国内大手メーカー秋冬モデル発売で富士通がMR対応

2017年10月19日

NECと富士通、ついでにレノボより新製品。

ついでにというかレノボが全部出した感があるものの、見た目は一応国内のLavieやFMVなので触れないでおきましょうか。第8世代Core iシリーズの解禁に合わせたのでしょうな。

中でも富士通がMRに対応している辺りが見どころか。

国内大手メーカー2017年の秋冬モデル発売

富士通は3記事。

まさかの2in1無し。需要の低さと用途の無さにようやく気付いたか。

上2つのノートはいずれも8千番台の第8世代Core i7またはi5が搭載されており、ノート用なので6コアなどでは無く4コア。しかしi7とi5いずれも4コア、そしてなぜかどちらもHT対応の最大8スレッドとなっております。インテル狂ってる、のか?意味が解らない。

2in1が無い以外にノートは全モデル共通でストレージがSSDとなっている点が新しい。一体型は録画も見越して相変わらずHDD 1TBが搭載は的確だと思った。

価格は16~22万円くらいと予想されております。BTOならゲーム用PCが買えてしまうけれど、ゲームしないものの金は出したい高年代向けでしょうな。経済的に良い流れなので無理にBTOパソコンとか勧めない。

NECは2記事。

こちらも第8世代Core iシリーズを搭載しており2in1無し。もちろんタッチ操作にも対応していないので需要と用途の(もういい?

富士通が最軽量とか13.3型モバイルで出しているに対し、NECはどちらも15.6型なので半据え置き。

私はデザインにこだわらないし、国内大手メーカーのデザインはレッツノート以外良いと思った事が無いけれど、新しいLAVIEは良いと思った。

LAVIE-Note-NEXT

こういう、HP(ヒューレット・パッカード)風な角い見た目が好き。逆に流線型好きとかApple信者には受け入れてもらえないでしょうな。

富士通のノートが全部SSDに対してNECはHDDとの2ストレージや普通にHDD、またはSSHDと容量にこだわっている模様。半据え置きならば容量が必要と考えたのでしょう。

価格は税別18~21万円。富士通もそうだけれども、どうしてもこれら国内社名のノートが欲しい、しかし予算オーバーなら来年1~2月まで待ちましょう。半額近くまで値下がるはず。金があるなら今すぐ買うか今夜買いましょう。

親玉のレノボは1記事。

13.3型モバイルノートと11.6型の更にモバイルしたノート。レノボにしては珍しいかも知れない、これまた2in1無し。需要(略

CPUがCore i3~i5となっており直販価格は約10万円とのことなので、いきなりクーポンしているのだろうと直販サイトへ行ってみたものの、これを書いている現在は店頭モデル(価格非掲載)のみで不明。

富士通などと比較すると安く見えるけれど、レノボにしては高い。だいたいASUS、Acer、Lenovo、時々Satellite(東芝)は安い印象が今まで強かったからでしょうな。

Huawei(ファーウェイ)にしてもレノボにしても、中国企業のパソコンが10万円超えは日本ナメられていそう。

 

富士通がMR対応と同時にDELLもHMDセット予約開始

ところで富士通が国内メーカー初と言われるMRセットを発売しております。

富士通、Windows MR対応HMD付きの15.6型ノー - PC Watch
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1086273.html

AH-MR-B3

DELLのセットに似ている件。

Dell コミュニティ
http://ja.community.dell.com/dell-blogs/direct2dell/b/(略)

dell-visor-with-con

ディスプレイの窪みの形が違うもののコントローラーは似ているというより同じ物では無かろうか。サムスン製品もそうなのでOEMなのかも知れない、ならば富士通=国産とは言い切れない可能性。

Windows 10のFall Creators Updateが10月17日開始なのでそれに合わせて発表や予約開始としたのでしょうな。

略語が多いのでおさらい的に。

  • HMD・・・Head Mounted Display:上の画像のゴーグル部分
  • VR・・・Virtual Reality:仮想現実
  • MR・・・Mixed Reality:複合現実
  • AR・・・Augmented Reality:拡張現実

