Quadro K620 VS Radeon HD 6670でベンチ対決

2014年9月30日

一度やってみたかった、Quadro対DirectX用グラボ対決。

Quadro(OpenGL用)でゲームのベンチマークを実行するような人は居らず、自分でQuadroを買うわけにも行かず、こっそり諦めていたけれど、公開OK用メールへK620のベンチスコアが着弾したので公開。

コメンターの彫魚さんよりデータ提供。有り難う御座います。

比較用のK620とHD6670の特徴を簡単に解説

何をやるのかグラボに詳しく無い人用として簡潔に。

  • Quadro K620・・・OpenGL用、2014年8月発売、現在最安2.3万円
  • Radeon HD6670・・・DirectX用、2012年9月発売、当時5~8千円

同じ3D処理用でもOpenGLはデザインや設計など、DirectXは主にゲーム用として使われるビデオカード。

Radeon HD6670は私のPCで、とりあえず映像出力用として購入した物でゲームをしまくる性能ではございません。Quadro K620はもちろんゲーム用では無いけれど現在2万円以上もする私に言わせると高級品。

個人的には、DirectXなら数十万円くらいするセレブなQuadroでも数千円程度の安物Radeon(GeForce)より処理能力は低いという感覚。

それが本当なのか実測。

 

Quadro K620 VS Radeon HD 6670でベンチ対決

ベンチマークはDirectX用2種類とOpenGL用1種類。

Devil May Cry 4(DirectX9)

2008年発売のデビルメイクライ4というゲームのベンチマークソフト。設定は標準から変更せず。

K620の結果。

DMC4ベンチをK620で

続いてHD6670で計測。

HD6670でデビルメイクライのベンチ

一応、Sランクになったけれど比較するとこうなる。緑がQuadro K620、赤がRadeon HD6670。

デビルメイクライのベンチで比較

HD6670、まさかの敗北。

グラボ以外にCPUなど仕様が違うけれど、CPU性能が大きく関係するゲームは滅多に無いと記憶しているので鵜呑みでよろしいかと。関係有ったとしても、CPUはi7-3700とi7-950なので大差は出ないはず。

ちなみにシーン1と2のみの比較になっている点は、K620側の画像が切れていたので見える範囲で比較したのみ。Quadro側の3と4を見せたくないとか、そういう意図は全くございません。

Biohazard 5(DirectX9)

同じく標準から設定変更無し。

K620。

K620でバイオハザード5ベンチ

HD6670。

HD6670でバイオハザード5ベンチ

今回は勝ったと思いきや、平均ではRadeonの負け。

バイオハザード5のベンチで比較

しかし一点気になる事が。K620の方でArea1とAverageが全く同じスコアになるのはやや不自然。

これらのベンチマークテストは数分かかる為、エリア1で停止したならAverageも同じ数値になるので、止めたならばArea1ではHD6670が勝っており、Averageでも勝っているやもしれず。

元はQuadro 600とK620の比較用として送られたもので、私が勝手にHD6670と比較しているので問題が有るわけで、彫魚さんが悪いわけではございません。

GPU Caps Viewer(Open GL)

ラストはOpenGL。

K620。

K620-のOpenGLテスト

HD6670。

HD6670のOpenGLテスト

いずれも86秒付近でスクリーンショット。比較はこちら。

geek-cv

これはK620大勝利で当然、FPS(1秒間のコマ数)2倍以上の性能。

K620の85.9秒に合わせ、HD6670は86.0にて目押しており、秒数左のフレーム数を見ても一目瞭然。Radeon側が4千フレーム満たない数に対しQuadroは比較的安物でも9千近いフレーム数となっており2倍近い処理。

 

Quadro 600(無印)->K620の検証

Radeonでは無くQuadro 600とK620での比較。こちらが元ネタ。彫魚さんからのメールをほぼ全文転載。

ここから。

Devil May Cry4(DX9)

  • card:600  80~100fps(Lank A)
  • card:K620 160~200fps(Lank S)

biohazard5(DX9)

