Radeon RX 4x0とGeForce 10x0のベンチマーク比較

2016年8月16日

2016年夏のグラボ新製品が出揃った感。

GeForceはGTX 1080,1070,1060、RadeonはRX 480,470,460、最新ビデオカード6種類が5月頃から続々と発売されており、8月でRadeon側も3種類になったのでベンチマークを拝見。

適当に見て参りましょう。

Radeon RX 460~480が出揃った2016年夏

スペックをPC Watchより。

rx-400-series-pcwatch

source:低価格版Polaris「Radeon RX 460/470」をベンチマーク - PC Watch

Radeonにしてはかなり省電力という以外は見ても良く分からないのでとっとと次行きましょう。

 

Radeon RX 4x0とGeForce 10x0のベンチマーク比較

いくつか有るのでタゲっているグラボがあるリンクをどうぞ。ページ分けされている記事はベンチマーク結果が始まるページへリンクしております。

なぜGTXの1千番台を入れないのか、PC WatchとASCII共に480との勝負で970を入れたと思えば、470と460の比較時には950へと落としており作為的な感があると思うのは考えすぎだろうか。

好意的にとらえると、だいたい970と同じ、おおよそ950と良い勝負のような意図でGeForce側は高性能な物を入れていないのか。

1060を入れているグラフはこちら。

メインストリームゲーマーに向けたミドルレンジの実力は? (3)  | マイナビ
http://news.mynavi.jp/articles/2016/08/06/rx470/002.html

mynavi-gtx1060-vs-rx470-480

OC版が多いのでカッコの無いGTX 1060(濃い緑)とRX 480(薄いオレンジ)をご覧有れ。見る箇所は上から2番目のグラフィックのスコア。

この3D Mark FireStrikeに限らず、全てのベンチマークでRX 480がGTX 1060に負けており、2枚挿せばGTX 1080に勝つるとか同じなどと言っている場合では無さそう。

FPSでのベンチでも負けております。

mynavi-gtx1060-vs-rx470-480-fps

ゲームでも結構な差。

mynavi-gtx1060-vs-rx470-480-ff14

消費電力勝負まで全敗。

mynavi-gtx1060-vs-rx470-480-pc

最新上位のRadeon RX 480がGeForceのGTX1060にさえ負けてしまうのでは1070や1080の出番は無し。

PassMarkも参考にしましょうか。

passmark-vga-2016-08-14

source:PassMark Software - Video Card (GPU) Benchmarks

RX 460は遥か下の方、スコア4,271なので入れておりません。

PassMarkのRadeon不利に出る説は今でも有効なのだろうか。しかしマイナビによる比較で全敗しているので1060>480は間違い無さそう。

 

グラボ6種類の価格比較とコストパフォーマンス対決

性能の次は価格コム。

価格.com - グラフィックボード
http://kakaku.com/pc/videocard/

人気ランキングが高い最安、人気関係無く最安の2種類でピックアップしたスクリーンショットがこちら。※2016年8月中旬現在

vga-kakaku-2016-08

上段が人気ランキング、下段は単なる最安。

見易くなるようグラフ化。

vga-kakaku-gp-2016-08

発売時期が左から順に早い為、例として5月末頃に出たGTX 1080は価格が下がり落ち着いて来ており、右端のRX 460などはまだ出たばかりなのでやや高めかも知れない。

RX 480がGTX 1060より高額な点はマイナビやPassMarkのスコアと矛盾しており、今後1060が値下がれば頭を抑えられるごとくRX 480も値下がりして行きそう。

価格コムの人気ランキング、上位20は以下の通り。※8/8-8/14集計分

  1. 470
  2. 1070
  3. 1080
  4. 1070
  5. 1060
  6. 480
  7. 1070
  8. 1060
  9. 1060
  10. 470
  11. 1070
  12. 480
  13. 1080
  14. 970
  15. 750 Ti
  16. 460
  17. 1060
  18. 1070
  19. 1060
  20. 460

それでも480が結構人気なのはAMD信者が自分の信仰心を試しているのだろうか。以前の20位全部NVIDIAでは無くなったところは健闘していると言えそう。

今後RX 480が買いになるかも知れない理由(まとめ)

