4Kモニタが普及しない原因は価格より解像度に問題

2018年12月 4日

普及しない4Kモニタについて。

家電量販店のテレビ売り場は4K解像度が多いらしく、大画面のモノは4Kしか選択肢がないほどと言われるけれど、パソコンのモニタの4K解像度は売れてはいるけれど利用率が低め。

なぜなのか真面目に考えてみる2018年版。

4Kモニタ普及遅延は価格より解像度に問題

ソース不明ながら本当ならテレビの4K普及率は割と高め。2018年11月の記事より引用。

4Kの世帯普及率は1割に届いておらず

source:4K・8K 12月からスタート - 産経ニュース

1割届かずという表現ならば8~9%くらいは行っているのでしょう。「それで高め?」と思ったなら、この後モニタのデータ出す。

問題点を7項目考えた。下へ行くほど問題度が高いとして。

1.価格の問題では無さそう

ほんの数年前まで4Kモニタは10万円を切らない高級品だったけれど、現在は小型モニタなら3万円少々でもゲット可能。安い順でソートしております。

4Kモニタ安い順

source:【価格.com】パソコン | 通販・価格比較・製品情報

さすがに4Kで24型は厳しいと思うけれど、最安の43型はJAPANNEXTのJN-VT4300UHDという製品があり最安税込39,980円、レビューは3人、星平均4.36なのでまともな製品なのかと。

並行してフルHDモニタも値下がり幅が大きく、昔は平気で2万円以上していた相場が現在は24型くらいなら、売れ筋1位のiiyamaが1.4万、5位のBenQが1.2万円くらい。

21.5型フルHDモニタ3台分の価格で4台分の表示ができる43型4Kと思えば、インチあたりでコスパ考えると決して悪くはないはず。

2.コンテンツ不足が原因?

Steamの統計より。

4k-2018-steam

赤枠した4K解像度は全体の1.31%でしかなく、強引に3K超えの3440x1440も4K近いとして足しても1.72%で、Otherの中に幅3840ではない4096x2160があるとしても2%未満。

※「その他」としてまとめられるくらいなので、一覧最小値の1536x864の0.25%以下=上限0.25+1.72=上限1.97%

※3440x1440は4Kではないとするなら上限1.56%

範囲は世界、属性はゲーマーでこの状態では4K流行っているとは言えない。映像コンテンツに関してはテレビの方が向いているのでここではゲーマーをタゲった。

原因はいくつかあり、その中で最たる理由と思われることが「4K対応だからこのゲームを購入した」という人は滅多に居ないと思われるところで、普通は「欲しいゲームを買ったなら4Kにも対応していた」でしょう。

私の手持ちならば、3DアクションゲームのBAYONETTAと2D横スクアクションなThe Vagrantが4K対応しているけれど「へー」としか思わない。多分、4Kモニタ持っていたとしても4K対応かは重要と思わない。

ゲーマーに限らずとすると、以下は当サイトの4K抽出結果。範囲は11月28日より過去90日間とし、解像度の中で3840と4096の付くモノのみ抽出。

当サイト解像度集計

利用率は全体の0.26%でしかなくPCモニタ385台中1台。ユーザ数から新規ユーザを引き算すると105となり、90日間のデータなので「その105は全部コメント常連の庶民Aさんなのでは?」と思ったほどPC情強な兄貴達にも使われていないご様子。

3.技術的なハードルの高さ

色々あるけれど、個人的に調べるならこれが最も面倒と感じる。

ケーブルの種類で対応周波数が変わる

source:HDMIのジャングル - Qiita

上はHDMI、下は書かれていないけれどDP(DisplayPort)のバージョン別で対応している解像度や周波数が違い、4Kモニタで60Hz出そうと思えばそれぞれ最下段のやつが最低限必要。

技術面での問題は他にもまだある。

  • ※ケーブルは上記の通り
  • モニタ側が60Hz対応しているか?
  • マザーやグラボが4K60Hz対応か?
  • Windowsは10を利用しているか?
  • マルチモニタするなら対応可能か?

