Windows 7 Home~PCの販売終了状況(2014年11月)

2014年11月 5日

10月で7のHome Premiumが販売終了。

と思い出し見て回ると、一部のメーカーでは販売を終えているものの、多くのメーカーやショップでは相変わらず7 Home~仕様のパソコンを売っております。どういう事なのか適当に見て来たので報告。

未来から来た人はPC Watchとかねとらぼでもどうぞ。

Windows 7 Home~PCの販売終了状況

その前に違いを軽く解説。

  • OEM版・・・大規模なPC生産メーカーのプリインストール用
  • DSP版・・・単品販売、自作PC用
  • DSP版(メーカー用?)・・・小規模なPC生産メーカーが利用?

2014年10月で終了したものはOEM版のご様子。

MCJ系とエプダイは完全にPro~以外は終了

マウスはマジでHome~が消滅。

マウスの7はProのみ

トップページの注意書きリンクへ飛ぶと、

※2014年10月24日15時をもちまして、全てのWindows® 7 Home Premium および Windows® 7 Ultimate 搭載パソコンの ご注文受付を終了いたしました。

と有る為、30日までにHome~仕様PCは出荷が終了し、マウス内の7は全てProfessionalのみという意味に。

5千円差なら普通の7 Pro~だろうと思いつつカスタマイズを見ると、何故か8.1からのダウングレード版。という事は、ダウングレード版のライセンス料がVista->XPの時と比較し安くなったのでしょう。

同系列の為か、DSP版と思っていたパソコン工房もHome~は終了。 

パソコン工房も7はProへ

しかし価格は8.1無印(7 Home Premium相当)と同額となっている上、画像では5千円くらい高額化するはずの7仕様のHDD容量が高くなっており矛盾。

何故かは現在パソコン工房ではセールと称した値引きなどを行っており、目眩ましを仕掛けているようで。このまんま年末セールへなだれ込み、決算セールから新春セールまで引っ張ると予想。

しかしパソコン工房の7推しは笑ってしえるほど。悪く言えば7を売りまくる為に仕様と価格をごまかしているのだけれども、8系被害者を増やさない為と思えば良心的かも知れない。

OEM版ならエプダイもそうだろうと久々に見ると、やはりHome~消滅。 

エプダイもHomeの選択は無し

source:http://shop.epson.jp/pc/desktop/ay330s/

ダウングレードの選択無し。8.1無印から7 Pro~への変更は税抜きで7千円プラス。やや高めなものの、割高なのはエプダイの平常運転。 

フロンティアは何故か普通にHome~販売中

OEMと言えば確かフロンティアも、と思いきやHome~で販売中。

フロンティアはHome有り

フロンティアは中の人がアレっぽいのでMSの契約無視しているか忘れているのか?と予想するも、さすがにライセンスや契約違反は無いでしょう。

推測というより妄想に近いけれど、おそらくOEM契約は解散したKOUZIROとMSの間で有り、インバースネットとMSでは契約していない、のかも知れない。

DSP版なのでしょう。多分。 

ドスパラは在庫限りとしてHome~も選択可能

ドスパラはDSP版だったはず。10月から引き続き在庫限り。

ドスパラは在庫有り

カスタマイズはこうなっております。

カスタマイズでも選択可

OEMやDSPのような表記は無く「ディスク付属」という新しい表現。

Professionalのみ「ディスク付属」では無い為、文字通りディスクは付いていない、要するにOEM版なのかも知れない。ディスク付きはDSP版の意味かと。

在庫の有るショップはHome~で販売を継続

イートレンドも引き続き7 Home~仕様PCコーナー有り。

イートレンドの7 Home~コーナー

source:http://www.e-trend.co.jp/topics/windows7_pc/

Amazonも複数の業者が相変わらず販売中。 

AmazonのB590

source:http://www.amazon.co.jp/dp/B00K6Y4DIK

ショップが在庫している物まで止めるわけには行かない為、OEM版であろうと売っているのでしょう。 

自作パソコン用のDSP版も在庫有りで販売中

ドスパラの例。全エディション売っております。

ドスパラのDSP単品

ドスパラ以外にパソコン工房などでも販売中。

以上、まとめると。

  • OEM版の7 Home Premiumは生産/出荷/販売すべて終了
  • OEM版の7 Home~でもショップの在庫は販売中
  • DSP版は普通に販売中(ドスパラによると在庫限り?)

