パソコン工房がWindows 10アップグレード対応開始

2015年6月24日

10リリースまで1ヶ月と少々。

パソコン工房が先日よりWindows 10への無償アップグレード対応表記を開始しており、要するに7や8.1仕様で購入し10へアップグレードしても大丈夫とお墨付き的に明言しているという意味。

適当に見て参りましょう。

パソコン工房がWindows 10アップグレード対応開始

特設ページが出来ております。

windows10_upgrade

source:http://www.pc-koubou.jp/pc/windows10.php

カテゴリはデスクトップ、ノート、ゲーミング、即納パソコンの4種類で、上記ページから製品ページへ行けばWindows 10アップグレード対応PCが一覧される仕様。

各カテゴリ全体を見たところ、対応は全製品では無く現在は、

  • デスクトップ・・・AMD APU(CPU)と新製品以外
  • ノートPC・・・ほぼ全製品
  • ゲーミング・・・条件不明、デスクトップは2割くらい
  • 即納パソコン・・・条件不明、一部機種

となっており、これは逆効果なのでは?と思ってしまった。

パソコン工房としてはいち早くWindows 10対応を特長として宣伝したかったのだと思うものの、現状では対応していそうなPCまで何故か対応と表記しておらず、10へ上げようとしている人の腰が引けそう。

私が見たところ、棒PCやタブレットなどの特殊なパソコン以外は全部対応していそうなので、10にしたい人は適当に選んでよろしいかと。もちろん保証はしない(キリ

サポートするか否かは、以前聞いたこちらを参考に。

パソコン工房の回答

  • アップグレードで保証対象外にはならない
  • 但し10が原因のトラブルは有償サポートになる可能性有り
  • 10へのアップグレード失敗で起動不能も有償になる可能性
  • ハードウェアの故障はアップグレード無関係に修理対応可
  • OSが起動せず再インストールになる場合は初期仕様のOS

source:Windows10アップグレード後のメーカーサポートは? - BTOパソコン.jp

大丈夫なので、マイクロソフト様の仰る通り、安心して無料で簡単に最高のWindowsを手に入れましょう。

安心して無料で簡単にアップグレード

source:Windows 10 にアップグレードする方法 - マイクロソフト

おすすめはしないけれど。

ゲーマーは特に安心しない方が良いと思う一例。

現在、『PSO2』では、「Windows 10」でも動作が可能となるよう対応作業を進めておりますが、作業完了までに今しばらくお時間をいただく予定となります。

なお、事前評価版の「Windows 10」では『PSO2』が正常に動作しないことを確認しております。

source:お知らせ | 『ファンタシースターオンライン2』プレイヤーズサイト

ゲームに限らず、特に業務用ソフトなどは動作確認が先。

 

Windows 10での仕様変更で注意するべき重要点

ソースはこちら。

Windows 10 の仕様 - マイクロソフト
http://www.microsoft.com/ja-jp/windows/windows-10-specifications

重要と思った点を3つ。

メモリとストレージの空き領域

  • メモリ: 32 ビット版では 1 GB、64 ビット版では 2 GB
  • ハード ディスクの空き領域: 32 ビット版 OS では 16 GB、64 ビット版 OS では 20 GB

Windows 7と全く同じなので7や8.1が動いていたならアップグレードしても大丈夫な要件だけれども、実際にどの程度の使用量になるかは7などとは全く同じとは言えない為、私の持つ棒PCのようなガチで32bit版メモリ1GBでeMMC16GB仕様ならば慎重に。

また、まだ判らないけれど、もし32bitから64bit版へ変更が可能になった場合は最低容量が上がるのでご注意有れ。

DVDはWindowsの機能のみでは再生不可

DVD を視聴するには別売りの DVD 再生ソフトウェアが必要です

8からはオプションとなっており、別途Mediacenterが必要。10ではそれもアップグレード時に削除されるようで、7と8.1共に10へアップするとDVD再生はWindowsの素の機能では不可能になる御様子。

面倒ならGOM Player、中華圏ソフトの利用が怖いならVLC media playerがお勧め。詳しい人なら何かとffdshow辺りを組合せるのでしょう。

10のHomeはWindowsアップデート強制

Windows 10 Home のユーザーには、Windows Update による更新プログラムが自動的に適用されます。

過去にWinodwsアップデートを自動で落とし自動で入れていたなら意識しなくとも良いけれど、何が起こるかはマイクロソフト次第の強制更新。

7や8.1がPro~やUltimateならば良いけれど、Home~以下や無印ならばマイクロソフト一蓮托生、心中の可能性有りなので旧WindowsがHome~以下と無印ならば良く考えましょう。

 

Windows 10は実質無料で買わなくても使える?(まとめ)

7や8.1からの無償アップグレードに続き、何とテスト版Windows 10からも無償アップグレードが可能との事。タレコミ有難う御座います。

例えばWindows XPマシンにISOファイルからWindows 10のプレビュー版をインストールすることで、Windows 10の正式版にアップグレードすることも可能

source:「Windows 10」はISOのプレビューからも無料アップグレード可能 - ITmedia

訳が解らない。

それ以前に訳が解らない人用に説明すると、Windows 10のプレビュー版とは現在開発者向けに提供されているテスト版Windows 10の事で、誰もが無料でダウンロード可能。

条件は一応有るけれど、

プレビュー版をインストールしていて、かつ、プレビュープログラムへの登録時に使ったMicrosoftアカウントと関連付けてあるPCであれば、正式版Windows 10に無償でアップグレードできる」

PCの台数分のマイクロソフトアカウントを量産し関連付けておけば行けるという意味になり、具体的にどうすれば良いか例を書くと、

  1. XP仕様のようなサポート切れなどの旧PCを用意
  2. テスト版Windows 10のISOをダウンロードしDVDへ焼く
  3. 旧PCへテスト版の10をインストールしMSアカウント関連付け
  4. 正式版Windows 10リリース後、旧PCから無償アップグレード可能

「それはライセンス違反だろう」と思うかも知れない。私も思った。しかし、上にMS関係者のソースが有り、Windows Vistaや7から8へアップグレード時のMS回答を思い出した。

Windows8のテスト版はアップグレード可?