VRは映像全部が現場とは違う3D映像。ARは現実の一部に3D映像を映し出す技術。MRはその中間と言いたいけれど少し違い、ARのように現実の世界に映し出されている+立体的なので、後ろへ回ると背後が見えるような違いがございます。

スターウォーズでレイア姫とかオビワンがホログラムで登場する、アレのもっとリアルな感じになるのだろうと思う。

問題の性能はVRが高性能なグラフィック機能を要するに対し、ARやMRはそうでも無く、富士通のMR対応ノートを見るとグラボ非搭載、CPUに統合されているIntel UHD Graphics 620で動く模様。

但しメモリの要件は最低8GBだったと記憶しておりもちろんクリア。VRとAR&MRはやや別物と認識するべきでしょうな。

 

今から買うならもちろん夏モデルが狙い目

NEC製品などを買う人は価格よりブランドとか、10万も20万円もそう変わらない金持ちだろうから的外れかも知れないけれど、秋冬モデルが出たという事は同時に夏モデルの在庫処分時期。

3ヶ月前に実売17万円の物が12万円以下とかザラになってしまうタイミングなので、どうしても国内メーカーのロゴとかブランド名が印字されたパソコンが欲しいなら今。

店員はきっと最新の第8世代おすすめと言って来るだろうけれども、今やノートPCで良い程度の用途ならば確実にオーバースペック。第7世代でもCore i5以上は必要以上の性能なはず。

例外としては、Core iシリーズでも省電力重視なやたらとクロック(GHzの数値)の低い物はやめた方が良く、どうしてもMRで遊びたいならそれなりの高性能にしておいた方が良いくらい。

問題は、「MR来るのか?」という疑問。

個人的にはVRは徐々に普及し3~4割くらいまで行くと思う、その理由は2次元のCGに萌える事ができる属性や金持っているおっさん達がアダルト動画目的に金を注ぎ込みそうと予想しているため。

しかしMRはやや違い、全部CGで作られるだろうからVRほどの需要が無くリアルなAR、またはARの延長となるはず。ならばそれは一体何を目的に作られたものなのか?が今のところ不明。

入れ物が先に登場し、これから何を入れるのかを皆で考えているところ。ならば、3Dテレビに似た感じでフェードアウトする可能性がありそう。

新しい物好きにはMRおすすめ、Windows 10 Fall~アップデートおすすめ。一般向けとしてはまだ数年は待ちだろうと考えております。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメント(2)

□.パソコン 特に、タワー型の場合
映像編集の場合(エンコード)する場合は、グラフックボード CPU メモリーは、多めでないと、
    ・・・・ 長時間かかる。

倍の時間以上に、かかる。

グラフックボードの良いのが良いです。

なので、
次回 購入するタワー型は、性能の良い ゲーム用にします。

ノート型は、性能が低くても、 エクセル・ワード 会計ソフトは、十分動作する。

>録画も見越して相変わらずHDD 1TBが搭載は的確
録画用のHDDに1TBは私の感覚だとけっこう少ないと思うのですが、そうでも無いのですかね。とりあえず録画を繰り返して、1年くらいで埋まりそうなイメージがあります。ちなみに1TBなら、だいたい100~200時間くらい録画できる模様。

ナスネオンラインマニュアル - 録画に必要なHDD容量と録画可能時間の目安
http://manuals.playstation.net/document/jp/nasne/recorder/rectime.html

>新しいLAVIE
LaVieは皆そうなのかもしれませんが、キーボードの左下隅が「Fnキー」は嫌いなデザインです。左下隅はCtrlキーで、隣にFnキーを希望。

>レノボ
13.3型の方が320S、11.6型の方が120Sだそうで。落ち着いた色ばかりで塗装は良さ気。ただし120Sの方はAtom系のCeleron N3350を採用しているため、安いですけれど用途が非常に限られますから注意。

>MR来るのか?
需要を待っているだけでは来ないでしょうね。Windowsのアプリストアが大きな盛り上がりを見せないのと同じ。需要は作るもの。MRで欲しいと思わせるコンテンツを作り続けない限り、需要は無いまま。

YouTube - Magic Leap | Demos: Waking Up with Mixed Reality
https://www.youtube.com/watch?v=GmdXJy_IdNw

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。