Ryzenは金曜、GTX 1080 Tiも今週発売?(2017年2月)

2017年2月27日

今週は最新CPUとGPUが発売予定。

Ryzen(ライゼン)はインテルではない方のCPUメーカーAMDが開発した正確にはAPU CPU。GPUはNVIDIA公式がティザーサイト化しておりGTX 1080 Tiが出る可能性が高いとの報道が多数。

何となく様子を見て参りましょう。

※当日17時頃追記/訂正:メールにて、「GPUを内蔵していないのでAPUでは無くCPUでは?」とのお便り着弾。確かにどこにもRadeonとか書かれておらず、当記事内のAPUをCPUへ訂正。

GeForce GTX 1080 Tiが3月1日解禁?

先にビデオカード(以下、グラボ)の方から。

NVIDIA の AI (人工知能) コンピューティングにおけるリーダーシップ
http://www.nvidia.co.jp/page/home.html

nvidia-teaser-2017-02

こちらのスクリーンショットは日本時間で2017年2月25日17:30頃にNVIDIA日本サイトのトップページへ行こうとすると表示されるカウントダウン。0になる時期は、やはり日本時間で3月1日の正午。米国などのNVIDIA公式も残り時間は同じ。

見どころは It's allmost TIme となっており、GTX10シリーズが出揃いTitan Xも既に出ているのだからGTX 1080 Tiを指している可能性が高いというわけで各所で話題になっております。直訳で「そろそろ究極のGeForceの時間だ」だと思う。

価格は予想でしかまだ分からないものの、580~1,200ドルの間のはず。

passmark-titanx-gtx1080-price

source:PassMark Software - Video Card (GPU) Benchmarks - High End Video Cards

海外のサイトでは800ドル切れる予感らしい。

pcgamesn-gtx1080ti-price-spec

source:Nvidia GTX 1080 Ti - release date, specs, pricing and rumours | PCGamesN

しかし見ての通り性能はTitan Xに近い、というかTitan Xのスペック削り版が1080 Tiなので、価格はTitan X寄りになるとするなら999ドルとかも有り得そう。但し、PascalはNVIDIAらしからぬ低価格なので800ドルも現実的。

GTX 1080などが出た当時のレートかつASK税込で計算すると1ドル160円くらいと記憶しており、800ドルなら12.8万円、999ドルなら16万円くらい。米AmazonでPascal版Titan Xが1,565ドルなので、さすがに16万は無いか。

いずれにせよ新しい物好きや早々に俺TUEEしたい人以外は、米Amazonからお取り寄せするか、値下がり価格が落ち着くまで待ちでしょう。

AMD Ryzenは日本時間3月3日0時解禁

こちらは情報出まくり。

ASCII.jp:「RYZEN」深夜販売参加ショップが3店舗に
http://ascii.jp/elem/000/001/441/1441102/

Ryzen深夜販売

パソコン工房、ドスパラ、ツクモが深夜販売を予定。価格も出ており最上位のRyzen 7 1800Xは約6万円、以下左のポップを見ての通り。

最上位はインテルの一般向け高性能CPUである12万円級のCore i7-6900Kに匹敵する性能と言われており、全て8コア/16スレッド対応なのでマルチスレッドで特に強い。

問題はCPU以外にあり、マザーボードが無いとか、上位2種類はCPUクーラーが付属せず、ソケットAM4対応のクーラーが無いなど、CPUだけ購入してしばらくは飾りとして置くハメになるやも知れず。

深夜販売は良いけれど、ツクモらもマザーとクーラーも用意しておかねば見るだけイベントになってしまう可能性。さすがにそれは無いとするなら、買う時期は今すぐか値下がり&マザー+クーラー出揃い待ちか。

グラボでは冴えないものの、AMD的にはCPUでインテルに追いついた点ではブレークスルー。出回っているベンチマークもAMD公式による計測では無いので逆に信用出来る点でファンには朗報。

BTOパソコンでも、ゲーム用デスクトップPCではさすがに無視できないAPU CPUと思われ、インテルCPUならば25万円クラスになってしまうゲーミングPCが20万円切れたりするでしょうな。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメント(6)

>Ryzen(ライゼン)
個人的に「らいぜん」といえば、幽遊白書の「雷禅」が浮かびます。

ピクシブ百科事典:雷禅 (らいぜん)とは
http://dic.pixiv.net/a/%E9%9B%B7%E7%A6%85

>トップページへ行こうとすると表示されるカウントダウン
あれ私が行っても何も起こらん、と思ったらアドオン「NoScript」のせいでした。許可したらカウントダウンが表示。2月27日の21時現在で「01 days 15 hours」ですから、3月1日の正午でゼロなのは確か。

>Titan Xも既に出ているのだからGTX 1080 Tiを指している可能性が高い
ここで「Titan Ti」なんぞだったら驚きですが、そんなサプライズは無いでしょうね。私的に「アルティメットGeForce」なら、GTX 1080のせめて2割増しくらいの性能は欲しいところ。

>上位2種類はCPUクーラーが付属せず
IntelもK付きはクーラー無しですし、AMDも倣ったのでしょうか。1700には「Wraith Spire」なるクーラーが付属するようですが、私の感覚からすると「32dB」で静音クーラーを名乗るのは少し難しいレベル。80~92mmファンで風量が60CFMくらいあるなら、十分に静音と言えますが。

AMD Ryzen登場を前に「Intel焦ってる」状態に、Skylake-Xを急遽12コアに変更&価格改定の可能性 - GIGAZINE
http://gigazine.net/news/20170227-intel-skylake-x-12core/
Intel焦ってる吹いたw ここ数年Intelはあぐらをアグラをかいていたなw

>AMD Ryzen登場を前に「Intel焦ってる」

Intel様のこの慌て方を見ると本当に今度のCPUは良さそうですね。
どんなにAMDが性能向上をアピールするより、こっちの方が信憑性があります。
Athlon64以来、久しぶりに私たちのターンがやって来ましたのかもしれません。
あとはOS(7)のサポートがどうなるかでしょうね。
現行FXと同じサポートをしてくれるなら、久しぶりに組み替えます。
もっとも、8コア16スレッドも要らないから、7700Kレベルで安いのが出てからの話ですが。

>こっちの方が信憑性があります
SETI計算専用に1台組んでみたくなってきますねぇ。
ゲームやったりアニメみたりとかやってるせいかランク上がらなくて(一応上位1%にはいますけれど)

が、PCIe3.0のレーン数とかSLIサポートのチップセットがX370とか、ちょっとよく分かってないので勉強が必要かも。

その前に1080 Tiのオーバークロック版が2枚だと幾らになるのかって気になるし(結構金欠 w)

6950Xは高すぎて悩んだ末パスりましたが、正式に値下げしたら検討の価値ありでしょうか。ラデの新しいやつVEGAも気になるし。(転がってる4960Xも勿体ない気がするし w)


なかなか楽しくなりそうな気がしますが、春なんでIYHがコワイ

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。