フルHDモニタのように「適当な安いケーブルで双方挿せば多分映る」とは違い、4Kは調べることも技術的な知識も必要になり高めなハードルが1つある。 

4.PC性能のハードルも高い

2つめのハードルは性能。ただグラボ取り付けて終わりではない。

ゲーム4Kベンチ比較

source:GeForce RTX 2080 Tiをテスト - PC Watch

ゲームを4Kで楽しもうとすると、トゥームレイダーの場合は18万円クラスのグラボでさえギリで60fpsに届いておらず、6万円クラスのGTX 1080でさえWQHDまで落としてもギリ60超えな程度。

ゲームしないなら問題ないとしても、ではゲームしないなら映像か?となり、映像なら4Kテレビで見れば良いのでは?となってしまう。 

5.PC利用時のモニタの距離

ここからラストまでの3つがどうにもならない。

job_programmer

source:かわいいフリー素材集 いらすとや

デスクトップPCの場合、私を例にするとモニタから目までの距離は約70cmを維持しており、仮に24型4Kモニタへ買い替えたとすると12型フルHDの大きさになってしまうため、モニタと目の距離が280cm、約3mの距離から見ている大きさになるのでハズキルーペが必要か。

ノートPCはもっと近い、30cmくらいだろうか。

computer_side_man

いずれも4K解像度はムリがある。 

6.大型モニタのサイズ問題

ではモニタを大きくすればよろしい。

43型4Kモニタ

43型4Kならば21.5型フルHDと同じ表示サイズになるため、70cmの距離から見ても操作は普通にできるはず。

ところが21.5型フルHDを正面に2枚横並び、その上へ21.5型フルHD2枚を横並びにしたレイアウトになるため、デイトレーダーでもなければ上が見づらい。

最大の問題点は43型4Kを70cmの距離で使うと見上げたり目線を上へ移動することになるため、肩こり持ちなら更に悪化する可能性があるところ。

私も昔はプロの肩こり師だったので、フルHDモニタの上部の高さが目線と水平になるよう座椅子と座布団で調整しております。これよち上にモニタが来るなら、もっと座面高くしなければならず、そうなると下が見づらいはず。

7.古いソフトウェア非対応

ラスト。4Kモニタ持っていないので上手く表現できないけれど、下はフルHDより1段階上の解像度であるWQHD、2560x1440であり、フルHDが75%にあたるやや高解像度モニタのスクリーンショット。

字が小さくて読めない

それを縦横75%へ縮小したので、パソコンから画像クリックして拡大し、フルHDモニタで見たなら実寸大。

この程度ではわかりにくいけれど、フルHDと比較するとアイコンの大きさに対してメールソフトのメニューが小さく表示されております。右のテキストはWindows 10の設定で1.25倍に拡大されているけれど、メニューやアイコンにまでは対応できない。

このように昔のソフトウェアはスケーリングによる拡大がされず手動で拡大したり、モニタの解像度を下げた方が使いやすくなってしまい、解像度下げるくらいなら4K要らない、となってしまう。

というわけで、デスクトップPCで43型4Kならまだアリだとしても、ノートPCで4Kは昔のソフトがまともに操作できない。

ノートで4K解像度にムリがあり、個人的には13.3型WQHDでさえストレスを感じるバランスだと判断しており、ノートで流行らない解像度がPCモニタの解像度として普及は難しいと思う。

 

4Kモニタ普及率は伸びても頭打ちする予感

総務省の調査を基準にすると、パソコンとスマホの世帯普及率は7割前後、対してポストPC時代とアホが大騒ぎしていたタブレットは5割満たず、4割台で頭打ちになりそうな状況。

なぜかは、タブレットを必要とするような使い方をする人が少ない、スマホとパソコンあれば要らない人が多いためと思われ、4Kモニタもタブレットと似た需要になるのではなかろうか。

こういう人限定。

  • 古いソフトは使わない、または拡大が苦にならない
  • 大画面モニタを首を振りまくり見渡す動作が苦にならない
  • どうしても4K解像度でなければならないコンテンツや用途がある

