国産MMOエターナルはノートPCでも動くのか?解説

2020年12月26日

超大型国産MMOらしいETERNALについて。

正式リリースは2020年12月21日でクローズドβ(人数限定テスト版)は10月13日開始らしいので2ヶ月で正式版はかなり早い方、それだけ完成度が高いのだろうと推測できるところ。

適当に見て参りましょう。

超大型国産MMORPGエターナル公式サイト

トップページはこちら。

ETERNAL(エターナル)公式サイト
https://p-eternal.jp/

Eternal-top.jpg

動画を見た感じではモンスターハンターのような剣撃アンクションゲームながら、最近のゲームあるあるなiOSやAndroidにも対応、という表現は逆で、このゲームはWindowsにも対応というべき。

以前思ったことは、元々パソコンのSteamで大人気だったPUBG(TPS、撃ち合い、サバイバルゲーム)のAndroid版が出たことで、「あの操作をスマホでできるか?」と少々信じられず。

今回のエターナルがもしモンハン状態ならばスマホではまず無理だろうと予想していたけれど、実際にはモンハン風ではなかった話をまた後で。

公式全体を見ていると凄くカネかかっていそう。

eternal-monaca.jpg

天野氏とLUNA SEAはいずれも20年以上前からの大物で、天野デザインはファイナルファンタジー1で一気に有名になり、今はポスター大の原画な絵画が数百万円で取引されていたり。友人が持っているやつが700万円。

LUNA SEAは2000年までに学生以上な大人なら知らない人は居ないであろう、まだ日本の歌謡曲がまともだった頃の有名なバンド。河村隆一の歌い方が気持ち悪いのでよく知らない。

MONACAは聞いたことないので調べてきた。

MONACA(モナカ)は、主に音楽制作を行うクリエイター集団。2001年にナムコ(後のバンダイナムコエンターテインメント)を退社し、フリーランスとして活動していた岡部啓一が2004年10月に設立した。

source:MONACA - Wikipedia

歴史欄を見ても知っているやつがなかったので聞いたことあるものだけ抜き出すと、ハルヒの憂鬱、らきすた、アイドルマスターなどオタク向けコンテンツのBGMなどに強いらしい。

エターナルを提供している会社はアソビモ。

ASOBIMO GAMES | アソビモ株式会社
https://asobimo.com/

eternal-svc.jpg

エターナル入れて今の所全部で12タイトル。他の11個を全部開いてみたところ、おそらく今回のエターナルが初のPC版対応で他はiOSかAndroidのみ。

キャラゲー作っていた会社が硬派なやつできるのか疑いつつエターナル入れてみると、これもある意味キャラゲーでございました。

 

エターナルの動作環境と実際のプレイ画像

では本題。公開用メールアドレスに着弾していないので要点を3つ。

  1. ノートPCでもエターナルは動くのだろうか
  2. グラボを後付すれば何とかなるのだろうか
  3. 無理ならどういうパソコンならば良いのか

PCあまり詳しくないとのことでこれ以外の情報なし。以下アンサー。

  1. そのノートの詳細が不明なので何とも言えない
  2. ノートにグラボ後付は不可能またはクソ高い
  3. 素直にBTOメーカーのゲーミングPCでOK

2番を補足すると、元々グラボ無しのノートを分解してもカードを内蔵できるような設計にはなっていないはずなのでThunderbolt接続などで外付(ディスクリート)にする必要があり、それ用のケースは実売3~4万円する+デスクトップ用のグラボ代になるのでコスパ悪い。更にCPUがCore i7か相当のRyzenでなければ厳しいはず。

動作環境について

グラフィックが3Dでぬるぬる動くゲームは、たいていの場合動作環境最低要求スペック推奨スペックがどこかに書かれております。と思ったけれど公式に記載がないので会社のページより。

