パソコン工房のビジュアライズ痛ノートが6機種10種類に

2011年7月 1日

パソコン工房が時々リリースする痛(いた)ノート。

痛パソコンとは、2次元と3次元の狭間に生きる漢(おとこ)が華麗に散財する、アニメなどのプリントをシールで貼り付けた、あらゆる意味で危険なPC。その中でもネットブックを主力としてユニットコム全体(PC工房、faith、TWOTOP)が販売しております。

仮面ライダー電王ネットブックが新発売。

「仮面ライダー電王」ビジュアライズノート?69,800円

ノートと書いて有りますな。左に小さく書かれておりますがネットブックでは都合が悪いのでしょうか。良い意味ではノートの方が分り易い、悪く言えば騙そうとしているのか。

den-o-pc-koubou.jpg

特徴は性能では無く、録り下ろし音声120以上、壁紙18種類、その他は見ての通りモニタの背面(天板)が電王になっております。

送料が630円くらいなので約7万円。仕様より主要構成。

  • OS:Windows7 Home Premium 32bit
  • CPU:インテル Atom N5501.5GHz/HT対応)
  • チップセット:インテル NM10 Express
  • メモリ:2GB(2GBx1/DDR3 SO-DIMM)※最大2GB、空き無し
  • グラフィック:インテルGMA 3150(CPU内蔵)
  • HDD:500GB HDD SATA
  • 光学式ドライブ:なし
  • 液晶:10.1型1024x600
  • LAN:無線IEEE 802.11b/g/n、有線100Base-TX/10Base-T
  • 重量:約1.2Kg※バッテリ含む

最低限の機能を備えるネットブックの特徴では有りますが、低クロックで光学ドライブ無し。解像度が低めで特に縦が狭く、有線LANはローカルネットワークでは遅いかも知れない100Mbps対応が限界。

しかし一般的なネットブックよりやや性能が上な部分は、Windows7がStarterでは無く普通のHomePremium。メモリとHDDが多めに盛られております。無線の「n」付はネットブックでも今や普通でしょうか。

Starter、1GB、320GB程度でAtom N550の10型ネットブックなら45千円前後が現在の市場価格。OS、メモリ、HDDでやや価値が上がるとして5万円強としても7万円は強気な価格設定と言えましょう。

 

その他の痛ネットブックや痛ノートで価格と性能を比較

visualize-note-pc.jpg

左下の「光&音々ちゃん」は、ひかるアンドねねでは無く、ひかりアンドねおん。勉強になりましたな。確実に役に立たない知識として。

年に数回のペースでユニットコムは痛ノート(ネットブック)を出しており、今見ると全10種類にまで増えており、機種で分けると6機種。

先にノートを4種類。

ita-note-koubou.jpg

絵柄は目眩ましになる為、価格で分けると判り易い。左からかなり省略して仕様を一覧。価格は20円切り上げて見易く。

  • 8万円・・i3 380M、Win7HP、15.6型(HD+)、500GB、4GB、DVD、HD5470
  • 10万円・・i5 560M、※その他同上
  • 12.8万円・・i5 560M、15.6型(フルHD)、GTX460M、※その他同上
  • 14万円・・i7 740QM、※その他同上

CPUは全て3桁ナンバーのCore iシリーズ。SandyBridgeでは無い一つ前のi3やi5、i7という意味。

最安の8万円ノートと比較しCPUの性能が多少上な機種が2万円追加。更に解像度フルHDでNVIDIAになると2.8万円追加。それがi7になると1.2万円高くなる、と。

8万円ノートの痛くないモデルが有りました。

lesance-bto-cla646-type-lmt.jpg

価格は約6万円の為、差額は2万円。

CPUをカスタマイズでi5-560Mに上げると約73500円になり、10万円ノートとの差額は26,500円。5千円オフが無ければそれぞれ、15千円、21500円差となります。

14万円ノートの痛くない版も発見。

lesance-bto-clg648-type-lmt.jpg

差額は何と4万円。CPUのカスタマイズが無く、i5-560M搭載の同仕様も無い為、12.8万円の痛ノートは比較が出来ず。

何故ここまで価格差が付いているかは、痛く無い方のみ限定価格になっている為と思われますが、それにしても痛い方は高い。

lesance-bto-clg648-type-lmt-g.jpg

ネットブックは2種類。これも価格で分けましょう。

ita-netbook-koubou.jpg

200円切り上げで。

  • 6万円・・Atom N470、Win7HP、10.1型(WSVGA)、500GB、2GB
  • 7万円・・Atom N550、※その他同上

CPUの差が1万円差。それ以外は同じ仕様。

ノートと同様に痛くないネットブックを探すものの、パソコン工房は10.1型のカテゴリが無く、ネットブックも無いようです。

仕方無いので他社を探すと、仕様を合わせたのかとさえ思えるネットブックがマウスコンピューターに置いてございました。価格.com限定モデルとの事。

lb-m131b-kk.jpg

どこが限定かは中央付近で太字になっているHDD容量で、通常モデルを見ると320GB。価格据え置きで型番とHDDのみ変更しているわけですな。

マウスは送料が高い為、3150円を合計すると約43千円。パソコン工房のAtom N550痛ネットブックと仕様が合っており、その差額は約27千円。

マウスは限定品、通常HDDは320GBでは有りますが、Bluetoothが標準搭載なので相殺といたしましょう。180GB差もBT2.1の価値も、どちらもどうでも良いとし、そう変わらないとしましょうか。