マイクロソフト回答:プレビュー版からのアップグレードも可能です。お試し頂けたらと思います。

source:Win8プレビュー版はアップグレード可とマイクロソフト回答 - BTOパソコン.jp

実質、テスト版と正式版のWindows 10が動作する環境ならば何でも有り。7や8.1では無く、私が遊んでいるVM Wareによる仮想環境のWindows 10 Insider Previewもタダで正規版になってしまえるのでしょう。

7を潰して10を上書きする意味は薄くなるので、遊びたい人は今の内にダウンロードしておきましょう。

Windows 10 Insider Preview ISO のダウンロード - Microsoft Windows
http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows/preview-iso

Windows 10のテスト版

アップグレードになるならば、ビルドは最新以外でも良いはず。

しかもこちらはProエディションに相当し、64bit版も有るので、32bit版Home~や無印もこちらを入れてアップグレードすれば良いのか。やはり訳が解らない。

公開前追記

言い訳のような記事が各所で上がっております。

Insider Preview版を入れておけばWindows 10は無償正規版アップグレード可って本当?【追記あり】 - 週刊アスキー
http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/348/348768/

GIGAZINEやITmediaなど、大手でも追記や訂正と称して変更されているものの、一つ重要かも知れない事を書いておくと、私のWindows 7仕様ノート。これには初期のWindows 8アップグレード版(1,200円のやつ)をクリーンインストールしており正常動作中。もう2年以上ライセンス違反になっておりません。

10のInsider Previewからアップグレード(?)してどうなるか、経過を時々垂れ流す予定なのでテスト版Windows 10の所有をお勧め。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメント(3)

マイクロソフト様の仰る通り、安心して無料で簡単に最高

罠の激臭
野生動物は近寄れませんぬ。

>AMD APU(CPU)と新製品以外
AMD「なんで除外するんや!」

>安心して無料で簡単に最高のWindowsを手に入れましょう
最後に(棒)がつくんじゃないかなw

>ゲームに限らず、特に業務用ソフトなどは動作確認が先。
様子見がおすすめですねw

>Windows 10での仕様変更で注意するべき重要点
7に入っているゲームが削除される点も一部の人には重要ですw

>何とテスト版Windows 10からも無償アップグレードが可能

Microsoft、Windows 10正規版についての混乱を謝罪・説明 - ITmedia ニュース
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1506/23/news069.html
いや、7か8.1の正規ライセンスを持っていないとアップグレードできないようですよw

【Windows 10カウントダウン】ためしてガッ10、ファイナル以降もまだまだ続くInsider Preview - PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/win10cd/20150624_708423.html
Insider Previewは正式版発表後もまだまだ続くようですよw Insider Previewは引き続きそのままにして、正式版(MSDNサブスクリプションを利用)は新たに仮想環境を作る予定w

いつぞやコメントにて、ドスパラに出して欲しいと書いたモデルがパソコン工房で実現。保証してくれるなら、いちいち自分で検証する手間が省けて嬉しい限り。特にパーツの交換が難しいノートPCは便利。

個人的にはまだWin10リリース前のため、時期尚早だろ、と思いますが。出ていない、つまり仕様が定まっていないOSへの対応を謳ったところで、信用度は低いと私なら判断します。というか、リリースの1ヶ月も前だと「飛ばし記事に近い」か「情報を仕入れた上で対応するのが早い」か、判断が分かれると思うのですが、発表するとは英断、なのでしょうか。


>各カテゴリ全体を見たところ、対応は全製品では無く
これも併せて、私には「時期尚早」とか「勇み足」とかのフレーズが似合うな、と思ってしまいます。個人ならいくらでもすっ飛ばして欲しい所ですが、企業なら準備は万端、が好み。

>ゲーマー
速度よりも安定性を重視するのが大多数のゲーマー、だと思っていますが、SSDの黎明期に5~6台でRAID0へゲームin、な方も居たことは居ました。ですから、ゲームにはOSの操作性は関係ありませんし、Windows10が有効に働く場面があるなら、アップグレードしてしまうのもアリですね。

>私の持つ棒PCのようなガチで32bit版メモリ1GBでeMMC16GB仕様
ピコレッタはメモリ2GBにeMMC32GBでは。私のm-Stickが2GBに64GBですし。ちなみにWindowsUpdateの累積もあり、空き容量は30GBを切りました。

>DVDはWindowsの機能のみでは再生不可
光学ドライブが取り付けてあれば、ほぼ100%再生ソフトが付属するとはいえ、リカバリすると消えることもありますから面倒な仕様になりました。

>10のInsider Previewからアップグレード(?)してどうなるか
インサイダーなのに思想はアウトサイダーな矛盾。

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。