パソコン工房のGTX 9xx搭載PCがマウスの当て馬状態

2015年3月19日

パソコン工房より新製品。

GeForce GTX960、970、980搭載ゲーム用パソコンの新機種を出したとの事。現状ならば高性能ゲーミングPCの本命になるだろうと思い販売ページを見ると、何かおかしいので突っ込んでみる次第。

パソコン工房の販売ページより。

パソコン工房よりGTX 9xxシリーズ搭載PC発売

プレスリリースは後回しで、販売ページの3機種がこちら。

静音ゲーミングPC GTX900番台3機種

これら3種類が新発売、というニュースが3月9日発なので少し前の事。

ビデオカード(以下、グラボ)以外は同じ構成となっており、違いはGTX 960~980が変化するのみ。何かおかしいと思った所は価格差と、値引き前の通常価格への違和感。

値引き前のおおよそで。カッコ内はGTX 960搭載との差額。

  • GTX 960搭載・・・12.7万円
  • GTX 970搭載・・・14.5万円(+1.8万)
  • GTX 980搭載・・・17.0万円(+4.3万)

そんなに差が有ったか?というわけで、市販単品価格のおおよそも。

  • GTX 960・・・3万円
  • GTX 970・・・4万円(+1.0万)
  • GTX 980・・・7万円(+4.0万)

グラボの価格はメーカーによりバラつきが有る為、970搭載PCが不自然に感じただけなのか。しかし、全体を見ても何かおかしいと思った点を次で。

 

どの辺りがマウスの当て馬状態なのか解説

量産系の割に自作PCより高くなるパソコン工房

GTX 960搭載の標準構成へ、市販単品最安付近を当てはめてみると。

  • OS:Windows 7 Home~・・・1.1万
  • CPU:Core i7-4790・・・3.8万
  • マザー:ASUS Z97M-PLUS・・・1.5万
  • グラボ:GeForce GTX 960・・・3.0万
  • メモリ:8GB・・・0.9万
  • HDD:500GB・・・0.5万
  • DVD:スーパーマルチ・・・0.2万
  • 電源:500W 80PLUS SILVER・・・0.5万くらい
  • ケース:Silencio 352 SIL-352M-KKN1-JP・・・0.7万

総額12.2万円くらい。自作した方がパソコン工房より5千円安い、のではございません。市販の方は価格コムを見て来たので全て税込となっており、PC工房に合わせて税別にすると11.3万円くらいとなり、差額は1.4万円。パソコン工房ェ・・・

GTX 970搭載PCは通常価格では馬鹿高くなってしまい、値引き後でさえ差額は1.5万円と更に少し高め。GTX 980に至っては、単品税別14万くらいなので値引き後でさえ2.3万円も高い。

円安や増税からの税抜表示値上げに便乗し過ぎでは無かろうか。

実は全部ELSAで統一しているとかなら、マザーの型番を晒しているように自慢すると思われ、なぜ高いのか意味が解らない。

私が勘違いしているのかと疑い、マウスも見て参りましょう。

マウスのG-Tune方が良く考えて構成されている

GTX 960搭載PCはこれ。

NEXTGEAR-i640SA6

やはり結構高い。もちろん税別。

しかしマウスはキーボード、マウス、カードリーダーが標準構成に含まれるので合計3千円くらいの価値としましょうか。HDDは1TBと少し大きいので、2千円くらいとすると5千円。

引き算して11.9万円ならば、単品総額より5千円高い程度。それにしても量産系でさえ自作より高くなっているとは思わず、少し驚いた。

但し、マウスはこの後が上手く、GTX 970は面倒なのでキャプチャしないけれど、CPUがi7-4790KとK付、メモリは16GBへ増量、電源500から700Wへ、960と970の差額1万円なら、計2.5万円分くらいの価値が加わり約15万円。

やはり市販の自作用より約3千円高いものの、妙な値上げは無し。

GTX 980は970モデルと比較し、グラボが変わった以外にHDDが2TBとなっている為、3万円差で18万なら妥当。これは自作と同じくらいの総額と言えるはず。

マウスの構成や価格設定が本当の量産系。そう考えると、PC工房の方はパソコンの事良く解っていないフロンティア感とか、レノボ風な狙った二重価格もどきに見えてしまう。

対抗馬としてドスパラの900番台搭載を見てみる

明るくした3機種。

ドスパラのGTX900番台

価格設定はマウスとだいたい同じくらい。

但し、チップセットがZでは無く、CPUにもKは付いていないので、遊べて原価も高く得な方はマウス。ドスパラはメモリ8GB、HDD1TB固定なので、やはりマウスほどコスパは良く無し。但し、パソコン工房ほど高くは無し。

