BTOをやめたオンキヨーPC事業に未来は有るか?

2014年11月21日

久々のオンキヨー話、おそらく今回が最終。

Windows 7の頃から当社のタブレットPCはスレート(キリッ と気合を入れており、当時はBTOパソコンも潤沢に有ったけれど、現在はWindowsのスレート作戦は壊滅しデスクトップは消滅、更にBTOカスタマイズも無し。

新製品の広告が目に入った為、これをネタにしてラスト。

オンキヨー、省電力CPUとSSD搭載の本気ノート発売

新製品はこちら。

ONKYO R5A-55C5S8P

souce:http://onkyo-ds.com/fs/smile/r5a55c5s8pset

目に付く箇所は、右下の豪華2大特典。

マカフィー1年無料はまだ良いとしても、キングソフトオフィスのガイドブックPDF無料ダウンロード権は豪華どころか特典とさえ言えるのか疑問。

ちなみに市販単品のマカフィー1年は約4千円、キング~2013フォント同梱版は約6千円、ガイドブックは500円なので計1万円くらいの価値。キングソフト3千円くらいと思っていたので高額さに驚いた。

今時のパソコンは買い替え需要なのだから、セキュリティソフトは旧PCのライセンス期間が残っているだろうし、キングソフトで良い人は既に所有していると思われ無駄。しかしPCの買い足しなら、マカフィーやキングソフトを試して見るには良いかも知れない。

主な仕様は以下。

  • OS:Windows 8.1 Pro 64bit
  • CPU:Core i5-4210U(1.7-2.7GHz、2コア/HT、3MB、TDP15W)
  • マザー:※チップセット:CPUと一体<?
  • グラフィック:インテルHDグラフィックス4400 ※CPUに内蔵
  • メモリ:8GBx1(PC3-12800、DDR3 SO-DIMM)
  • SSD:256GB(SATA3、MCL)
  • 光学:※無し
  • モニタ:13.3型(解像度:1920x1080
  • 無線:IEEE802.11ac/a/b/g/n対応、Bluetooth 4.0+HS
  • 有線:ギガLAN対応、USB3.0x1、USB2.0x1 など
  • バッテリ駆動:約6.1時間 ※JEITA測定2.0
  • 重量:約1.44kg

フロンティア臭が漂っております。オンキヨーがインテルと共同開発した別物のCPUで本当にチップセットを内蔵しているなら失礼。一応証拠写真。

R5A-55C5S8Pチップセット

オンキヨーでノートPCを買う人がチップセットを気にするとは思えない為、まあ良いとしましょう。少し詳しい人なら、このメーカー大丈夫なのか?と不安になると思った。

構成は全体的に性能が盛られており、DVD無しや無駄にグラボが載らない辺りはバランス良好。13.3型フルHDは個人的に解像度高過ぎと思うけれど、この組み合わせが良い人も多いとしてスルー。

特長は無線LANがaどころかacにまで対応している辺り。足りない気がする所は、USBが計2本なので、マウスでUSB2.0が潰れるとするなら3.0が1本しか残らない。

省電力で高性能、特にSSD 256GBは、従来のノートPCの標準構成の壁を超えた感が有り、高めに評価出来ましょう。

しかし、価格も高めで税別10,9800円との事。CPUのCore i5-4210Uがトレイ281ドルもするのだから10万円超えは当然、とは言えない。

 

価格と性能をマウスコンピューターのノートPCと比較

価格と性能で比較するならマウス、というわけで先に性能から。

Core i5-4210U搭載の仕様で価格を比較

LB-J300S-SSD

オンキヨーの仕様とほぼ同じ。細かな違いを挙げると、マウスノートは

  1. メモリが同じ8GBでもデュアルチャネル
  2. USBが1つ多く計3本
  3. 無線LANのa/ac非対応
  4. Bluetooth 4.0がLE(オンキヨーはHS)
  5. バッテリ駆動時間が1時間短い
  6. マカフィーが1年では無く3ヶ月
  7. キングソフトオフィスの付属無し

1と2はマウスの勝ち、3~7はオンキヨーの勝ち。これらの差で2万円高額でも良いなら、オンキヨーのノートでもよろしいかと。送料無料と有料の違いも有り、正確には1.7万円差。

