クラウドの高性能パソコンをオンライン利用出来る時代へ

2015年3月20日

海外発の新サービス、ペーパースペース。

タイトルの通り、インターネット接続してクラウドサービスを利用。ここまではGoogleなどが色々と出しているけれど、それらはPCの処理能力や性能目当てでは無く、端末違いでのデータ共有が目的。

しかし発想の違う凄い話が出ております。

高性能パソコンそのものがクラウドから提供?

ソースはこちら。

仮想化コンピューティングを大衆化したPaperspace - TechCrunch
http://jp.techcrunch.com/2015/03/04/20150303paperspace-lets-(略)

paperspace

PC本体が写っていないけれど必要。その他、モニタとキーボード&マウスまでは普通のパソコンと同じ。

違いは左の黒く丸いPaperweightという周辺機器で、これを通してクラウドPCサービスのPaperspaceへと接続するそうな。何故この黒丸が必要なのかは不明。

利点は操作する側のパソコン性能は高くなくて良く、インターネット接続した先のパソコンの画面をストリーミングで映せるなら良い感じ。

 

高性能PCクラウド提供で具体的にどうなるか

ゲームやデザイン用PCを購入しなくて良くなる

3Dゲーマーならグラボは2~3年で買い換えるかと。Quadro使いの3D職人も3年以上経過するときつくなって来るのでは。

万円単位ならまだしも、10万円以上のGeForceを3年程度で交換したり複数挿したり、50万円クラスのQuadroが保証期間過ぎて故障とかしゃれにならない。

そこでクラウドPCですよ的なサービスなのでしょう。

クラウドPCが買い替われば良いわけで、手元のPCは数万円の適当なパソコンで操作するという。これを商売として成り立たせ、しかも家庭用、個人向けは新しい。

Amazon Web Serviceも似た感じらしい

はてブのコメントを見ると、以前からAmazonがやっているそうな。

ユースケース - Amazon AppStream| AWS 日本語
http://aws.amazon.com/jp/appstream/use-cases/

aws

しかしどう見ても開発者用のクラウドサービスとなっており、私如きでは説明文の意味さえ良く解らず。試用出来るらしいので、興味が有り意味が判るならどうぞ。

当サイトでも過去似た事をやっていた件

これ。

無料ソフトを利用し遠隔操作でパソコンの実機レビュー
https://btopc.jp/etc/remote-pc-review.html

遠隔レビュー

ドスパラからパソコンの実機を借りてレビューした際のイメージ。

遠隔地に置いた右の黒いPC一式が通常動作。それを私が自宅から遠隔操作していたという。左のノートPC(緑)はガレリア本体からの映像がラグった(遅延した)際、ネット回線かPC性能どちらが原因かを判断する為にウェブカメラも動作。

ゲーマーなら、このMHFベンチのスコアがどのくらい高いか判るはず。

MHFベンチ絆

クライアント、遠隔操作する側のPC性能はこれ。

  • CPU:Core i7-950(3.06-3.33GHz、4コア/HT、8MB)
  • グラボ:Radeon HD 6670(VRAM:1024MB)

CPU性能は良いとしても、このラデはゲーム用では無い数千円のグラボ。なぜ1万を超えるスコアになっているかは、クラウドPC(では無いけれど)ガレリアの性能が高い為。

  • CPU:Core i7-4770(3.4-3.9GHz、4コア/HT、8MB)
  • グラボ:GeForce GTX 660(VRAM:2048MB)

当時の私のメインPCは無駄に高性能、グラボはマルチディスプレイ用。やってはいないけれど、ある程度の描画性能とネットスピードの速いPCならノートでも行けるはず。

最初からこれで解説しろよと思ったなら私も思った。

 

回線速度と利用料金、そして自作マニア次第(まとめ)

クラウドPCの性能は高いものとして、まずは回線速度と価格でしょうな。これら2つさえ妥当なら利用者は増えるかも知れない。

具体的には、GTX 980搭載のゲーム用とかQuadro上位モデル搭載PCが1日貸し切り1ドルとかなら私でも冗談で借りてみたい。しかし、1時間10ドルとか、こちらの回線は太くても経路で低速化するなら厳しい。

高性能が特長ならばサーバー側は買い替えの維持費が必要となり、もしクラウドPCが普及し高性能PCパーツの数が売れなくなるならパーツの販売価格も高くなって行き、どこかに需要と供給、価格が折り合う境界線が出来るはず。

但し、このようなサービスの利用者はライトユーザになるで有ろうと予想出来る辺りが矛盾しております。

自宅へ帰らないような研究者、あちらの世界が現実なゲーマー、そこまででは無いとしても、やはり自己満足や安心感を得る為、手元に高性能PCを置いておきたい人も多いかと。

私も半分くらいそのような感覚が有り、いくら安いとか高性能を維持出来るとしても、Xeon搭載のグラボ無し3画面PCを持っているというネタ的な自己満足感なども有る上、クラウドで出来る事は限られると感じております。

どちらかと言えば適当に普及して欲しいところ。高性能パーツやPCを買う前に試してみるという選択肢が増えるのは歓迎。但し、ローカル用PCが売れなくなり価格が上がるのは勘弁して欲しい。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメント(3)

ガタッ!!
来たかッ!!

なんだろこの様子見前提気分は・・・。
あえて先陣切るほどでもなく世の中がそれでいける感じになってからでいいや感。

動画編集を丸投げできるなら便利かも、と一瞬だけ思いましたが、少なくとも10MB/s(80Mbps)くらいの速度で編集する動画ファイルを送信できない限り、実用性は皆無でした。

実用性があるとすれば、CADデータの編集くらいでしょうかね。ゲーム用PCとして使うには、回線速度が厳しそう。RPGなら何とかなるでしょうか。それでも映像と音声のズレがあると台無しな訳で。


個人的には分散コンピューティングよろしく、何らかの重い作業を行う際、ネットワーク越しのハイスペックマシン数台~数十台が分散処理してくれると面白いのですがね。

>以前からAmazonがやっているそうな
マイクロソフトもAzureという開発者向けクラウドサービスで仮想マシンを提供していますよ。Visual Studioが入ったイメージも用意しているから、ハイスペックなPCが無くても開発できるようです。WindowsだけではなくLinuxを動かすことも可能だそうな。

仮想マシン - Linux & Windows VM | Microsoft Azure
http://azure.microsoft.com/ja-jp/services/virtual-machines/

>クラウドPCの性能は高いものとして、まずは回線速度と価格でしょうな。
一般家庭に10ギガビット・イーサネットが普及し、外には無線LANアクセスポイントが増え、ネットワークの混雑が解消されないと無理でしょうなw

>このようなサービスの利用者はライトユーザになるで有ろう
CADやソフトウェア開発をするならもはやライトユーザーじゃありませんしなw

>クラウドで出来る事は限られると感じております
クラウドになってもディスプレイやキーボードは自前で用意しないといけないのは変わりないですしw

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。