Windows 7仕様PCとDSP版の販売状況(2015年10月)

2015年10月22日

Windows 7仕様PCの一部販売終了から今月で1年。

現在も販売している7は大きく分けると、OEMとダウングレード版Professional、DSP版のHome PremiumとPro~エディションの4種類。どうやらMCJグループがDSP版の在庫を切らした御様子。

適当に見て参りましょう。

※2015.11.05追記/訂正:マウスコンピューターの7 Home~復活を確認。単なる在庫切れだったのかも知れない。

継続販売中のWindows 7と終了分について

何が終了済か、知っている人もおさらいとして。

windows 7終了一覧

source:Windows ライフサイクルのファクト シート - Windows ヘルプ

終了分を時期で分けると、

  • 2013年10月・・・製品(パッケージ)版が販売終了
  • 2014年10月・・・プリインストール版が出荷終了

パッケージ版は箱に入っている単品販売のクソ高い方。プリンストール版はパソコンに入って出荷される完成品PC専用で、細かく言うとOEM版。

現在も販売中の7は、

  • Professional・・・プリインストール版、ダウングレード版、DSP版
  • Home Premium・・・DSP版

DSP版はパッケージの安い方の事で64/32bitのいずれか1つ選択するやつ。太字はパソコンに最初から入って出荷されるOEM版で、ダウングレード版は8.1から7へバージョンを落としているもので、主にダウングレード済で出荷。

BTOパソコンはやや特殊で、自作PC用のDSP版をプリインストールして出荷する事も多々有り、大手PCメーカーとは違うところ。

しかし、MCJグループ(マウスコンピューターとパソコン工房)がDSP版の在庫を10月になり切らせたようで、マジで在庫限りだったのかと実感。

 

Windows 7のDSP版がMCJグループから消滅

2015年10月18日深夜の様子。

マウスコンピューター

マウスの7

以前のマウスは8.1が有るなら7も有る感じで並行販売していたけれど、現在は7の機種数が減少しており、Windows 10のみ、8.1のみが多くなりつつございます。

7 Pro~はダウングレード版。Vista->XPの頃のようにクソ高くは無く、メディアも付属するので安心と考えるべきか。

パソコン工房

パソコン工房の7

以前のパソコン工房は、8.1より7の方が機種多いのでは?と思えるほど気合が入っていたけれど、現在は7が随時減少中。

7仕様のカスタマイズは3種類有り、上のスクリーンショットのように選択するかいずれか1種類の固定。上段がプリインストール版かDSP版かは不明。

7 Pro~のOEM、ダウングレードはまだ終わっていないにも関わらず減らしているという事は10に統一するつもりなのか。そうならば気が早過ぎると思う。

 

Windows 7仕様で販売している他メーカー各種

ドスパラ

ドスパラの7

ドスパラは潤沢。

7仕様でもカスタマイズでプリインストールやDSP版と思われるディスク付、間違い無くDSP版なHome~まで取り揃え中。

DELL

デル

DELLは完全にやる気無し。

誰が買うと思っているのか、賑やかしに出しているのか分からない、コスパ無視のクソ高いノートばかり。デスクトップPCで7は無し。

日本HP

HP

HPもやる気無し。

一時は7が全消しされたけれど徐々に復活し、しかし現在は4機種のみ。誰が水冷にしたがるのか謎。個人向けノートで7仕様は無し。

ちなみにHPは自営業を名乗れば法人向けの機種でも売ってくれるらしい為、リサイクルシール不要なら適当に屋号を名乗ってみましょう。捨てる時はPC無料回収屋へ依頼すればよろしいかと。

FRONTIER

フロンティア

ここに来て何故かフロンティアが気合入っております。経営がインバースネットになり方針が変わったのか。

ほぼ全機種と思われるパソコンでWindows 7も選択可能。

フロンティア2

10までの3択は素晴らしい。画像に記載の通り、Windows 7はHome~(DSP)なので価格差が無く解り易い。

ツクモ

一見すると7は無さそうに見えるものの、カスタマイズで選択可。

ツクモのDSP7

標準構成が少なく、OS以外をカスタマイズするとやや高くなるので、どうしてもツクモが良いという人向けでしょう。

サイコム

サイコム

無いわけが無い、HomeもPro~も32/64bit全種類。

サイコムは元からDSP版、自作用と同じWindowsを突っ込んで入れるだけなので、在庫が有るなら有って当然。というか、サイコムで買うような人向けに7が無ければ完全な自爆になってしまう。

以上。ドスパラとフロンティアが在庫潤沢、マウスは元から安いのでPro~でもドスパラなどより安い事も有るやも知れず、メーカーやエディションにこだわらず価格と性能を比較してみましょう。