個人的には、オンキヨーの利点と言える部分が全て不要な為、私ならマウスで3年保証を付けてオンキヨー製品より1万円安く購入すると思った。

ちなみに、マウスは画像のように時々入荷待ちモードに入る事が有り、部品切れか棚卸しか知らないけれど、数日待てば販売再開するご様子。

税別109,800円のノートPCと性能を比較

MB-T700B-SH

約11万円のモデルはいくつか有るものの、SSDを外したく無かったのでこれで。

CPUはCore i7となりクロック最大3.5GHzまでパワーアップしており、PassMarkのスコアで比較するなら、i5-4210Uが3,429に対しi7-4710MQは7,973となっており2倍以上も優秀。

ゲームをしないなら無駄にGTX 860M(VRAM 2GB)が搭載され、SSDは128GBになるもののHDD 500GBも搭載。しかもDVDスーパーマルチまで装備のトリプルドライブ状態。

モニタは15.6型でフルHDは普通としても、ノングレアは反射嫌いな私のような人間には大きな利点。

オンキヨーは価格で勝負すると負けてしまい、性能を合わせても付加価値の部分が微妙。カスタマイズという利点も無くなっている為、なぜオンキヨーで購入する必要が有るのか理解出来ず。

モニタの下と背面にONKYOロゴがプリントされている為、一部のオーディオマニア、オンキヨーファン向けの製品と言えども過言では無いでしょう。

 

BTOをやめたオンキヨーPC事業に未来は有るか?(まとめ)

さすがにここまで来ると潔く終わらせた方が良いと思う。

オンキヨーのパソコン歴がどのように育ち廃れたかを流れにすると、

  1. 昔々、工人舎という妙なPCを安く販売するメーカーがございました
  2. 中国で買収など色々有り、ソーテックというメーカーへと進化
  3. ソーテックが日本国内のパソコン市場で価格破壊を開始
  4. 品質の問題が目立ちソーテックブランド消滅、オンキヨーが一本化
  5. オンキヨーが本気を出すも需要の的外れにて現状の有り様へ

省略し過ぎており失礼。

全盛期は3番の頃のソーテックで、あまりのパソコンの安さに国内で一躍有名になった時期。しかし品質に問題有り、悪い意味でも有名になり経営が難しくなったと推測出来るところ。

それを払拭する為に、オンキヨーはSOTECというブランドを消したのだろうと思うけれど、PCメーカーとしての知名度まで消えてしまった上、間違った方向で時代を先取りし過ぎて自爆。

ハズレるONKYO、BTOメーカー初のスレートPC
https://btopc.jp/select/onkyobtopc.html

一時期はノート2種類を細々と販売していた頃が有り、カスタマイズまで消えており、現在はノーブランドに近い割に高額な先行き不安なBTOでは無いメーカーという印象。

オンキヨーと言えば音響機器。デスクトップPCで自社のサウンドカードやDACを取り付け、スピーカーなどをカスタマイズ出来るなら方向性として正しいと思うものの、Windows 8系不況によるPC市場縮小、追い打ちで消費税増税と円安のダブルパンチで時期が悪化。

デスクトップの量産は国内BTOメーカーが強く難しい、ノートPCを薄利多売するにもここまで縮小したなら他社と競合するには無理が有りましょう。

2014年11月現在のタブレットはWindows無し、Androidが2機種。※左は中央のモデルのまとめ買いセット

オンキヨーのタブレット

source:http://onkyo-ds.com/fs/smile/c/tab

パソコンはデスクトップ0、ノートは予約販売含め8機種。

オンキヨーのパソコン

source:http://onkyo-ds.com/fs/smile/c/pc

潰せない大人の事情が有るのかも知れないけれど、私がオンキヨーならMCJ辺りにPC事業を安く売り、修理含むサポートは丸投げすると思った。

以上。デスクトップ無し、エプダイ並に高額、特徴も無くなってしまったオンキヨーを今後ネタにする事は無いでしょう。

リンク用ソース

コメント(4)

>BTOをやめたオンキヨーPC事業に未来は有るか?
でもソレ仮にやめなくても未来無いと思うんですが(小声)

>マカフィー1年無料はまだ良いとしても
ソレも普通に良くはないんでw

>キングソフトオフィスのガイドブックPDF無料ダウンロード権は
>豪華どころか特典とさえ言えるのか
むしろ嫌がらせじゃないですかね(白目)

