BYOCによるLANパーティは日本でも普及するのか?

2018年4月 9日

B.Y.O.C(以下BYOC)なる新語が輸入。

BYOCとはBring Your Own Computerの略で、直訳すると「アンタのコンピュータを持参する」であり、今回の場合はゲーム会場へ自分のパソコンを持ち込む、海外では流行っているらしいLANパーティの派生。

サイコムの提案が面白い&記事最後でアンケート。

元ネタはこちら、サイコムのゲーミングPCページより。

sycom-boyc

このパソコンのどの辺りがLANパーティ用なのか、どこが面白いかはこちらの参考画像を見ると一発で判明。

G-Master-Arcus-Z370-BYOC-Edition

分離型デスクトップPCを薄型&軽量化してキーボードなど自分の使い慣れたモノ一式丸ごとモバイルする形。

通常、LANパーティと言えばノートPCでやるものと思われ、最近やたらとゲーミングPCを連発しているパソコン工房の上位機種ならばこれとか。

gtx1080note_gamepc_title

但しノートでやると持ち運べるという利点以外に難点が多い。

  • 性能の割に価格がバカ高くなってしまう
  • キーボードとマウス外付なら価値が薄まる
  • デスクトップPCと比較すると画面が小さすぎる

慣れと言われるならそれまでだけれども、LANパーティ目的、そちらが本番として自宅でもノートでゲームするかと問われたならばどうなのか。

サイコムがこの市場に入ると思っていなかった理由はサイコムはノートを生産し販売しない、正確には規模が小さすぎてノート本体を海外から大量に仕入れる余裕がないはずなため。

デスクトップは割と本気で考えて作られております。

sycom-arcus

BYOCのために薄型化する目的で設計しているケースと予測できる部分は、グラボとCPUを分離したレイアウトとなっているところ。

薄型なのでCPUクーラーはトップフローにするしか無く、そうなると熱風を周囲に撒き散らしてしまうので、グラボはケースの裏側、上の画像左上、手前側にあるSSDや光学ドライブの裏へ設置した構造。

CPUはCPU、グラボはグラボ単独で給排気する事になるどころか良く見ると電源もCPUとは別で吸気しており、全ての吸気がケース側面から、全ての排気がケース前と後ろへと分かれているという理に適った形。

ゲーム文化の発祥はファミコン大ヒットとするなら日本。しかし近年のMMO主流とするなら韓国で大ブーム、そして最近は中国でもゲーミングPCが売れまくっているらしく北東アジアがゲーミング地域と言えそう。

個人的にはどうしても持ち込み面倒&外出面倒、通信できるのだから自宅でやれば良いだろうと思うので流行るとは思えないのだけれども、欧米で普及しているLANパーティ、BYOCは日本でも来るのだろうか。

予想してもらうと黎明期と言える今は多くの人は流行らないと思うだろうとし、あなたならどう考えているか、としてみましょう。

ゲームに興味なければ0、今はゲームしていなくとも興味ある、またはゲーマーならば1~3のプラマイもしくは中立の3択で。流行るかの予想ではなく、今のあなたならどう考えるか。

B.Y.O.Cやってみたいと思う?

結果のみ見るなら選択せず投票ボタン。※2018.05.16 締めて画像へ差し替え

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメント(6)

LANパーティーは会場の回線につないでローカル通信で対戦するのでラグりにくいとか
うまい人にコツを教えてもらうとかの交流とか出来そう
ネットと違って目の前に人がいるからどうやって操作してるとかも分かるだろうし
海外で実際にあったのが、当時ゲームで世界ランク4位の人がLANパーティー参加して交流とか
ただ海外は交流とか好きなで車とか持ってる人が日本より多いとか、
PCでゲームするのにも馴染みがあるとかが関係している気がしなくもない
日本だとPCゲームに馴染みのある人てそこまでいない気もしなくはない。
ゲーム=コンシューマーゲーム機orスマホゲーをイメージする人が多いのでは
そう考えると日本でLANパーティー流行るか微妙
スーツケースに入るなら電車での移動が多い都心部でも運べなくはないけど、
デスクトップなら配線を指し直したりするのが少し面倒な気も

>デスクトップPCと比較すると画面が小さすぎる
ノートPCだと最大でも18.4型くらい、対してデスクトップPCですと最低で21型くらいは選べますからね。ただしノートに外付けするなら問題なし。普段は家で大画面ノートとして使い、ゲーム時は大型モニタに繋ぎ、B.Y.O.Cでは大型モニタとノートPCで参戦。

ちなみに私は仕事でノートPCを使用中。15.6型で1366×768の狭さが苦痛になったため、会社ではノートPCを閉じ、格安の20.7型フルHDモニタにHDMIで映像出力、ついでにメカニカルキーボードを繋げ、デスクトップが如く使用中。やはり事務作業には大型モニタと打ちやすいキーボードと動かしやすいマウスが正解。

Amazon | I-O DATA モニター ディスプレイ 20.7型 EX-LD2071TB
https://www.amazon.co.jp/dp/B00XXZHJ8U

>B.Y.O.Cやってみたいと思う?
イベントだとフリー対戦台もありますし、PCではなくゲーム機を持ち込んでの対戦も可能だそうですから、参加する敷居は低いですね。こちらは台湾のLANパーティであるWirForceの紹介動画。

WirForce 最強 BYOC 柯 P 登入 - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=wKPcFEPUeTU

どデカイPCをカートで引いて入場するシーンがけっこう格好良く見えます。


タイムリーな冷え冷え記事
「ゲームバー」大阪で一斉閉店 著作権団体から警告 任天堂の許可なく大会も
http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1804/09/news112.html

著作権料払えばとも思うけど
某音楽撲滅組織とか受信機設置永年墾田私財組織とかの例もあるから

どっちにしてもイメージは冷えるぅ~

「海賊版サイトのブロッキングは憲法違反」「漫画村は国内から配信されている」 楠正憲さんに聞く - ITmedia NEWS
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1804/12/news047.html
これも冷え冷え事案ですねw

海賊サイト対策会議、一部議事録に「なぜ非公開?」の声 事務局側の説明は - ねとらぼ
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1804/13/news114.html
やっぱり冷え冷えw

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。