2015年現在はマウスの一人勝ちな印象(まとめ)

現状の量産系3強と個人的に思っているメーカーで、なぜマウスのみ安く出来るか考えると、生産数が他社より多い為の薄利多売、そして多く売るならマイクロソフトもWindowsのライセンス料を下げてくれる為と予想。

マウス、工房、ドスパラいずれもDSP版。なぜマウスクラスがOEMにしないかは、7が高額化してしまう為かと。

私の脳内マイクロソフトによると、おおよそで

  • 7 Home~(DSP)・・・11千円
  • 7 Pro~(DSP)・・・16千円
  • 7 Pro~(OEM)・・・11千円を超える?

価格は市販、OEMは完全に妄想だけれども、相対的に見てOEM版のPro~よりDSPのHome~の方が安いのでは無かろうかと。OEM版のHome~は昨年終了済。

それ以外にもマウス(MCJ)は株価上がりまくりの時期。他の好調な要素も有り、パソコン工房とは逆に強気な値下げをしているのかも知れませんな。

以上。パソコン工房、やり過ぎ値上げという話だった気がする。

 

フェイスはパソコン工房へ吸収間近?(おまけ)

プレスリリースの冒頭を引用。

パソコン工房Web通販サイトにて、ゲーマー視点でのこだわりをエッセンスとしたゲーミングPCを持ち味とするFaithブランドより、「NVIDIA GeForce GTX 900」シリーズを搭載した静音ミニタワーゲームパソコン3機種を販売開始

source:静音ゲームパソコンシリーズから「NVIDIA GeForce GTX 900シリーズ」搭載PC3機種、パソコン工房より発売開始!|株式会社ユニットコムのニュースリリース

表現がフェイスブランドとなっており、パソコン工房のページで該当PCを販売。一見すると、同じ会社なのだから拡散していると見えるものの、パソコン工房ページへとFaithを取り込もうとしている感。

パソコン工房の静音ゲーミングPCページのトップ画像。左下にFaithのロゴが入っている件。

game_mx_main

ここ2年くらいのFaithの沈黙レベルからして、もう終わりな印象。過去、パソコン工房へと統合されたブランドは以下の通り。

  • iiyama・・・iiyamaパソコンとしてデスクトップやノートを生産
  • TWOTOP・・・ブランドとしてFX用などのデスクトップPC
  • GoodWill・・・オリジナルは無くなり、PC工房と同じ物を販売

FaithのページもGoodWillのような感じになって来ており、残るは超弩級パソコンの数機種がFaithのオリジナルっぽい程度。

faith-passant-ex

と思ったけれど、型番で検索するとパソコン工房にも全く同じモデルが存在。私が気付いていなかっただけで、既にFaithの中身はパソコン工房へと吸収されております。

Faithの公式サイトは有るけれど、中身はいつからかパソコン工房と同じ。ブランドを分散させて数で他社と競合するより、パソコン工房へと一本化して濃度で勝負するのでしょうな。

しかし、同じMCJグループの割にマウスよりコスパ悪い点は頂けない。Windows 7がまだ有る為、強気な価格設定は有りなのかも知れないけれど、中身同じパソコンを他社より高く売るのでは長続きしないと思う。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメント(2)

工房:静音マイクロゲームパソコン
フェイス:静音ミニタワーゲームパソコン

違和感というか。

左カラムリンクの全メーカーに飛んでみたところ
「ゲーミングPC」で市民権を獲得している模様。

工房は(ゲーミングPC)としているので、検索反応域用?
「静音」「マイクロ(ソフト)」「ゲーム」あたりで五目釣りか。

てか、ちょいと覗いてきただけでサイコム兄さんの好感度が異常w。
(無駄なもんがない枯山水庭園みたいになってる、しびれるぅ~)

件の静音マイクロゲームパソコン、パソコン工房のサイト内では見つかりませんね。左メニューの「Faithについて」でFaithのページヘ飛ぶと、初めてPASSANTシリーズが一覧に並びます。

>HDD:500GB・・・0.5万
GTXシリーズ搭載=ゲーム向け、だと思うのですが、今どきSSDが標準搭載では無いのが残念。個人的にはCPUをCore i5-4690K辺りに落としてでも、SSD標準搭載の方が魅力あり。

>GTX 980は970モデルと比較し、グラボが変わった以外にHDDが2TB
これも頑なに、ストレージはHDDを堅持するのですよね。


個人的には 「ゲーム向けPCで静音を謳うなんて馬鹿なことを」 と思うのですが、最近のゲーマーは静かさを気にするのでしょうか。

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。