メーカーPCの型落ち激安在庫処分とBTOの特価情報

2010年11月 4日

いかにもなタイトルですが宣伝に非ず。

丁度1ヶ月前に有名メーカーのノートPCは3ヶ月で激安になると書きましたが、正確には新モデル発売が約3ヶ月周期の為、新機種リリース以降が狙い目という事です。但し在庫が切れ次第終了するので、いつ購入するかは運。後になる程ショップも必死で安く処分に掛かります。

ツクモが分かり易いので検証して参りましょう。

ツクモの特価品RSSより激安PC情報

ツクモのBTOパソコンは冴えないものの特価品一覧から来る新情報は真剣に安く処分している物が多く有ります。体感で半数以上は本当に激安、価格コムの最安を割っている事も良く有ります。

ツクモの特価品フィードをGoogleリーダーより一覧でキャプチャ。

TSUKUMOのRSS特価品一覧

直接ツクモの特価品一覧ページを見る手も有りますが、上の一覧と比較すると抜けている物が多く有ります。原因や理由は不明。RSSの方が情報が速い、種類が多い利点有り。

ツクモの特価ページ

私は過去4~5回ツクモの通販でパーツを購入した事が有り、発送元の住所は群馬県高崎市栄町1番1号と有りヤマダ電機の本社所在地と同じ場所から届くようです。

話を戻し、一覧の画像で星マークを付けている行は私が適当にチェックしたおそらく安いと思う物。その中からメーカーPCがどの程度の価格になっているかを抜き出します。

見づらくなるため一部省略。PC本体は全て送料無料。カッコ内は価格.comで11月3日時点の最安~最高値となっております。

  • dynabook TV/74MWH PATV74MLTWH・・¥79,800(8.1~16万円)
  • LaVie L LL750/BS1YB・・¥79,800(10.5~18万円)
  • LaVie M LM370/BS6W PC-LM370BS6W・・¥56,800(5.9~10.6万円)
  • LIFEBOOK LH700/3A FMVL703AW・・¥74,800(7.8~14.8万円)
  • NetWalker PC-Z1-W (ホワイト系) ・・¥27,800(同額~4.5万円)
  • NetWalker PC-Z1-R (レッド系) ・・¥27,800(同額~4.5万円)

メーカーの発売時価格は更に高く、価格コムの最高値が最も高いという意味にはなりません。更に価格.comは送料別も有り、ツクモは5千円以上なら基本的に送料は何でも無料になるので通販ではそこも見ましょう。

1ヶ月前の価格は発売時より約4割程度安くなるとしましたが、更に1ヶ月経過すると(ツクモの通販では)半額になってしまう事が判ります。

ここまで下がるとBTOメーカーのノートより安くなり、デザインや余分な機能まで付いている事から有名メーカーのナショナルブランドが良いでしょう。新発売で買うと4ヶ月で半値分を支払っている事になるわけです。

過去数ヶ月を見る限りでツクモは、ソニー、NEC、富士通が多く、パナソニックや東芝は滅多に流れて来ません。ヤマダ電機を含めた在庫も関係しているのやも知れず。

星を付けてしまったので自作マニア用にパーツも引きます。

  • HDS721010CLA332(日立 1TB HDD 3.5'')¥4,480
  • HD204UI(Samsung 2TB HDD 3.5'')¥7,780
  • SMD-N4G68N1P-10F(DDR3メモリ、4GB)¥5,980
  • SMD-N4G68N1P-13H(DDR3メモリ、4GB)¥5,980
  • RH5870-E1GHW/HD/DP/SP(HD5870 PCI-E) ¥29,980
  • DVD/CD Station NV-ST5020DU(USB外付光学ドライブ) ¥1,480

面倒なので最安は引きませんが見所を太字へ。

日立の1TBは約4500円になっており1TB未満が全滅する価格。次のSamsung HDDは価格コムで人気ランク1位でも有るWesternDigitalの2TBに合わせた特価か、ハナから8千円を切っております。