  • card:600   50fps
  • crad:K620 117fps

印象:スコアは倍になっているが見た目(体感)の差はほぼ無し。(シビアなゲームなら・・・というところか)

Geeks3dのGPU viewer

結果としてこれが一番体感差あり。土星のアステロイド大豆の動きがはっきりと違う。600は1秒ごとにクンックンッと引っかかる感じ。K620はそれが解消されており「おっ」と声が出る。

70℃(上限)でのファンスピード

  • card:600  5000rpm付近
  • crad:K620 3500rpm付近

AutoCAD

1000個ソリッドの自動オービット回転。どちらもカクカクするが、やはりfps値が倍違う効果でしょう僅差でK620勝利。

それと、本当は2枚挿しで同時に比較したかったのですが既設のカードを外せと仰せなんで、むりぽい。

ただ、同じ価格でほぼ倍の性能というのは間違いと思われ。


ここまで。

DirectXでの比較なので大部分は意味が無いけれど、価格が同じくらいという感覚で買い換えるなら600からK620への移行は有りと思った。

 

DirectX=GeForceやRadeon>Quadro(間違い)

620KとHD6670の発売時期が違うので間違いとは言い切れないものの、私の感覚では世代問わずGeforceやRadeon>Quadroと思っていたので、この認識は誤り。

なぜそう思っていたかは数年前、型番忘れたけれど知人が冗談でQuadroを購入。当時24万円くらいの物がfaithにて8千円で叩き売られていた為。

GTX何かこれまた忘れたけれど、1万円程度のGeForceを外して叩き売りQuadroを搭載しモンハンをやるも話にならないほどコマ落ちがひどかったと聞いた為、24万円クラスでもQuadroならモンハンさえ無理なのかと判断した次第。

以前の記事で私は「Quadroでモンハンは無理」と書いたけれど、HD6670でもそこそこ動くからには620Kでもそれなりに動くはずなので無理というのは嘘。

Quadro K5200(現在最安約23万円)ならHD6670に圧勝してしまうやも知れず。OpenGL用だからとなめてはいけませんな。

以上。K620が欲しくなってしまったので、HD6670が故障したなら何故かQuadroを搭載してみましょうか。3D処理は何もしないけれど。

私信:彫魚さん、Quadro(K620以外)所有者の皆様

暇ならベンチマークのスコアを画像で送り付けてもらえると幸い。デジカメでもOK。今回使用したベンチマークソフトはこちら。

更に暇ならこちらも。

全て設定は標準(初期値)から変更せず、起動したらそのまんまスタートを。DirectXの選択が有る場合は古い方にて。いずれのベンチも数分かかるので覚悟の上で。

画像が面倒なら数値のみでもOK。その場合はCPUのみ型番の記載を。記事として公開OKなメールはこちら -> pub@bto-pc.jp ※メール全文転載する可能性有り

未来から来た人が数年後に送ってくれてもアレなので、締切は2014年10月15日までとしましょうか。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメント(7)

ベンチの結果に気をよくして
オンラインゲーでの実際はどうなのかと

大人の会員であるDMMからHOUNDSへ誘導された結果

中学生のようにはまった件

>DirectXなら数十万円くらいするセレブなQuadroでも
>数千円程度の安物Radeon(GeForce)より処理能力は低い
どうしてそんなにKepler以降をナメているのか(困惑)

>勝手にHD6670と比較しているので問題が有る
どうせなら同コアのGeForce下位と勝負のが良い比較参考になったなw

>Radeon側が4千フレーム満たない数に対しQuadroは比較的安物でも9千近い
GeForceのKeplerだとGPGPUがより削られとるような気がする

>価格が同じくらいという感覚で買い換えるなら600からK620への移行は有り
Quadro600GはFermiのF108(GeForce GT430)ベース
QuadroK620がおそらくKeplerのGK208(GeForce GT730)ベースなんで
同コアのGeForceで比べてみるとおおよその差が推測できそう
GT430 スコア:648
http://www.videocardbenchmark.net/gpu.php?gpu=GeForce+GT+430&id=53
GT730 スコア:1006
http://www.videocardbenchmark.net/gpu.php?gpu=GeForce+GT+730&id=2906
よって1.5倍強くらいの性能向上はしていると考えてよさそう