上で書いた通りの事が起こり、1060が値下がり480も巻き添えになり、1080の価格が下がらないようなら480のCrossFireX(2枚挿し)がコスパ良くなるやも知れず。

1060はSLI(2枚挿し)に対応しておらず、1080級の性能が480x2で手に入るならば、今後SLIやCFXに対応するゲームが増えるならば、480は大有りに化ける可能性。

高性能ならRX 480x2、価格抑えるなら460~470、シングルで上を目指すなら1070か1060、になるかも知れない。ならないかも知れない。

 

高性能ゲーミングPCは今が買い時だと思う(おまけ)

妙な置き換えと思うかも知れないけれど、ビデオカードをエアコンと思えば分かり易いかも知れない。

寿命としての違いはあるものの、10年前のクーラーを最新型へと買い換えると、性能が上がり速く良く冷える上に静音、しかも省電力化が止まらないので電気代が1シーズン万円単位で変わる事も。

グラボはだいたい2年前後で新製品が登場し、5年前のグラボを最新型へと買い換えると~のような感じ。グラボ程度の電気代はどうでも良いとしても、電源容量を抑えられる点では有り難い。

もっと高性能で省電力な物が出るまで今のグラボ(エアコン)で我慢しても良いけれど、待てば待つ時間だけ快適に過ごせる時間も減ると思えば新しい物好きになってみる手もありでしょう。

スケールをやや大きくすると、もし2年後に病気で死ぬと分かったなら、「あの時グラボ(クーラー)買っておけばもっと良い時間を過ごせた」と後悔するやも知れず。

タイミングとしてはGTX 600番台以前のゲーマーでしょうな。待つべき人はPascal版Titan買おうと思っている人くらいかと。

SteamなどのゲームがどんどんDirectX 12に対応して行くだろうからWindowsは10を選ぶ事をおすすめ。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメント(2)

>RadeonはRX 480,470,460
爆熱GTXの悪夢があるため、このナンバリングは好きになれないのですよね。460は掃き溜めに鶴的なGPUですけれど。

ASCII.jp:GPU黒歴史 DX11への遅れが生んだ駄作 GeForce GTX 480 (1/3)
http://ascii.jp/elem/000/000/684/684742/

>なぜGTXの1千番台を入れないのか
RX 460~480が採用するアーキテクチャ「Polaris」は「エコ&コストパフォーマンス志向」です。ガチのGPUパワーはさして高く無いですから、GTXのハイエンドと比べるのは可哀想ではありますね。とはいえ、Polaris最上位のRX 480と、GTX 1060の比較くらいは入れた方が、性能の目星を付けやすいとは思いますけれど。

4Gamer.net:「Polaris」世代のRadeonは何が新しいのか(1)GPUアーキテクチャを丸裸にする
http://www.4gamer.net/games/329/G032949/20160629016/

>全てのベンチマークでRX 480がGTX 1060に負けており
良い勝負ができるのはGTX 970辺りですから、GTX 980と同等の性能を持つGTX 1060に及ばないのは仕方ないと言えば仕方ないですね。だたしOCとはいえ、前世代のR9 390にも届かないのはいただけない結果。

>人気ランキングが高い最安、人気関係無く最安の2種類でピックアップ
相変わらずGTX 1080は、PCが買えるくらい高い限り。

>1080級の性能が480x2で手に入るならば
RX 480は6ピンがひとつで電源のハードルも低いですから、CrossFireはしやすいですね。

ラデの6850が不調になってからだましだまし動かし続けて先日ラデに見切りをつける決意でGTX950を物色していたところ、1080系の発売を知って様子を見ていました。

性能も良いが値段も良いので迷って1060か?などと考えてみたのですが、久々にラデから景気の良い宣伝文句が聞こえてきたので、心躍らせて待ってみました。高性能ではなさそうなものの、もともとミドルレンジ狙いだったので、それでよいか、と。

が「おや?なんか高い」「おや?あまり性能高くなさそう…」という始末で、あまりよい評判も聞こえてこず…。

やはり1060あたりにすべきかと再び悩み始めています。

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。