メモリはバルクの割に大して安くないものの、送料無料を考えると他店と比較する価値は有りましょう。そしてHD5870は価格コム、coneco.netのどちらを見ても最安となっており次点のAmazonより1万円も安い。

外付け光学ドライブはおまけですが、1500円程度なら予備として自家在庫も粋かと。ネットブック所有者が増えると私が修理に出向く際に役立ちそうと思ったのみで、普通は要らないでしょうな。

以上のようにツクモの特価情報は、ボーナス、土日祝、夜間、などで限定と付いた物は本気で安い物が有ります。見逃すと完売や通常価格に戻ってしまうため、金が余っていなければ随時取る事をお勧めします。

ツクモの特価一覧をRSSで受信する方法

RSSと書くと難しく見えますが、FirefoxやIEの最新版ならブラウザのブックマーク(お気に入り)登録する事でフォルダが作成され、自動的に新しいページを受信する仕組が標準で有ります。

IE8やFirefox3以上でこれをクリックしてみましょう。

IE(Internet Explorer)8でクリックするとフィードのリストが出るかと思います。そこからメニューの「お気に入り」 から「お気に入りバーに登録」をクリックすると小窓が表示。

Tsukumo特価品情報(IE8の場合)

 「お気に入りバーに追加」のチェックを入れて購読ボタンを押すと、ツクモのフォルダが作られてそこに最新情報が20件、全て表示にすると未読分が全て表示されます。

画像や説明が無く型番から物を推測するので慣れない内は結構ストレスになりますが、適当に開いて1年くらい経つと性能や容量まで判るようになります。ならなくとも結構ですが。

  

東芝会員限定の特価ノートと長期保証な中古PC

6月に東芝dynabookの春モデル処分が安いという事で勝手にBTOメーカーや富士通と対決しましたが、それから東芝が気になり調べていると、楽天以外でもダイナブックを安く購入出来るサイトを発見。

会員限定の期間限定で導線はメルマガという鬱陶しい行き方になりますが、新モデルを安く買おうと思うなら購入するまでは受信しておきましょう。

ショップ東芝、プレミアムログイン

Shop1048:プレミアムサイトログイン
http://shop1048.jp/closedsite/close_log_in.aspx

会員になるにはどうしたら良いのかという質問が検索で結構掛かりましたが、ここから普通に登録出来ます。

東芝ダイレクトPC News メルマガ会員登録|東芝ダイレクトPC
https://www3.toshiba.co.jp/jdirect/mail/entry/cgi-bin/member.cgi

不定期に数週間のみ売り出しとして掲載されます。

11月3日現在では、10月28日より11月15日の16時までとなっており、スクリーンショットはまずいと思うため貼りませんが、気になるならメルマガ登録をどうぞ。メールアドレス以外に次のページで氏名と電話番号が必須。

一例として型番で検索すると価格コムに掲載。

ダイナブックB350

どこが価格.com限定かは不明ですが、クリックするとリダイレクトして東芝のサイトへ飛びます。

あまり詳しく書くとアレですが、どう見ても型番を変えているのみで性能の同じ物がコジマで83千円、ヨドバシでは10万円強(但しオフィス2010付)で販売中。

性能から見ると大して安く思えませんが、これは型落ちでは無く2010年の秋冬モデルとなっており、型落ちが待てずどうしても新モデルが良ければ会員になった方が良いというか、ならなければ損です。マイルも付きます。

dynabookの型落ちは中古も有りかも知れない

東芝繋がりでもう一つ。

私は中古PCを強くお勧めしませんが、その理由はパーツの劣化以外に保証が6ヶ月や1ヶ月、場合により数週間などと散財の危険が有る為。しかし東芝はこう来た。

東芝の公式で中古PCを長期保証付きにて販売中

中古パソコンのことなら - 東芝パソコンシステム・オンラインショップ
http://shop.toshiba-tops.co.jp/Used/Page/Default.aspx

「一部機種を除く」らしいものの、上の6機種で言うと全て3年保証付き。

上段2つを一応解説すると、左は1年落ち(2009年秋冬)でCeleronのため5万程度は妥当かと思うもののOSはXPのProfessionalが標準になっており企業ユーザは狙い目では無かろうかと。