ドスパラの書き方は、DSP版7 Home~仕様の自社製品の特定機種が在庫限り、とも考えられるので、DSP版のHome~自体はまだ(MSの代理店からショップなどへ)出荷しているのかも知れない。

DSPが在庫限りなら、ドスパラ以外のメーカーや単品販売で終了祭りがもっと盛大に始まると思う。

書かなかったけれど、店頭販売の7 Home~は店の在庫限りと思われ、NECなどの大手メーカーPC通販は既に7はダウングレード含むPro~のみとなっております。

 

ダウングレードの7 Pro~は有りかも知れない(まとめ)

7 Home~や8.1無印(withっていないノーマル版)と比較した場合の差額は、自作用DSP版の差額の通り、Home~とPro~の差額は5千円くらい。

マウスもきっちり5千円の差が出ているけれど、マウスは単なるPro~では無く8.1からのダウングレードなのに5千円という辺りがポイント。パソコン工房はノーマルなPro~より2千円高いので7千円差。

Vista BusinessからXP Pro~へのダウングレード当時は確か差額が1万円以上と馬鹿高かった為、それと比較するなら良心的、言い方を変えるとNew Vista(8系)失敗にてマイクロソフトが弱気になっていると予想。

ここから本題。

ダウングレードはMSやPCメーカーの言い分によると、「今は古い方のWindowsを使い、将来的に新しい方へ切り替え出来る」という説明。

XP入りのまともなパソコンがVistaからXPへのダウングレードのみになった際、私を含め多くの人が「XPからVistaにするわけが無かろう」と思っていたはず。しかし、XPがサポート終了する頃にはメモリのギガ盛りが激安になり、まともになったVistaで3年も延命可能に。

但し「7から8系は無いだろう」と言えるものの、2020年の7終了時に8系から最新のWindowsまで無償アップグレード出来たなら。7は実質使えない(使わない)ならば、泥船だろうと8系以降のWindowsへ乗り換えは必至。

完成品PCを5年以上使うのか?という疑問も昔なら通用したでしょう。

しかしCore iシリーズ以降のパソコンは、CeleronやAtom、ゲーム用途では無いなら、2020年1月以降も実用可能な性能を維持しているやも知れず。

今年からメモリがDDR4への過渡期に入った為、今から5年以降にDDR3メモリがどの程度残るか考えるとさすがに厳しいとは思うけれど、7 Pro~ノーマルとダウングレードの差額が0~2千円程度なら、保険としてダウングレードを選ぶという考え方は有りかも知れない。

無いと思うなら今の内にHome~で購入がコスパ良好。但し、下手なメーカーのHome~を買うより、マウスでPro~へのダウングレードの方が安いかも知れないので、コスパ重視なら価格と性能を比較しましょう。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメント(5)

>ショップでは相変わらず7 Home~仕様のパソコンを売っており
閉店セールがいつまでも終わらない系のアレだな(適当)

>マウスはマジでHome~が消滅
立ち位置が最も大手に近いBTOだけあるな

>年末セールへなだれ込み、決算セールから新春セールまで引っ張る
夏のボーナスセール→半期決算セールでループ完成じゃないかw

>しかしパソコン工房の7推しは笑ってしえるほど
>悪く言えば7を売りまくる為に仕様と価格をごまかしている
工房での購入を検討してる人「kwsk(迫真)」

>割高なのはエプダイの平常運転
VIPPERも絶賛の二行で終了

>おそらくOEM契約は解散したKOUZIROとMSの間で有り、
>インバースネットとMSでは契約していない、のかも
今大変なことに気がついた! 激しくどうでもいいw

>OEMやDSPのような表記は無く「ディスク付属」という新しい表現
つーことは普通は付属してないんだろか?

>文字通りディスクは付いていない、要するにOEM版なのかも
その昔(XPの頃)マウスはOEMでもディスク付いてましたし、7以降でもDELLあたりは楽天のアレな店で出回ってるくらいだから、付いてるような気もするのですけれども、今時のOEMってディスク付かないもんなんだろか

>イートレンドも引き続き7 Home~仕様PCコーナー有り
>Amazonも複数の業者が相変わらず販売中
VIPPERも脱帽の一行で終了

>DSPが在庫限りなら、
>ドスパラ以外のメーカーや単品販売で終了祭りがもっと盛大に始まる
終わらない閉店セールの終わりが近づくわけかw

>NECなどの大手メーカーPC通販は既に7はダウングレード含むPro~のみ
大手ほどそうだろうからやっぱマウスはメーカー化しとるのね

>マウスは単なるPro~では無く8.1からのダウングレードなのに5千円
ちな、大手メーカーもダウングレードはまだやっとるのよね?