タブレットに置き換えるとこう。

  • 重くても苦にならない
  • 本体サイズがデカくても問題ない
  • どうしてもタブレットが必要となる用途がある

パソコンとスマホとフルHD解像度はこう。

  • 形態が適している
  • 用途にも適している
  • 多くの人の生活に溶け込めている

最近は、「実はデスクトップ用モニタはWQHDが最適なのでは?」論も見かけるけれど、ノートPCで流行らない解像度が普及するとも思えない。

4KモニタがあればあるでフルHDに落とせば良いので問題ないけれど、それなら最初からフルHDで良いのでは、となり、価格が同じになれば4Kモニタは売れるでしょう。4K解像度が普及するとは言っていない。

いつ頃から普及し始めるかは、現在の30代後半くらい以上の人間が老化して死んだりボケたりする頃だろうと思えば、本当の4K時代は50年くらい先なのか?と想像して笑った。

もっと早いのは間違いないでしょうな。まずは価格次第。同じになればフルHDが存在する理由がなくなる。但し4K解像度が普及す(もういい?

4K普及のウルトラC的には、マイクロソフトが気を利かせ、解像度フルHD超えのモニタが接続されている場合、初めて起動する32bitプログラムは「解像度どれにする?」と問い合わせて選択させ、以後その解像度相当で表示してくれるなら+フルHDモニタと同価格になれば4K利用率高まるかも。

Win10ムダ機能更新がご多忙だろうから考えもしないだろうけれど。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメント(2)

スタンダードハイスピードプレミアム
どこかの竜玉みたいに次々強くなっていくのが簡単に予想できてしまう状況で
このネーミングはあかんでしょうよ

>家電量販店のテレビ売り場は4K解像度が多いらしく
4Kテレビなんぞ30台中1台くらいしか無い in 埼玉の田舎

>さすがに4Kで24型は厳しいと思うけれど
・デフォルトのDPIでは厳しいどころの話では無いほど細かく見づらい
・DPIを大きく(150~200%)すると見やすくなる
・高DPIでは「画面を広く使えないけれどドットが細かいから綺麗」
・4割前後のソフトで表示に支障が出る(互換設定である程度は騙せる)

・コストパフォーマンスを求めるなら圧倒的にフルHD
・画面を広く使いたいなら4K
・デジカメで撮った写真を細かくデジタル加工したいなら4K
・高解像度(フルHD超え)の動画をキレイなまま見たいなら4K
・フルHD以下の動画ならフルHD(4K画面だとフルHDの4倍ボヤける)
・高スペックPCで4K解像度のゲームをプレイしたいなら4K

>最安の43型はJAPANNEXTのJN-VT4300UHDという製品があり
私的にあまり安い4Kは「画面解像度が高いだけ」でしょうからお勧めしません。PCで言うなら「コア数が多いだけのAtom」みたいなもの。ディスプレイの性能は画面解像度だけで決まる訳では無し。

ドン・キホーテの4Kは記憶に新しいところ。

the360.life|三代目でまさかの退化…悲劇のテスト結果を本音公開【ドンキの4K】
http://the360.life/U1301.doit?id=4003

>4K対応
基本的に大手メーカが出している作品ならどれも4K対応ですね。モンハンみたいな画の迫力を重視するゲームなら4Kを求めるのもアリかと。ゲーマーなら「5万で4K」より「2万のフルHD×2」を選びそうですが。

>モニタ側が60Hz対応しているか?
ちなみに対応していても、モニタのメニューを呼び出して機能をONに切り替えないと30pのままなこともあり。動体視力がヘボい私の目でも30p環境でアクションゲームをプレイしたら残像が気になったので、ゲームが主目的なら60p対応環境の完備を推奨。動画は見比べないと違いは分からず。

>古いソフトウェア非対応
スケーリングに関しては、

実行ファイルを右クリック→プロパティ→互換性タブ→高DPI設定の変更→高DPIスケール設定の動作を上書きします

で誤魔化せる場合も多し。古いゲームで「表示位置とボタンがズレているため押せずプレイができない」とか「テキストが消えて読めない」とかが解消できる、可能性があり。

私の環境だとFlexibleRenamerが顕著。画像上側が適用前、下側が適用後。

https://i.imgur.com/GHSRBt1.jpg

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ

Windows 7サポート終了は2020年1月14日


カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。