パソコン工房がCore Xシリーズ搭載PCを販売開始

2017年7月19日

パソコン工房より新製品。

インテルがAMDのRyzenに対抗したと言われるCore iシリーズの上位製品なCPU、Core Xシリーズを搭載したパソコンが標準構成4種類にて発売。価格は余裕で10万円超えから50万円オーバー。

適当に見て参りましょう。

パソコン工房がCore Xシリーズ搭載PCを販売開始

PC本体の画像を見ても意味無いので仕様一覧を拝借。

pckoubou-7800x-7900x

source:ユニットコム、Core X搭載PCを4機種発売 - PC Watch

左から、ゲーム用、ゲーム用、デザイナー向け、良く解らない。

STYLEシリーズのやつは軽めなゲーム用と思われるもののCPUがi7-7800Xなのでこの時点で既に5万円オーバーしており、X299マザーは6万円以上であり合計が20万円を突破。

LEVEL~は12万円を下らないCore i9搭載かつマザーボードは同じくX299なのでこの段階で18万円以上。グラボは現在最強に近い1080 Tiであり、ゲームに人生や命をかけているなら50万円でもアリなのでしょう。

SENSE~がデザイナー向けとはビデオカードにQuadroという特殊なグラボが載せられており、これでゲームしてもクソ性能だと思われ、デザイナーの中でもイラストレーターの3Dでロゴ作るとかそういう職人向け。2Dには意味皆無。

良く解らないとした右端のSLUTION~は構成したパソコン工房の中の人も意味が分からなさそうなビジネス用とされており、映像出力の為だけにGT 730が搭載。なぜCPUが7800Xなのか、どうしてメモリ16GBなのか、その割にストレージがHDDなのはなぜか、説明出来なさそう。

Core Xシリーズ搭載と言いたかっただけ、またはCore X出たので話題作り用に構成してみた感が強い。

同じグループの企業でもマウスは用途への提案に対し、パソコン工房は用途に合う物を選べ的な見せ方なので、パソコン工房の方がややハードル高い気がする最近。

 

マルチコアすぎるCore Xシリーズは本当に凄いのか?

アスキーがOC(オーバークロック、定格より性能アップ固定)にて無茶をしている記事がこちら。

ASCII.jp:Core i9-7900X&Core i7-7800Xレビュー (1/3)
http://ascii.jp/elem/000/001/514/1514627/

CINEBENCH

CINEBENCHはCPU性能の総合的なスコアを出してくれるので、OC状態の超マルチコアな7900Xが圧倒的に優勝。OCしていない状態でも旧型といえる6950Xよりもちろん上。

但しシングルコア、赤い棒はいずれも大差無し。これはCPUのクロックが4GHz台で進化が停滞している、10年以上も前から3.7GHzは普通にあったので仕方の無いところ。

ウォッチドッグス2というゲームのコマ数での勝負。

watch dog2

こちらはマルチスレッドが無関係に近いのか、いずれも大した差が出ておらず平均75前後となっております。

CPUの温度は凄い事に。

温度

OC状態では7900Xと7800Xの温度は110度まで上昇。100度を超えても動くとは知らなかった。

7900Xのクロックは通常3.3~ターボブースト時4.3GHzなのでOCしていなければギリで平熱といえるくらいなものの、さすがに全コア4.5GHz固定では無理がありそうな結果に。

OCしなければ良いのだけれども、という事は処理速度より処理本数が多い作業には適しているけれど、本数より速度が必要ならば不利になる、または意味が薄いとも言える点は1つ前のゲームのベンチマークで見ての通り。

 

コスパ重視なパソコン選びならばCPU選定は慎重に

本当にCore i9-7900Xが必要で10コア20スレッドを使うような用途ならば、世の中にはXeonというインテルのCPUが存在しており、しかもCPUは1つのPCに1つという概念をスルーしたマルチCPU仕様という物もございます。CPU2個搭載とか。

そうなるとどうなるかは、2017年現在ならば最大でソケット8個まで行ける24コア48スレッドなXeon E7-8890 v4をガチで8個載せたなら最大192コア384スレッドになるわけで、そこまで必要か?という話に。

CPUの性能は全スレッド使用のベンチマークスコアで語られる事が多いものの、4と8スレッドの違いが体感出来ない人間もここに居るわけで、もっと言えば10年以上前のCPUの2スレと最近の4コアの違いさえ私の用途では判別不能。

金があり職人の仕事用ならば上を目指せば良いけれど、おすすめなPC選びは先にそこそこの物を使用してみる。その後に高めな物へを買い替えてみる。

体感では無く秒単位で変換や保存などの作業効率が上がるならば、その秒に対していくら出せるか、時給計算が合うか試算してみるべきかと。

自動車の100万円と1千万円は明らかに性能や快適性が違うだろうけれども、パソコンの5万と50万円で大差無い用途ならば金の無駄遣い。

最大48スレッド3.3GHzよりも4コア3.7GHzの方が速い場合もある。エンジン16気筒でうるさい割に時速100km/hまでの車と、普通に200kmくらい出る6気筒の車のような。

別の置き換え方にすると、積載量1トンか8トンか。8トン積む用途なら大型のトラックが必要だけれども、大量の物を積まないなら1トンまでの車の方が速いし快適、な感じ。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメント(2)

>ゲームに人生や命をかけているなら50万円でもアリなのでしょう。
私ならSSDの容量が250GB×1しか無いPCに、50万円は出しませんね。フラッグシップモデルなら1TBが当たり前。せめて512GBでしょう。

>STYLEシリーズのやつ
該当のモデル、パソコン工房のサイトで構成を見たら、電源は「BRONZEの700W」でした。PC Watchの表記は間違っている模様。

GamersPC.jp:ゲーミングPC スペック診断 - STYLE∞ Q-Class STYLE-Q029-i7SX-RNJR
http://gamerspc.jp/spec/style-q029-i7sx-rnjr/

ASCII.jp:最新Core X搭載ハイスペックデスクトップPCがパソコン工房で販売開始
http://ascii.jp/elem/000/001/512/1512755/

>映像出力の為だけにGT 730が搭載
せっかくですから、レア物のGT 1030でも搭載したら良かったですのに。GT 730の2倍以上の性能で、価格差は3,000円くらいしかありませんし。今更Kepler搭載のビデオカードはどうかと。

IGVR:ローエンドでもVRしたい NVIDIA編「Geforce GT 1030」ベンチマーク、VRゲーム性能レビュー
http://indiegame-japan.com/2017/06/06/post-2945/

>CPUの温度は凄い事に。
7900Xと7800Xの性能差は大きいですが、OC時の温度は大差がないですね。性能を10%上げるためにCPU温度を30℃も上げるのはロマン溢れますが、確実に寿命が縮むでしょうから、金が余っていない限り無茶は止めた方が無難。

>Core Xシリーズ
Core i9-7900Xは12万円を超えていまがグラスバーガー仕様。これは理由がわからない。
http://gigazine.net/news/20170620-intel-core-i9-7900x-review/
>OC状態では7900Xと7800Xの温度は110度まで上昇。
お湯を沸かすことができますね。

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。