>New Vista(8系)失敗にてマイクロソフトが弱気になっていると予想
なってねぇ方がおかしいってか、なってないなら先が無いなソレはw

>ここから本題
もう記事終わりじゃねぇかw

>まともになったVistaで3年も延命可能に
ようやくVistaちゃんの名誉が回復されたよ!
ここまで長かったけどよく頑張ったね(棒

>7終了時に8系から最新のWindowsまで無償アップグレード出来たなら
>7は実質使えない(使わない)ならば、泥船だろうと8系以降のWindowsへ
シェア大半の法人ユーザ「あ゛今なんか言った?」

>完成品PCを5年以上使うのか?という疑問も昔なら通用
逆に法人は5年超えてリプレースってほとんど無いですね

>Core iシリーズ以降のパソコンは、CeleronやAtom、
>ゲーム用途では無いなら、2020年1月以降も実用可能な性能
まーた、Celeronディスっとるw
https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=Intel+Celeron+G1850+%40+2.90GHz&id=2240
CeleronディスるならCore2もゴミ扱いしないと公正じゃないなw

>今年からメモリがDDR4への過渡期に入った
タダでさえメモリ高いのに時期が悪い、Skylake出たら本気出す

>保険としてダウングレードを選ぶという考え方は有りかも
え、だって7は10に無料アップグレードされるのじゃないのw

>下手なメーカーのHome~を買うより、マウスでPro~へ
悪いことは言わないから何も考えずにProにしとくヨロし
長いことWindowsに隷属してきた人間が至った真理w

>このまんま年末セールへなだれ込み、決算セールから新春セールまで引っ張る
「ずっとセール」ってやつですかwところで新春って年始のことですよw 年末セール→新春セール→決算セール→新生活セールのほう
がふさわしいと思うw

>パソコン工房の7推しは笑ってしえるほど
8が売れないから、売れる7を推しているとしているんでしょうw

>Professionalのみ「ディスク付属」では無い
Professionalにもディスク付属のがありますよw その分値段が3000円上がっているけどw

>New Vista(8系)失敗にてマイクロソフトが弱気になっている
8のライセンス販売も稼ぐことができるからでしょうw

>VistaからXPへのダウングレード
7発売しばらくも7→XPのダウングレードもありましたw そのまま7で2020年まで延命可能ですねw ちなみに私のレッツノートもそうだったんですが、結局一度もXPにダウングレードせずにXPのサポートが終了してしまいましたw そもそもWindowsが32ビット、USB3&SATA3非対応とハードもOSも古くなった今、手持ちのレッツノート自体が2020年まで延命できるかどうか疑問w

>まともになったVistaで3年も延命可能に
3年後はどうするんだろう?w 7は既に販売終了していると思うし、地獄の8を入れるか、まともになったかも知れない10を入れるかw

>泥船だろうと8系以降のWindowsへ乗り換えは必至
この場合はスタートメニュー復活ソフトは必ず入れるしw

>セール用テンプレを書いてみた
日本人が弱い横文字が少ないなw
スプリングセール
サマーセール
オータムセール
ウィンターセール
クリスマスセール
これに合わせ技で「大」とか「バーゲン」とか「期間限定を煽る文言」等を連結させることでコンボが完成する
例:半期に一度のサマー大バーゲンセール

>PCメーカーが作るか作成出来るようプログラムを入れるかHDDリカバリ
あーコレ見て単純に昨今はコストカットの傾向にあるのだろうと予想w
OEM版ディスクは中身カスタムですし、メーカーのラベルプリントされたオリジナルのディスクになるぶんそら作るだけコストかかるだろうよということで、HDDリカバリとユーザが自分でメディア作れが主流になったのじゃなかろうかと

パソコン工房とFaithではまだ7 Home搭載パソコンを売っていますよw
ただし、DSP版、機種が限られますがw

Windows 7搭載デスクトップパソコンならパソコン工房
http://www.pc-koubou.jp/pc/windows7_desk.php
最低価格74,980円(税別)以上

ゲームパソコンならパソコン工房
http://www.pc-koubou.jp/pc/game.php
最低価格54,980円(税別)以上

ビジネスPC(法人パソコン)のことならパソコン工房通販
http://www.pc-koubou.jp/pc/business.php
7 Home選択可能

プロスペックパソコンのことならパソコン工房通販
http://www.pc-koubou.jp/pc/pro.php
7 Home選択可能

デスクトップパソコンを買うならBTOパソコンの通販SHOP フェイス
http://www.faith-go.co.jp/gwpc/desktop.php
最低価格43,800円(税別)以上

ゲームパソコン(ゲーミングPC)を買うなら通販SHOP フェイス
http://www.faith-go.co.jp/gwpc/game.php

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。