i7-8700Kリーク、メインPCのCPU性能と満足度は?

2017年8月30日

Core i7-8700Kの情報が漏れております。

8千番台は第8世代Core iシリーズ、コードネームはCoffee Lake、PC WatchとASCIIのテクニカルライター予想では今年10月に発表されると言われており、半年前倒しでリリースされるインテル最新CPU。

文末でアンケートを2問ほど。

元ネタはこちらの中国サイトのページ。

八代桌面 i7-8700K 简测:一大管不太便宜的牙膏? - 知乎专栏
https://zhuanlan.zhihu.com/p/28803237

i7-8700kベンチマーク

4種類のCPUを4種類のベンチマークにてマルチ/シングルスレッド勝負。見づらい場合はリンク先で各種グラフが掲載されております。

CPUが本物であろうCPU-Zのスクリーンショットもあり、中国から漏れ出るこの手の情報はガチな事が多いので本当なのでしょう。なぜ比較対象のRyzenが1700なのか気になるけれど気にしない事に。

見るべき箇所は左2つの比較で、LGA2066のハイエンド向け7800Xよりも一般向けなLGA1151な8700Kの方がコア数同じで高クロック、その割にTDP低いという微妙な進化。予想価格は8700Kが7800Xより十ドルくらい高めらしい。

全てのスコアで8700Kが7800Xを上回っており、本当に十ドル差ならば8700Kが出るまで待つ価値はありそう。

但し同じ14nm、アーキテクチャの部分は第7世代のKaby Lakeと同じなので、コスパを気にしないなら待つ価値は無いとも言えそう。

コスパの良いAMD、Ryzenとの比較は上の一覧とあわせてPC WatchによるRyzen~1700,1700X,1800Xの性能差を見るとよろしいかと。グラフは一例。

Ryzen 7 1700/1700Xベンチマークレビュー - PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/topic/review/1048208.html

1800x-bench-pcwatch

RyzenというかAMD製品はCPU以外にビデオカードも最近大幅な値下げが頻発しているので、8700Kが出る頃にはもっと値下がりしているやも知れず。原因はASK税が高すぎ、米Amazonで買う人が増えたという噂が有力な自業自得。

メインPCのCPU性能と満足度は?

私自身、Haswell Refresh世代の4コアなXeonを持て余しているくらいなのでi7-8700KやRyzenの上位CPUには全く興味が無いのだけれども、皆がそうとは限らない。

ゲームをするならある程度の高性能が良いだろうし、Windows 10でDirectX 12ならば更にCPU性能の重要度は上がるはず。

用途は不問、現在メインで利用しているパソコンのCPUの種類、そしてそのCPU性能に満足しているか否かをお答えあれ。Xeonを買ってしまうような変態は、手持ちのXeonがCore i何相当か判っていると思うので近いやつで。

Googleフォームならクロス集計可能なので、各CPUごとに満足度の上下を出せるはず。結果は来月上旬発表、独自調査結果のページからリンクされる予定。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメント(1)

>4種類のCPUを4種類のベンチマーク
最上段にある「Fritz Chess」って、駒を動かすボードゲーム、チェスのソフトですよね。あまりベンチマーク界隈には詳しくないため、初耳でした。私のi3-2100Tで試したところ、マルチのスコアは4,732。i7-8700Kが24,818ですから、文字通り桁違いの性能ですね。ただスコアのランキングを見る限り、クロックが高ければ高いスコアが出るようですから、あまり性能の比較としては適当だと言えませんけれど。

Fritz 9 Schachbenchmarks
http://www.jens-hartmann.at/Fritzmarks/

余談ですが、現在DLできる最新バージョンである4.3のファイル容量は、なんと520KB。実行ファイル形式ですからこれ単体で動作可能。非常にエコなソフトですね。

>最近大幅な値下げが頻発
アレをやられると、せっかく良い製品でも「あと1ヶ月待てば更に1万円くらい下がるかも」と買い控えが増えたり、せっかく大金をはたいて買った最新のCPUがすぐに安物へ成り下がったりで、ユーザが残念がりそう。脊髄反射な値下げは控えるべきだと思ってしまいますが、AMDユーザはそんなモノ気にしないのでしょうかね。

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。