>世代問わずGeforceやRadeon>Quadroと思っていたので、この認識は誤り
でもおそらくKeplerコアより前の世代はわりとソレで合ってた気がする

>24万円クラスでもQuadroならモンハンさえ無理なのかと判断
ソレもしかしてQuadroFXとかいってた頃のヤツじゃないですかね?
それだとベースになってるのはFermiですら無いので、些か脳内情報更新が無さ過ぎじゃないですかねソレはw

>「Quadroでモンハンは無理」と書いたけれど、HD6670でもそこそこ動くから
>には620Kでもそれなりに動くはずなので無理というのは嘘
でもソレはそれで、KeplerコアのK620だからの可能性は多分にあるでw
Fermiコア以前のQuadroならゲームスコアもぐっと下がりますし

>Quadro K5200(現在最安約23万円)ならHD6670に圧勝してしまうやも
それはひょっとしてギャグで言ってるのか!?
ほれw
K5200 スコア:6464
http://www.videocardbenchmark.net/gpu.php?gpu=Quadro+K5200&id=2941
HD6670 スコア:1048
http://www.videocardbenchmark.net/gpu.php?gpu=Radeon+HD+6670&id=96
K5200ならGTX770すら超えてますから(震え声)

>OpenGL用だからとなめてはいけませんな
ひつこいようだがKepler以降なw

>HD6670が故障したなら何故かQuadroを搭載
このまえLGA2011とともにGK110で更新て言ってた気がするので、それはつまりGK110コアのQuadroを搭載、つまりK6000にするという宣言ですね(迫真)

>DirectXなら数十万円くらいするセレブなQuadroでも数千円程度の安物Radeon(GeForce)より処理能力は低い
いや、さすがに安物は上回るでしょw

グラボを載せるなら、
3Dゲーム→GeForceかRadeon
3DCGデザイン、3DCAD→Quadro
両方する、主にゲーム→GeForceかRadeon
両方する、主に3DCGデザイン、3DCAD→Quadro
どちらもしない場合→CPU内蔵GPUか安物のGeForceかRadeonで十分
がいいでしょうなw

Mac Pro御用達の AMD FirePro も忘れないで下さい。

ゲーム用に購入するビデオカードは、常に新しいDirectXに最適化されて行きますが、DirectX11.0の登場が2009年で、HD6670の登場が2011年です。恐らくDirectX9.0世代のベンチは軽いからと選ばれたのでしょうが、HD6670の真価を図る意図では逆効果でしたよ。ゲーム性能を比べるなら、重くともDX11系のベンチを使用した方が良かったと思います。

>GPU Caps Viewer(Open GL)
初耳なソフトで、コメントを書きつつアーカイブ版でベンチを実行してみたところ、私のGTX750Tiでは Max=157、Min=120、Average=141 という不可思議な結果に終わりました。フレーム数だと12,000くらいまで達していました。デフォルトサイズだと見づらかったため、ウインドウサイズを800×800に拡大して実行しましたけれど、それが数字に何らかの影響を与えたのですかね。

>70℃(上限)でのファンスピード
上限70℃とはなかなか低温仕様ですね。3,500rpmだと少し耳に障るような気もしますが、ELSA製なら安心でしょうか。

>GeForceを外して叩き売りQuadroを搭載しモンハンをやる
叩き売りということは、世代が古いQuadroだったのでは。MHFはDirectX9.0c仕様ですが、例えばDirectX9.0が登場してまだ間もないQuadro FX500(DirectX8及び9に対応)だったとか。

>GPU Caps Viewer(Open GL)
やってみました>GTX480

時間=86.5秒、Max=151、Min=128、Average=149、フレーム数=約12700

おかしくね?
とは言え確かにカクつきは無かったんですよね。
コレってOpenGLだけを計ってるんですかね? DirectX性能も関係ありそうな…。
ちなみに私はウインドウサイズも変えてません。 普通にフルHDモニターなので。

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。