無いだろうと。

 

正規のWindowsはコアラベルが目印

これもマイクロソフト様の御ページに掲載賜り奉り候。

How to Tell(COA (Certificate of Authenticity) とは何ですか。)
http://www.microsoft.com/howtotell/content.aspx?pg=coa&displaylang=ja

コア・ラベルの種類

上から、パッケージ、大手メーカーのOEM、中小企業メーカーのOEM、中古PC専用のコアラベルとなっております。Windowsが初めから入っていたのなら、本体に必ず貼って有るため確認を。パッケージはパッケージに貼ってあります。

ここではDSP版が無いためマイコミから引いて来ました。パーツ単体と抱き合わせのセットで購入し、取り付けてインストールするという名目のWindowsです。

DSP版Windows Vistaアップグレード申し込みサイトが正常稼働
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2006/1221/ms.htm

Windows XP DSP版のコアラベル

サンプルのためプロダクトキーなどはXで潰して有りますが、DSP版がプレインストールされているメーカー製PCではこのシールが本体に貼られているかと。DSPを単品で購入したなら薄っぺらなパッケージに付属しており、貼りつけるよう説明が有ります。

 

偽造されたWindowsの見分け方

同じくマイクロソフト検問所から行けますが、Silverlightというプラグインが必要らしく人柱的に入れて所内を見て参りました。Vista発売前の2006年に気合いが入っていたようです。

How to Tel(偽造ソフトウェア ギャラリー)
http://www.microsoft.com/howtotell/counterfeit/gallery/low.aspx?displaylang=ja

精巧に偽造されたコアラベル

精巧に偽造されたWindowsのコアラベル集

見た事も無い偽物が満載です。どのような偽造か詳しく解説されているため、先の正規版コアラベルに載っていない妙なシールであれば面倒ですがSilverlightを入れてリンク先をどうぞ。

正規では無いWindowsにシルバーライトがインストール出来るかは知りません。

粗悪な偽造されたディスク

粗悪な偽造されたWindowsのコピーディスク

思い切りコピーですが、私もこれを使っています。元のディスクを何度もインストールで劣化や傷物にしたくないため、バックアップとしてコピーしたディスクから入れているわけです。

中国語は下手に近付けようとして笑える状態になっています。
暇なら先のリンクからどうぞ。

 

海賊版のWindowsがマズイ理由

アップデートしなくともライセンスの問題から使用してはいけませんが、知らずに使っている場合は少々やばい事に気付いた方が良いかと思います。

Windowsアップデートが出来ない

Windowsは特に日本のパソコンの95%だったと思いますが、そのくらい大規模な市場となっており、世界で見てもWindowsユーザが多く居ます。それを狙いセキュリティホールなどを突く攻撃が悪意有るプログラマには手っ取り早く、マイクロソフトも速攻でガードに来ます。

OSのみでは無く、Windowsのメーラーとも言えるアウトルック エクスプレスも利用者が多く、その他はメディアプレイヤーなどWindowsに入っている物はとことん狙われ易い。ウィルスのみでは無くトロイやワームはウィルス対策ソフトのアップデートを待つ手も有りますが、基本はWindowsアップデート。

コントロールパネルのプログラムの追加と削除から「更新プログラムの表示」にチェックを入れると出るこれです。時々罠が有りますが、SP3にもなれば大丈夫でしょう。(XPでの話)

WindowsアップデートのKB

海賊版WindowsでWGAを回避してもすぐに対応される

世界中の悪者と百戦錬磨を繰り広げているマイクロソフト。WGAを回避するツールで検索すると出ては来ますが、いずれも1~3ヶ月で対応され使えなくなりアップデート出来なくなります。

Windows7も早速あっさり回避するなどという記事が各所で上がっていますが、数ヶ月の命。また出たとしても更に数ヶ月。Microsoftはいたちごっこ慣れしているかと思いますが、それに付き合って何度も綱渡りをする程の犯罪をするのかと言えば、時間の無駄が多く大人しく正規版を購入するが吉です。

「Windows 7」のアクティベーション回避法が発見される : [特集]Windows 7 - Computerworld.jp
http://www.computerworld.jp/topics/win7/167889.html

他人へ譲る際にWindowsをインストールして渡せない  

売るのはもちろん犯罪になりますが、万一家族などへ海賊版Windowsをインストールした状態で譲ったとしましょう。家族で無くとも友人や知人でも結構。

知っていて使うのは構いませんが、知らずに今回紹介したような正規版の確認をされると信用を失います。知っていてもWGAの回避を一緒に付き合わせる事となり、そこまでしてコピーで食い逃げしようと思われるか。

大人のする事では無いかと私は思います。

アップデートが有る限り(無くとも)Windowsは正規の物を使いましょう。

今月のオススメBTOパソコン

コメント(1)

こちらに正規版と海賊版の見分け方の動画がありますよ。
とても参考になりましたので、よかったらどうぞ。

http://www.youtube.com/watch?v=ejTg3PU-fHw

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

マウスコンピューター

高性能: ★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★★ 安定: ★★★

初心者: ★★★★★

令和時代の鉄板スタンダードなPC初心者向けメーカー。標準構成のバランス感覚が突出しており、私でさえケチを付けることが滅多にできない。性能の下から上まで幅広く実用的。

パソコン工房

高性能: ★★★★★ 保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★

初心者: ★★★★

性能とパーツの相場がある程度わかる人なら標準構成が多いのでコスパ重視で選びやすい。同じに見える同じ価格でも仕様の違いがどうなのか判る人には最適。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

10年以上前まではDELL=初心者向けの安いパソコン、それはもう通用しておりません。クーポン適用後が適正価格だと見抜けるパソコン詳しい人向け、または大人買いで割安になる法人向け。

日本HP

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★☆☆

コスパと性能以外にも見た目も重視したいならHPのノートも選択肢としてアリ。自社製造状態なのでBTO=ダサい印象は払拭されるかと。デスクトップは法人用、ゲーミングは海外向き。

ツクモ

高性能: ★★★★★ 保証: ☆☆

コスパ: ★★★★ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

昔のマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。機種が少なく特徴的な少数精鋭状態なので選べる人を選ぶが、それにしても選びにくい。

フロンティア

高性能: ★★★☆☆ 保証: ☆☆☆

コスパ: ★★★★ 安定: ☆☆☆

初心者: ★★★☆☆

フロンティア神代の解散後、現所長のパワハラがひどいとタレコミが複数あり、私から内情を運営会社へ伝えると逆ギレされて私を訴えるぞと謎すぎる返しがあり困惑中。

サイコム

高性能: ★★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★★

初心者: ☆☆☆☆☆

PC自作しない中~上級者向け、昔ながらの2chおっさん御用達な鉄板メーカー。動かない構成でも購入できるので初心者にはおすすめ不能。量産系BTOのようにコスパ悪くならないのでサイコムだけは自由なカスタマイズを激しくおすすめ。


※ドスパラはパーツの偽装疑いを誤魔化したり取引先を勝手に切る信頼性暴落した事件があり掲載中止(2020.11.26)

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
格安SIMなb-mobileを勝手に評価
格安SIMなLinksMateを勝手に評価

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。