  • 対応環境[Windows]OS Windows 7以上 (64bit)、CPU インテル Core i3, 2.00GHz以上、メモリ 4GB 以上、グラフィックカード Intel HD Graphics 4000以上、DirectX11、ブロードバンド接続
  • 推奨環境[Windows]OS Windows 10以上 (64bit)、CPU インテル Core i7 3.20GHz以上、メモリ 8GB 以上、グラフィックカード GEFORCE GTX 950以上、HDD 10GB以上、DirectX11、ブロードバンド接続

対応=最低と思えば良く、推奨=ぬるぬる動かしたいなら最低このくらいと解釈を。グラボを見た感じでは結構ハードル低い、それにしてもインテルHD~(CPU内蔵)でも行けるとか3Dゲームにしては珍しい。

具体的には、ノートPCならばCore i7と内臓グラフィック、または今なら第10世代以上のCore i7-1xxxGxのような5桁の後ろに「G」が付いたやつならば最低の方をギリクリアしているレベル。

または私のメイン(デスクトップ)PCもギリ最低をクリア。

  • O/S:Windows 7 Professional 64bit
  • CPU:Xeon E3-1226 v3(3.3-3.7GHz) ※Core i5相当
  • GPU:Intel HD P4600 ※CPUに内蔵
  • RAM:8GB(4GBx2、PC3-10600)

インストール&プレイ

Windows版のインストーラ(20MB)をダウンロードして実行。

Eternal-00-instl.jpg

Cドライブ直下がデフォルト、そんなところに入られても困るのでこの後ゲーム入れのフォルダへ変更。よくわからないならC直下でも問題はございません。

起動するとダウンロードとインストール開始。まずは容量1.26GB。

Eternal-01-load.jpg

終わるとゲームスタートボタンが押せるようになるのでクリック。

Eternal-02-aut.jpg

同意すると今度はアップデートらしきインストールが始まる。

Eternal-03-load2.jpg

光回線でも数分かかったのだけれども、インストールしながら動画が流れるので暇しない。作り方上手い。

終わるとキャラクタメイキング。

Eternal-04-char.jpg

キャラゲーですな。

Eternal-05-char2.jpg

当サイトのおっさん多い率は高いのでこのハロウィンのキャバ嬢みたいなやつで参りましょう。

そしていきなりチュートリアルが始まってしまい、割と死にそうだったので終わるまでスクリーンショットできなかった。

Eternal-06-test.jpg

操作方法とフィールドの画面。

Eternal-07-ctrl.jpg

WASDキーで移動するタイプで、マウスでカメラ操作と右下のアイコンをクリックして直接攻撃や防御とか魔法を使うスタイル。Eで攻撃、Shiftで防御も。

やはり描画が厳しいと感じたのでタイトルへ戻り設定へ。

Eternal-10-set.jpg

品質が7になっていたので6から落として行き4でラグ(遅延)らなくなったけれど、まだ人が大勢いる場所には行けていないのでもう少し落とす必要があるやも知れず。フルHDでゲームはしないので解像度も落としております。

その品質4でキャバ嬢をズーム。画像は縮小していないので拡大はご注意。

Eternal-11-zm.jpg

グラボ無しでここまで描画できるとは凄い。このゲームが凄いのかIntel CPUの進化が凄いのかは不明。

モンスターハンターのような技術重視なアクションゲームではなくリネージュ2に近いいわゆるクリックゲーム。テクニック重視ではなく慣れとか惰性でやる印象があり、強くなりたければアイテムをリアルマネーで買うのでしょう。知らないけれど。

正直リネージュ2並におもしろくはなかった。

私はゲーム性重視なのでグラフィックにこだわらないけれど、これはキャラ萌え用のゲームだと思うのでグラボはガン積みで行くべきでしょうな。

2点気付としては、このWindows版エターナルはログインにパスワードとか要らない。メールアドレスさえ登録しておらず、クライアント起動してボタン押して行けば自分のキャラで始まる。