>PCの買い足しなら、マカフィーやキングソフトを試して見るには良い
要らん世話やw

>主な仕様は以下
出たよU付

>本当にチップセットを内蔵しているなら失礼。一応証拠写真
一体ってなんやw 溶接してあるいうことかいな

>マウスでUSB2.0が潰れるとするなら3.0が1本しか残らない
USB少ないの嫌ならデスクトップ使おうな

>特にSSD 256GBは、従来のノートPCの標準構成の壁を超えた感
そうかな

>しかし、価格も高めで税別10,9800円との事
ソレ壁超えてないからw 価格高めならどこでも256GBに出来るからw

>CPUのCore i5-4210Uがトレイ281ドルもするのだから
3万出してU付とかほんとつまんない投資だと思うの

>メモリが同じ8GBでもデュアルチャネル
考えようによっちゃ自分で16GBにする予定なら8GB×1のほうがエエよね

>USBが1つ多く計3本
多いにこしたことないからこれはマウスの勝ちぃ

>無線LANのa/ac非対応
有るにこしたことないからこれはマウスの負けや

>Bluetooth 4.0がLE(オンキヨーはHS)
これは影響あんまないと思うな そもそも青歯の機器自体が少ないし

>バッテリ駆動時間が1時間短い
こたつトップには関係ないな(重要)

>マカフィーが1年では無く3ヶ月
3ヶ月ってソレ単にトライアル版てか試用版なだけですよね
ちな、残り1ヶ月からの更新しろ言う脅しポップアップのウザさは異常

>キングソフトオフィスの付属無し
むしろ最大のアドバンテージはコレやな(確信)

>これらの差で2万円高額でも良いなら、オンキヨーのノートでもよろしい
訳:情弱養分乙

>マウスで3年保証を付けてオンキヨー製品より1万円安く購入する
今日の結論書いてあるところココな

>部品切れか棚卸しか知らないけれど、数日待てば販売再開する
円安だし極力在庫抱えない方針なんじゃね(適当)

>i5-4210Uが3,429に対しi7-4710MQは7,973となっており2倍以上も優秀
これでこそSSDにした意味が活きてくるのよ

>GTX 860M(VRAM 2GB)が搭載
まったくもって正しい選択だな(迫真)

>SSDは128GBになるもののHDD 500GBも搭載
最初からデュアルストレージはさすが
むしろ自分でSSD買って換装するからHDD一個のみの構成で買いたい

>ノングレアは反射嫌いな私のような人間には大きな利点
えー今ノングレアあるの? 自分買った時その選択肢無かった(白目)

>なぜオンキヨーで購入する必要が有るのか理解出来ず
理解しなくてエエんやで あえて言うと情弱なだけや(小声)

>モニタの下と背面にONKYOロゴがプリントされている
むしろ無い方がいいんじゃないですかねソレはw

>オーディオマニア、オンキヨーファン向けの製品
そこに向けるのはいいとして、果たしてソレはそれなりの需要が期待できるところなんですかね(震え声)

>さすがにここまで来ると潔く終わらせた方が良いと思う
始まってすらないと思うんですが(正論)

>全盛期は3番の頃のソーテックで、あまりのパソコンの安さに国内で一躍有名
>しかし品質に問題有り、悪い意味でも有名になり
イメージで言うとSotecでMeとか配牌で役満的な何かw
無論「平和」とは程遠いわけだが(白目)

>間違った方向で時代を先取りし過ぎて自爆
もっとも、その「先」とやらもずっと来ないと思うんですがw

>ノーブランドに近い割に高額な先行き不安なBTOでは無いメーカー
ソレ長いからなんか造語にしてどうぞw

>Windows 8系不況によるPC市場縮小、追い打ちで消費税増税と円安
そうやって並べてみると時期が悪いってレベルじゃないなw

>ノートPCを薄利多売するにも
なおONKYO化以降薄利で売ろうとしたことなどない模様

>左は中央のモデルのまとめ買いセット
自分でハードル上げるとかエラいな(棒

>私がオンキヨーならMCJ辺りにPC事業を安く売り、修理含むサポートは丸投げ
マウス『http://blog-imgs-42.fc2.com/a/a/7/aa7474/a18.gif』

>デスクトップ無し、エプダイ並に高額、
>特徴も無くなってしまったオンキヨーを今後ネタにする事は無い
左枠の一覧には元から入って無いから消す必要は無いなw

>右下の豪華2大特典
豪華って言いすぎなような気がするw

>キングソフトオフィスのガイドブックPDF無料ダウンロード権は豪華どころか特典とさえ言えるのか疑問
おまけですよねーw

>オンキヨーがインテルと共同開発した別物のCPUで本当にチップセットを内蔵しているなら失礼
SoCなんじゃない?w(適当)