以上より、痛くなると2万円前後高くなり懐まで痛む仕様と判明。

 

パソコン工房がビジュアライズ痛ノートを売る理由(まとめ)

私のように電王とかアニメに興味の無い人間として普通に考えると、余計な絵が貼られ無駄な音声や壁紙が満載されたノートに何の価値も無いどころか、逆に価値として減ると思うでしょう。どう考えても要らない。

しかし、以前2chで叩かれており、私もぼったくりと思った富士通のらくらくパソコン4のように、特定の需要のみに対して売っている製品とするなら、その価値は有るのやも知れません。

価値が解らない人間が高い安いと判断出来る物では無し。

別の例で私が価値が解らない物としては、数千円どころか時には万単位もするフィギュア。その他、カードゲームのレアカードが数万円とか。デッキとか何かそういうやつです。

パソコン工房(ユニットコム)の狙いとしては。

  • 痛PCは目立つ為、発売すると宣伝になる
  • 完全受注生産なので在庫としては痛くない
  • 継続し流行れば新しいカテゴリとして成功(するかも)

今回見ると、即納(在庫有り)になっている機種も有りましたが、その種類は有る程度の需要が見込めた物なのでしょう。

以前、坂本龍馬モデルとか有ったような気が 有りました。

ryoma-pc-koubou.jpg

さすがにシールと壁紙のみで数万円アップはやり過ぎかと思うものの、電王のようにオリジナル音声が120種類など付けば、ファンには非売品並の価値が有ったり、コレクションとして必要かも知れません。

今回の電王は本気でパソコン用に作られており、ユニットコムが制作費を突っ込んでいると思われます。電王のライセンス、使用料も無料では無いでしょう。

音声や画像ファイルはコピー、シールは貼れば良いだけなので、ノートやネットブック本体が陳腐化(時代遅れ)するなら、機種を変更し同じ企画が出来る点はよろしいかと。

以上、要らない人には高額かつ無駄なデザイン。必要なマニアやファンには、他では手に入らない価値として生暖かく見守りましょう。

普通に考えると価格据え置きを条件の0円カスタマイズで、ネルフとかジオン軍とか地球連邦軍のロゴをシンプルに入れた方が需要は有りそうですが、その程度なら自分で作る事が出来るでしょうな。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメント(7)

>CPUは全て3桁ナンバーのCore iシリーズ。SandyBridgeでは無い一つ前の
在庫処分乙w 工房よ、さぁ正直に言うんだ。アレだろ。
「春のインテル6系地雷祭り」の際に旧Core i系ベアの発注量間違えたんだろw
まったく往生際が悪いな。いいぞもっとやれw


>カードゲームのレアカードが数万円とか。デッキとか何かそういうやつです
その昔、ゲームセンターでやる系のカードゲームをロケテスト中にちょこちょこやっていたことがあるのですが、これがロケテストが終了して全国で正式稼働が開始される頃には飽きてしまって、ちまちま集めたカードやらキット一式放置していたところ、いつの間にかロケテスト版のカードにプレミアが付いてしまったらしく、元は500円だか千円だかのものがオク相場で50万円くらいになっていたことならありますw


>ネルフとかジオン軍とか地球連邦軍のロゴをシンプルに入れた方が需要は有り
確かにそうでしょうが、逆にコレやると版権が恐ろしく高くつくと思うのw
もっとも、あのネズミーランド系ほどじゃないでs うわなにをするやめr

まぁCPU的にも値段的にも宣伝がメインでしょうね。
これで奇特な客が買ってくれたら御の字、ぐらいにしかパソコン工房さんも思ってないだろうなぁ
第一こういうのはやろうと思えば個人でも出来なくないw

>「春のインテル6系地雷祭り」の際に旧Core i系ベアの発注量間違えたんだろw
授業中なのに吹いたw

個人的にはエイリアンウェアみたいな、特殊テーマを配布して欲しいと思います。
Visual styleなどでWin7用のテーマはいじれるものの、コレクションするようなテーマは少ないのが現状です。やり過ぎると不具合かと思われるかもしれません。
いっそLinuxベースでいじり倒したおたく向けPCをと思いました(おぃ

各社、軽く安くするならLinuxをと思いますがやはり敷居が高いのでしょうな。

痛くないBTOでも、天板のデザインや色のオプションで価格が上がるのがありますから、それに価値があると思うなら、OKでしょうね。
私はいりませんが。

痛パソコン、タブレット型でやったら板な上に痛という二重苦ですね
女性向けの痛パソコンなら腐痛パソコンとでも呼びましょうか。価格的にも吹きそうですし


>仮面ライダー電王ノート
どうせなら、ライダーマシンに乗った配達員がバイク便で届けてくれるサービスも実施すると楽しいと思います。子供の誕生日なんぞに良いのではないでしょうかね