もう1つはロードが割と長いため、余裕があるならSSDへ入れた方がよろしいかと。アップデートで数GB落ちて来るものの、フォルダ内のサイズは今1.2GBくらいなので起動ドライブのSSDでも大丈夫そう。

 

無料ゲーなのだから入れて遊んでみるべし

PC詳しくないとのことなのでヘタするとパソコンやWindowsが壊れるくらい思っているのかも知れないけれど、無理なら動かないかコマ落ちひどくてまともに遊べないだけでPC側に被害が出ることはございません。

昔のMMOは月額制が主流で、いきなりカネ払わねば動作状況がわらない、ベンチマークが行けてもアップデートされた最新版とは違うなどの罠がありハードル高かった。

ところがスマホゲームの普及によりPC版でも圧倒的に無料のMMOが増えてアイテム課金やガチャ商売へ移行。面白いとか人とつながりができて無事ジャンキーになった後に課金すれば良いのだからまずやってみるべし。

ひどいやつになるとSteamというゲームダウンロード販売サイトは2時間以内かつ2週間以内のプレイなら問答無用で返品できるため、10個中8~9個くらいは返品しまくるクズも存在。私のことなのだけれども。

今でもいきなり月額のMMOはあるし、ファイナルファンタジーのようにまずソフト買えという強気なタイトルもあるけれど、ゲーム内課金なら基本無料、Steamは有料でも気に入らねば全額返品できる時代。

また、このエターナルの場合は元がスマホに合わせて作られていると思われ、わざわざWindows版でノートの押しにくいWASDキーやマウスを駆使してやらなくとも良いのではと思った。スマホ版試してみよの意味。

どうしても他のPCゲームもやりたいなどの理由でパソコンを買うならば、グラフィックの欄にGeForceRadeonと書かれているものを。RadeonはCPU内蔵もあるので絶対内蔵ではないGeForceがわかりやすい。

本体価格が高ければ高性能、コスパが良いのはデスクトップPC。エターナルレベルならノートは10万円~、デスクトップなら8万円~といったところ。

今月のオススメBTOパソコン

コメント(5)

>天野デザイン
エターナルのトップ画からしてどう見てもファイナルファンタジー。スーファミのカセットに描いてあった絵だコレ、という既視感が襲ってきます。

ASOBIMO GAMES|ETERNAL(エターナル)
https://asobimo.com/ja/games/eternal/

>アソビモ
12タイトルもあるのに知っている作品がひとつもありませんでした。Android 4.4くらいまで対応の古い機種でも遊べるゲームばかりなため、安い中古スマホ&格安SIMで運用している方には嬉しいラインナップなのやも。画質もやたら高い訳ではありませんからスペックもあまり要らないでしょうし。

エターナルはグラフィック周りが豪華なので、多少なりとも高スペックなスマホが必要っぽいですが。Android 7.0以上対応なので、3年前のスマホはギリギリセーフ。

>公式に記載がないので会社のページより。
公式にもDLページに書かれていますよ。最低動作環境と推奨環境が上下に併記されていて読みづらいですが。

ETERNAL(エターナル)|Windows版
https://dl.p-eternal.jp/pc/

DirectXのバージョンは11ですからレイトレーシング対応グラボの強みは生かせない模様。GTX 950程度のパワーで十分なら、RTXシリーズなぞ不要ですが。

>品質が7になっていたので6から落として行き4でラグ(遅延)らなくなった
数字を増減させるだけとは分かりやすい画質設定ですね。影の有無とか描画距離の近遠とかアンチエイリアスとか、細かく設定するのが面倒なときはパッと下げられる全体設定ボタンは助かります。

下へスクロールすると詳細な設定ができる点もポイント高し。簡単に設定したいなら1~7の数字を選ぶだけ、詳細を切り替えたければスクロールして各項目を変更。ここら辺が国産ゲームと海外ゲームの違いか。

なお私のR5 2600&RX 570ですと、4Kでもチュートリアルの4キャラ状態ならラグ無しで快適。

ベータテストからプレイしてました。
メンテナンスが多くて公式ツイッターの釈明ツイートでTLが埋め尽くされる系RPGですね

どれくらいひどいかというと1日目は1時間もサーバー解放されてなかったような…
メンテナンス作業を見守るだけの壁紙ゲー?

