Surface RTが期間限定で値下げ、評価が高い原因は何か?

2013年6月25日

マイクロソフトがSurface RTを2013年7月14日まで値下げ。

値引き額は全機種で1万円となっており、最安は32GBのキーボード無しモデルが39,800円へ。それでも余裕で高いと思うけれど価格コムでの評価は高く、ランキングも結構良い所まで来ておりました。

Surface RTの評価が高い理由を読みつつ、値下げの意味も推測。

Surface RT期間限定1万円引、教育機関は半値以下

期間限定、国内限定で残2週間以上、1万円値引き中。

マイクロソフト、Surface RTを1万円値下げ。1か月限定 - Engadget
http://japanese.engadget.com/2013/06/14/surface-rt-1-1-32gb-3-9800/

surface-rt-2013-07-14.jpg

最低でも約4万円。上位機種との違いは2箇所。

  • ストレージ容量の大小(32GB/64GB)
  • カバー兼キーボードの有無(タッチカバー有り無し)

Windowsという名前が付く割に32~64GBという容量は小さく感じるけれど、従来のWindows用ソフトはインストール出来ない別Windowsなので問題は無さそう。オフィスのPowerPointに動画貼るとか無茶をしないなら。

ヤマダ電機やケーズ、エディオンなど量販店も同時に価格を合わせて売り始めた為、マイクロソフトが販売台数x1万円で対応したと予想。

もう一つは教育機関以外の人には無関係、但し日本も対応している叩き売り。こちらは8月31日まで。

マイクロソフト、Surface RTを教育機関向けに限定優待販売 - Engadget
http://japanese.engadget.com/2013/06/17/surface-rt-199/

surface-education-deal.jpg

1ドル100円とすると値引き額は、3万、3.5万、3.4万円と大きめ。

生徒や関係者も購入出来るアカデミック版のような売り方では無く、教育機関からの発注のみとなっているけれど、台数は1台からでも行けるご様子。先生方は転売にいかがでしょう。需要が有るかは知らないけれど。

ウェブブラウジングとオフィス以外、教育機関でWindows RTが何に使えるのか私にさっぱり解らないけれど、安くオンライン端末を導入するなら有りかも知れない。

 

価格コムのレビューでは「Surface RT」の評価が高い

売れ行きはどうなのか。価格コム経由の販売という限定にはなるけれど、2013年6月下旬現在では、何とSurface RTがタブレット部門で3位と4位に。  

surface-rt-kakaku-2013-06.jpg

source:価格.com - タブレットPC(端末)・PDA 人気売れ筋ランキング

タッチカバーの有無だけで3と4位の本体は同じSurface RT 32GB版なので、合計するとiPad miniを抜いてしまうかもと思ったけれどそれは無いか。

このランキングは週間で、期間が6/13~6/19という値下げ後が5日間入っておりXperiaを抜いたのでしょう。以前を知らないので何とも言えないけれど、発売から3ヶ月くらいは10位にさえ入っていなかったはず。

気になる事は評価の高さで、満足度はタッチカバー有無いずれも4以上。私にはSurface RTの良さが全く解らない為、レビューから引用させてもらいます。

最も目に付いた購入理由や満足度の高さはデザイン。

  • 黒い金属的な質感が非常に高く
  • 専用キーボードとの組合せはとてもカッコいい
  • 手触りもよく、高級感があります
  • デザインが秀逸です。新しくて格好いいものを買った
  • デザインが最高にカッコいい。液晶が美しい。
  • 買って後悔しないのはいつも「美しい」機器
  • 購入理由はデザインです。

私がSurface RTに限らず、Surfaceシリーズの良さや価値が解らない原因でしょうな。VAIOとかMacの良さもさっぱり不明なほど見た目にこだわらない為。

Surface RTはタブレット端末なので移動用。となると、自分が満足するデザインや質感以外、人に見られても格好良いと思われたいと思う人用かと。

使い勝手について。

  • ストアアプリを使う分には十分
  • 携帯性に優れたOffice専用機として使える人は買い
  • Microsoft OfficeやIEだけ使いたいならRTをお勧め
  • メトロ?、モダン?UIが極めて使いやすい
  • タッチカバーですが、これは素晴らしい