右はブルーレイ搭載でオフィス2007付が82千円という意味の解らなさ。CPUはCore i5の430M、メモリ4GB、HDD500GB、無線LANはb/g/nで文句無し。いずれもランクは最高の5となっており中古にしては状態はかなり良いらしいです。

これは推測ですが、完成品のパソコンを在庫し残ると半年で価値は半値以下。例として20万円のdynabookが10万円になり、更に値下げしようとすると何か理由が要るわけです。それが中古という名前では無かろうかと。

理由無く20万円の物を7万円で販売してしまうと、ダイナブックは安物という先入観が出来てしまいブランドとしてまずいのでしょう。ここまで私の妄想で本格的な中古品かも知れません。

 

BTOメーカーの特価よりドスパラとフロンティア

おまけ程度ですがドスパラから。

ドスパラのリニューアル特価

最近ドスパラへ行っていないならトップページからどうぞ。リニューアルしたようで以前のドスパラとは全く違うページ構成になっております。

リニューアル記念ページでは上の通り、通常価格より安めの機種が数種類。その下にパーツが有ったものの既に全品完売。

dospara-renewal-parts

おおよそ5~20%価格コム最安より安かったようで、ドスパラの集客力から一気に完売したのか、ツクモほどの安さは感じません。左の上から2個目の三菱モニタは安いですな。最安22千円くらいします。

メールを受信したのでフロンティアも。

frontier-timesale

毎週末やっているようで平日はページさえ見る事が出来ず、上の画像はGoogleのキャッシュから貰って来ました。 LEDは有名メーカーの半値と激安。しかしLED電球以外は安くありません。

PCは数万円引かれると安そうに見えますがLenovo程では無いにしても元が高いのみ。更に完成品のようなので延長保証は無しと見ます。LED電球のページを探すと通常3千円というぼったくり価格でした。

フロンティアが嫌いなわけでは有りませんが、週末限定、数量限定、赤字覚悟、大特価など値打ちをこく割に大した事が無いイコール私が嫌うやり方。

特に周辺機器は罠とさえ思える内容のため、どうしても購入するなら送料に注意しましょう。適当にカートへ入れて見るとパーツ1つに付き525円の送料を取るようです。意味が分かりません。

 

メーカーPCの型落ち激安在庫処分とBTOの特価情報

東芝の中古は別として、新品のパーツやPC本体の特価情報を集めるには普通の人では気付きにくい場所に有る事が多いようです。

  • ツクモ・・・(普通の人は使わない)RSSより受信
  • 東芝・・・(分かり難い場所から)会員登録
  • フロンティア・・・(どこで登録したか忘れた)メルマガ
  • ドスパラ・・・(私が知った情報元は)プレスリリース

トップぺージの目立つ場所に掲載しろとは思うものの、限定された感を演出する為か露出を少なくするものなのでしょうな。

注意する事として、通常は物から価格(最安)を探すと思いますが、特価品は物と価格が提案されるという違いが有り、大して安くなかったり不要な物まで衝動買いし後悔する可能性が有ります。

これだと思った後に必ずやる事は。

  1. 価格コムやconeco.netなどで最安調査
  2. 仕様と送料を確認、口コミ情報を検索
  3. 本当に必要か判断し、財布と相談

私は2まで行くものの、3の段階で高確率で中止するため情報ばかり頭に入り、手元にはPentium4でメモリ2GBなXPが有るわけです。いや、これは関係有りませんな。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメント(3)

そういえば先日買った2nd用ノートはこの記事の東芝直販で買いましたよ。
ただ、TSUKUMOあたりの特化と比べるとやはり格安ってほどではない感じです。

TSUKUMO特価、アレはおかしいw
たまに見ますがi7搭載ノートが10万円切ってるとかもうね。
i5搭載が6万円台のも見ましたが半日で完売してたような。
そしてなぜかお一人様2台限りになってたのがナゾw、転売厨歓喜?