>光&音々ちゃん
>ひかるアンドねねでは無く、ひかりアンドねおん
音々でどうやってねおんと読むのかと思ったら、音音という漢字があるのですね。読み方は「ねおと」ですが

>マウスの価格.com限定モデル
解像度がパソコン工房の痛ノートに比べて「1024x600」→「1280x720」にアップしていますから、「800x600でダイアログが開いたらOKボタンもキャンセルボタンも押せなくなった」という事態は減少しそうで良いですね。私は買いませんが

>万単位もするフィギュア
フィギュアと言えるか不明ですが、私が購入したことのある「リボルテック ダンボー アマゾンボックスバージョン」は2,000円くらいと安価でしたね
http://www.amazon.co.jp/dp/B000YW6UQ2

>カードゲーム
昔「マジック・ザ・ギャザリング」というカードゲームで遊んでいたことがありますけれど、カードを入れて眺めるためのアルバムとか、頑丈にカードを保護するためのプラスチックケース(収納可能枚数=1枚)だとかが販売されていたように、実用性と共にコレクション性も重視されていましたね


「普通のネットブックを3万円で買う」
  ↓
「天板にイラストのシールを貼る」
  ↓
「下限3.5万円からオークションに出す」
という商売もできそうですね

この前、twotopに行きましたら店頭で思わず足を止めてしまったのがこの広告。店頭に張ってあるのでまだ買えるのかなあと思いますが、
http://www.twotop.co.jp/vn_tony/

Tonyさんの絵は、見ていて不思議な気分になります。なんだろう。実際にこんな女の子いたらなあと思ってしまう感じですかねえ・・・ハッ、二次元からの脱却をしなければ、この夏も独り者で(ry

こういうのは性能ではなくよりファンに嬉しい仕様かどうか。

私はとある魔術の禁書目録が好きで、
この痛ノートの場合天板のイラストは書き下ろし、
内部の壁紙やSEもこのPC用のオリジナルな為、版権が相当乗るのはやむを得ません。
ていうか高いのは版権のせいでしょう。

通常の高性能ノートでこれやると価格が上がり
10万超えしちゃうと本当のヲタクしか買わなくなってしまうので、
性能を落とし、普通のファンにもできるだけ買い安くしているのかと。


アニメに興味のない人からすれば要らないかもしれませんが、
らくらくパソコン同様PCは性能と価格が全てではない訳で。

それに天板にこんなイラスト描いてあったら外に持ち出す訳にもいかず、
性能的にメインマシン用途ではないので何ら問題ないかと。

でも7万は財布が痛いので流石に私は買ってません。
その金でインテル様の大容量SSD買えちゃいますし。

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

マウスコンピューター

高性能: ★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★★

初心者: ★★★★★

令和時代の鉄板スタンダードなPC初心者向けメーカー。標準構成のバランス感覚が突出しており、私でさえケチを付けることが滅多にできない。性能の下から上まで幅広く実用的。

パソコン工房

高性能: ★★★★ 保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★

初心者: ★★★★

性能とパーツの相場がある程度わかる人なら標準構成が多いのでコスパ重視で選びやすい。同じに見える同じ価格でも仕様の違いがどうなのか判る人には最適。

ドスパラ

高性能: ★★★★ 保証: ☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★★

昔はドスパラ=BTOだったけれど最近は普通のパソコンに力を入れておらず、2018-2019年の偽インテルチップ中華SSDの件が未解決なので信用問題的に何とも言えない。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

10年以上前まではDELL=初心者向けの安いパソコン、それはもう通用しておりません。クーポン適用後が適正価格だと見抜けるパソコン詳しい人向け、または大人買いで割安になる法人向け。

日本HP

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★☆☆

コスパと性能以外にも見た目も重視したいならHPのノートも選択肢としてアリ。自社製造状態なのでBTO=ダサい印象は払拭されるかと。デスクトップは法人用、ゲーミングは海外向け。

TSUKUMO

高性能: ★★★★★ 保証: ☆☆

コスパ: ★★★★ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

昔のマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。機種が少なく特徴的な少数精鋭状態なので選べる人を選ぶが、それにしても選びにくい。

FRONTIER

高性能: ★★☆☆☆ 保証: ☆☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ☆☆☆

初心者: ★★★☆☆

フロンティア神代の解散後、現所長のパワハラがひどいとタレコミが複数あり、私から内情を運営会社へ伝えると逆ギレされて私を訴えるぞと謎すぎる返しがあり困惑中。

サイコム

高性能: ★★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★★

初心者: ☆☆☆☆☆

PC自作しない中~上級者向け、昔ながらの2chおっさん御用達な鉄板メーカー。動かない構成でも購入できるので初心者にはおすすめ不能。量産系BTOのようにコスパ悪くならないのでサイコムだけは自由なカスタマイズを激しくおすすめ。

※並びはBTOメーカーの知名度の順(暫定)で、大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
格安SIMなb-mobileを勝手に評価
格安SIMなLinksMateを勝手に評価

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。