Surface RTは元からストアアプリ用なので、Windows 8を使っていて、あの種類がやたら少なく使い物になりそうなアプリが皆無と言えるストアアプリを使いたいなら充分なのか。

オフィス入りは日本オリジナルで、なぜ突っ込んだかはこれを入れなければAndroidやApple製品と比較され負ける為でしょう。オフィスが無ければ、ブラウジングはAndroidなどでも出来る上、確かiOSはアプリ数が最も多いはず。

モダンUIが使い易いとかタッチカバーが素晴らしいは個人差。私は今だにWindows 8のスタート画面が邪魔と感じており用途不明。以前借りたレノボのYoga13でも全く使い易いとは思わなかった。

次はハードウェア全般として。

  • なれてくると本当に便利で画期的な機械
  • タブレットとノートパソコンの中間的な感じ
  • Windowsの使い勝手の悪さがなくなって洗練
  • 発熱も気にする必要はないしファンも回りません。
  • 毎日使っていますが2日に1回充電するぐらい

要は慣れというやつですな。私は購入半年経過してもいまだにWindows 8のスタート画面での操作が使い難い。8の使用頻度が低いけれど。

中間的とはマイクロソフトも良く言っている、タッチ操作対応のWindows 8仕様ならノートにもタブレットにもなるという宣伝をしているけれど、私に言わせるとノートとしてもタブレットとしても中途半端。それがRTになると、もはやどちらでも無い感覚。

Windowsの使い勝手の悪さ、についてはMacも利用されている人なのでそうなのでしょう。私はMac OSを数分しか使った事が無いけれど、右クリックが無い時点で撃沈。Windows慣れし過ぎなのでしょうな。

発熱はAndroid端末などと同じARMプロセッサなので知れており、Surface RTにファンは搭載されておりません。

バッテリ駆動の長さは優秀。8時間の仕事中に断続的に使えど、バッテリ残量は半分くらい残っていたという話も。

最後は難点まとめ。

  • デスクトップアプリをメインに使うなら不満
  • Officeはマクロが使えない等の若干の差はあります
  • 4万では他社のwin8が買える
  • RTを14800、Proを39800で販売すべき
  • サウンドこれが相当残念。使い物になりません。

デスクトップアプリについて、詳細はこちら。

Microsoftでは、Office 2013 RTしかWindows RTのデスクトップモードの動作を認めておらず、現状では、Microsoftのアプリケーションもそれ以外にWindows RTのデスクトップモードで動作するものはリリースされていない。

source:企業においてWindows RTは採用すべきか?

上の情報は2013年5月の段階。マイクロソフトがAppleやGoogleに対抗しつつ、ストアで儲ける為の端末なのだから制限しているのでしょう。8のデスクトップ画面がやたら使い難く、何かとモダンUIへ飛ばされる仕様も収益(ストア誘導)用の嫌がらせ。

マクロが使えない時点でExcelが半分死んでいると思うけれど、使わない人には無関係。しかしマクロ不要なら、安いキングソフトとか無料のOpenOfficeでも良いのでは。Surface RTにはインストール出来ないけれど。

4万でWindows 8 PCが買えるとは、ASUSのVivobook下位モデルが4万円前後でWindows 8、タッチ操作対応でキーボードまで付いております。

RTを約1.5万、Pro約4万は同感。しかしMSオフィスが入っている為、その価値を2万円くらいとするなら2万円は切れないでしょう。Windows 8無印をDSP換算すると1万円以上。Proを4万にするとOEMの他社がドン引きするので非現実的。

音が悪いのはノートPCやタブレットPCと思えば、内臓のスピーカーはあてにするものでは無いでしょうな。

以上、必要な人には満足度が高く不満は少なめ。

 

Sruface RTを買えば良い人、買ってはいけない人(まとめ)

