パソコンの買い替え時に誰へ相談したいかアンケート

2019年5月27日

PC買い替え相談について。

大昔はインターネットそのものがなかった上、通信販売でパソコンを売る形態も普及しておらず、多くの場合は家電量販店やPC専門店で店員に相談するが当たり前が現在はネットで買うも普通。

月曜なので手短に参ります。

関連性は薄いけれど元ネタがこちら。

マウスコンピューター売れ行きランキング -2019年4月後半~5月上旬 - PC Watch
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1183533.html

マウスPC売れ行きランキング?

この記事、私に言わせるとかなり不思議。何がかは以下が謎。

  1. PC Watchのアフィリエイト?・・・違う
  2. マウスが金出して掲載する企画?・・・可能性アリ
  3. 単なる企画として両者が協力して?・・・ほんのり可能性アリ

1についてはPC Watchは滅多にトラッキングコード貼らないし普通に違う。2はあり得るのでマウスが金出しているなら結果的に宣伝広告。3はビジネスとして考えにくいけれど可能性がゼロとは言い切れない。

妙なところは「売れ筋」ではなく「売れ行き」の点で、PC Watch掲載の広告から売れた集計なのか、マウスが提供した実データなのかもわからない。そのわからない要素が多すぎると疑いから入る私の目にはこのランキングが不自然に見える。

G-Tuneの3位がノート?

「ノートが3位?そこまでゲーミングノートに需要が?」と。

普通のデスクトップが全部スリムケースな点は理解できる、マウスはパソコン工房よりもPC初心者向けなので中身いじらないならミニタワーよりスリムケースを選ぶ人は多そうだと妄想可。

しかしG-Tuneの1と2位はRTX 2070とGTX 1060なので良いとしても、その間のGTX 1660 TiやRTX 2060を差し置いてGTX 1060搭載ノートがそこに来るのか?と疑ってしまう。

要するに、本当に消費者が購入している売れ行き順なのか、それとも利益率や在庫の都合でマウスが売りたい順なのか、どちらなのか、または両方なのか。

どうしてそこまで疑うかは、リンク先の記事がガチな売れ行き順ならマウスにはリスクがある。私が当サイトで「人気の記事」を絶対やらないのはキーワードは極秘情報であり、似た意味でマウスの売れ行き順が本当なら競合が参考にしてしまう。

ネット通販含めて個人的に信用していない順はこう。利益が目的なのか、本当にユーザに合う提案をしたい、どちらが強いかの違い。

  1. 家電量販店、アフィリエイター
  2. PCメーカー、メーカー制作広告
  3. どちらとも無関係な組織や個人

今回の場合はマウスが関わっているので2が該当、しかしPC Watchの記事としては1と2が関連しておらず、この場合は皆さんどうとらえるのだろうか?と少々気になった。

とは言え、ストレートにこのネタを質問にすると謎が多すぎて質問も選択肢も難しいため、少々アレンジしてお聞きしてみたい。複数の方法を使うならば複数回答OK。実際どうするかではなく、どう考えるか、どうしたいかでお答えあれ。

誰にも相談せずフルセルフサービスなら最後の「相談しない」で。

source:パソコン買い替え誰に相談したい? | Crowdsignal.com

投票後に経過表示、投票せず経過のみ見るなら View Results をどうぞ。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメント(1)

>大昔はインターネットそのものがなかった
インターネットがあったとしても、接続する機器がパソコンに限定されている以上、初めての1台は店で買うのが当たり前。現代はパソコンが無くてもインターネットに接続できる環境が整っていて羨ましい限り。逆に言うとパソコンを持っていないのにパソコン雑誌を買い、想像力で楽しんでいたあのワクワク感を味わえない現代人はかわいそうとも言えますかね。

>マウスコンピューター売れ行きランキング
ここまでやると逆に清々しいです。

価格.com - マウスコンピューター人気売れ筋ランキング
https://kakaku.com/maker/%83%7D%83E%83X%83R%83%93%83s%83%85%81%5B%83%5E%81%5B_907/ranking/

1位から25位まで「価格.com限定モデル」という快挙。

>「ノートが3位?そこまでゲーミングノートに需要が?」
私の周りはゲームをやらないゲーミングノート所有者が多いですよ。曰く「高性能なノートを買いたいと思ったらゲーミングノートから選ぶしか無い」そうで。特にグラボを積んだノートはほぼ100%がゲーミングノートですから、GPUもある程度は強いノートが欲しい=ゲーミングノート、になるのでは。類は友を呼ぶ、な感は強いですが。

私が買うノートは5万くらいまでです。

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
格安SIMなb-mobileを勝手に評価
格安SIMなLinksMateを勝手に評価

カテゴリと更新通知

mouse

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。