VistaからWin7へのアップグレード販売は1月末で終了済

2010年2月16日

昨年6月26日から始まったVistaのWindows7アップグレード権。

過去形ですが先月、1月31日で既に終了しております。10月に書いた記事で「6月26日移行に買った人だけ救済される」としましたが、今度は「1月31日までに買った人は救済される」になりそうです。

ボックス、製品版のWindows Vistaは10月28日にアップグレードとしては終了済。

Windows7アップグレード(リテール、パッケージ版)

 

DSP(パーツとセットで購入するWindows)と、OME OEM(インストールして出荷するPCメーカー専用Windows)はこの通り。

Windows7アップグレード(OEM、DSP版)

何が言いたいかは、もちろんもうVistaは本当に買ってはいけないという。

実際にVistaが快適でWindows7に乗り換える気がしないという方も居られる為、絶対に駄目とは言いませんが、1月までの気分で在庫処分や型落ち狙いで購入しようと思われるなら充分ご注意を。

VistaからWin7へアップグレード権が付く条件は、1月31日までに購入したという証明や納品書などの証拠をマイクロソフト様へ提示し検閲を受ける必要有り。その受付も今月2月28日で終了し、今後Vistaパソコンを購入するならWindows7には普通にパッケージを買うか、改造前提でDSP版を購入する事になります。

 

Vista以外にも今年切り捨てられるWindowsのサポート

元記事はニッケーですが私はニッケー様が本当に嫌いで仕方無いため、更に元の記事である、マイクロソフト・セキュリティ・レスポンス・センターよりエキサイト先生に聞きながら要点を翻訳。

The Microsoft Security Response Center (MSRC) : February 2010 Bulletin Release Advance Notification
http://blogs.technet.com/msrc/archive/2010/02/04/february-2010-bulletin-release-advance-notification.aspx

Windows XP Service Pack 2のサポートは、2010年7月13日まで

    * Windows XP Service Pack 2 will no longer be supported as of July 13, 2010. Many customers are still on this version, so we encourage upgrading to Service Pack 3 or to Windows 7 as soon as possible.

SP3のとっととアップデートして下さい。多くの顧客がSP2を使っているだろう、とあります。個人もそうですが、特に業務用(法人)の場合はセキュリティホール塞ぎなど重要なパッチが有るため、面倒がらずSP3にしましょう。

Windows Vista RTM版のサポートは、2010年4月13日まで

   * Windows Vista RTM will no longer be supported as of April 13, 2010. Service Pack 1 will still be supported until July 12, 2011 but we recommend customers update to Service Pack 2 or Windows 7 at this time.

Service Pack 1は2011年7月12日までサポートとありますが、RTM(初期出荷版の様な意味)を未だに使っている人が居れば謎過ぎですが、アップデートすりゃ良いという事です。

SP2の日本語版リリースが2009年5月27日とありました。

Windows 2000用の拡張(延長)サポートは、2010年7月13日で終了

    * Extended support for Windows 2000 will also be retired on July 13, 2010. At that time, we will no longer provide security or any other updates for Windows 2000.

もう2000のサポートは終わるから、上のバージョン(XPかVistaか7)を使ってくれとの事。2000はXPより固まり易いだけの良いバージョンであった為、MEや98からの乗り換え法人は多いのでは無いでしょうか。買い替え時やも知れず。

まとめるまでもありませんが、今後のサポートは現時点で

  • Windows7全部
  • Windows Vista SP2(最新のみ)
  • Windows XP SP3(最新)

この3種類になるようです。EmbededやWin7で言うところのEnterpriseなどは知らない為、パソコンを購入したメーカーの営業担当へ問い合わせましょう。

 

意地でもGoogleやAppleに対抗するらしいマイクロソフト様

パソコンのハードウェア市場合戦のみならず、モバイルでも着火するようです。

正式名「Windows Phone 7 Series」、まもなく発表
http://japanese.engadget.com/2010/02/14/windows-phone-7-series/

AppleのiPhoneは日本ではソフトバンクから出ており、現在最も人気の有る端末かと。続いてGoogleがAndroid搭載で海外では既に発売。日本でもSIMフリー版が手に入るようですが、まだまだGoogleやケータイOSマニアにしか用無し。

日本時間15日23時から開催されるマイクロソフトの Windows Phone プレスカンファレンスでは、CEO スティーブ・バルマー氏みずからが「3スクリーン+クラウド」戦略の柱のひとつたるべき新プラットフォームを披露してくれると期待されています。

既に15日23時JSTは過ぎているため、今日あたりのプレスリリースやニュースで流れまくるのでしょうか。興味の有る人は、Googleのニュース検索でもどうぞ。

Windows Phone - Google ニュース
http://news.google.co.jp/news/search?hl=ja&q=Windows+Phone

3スクリーン+クラウドと有りますが凄いと思って欲しいのか。

使う側は「凄さや未来な感じ」より、便利で多くのアプリケーションがリリースされる事を望んでおり、Vistaの失敗やWindows7の冴えなさに通ずるものが有りましょう。 

 

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。