買えば良いと思うよと言える人は、価格コムのレビューで高評価とされている部分に同感出来る人。

  • 移動先でのMSオフィス利用が必要でマクロ不要
  • 用途やアプリ数よりデザインや質感が重要
  • iOSやAndroidやWindowsやMacで無くとも良い
  • 趣味でタブレットPC用OSを集めている
  • マイクロソフトが好き

買ってはいけない人は、このような情報を見てしまい性能や機能を求める人。

Snapdragonプロセッサの利用によってパフォーマンスが向上し、Surface RTで4G LTEが利用可能になるかもしれないという。

source:マイクロソフト、次期「Surface RT」にクアルコム製チップを採用か - CNET Japan

また、Windows RTは従来の何にも対応していない為、それを良く知らないなら、やはり手を出すべきでは無いでしょう。

AndroidでもiOSでも(従来の)WindowsでもMac OSでもLinuxでも無い、マイクロソフトの新OSと考えた方が良いという意味。制限版MSオフィス付のマイクロソフト新収益用ストアアプリ専用端末という言い方でも良さそう。

性能や機能以外では価格の点でも問題がございます。

ASCII.jp:値下げ効果絶大 「Surface RT」が前週比6倍の売れ行き (1/2)
http://ascii.jp/elem/000/000/800/800786/

日本マイクロソフトの社長いわく、アップルが5月末に製品を値上げした為、6月15日よりSurface RTを値下げし圧倒的な競争力とか言っておられる件。

Appleが値上げした理由は円安が原因と言われているけれど、私から見ると値上げしても売れるものは売れるからこそ突然すっぱり値上げしたわけで、安ければ良いというものでは無かろうと。

そして、マイクロソフトはiPad mini 32GB版とSurface RT 32GBを比較し3千円安いと言っているけれど、iPad mini「16GB」の空き容量は約13GB、Surface RT 32GBは17GBなので大差無く、iPad~16GBは最安3万円なので~RT 32GBは約1万円も高い。

他、価格についてASCIIのコメントと思われる部分を引用。

気になるのは、限定期間が終了したあとのSurface RTの売れ行きである。

仮に、1万円安くなった参考価格を元に戻した場合、Surface RTの「圧倒的な競争力」は、一気に失われることになるだろう。

車購入の補助金やエゴポイント同様、元から購入を検討していたユーザの時期が前倒すと考えるなら、値引き終了後は前週比1/6(以下)になるでしょう。

そこで日本マイクロソフト様のお考えとしては、

「今回の参考価格の引き下げは、日本マイクロソフトが機敏性を持って即断即決で決定した。もし、引き続きやらなくてはならないということであれば、さらにやることも検討したい。“行ける”と考えたら即断即決でやる」

というわけで、売れなければ期間限定値下げパート2以降もありそう。今回の売れ行き次第でしょうな。

予想以上に売れたなら次回は1万円未満の値引き。売れていなければ 1万円かそれ以上やらかす可能性。

マイクロソフトがOEM(PCメーカーなど)のWindows RT製品がもう出ないと踏んだ時、教育機関向けのように更に叩き売り始める可能性も有りそう。

ゲーム機のように、良いソフトが多数無ければハードウェアは売れない。良いソフトを多数対応させたいならハードウェアをばら撒く、と。

個人的には1万円でも要らない、それがSurface RT。

WindowsストアアプリがApp StoreやGoogle Playに勝てるわけが無く、開発者は市場の大きい方を選ぶもの。

Surface(Windows)RTが有る以上、8でのモダンUI強制ぶっ飛ばし仕様も無くならず。7が良いならBTOパソコンをお勧め。久々の大脱線、失礼。


公開前追記:海外で開催の「Microsoft Worldwide Partner Conference 2013」にて、Surface RTが約100ドル、Proが約400ドルで叩き売り。

わずか9000円台で「Surface RT」が販売 - GIGAZINE
http://gigazine.net/news/20130621-surface-rt/

そこまでするならタダで配れば良いと思う。

リンク用ソース

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

期間限定の特集など


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

広告

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。