私的にはこのゲームはFPSではないのでゲームパッドでやりたいのですがね…キーボードやりづらい。
アソビモゲーはぷチクロ、イルーナはやったことはあるんですけど、正直全部ゲームとしては面白くないなぁと…

お友達とやってるうちはいいんですけど、そのうち皆飽きてやめてしまうんですよね。さて、今回はどれくらい人口を維持できるのだろうか。

そういえば、この会社のゲトリベはもう一生サービス始まらないのかな。もうこの会社やだ

>LUNA SEAは2000年までに学生以上な大人なら知らない人は居ないであろう、まだ日本の歌謡曲がまともだった頃の有名なバンド。
LUNASEAおよびXJAPANのギタリストSUGIZOさん、匿名でのSNS利用「禁止するべき」 : ツイッター速報
http://tsuisoku.com/archives/56814189.html
LUNA SEAといえばギタリストが匿名でのSNSにイチャモンを付けていましたねw

私も試してみましたが、キャラ作成を決定する直前に2回もネットワークエラーで落ちてしまうので、アンインストールしました

MMORPGはなぜ衰退してしまったのか : 汎用型自作PCまとめ
http://www.jisaka.com/archives/36801568.html
MMOつながりで
ヒツジ先輩はMMORPGが衰退してしまったのはなぜだと思いますか?

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

マウスコンピューター

高性能: ★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★★ 安定: ★★★

初心者: ★★★★★

令和時代の鉄板スタンダードなPC初心者向けメーカー。標準構成のバランス感覚が突出しており、私でさえケチを付けることが滅多にできない。性能の下から上まで幅広く実用的。

パソコン工房

高性能: ★★★★★ 保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★

初心者: ★★★★

性能とパーツの相場がある程度わかる人なら標準構成が多いのでコスパ重視で選びやすい。同じに見える同じ価格でも仕様の違いがどうなのか判る人には最適。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

10年以上前まではDELL=初心者向けの安いパソコン、それはもう通用しておりません。クーポン適用後が適正価格だと見抜けるパソコン詳しい人向け、または大人買いで割安になる法人向け。

日本HP

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★☆☆

コスパと性能以外にも見た目も重視したいならHPのノートも選択肢としてアリ。自社製造状態なのでBTO=ダサい印象は払拭されるかと。デスクトップは法人用、ゲーミングは海外向き。

ツクモ

高性能: ★★★★★ 保証: ☆☆

コスパ: ★★★★ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

昔のマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。機種が少なく特徴的な少数精鋭状態なので選べる人を選ぶが、それにしても選びにくい。

フロンティア

高性能: ★★★☆☆ 保証: ☆☆☆

コスパ: ★★★★ 安定: ☆☆☆

初心者: ★★★☆☆

フロンティア神代の解散後、現所長のパワハラがひどいとタレコミが複数あり、私から内情を運営会社へ伝えると逆ギレされて私を訴えるぞと謎すぎる返しがあり困惑中。

サイコム

高性能: ★★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★★

初心者: ☆☆☆☆☆

PC自作しない中~上級者向け、昔ながらの2chおっさん御用達な鉄板メーカー。動かない構成でも購入できるので初心者にはおすすめ不能。量産系BTOのようにコスパ悪くならないのでサイコムだけは自由なカスタマイズを激しくおすすめ。


※ドスパラはパーツの偽装疑いを誤魔化したり取引先を勝手に切る信頼性暴落した事件があり掲載中止(2020.11.26)

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
格安SIMなb-mobileを勝手に評価
格安SIMなLinksMateを勝手に評価

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。