ドスパラのセールはメールが来てたので何回か覗いてましたが、瞬殺で完売してて印象に残ってるのは三菱のモニタと電源のEA650とi3-540あたりです。
私が確認していた時点ではSamsonだのLGは普通に残ってて、価格もチェックしてみると即ポチほどのお得感はなかったので、他の実はワナ価格のセール品を含めてほんとうに全てのセール品が完売したかどうかは微妙かもしれないw

ただ煽りっぷりは半端じゃなかったので、それでポチった方は相当いたと予想w
わざわざSold Out品も一緒に並べておくとか明らかに狙ってます。
本当にありがとうございました。

正直あれは商売上手いなと思いました。視覚的にかなり焦らされるものw

TSUKUMO特価ここまで安いとは知らなかったw
情報ありがとうございます。

なんだろう、インサイト出た時のプリウス思い出した。
世の中商才に富んでいる方はいらっしゃるものですな。

1TBで4500円とか凄いなー。
どうなってんのコレ?

ツクモの特価は相変わらず安く、PC本体(主にノート)はボーナス先取り、パーツ類は土日や夜間限定と称して出るようです。

時期により大して安くない処分期間も有りますが依然本気で処分中。必ず価格.comなどの比較サイトで最安を確認しましょう。掘り出し物を一覧から見極める目は日々のチェックです。

> TakaQ さん

ドスパラとツクモで比較すると、ドスパラはリリースなど宣伝が激しく、ツクモはRSS取っているようなマニア向け。集客力は前者が確実に高く初心者~中級率も高くなり、多少安ければズバっと売れるのでしょうな。

パーツはfaithのRSSも以前はチェックしておりツクモより安い物も有りましたが、夏前頃からぶっ壊れており1日数百の空白ページが垂れ流され続けた事が有り。現在外しています。

> ふぃそ さん

仕切の高い在庫を早めに処分したのでしょう。
ヤマダ電機に怒られた とかでしょうか(笑)

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

マウスコンピューター

高性能: ★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★★

初心者: ★★★★★

令和時代の鉄板スタンダードなPC初心者向けメーカー。標準構成のバランス感覚が突出しており、私でさえケチを付けることが滅多にできない。性能の下から上まで幅広く実用的。

パソコン工房

高性能: ★★★★ 保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★

初心者: ★★★★

性能とパーツの相場がある程度わかる人なら標準構成が多いのでコスパ重視で選びやすい。同じに見える同じ価格でも仕様の違いがどうなのか判る人には最適。

ドスパラ

高性能: ★★★★ 保証: ☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★★

昔はドスパラ=BTOだったけれど最近は普通のパソコンに力を入れておらず、2018-2019年の偽インテルチップ中華SSDの件が未解決なので信用問題的に何とも言えない。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

10年以上前まではDELL=初心者向けの安いパソコン、それはもう通用しておりません。クーポン適用後が適正価格だと見抜けるパソコン詳しい人向け、または大人買いで割安になる法人向け。

日本HP

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★☆☆

コスパと性能以外にも見た目も重視したいならHPのノートも選択肢としてアリ。自社製造状態なのでBTO=ダサい印象は払拭されるかと。デスクトップは法人用、ゲーミングは海外向け。

FRONTIER

高性能: ★★☆☆☆ 保証: ☆☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ☆☆☆

初心者: ★★★☆☆

フロンティア神代の解散後、現所長のパワハラがひどいとタレコミが複数あり、私から内情を運営会社へ伝えると逆ギレされて私を訴えるぞと謎すぎる返しがあり困惑中。

サイコム

高性能: ★★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★★

初心者: ☆☆☆☆☆

PC自作しない中~上級者向け、昔ながらの2chおっさん御用達な鉄板メーカー。動かない構成でも購入できるので初心者にはおすすめ不能。量産系BTOのようにコスパ悪くならないのでサイコムだけは自由なカスタマイズを激しくおすすめ。

※並びはBTOメーカーの知名度の順(暫定)で、大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
格安SIMなb-mobileを勝手に評価
格安SIMなLinksMateを勝手に評価

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。