>価格も高めで税別10,9800円
桁が1つ少ないかとオモタw それだった逆の意味で祭りだなぁw

>無線LANのa/ac非対応
親機もac対応じゃないと意味ないしw

>Bluetooth 4.0がLE(オンキヨーはHS)
どっちが良いか分からんw

>マカフィーが1年では無く3ヶ月
ウィルス対策ソフトを持っているのなら大した差じゃないと思うw

>私ならマウスで3年保証を付けてオンキヨー製品より1万円安く購入する
ですよねーw

>CPUはCore i7となりクロック最大3.5GHzまでパワーアップ
>ゲームをしないなら無駄にGTX 860M(VRAM 2GB)が搭載され
CPUとGPUの性能が高いだけで勝利じゃないw

>性能を合わせても付加価値の部分が微妙
マカフィーとキングソフトじゃねぇw

>モニタの下と背面にONKYOロゴがプリントされている
どうでもいいw

>デスクトップPCで自社のサウンドカードやDACを取り付け、スピーカーなどをカスタマイズ出来るなら方向性として正しい
DTM用PCとかは?w そっちの方面じゃないから無理かな?w

>Windows 8系不況によるPC市場縮小、追い打ちで消費税増税と円安のダブルパンチで時期が悪化
XP買替需要の終了も追加でw

>タブレットはWindows無し、Androidが2機種
今見に行ったらWindowsタブレットも増えていましたよw

>パソコンはデスクトップ0、ノートは予約販売含め8機種。
OSの違いと付属品でバリエーションを増やしているだけだから実質2種類だと思うw

>キング~2013フォント同梱版
MSオフィスに含まれるHG系(RICOHのフォント。HG、HGS、HGPが頭に付く)のフォントが同梱ですから、やや価格が上昇するのもやむを得ず。Excel系とWord系のみのシンプルバージョンなら3,980円な模様。2010年に私がPersonalを購入した際は3,480円でしたから、値上げしているのは確か。

>チップセット:CPUと一体
メモリコントローラが内蔵されているから、広義ではチップセット(機能の一部)がCPUと一体、と表現しても間違いは無い気がしないことも無いです。

>マウスでUSB2.0が潰れるとするなら3.0が1本しか残らない
本機はBluetooth内蔵ですから、マウスはBluetooth接続の製品を使うのがスマートかと。ノートPCでBluetoothを利用する機会は、ファイル転送かマウスを接続くらいしかありませんし。

>i5-4210Uが3,429に対しi7-4710MQは7,973

コア&スレッド数:2コア4スレッド……4210U、4コア8スレッド……4710MQ
動作クロック:1.70~2.70GHz……4210U、2.50~3.50GHz……4710MQ
キャッシュ:128KB+512KB+3MB……4210U、256KB+1024KB+6MB……4710MQ

性能的には2倍の差がありますから、スコアに2倍の差が出るのも納得。通常用途で2倍の速度差を感じる事はないでしょうが、GTX860M(デスクトップ版のGT740~GTX750くらいな性能)を搭載しているため、ゲームをプレイする機会があるなら2倍以上の速度差を感じるでしょうね。


>自社のサウンドカードやDACを取り付け、スピーカーなどをカスタマイズ
もう遅いと思います。初音ミクに代表されるボーカロイドが起爆剤となり、DTM界隈が賑わっていた時代ならよもや、という期待もありましたけれど、ひととおりネタは出し尽くして落ち着いてしまった現在では、ONKYOが音楽PCメーカとして躍り出るチャンスは皆無です。そもそも一般的なPCユーザは、音楽に興味はあっても、音質に興味はありませんし。


個人的には、今どきの機種な癖に「※15 SDXCタイプのSDカードは使用できません。」というSDカードスロットの仕様はかなり残念ですね。

初PCがSOTECでしたね、思い出のPCです。
当時週5-6で部活してましたので、夜にしかバイトできず苦労しました。
win98の頃で、14万円くらいだったはず。

バイト代を貯めて買いましたが、他メーカーの同等品(当時の知識ですからメモリとHDD容量くらいしかわかってないはずw)と比べて4-5万円くらい安かったと記憶しています。

サポートも受けることがなかったので、世間の悪評はまったく実感しませんでしたね。
フリーズどころか、boot device見失おうがBSODくらおうが即リカバリ
かけてましたw
まぁwin98ですし……当時は高校生ですから熱情だけは。

なんかノスタルジックな気分になりましたw

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

期間限定の特集など


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

広告

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。