カスタマイズが判る、多少高くてもこだわりたいならサイコム。

おまけ:単品販売のDSP版

自作PCユーザにしか関係無いので画像抜きで手短に。DSP版7を販売しているメーカーのエディション別在庫。

  • 7 Home~ 64bit・・・ドスパラ
  • 7 Pro~ 32bit・・・ドスパラ
  • 7 Pro~ 64bit・・・ドスパラ、ツクモ、ソフマップ
価格コムでも10店舗くらいがまだ販売しております。本当に在庫限りなのだろうと判った為、必要なら早めの購入がよろしいかと。

 

多少高額でも保険として7や8.1仕様PCを推奨(まとめ)

10を知っており使った事が有る上、あれで良いと思うなら最初から10仕様で良いけれど、10を知らないなら2016年7月まで無償アップグレードなので今は7や8.1がおすすめ。

7が好きなら8系が合わない人が多く、中には7より8.1の方が良いけれど10は嫌という人も稀に存在。

10は7でも8系ユーザでも違和感無く移行出来るよう間を取った感じになっているものの、逆に言うと間を取ってしまったので中途半端。7ほど作業効率は良くは無く、8.1ユーザに言わせると何かと処理が遅いそうな。

パソコン工房のノートがやや特殊なので参考に。

15H7120-i3-i5-NEB

価格は同じで仕様も同じに見えるけれど、ほんのり違う。

  • Windows 7・・・Professionalエディション(Core i3搭載)
  • Windows 8.1・・・CPUがCore i3では無くi5(Proでは無い)

同じCPUにすると、おそらく7の方が2~5千円ほど高額になるので価格を合わせつつエディションに差を持たせる事で比較されにくく考えているのでしょう。DSP版在庫切れならHome~では出せないので上段の7 Pro~は固定。

それは良いとして、これらを10にするとどうなるか、当たり前だけれども、

  • Windows 7・・・Windows 10 Proになる
  • Windows 8.1・・・10はHomeになるがCPU性能は7仕様より上

個人的には2コア/HTも4コアも体感ではそう変わらずクロック周波数も大差無い上に7愛用者なのでPro~の価値大と見るけれど、エディションにこだわらない人や8.1で良いならCPU性能上の方が良さそうという見方も。

ちなみに上のモデルが最初からWindows 10仕様ならば、構成は8.1の方、Homeエディションで価格は同じになるはず。

アップグレードという手間が有るもののWindows上でボタンを押して行くだけで、まともなPCなら約1時間も有るなら作業完了。

一手間掛かるけれど、DSPやパッケージでは無くWindowsプリインストールPCで購入するなら今は10では無く7か8.1が良いと思う。

10の普及速度はリリース2ヶ月目から鈍化しており、本当に来年7月で無償アップグレードを終了出来るのか?と疑い始めており、無償アップ延長戦なら7と8.1の販売も終わらないかも知れませんな。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメント(1)

>パッケージ版
Windows7時代には、32bit版なら動くけれど64bit版では動かない、というソフトやデバイスは激減しましたから、パッケージ版の利点は小さくなりましたね。DSP版と違ってパーツ縛りが無い点も魅力だったのに、Windows8登場以降はそれも消える始末。しかしWindows10では再びパーツ縛りが復活するという不思議。

>ドスパラは潤沢
もともとパーツ屋ですしね。DSP版の仕入先も多かったのでしょうか。

>DELLは完全にやる気無し
コストパフォーマンスが高いとは言い難いですが、個人向けでもWindows7へダウングレードできるモデルはそこそこありますよ。

Inspiron 3647 スモールデスクトップの詳細 | Dell 日本
http://www.dell.com/jp/p/inspiron-3647-small-desktop/pd
低スペックだが省スペースなモデル。およそ5~7万円。

XPS 8900デスクトップ | Dell 日本
http://www.dell.com/jp/p/xps-8900-desktop/pd
高スペックで高価格なモデル。およそ12~15万円。

Inspiron 15 3000シリーズノートパソコン | Dell 日本
http://www.dell.com/jp/p/inspiron-15-3542-laptop/pd
Core i5搭載の高スペックモデルはWin7へダウングレード可。およそ8~9万円。

Inspiron 14 5000シリーズノートパソコンの詳細 | Dell 日本
http://www.dell.com/jp/p/inspiron-14-5458-laptop/pd
Celeron搭載の低スペックモデルはWin7へダウングレード可。およそ5~6万円。


>ここに来て何故かフロンティアが気合入っております
サイトを見て回りましたが、PC販売担当がリストラでもされたのかと思うほど、販売ページに詳しくPCの詳細が載っていますね。というか「カスタマイズ・注文」ができるモデル掲載ページより、それより下にあるPCパーツ詳細ページの方が長いという面白さ。販売スペースは1ページの1/5、パーツ詳細スペースは4/5な比率。

デスクトップPC/GAシリーズ/GAシリーズ(H170) - BTOパソコン通販のFRONTIER
http://www.frontier-direct.jp/direct/c/cGA-H170/


今後Windows7や8.1搭載PCが増えていく事はありませんから、終了のきざしが見えた以上、欲しいなら無理してでも早めに購入した方が良さそうですね。

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。