メモリもSSDもSDカードまで価格下落する2019年春

2019年4月 3日

下がり続けるフラッシュメモリ価格。

フラッシュメモリと言えばDRAM、とは言い切れず最近はスマホの方で需要が高く、しかしそのスマホの売れ行きが停滞して来たらしくメモリ余りまくる状況となり暴落の一途な2019年春。

適当に見て参りましょう。

価格下落が止まらないNANDフラッシュ市場

3月下旬のニュースをいくつか。

16GB×4枚組が数量限定で税込み18,980円、8GB×2枚組は9,000円割れ

source:DDR4メモリ 16GB×4枚組が衝撃の18,980円を記録、全体も下落傾向 - AKIBA PC Hotline! 

さすがにここまで来るとワケがわかりませんな。

16GBx4の方は割り算すると1GBあたり297円、8GBx2の方が通常の現在の相場と思われ1GBあたり563円。私がDDR3メモリを購入した頃が過去最安で当時1GBあたり500円と記憶しており近付いております。

値が下がればセルフサービスで背中を押される需要にも納得。

PCパーツ需要

source:スマホ需要減によるNAND価格崩壊SSD活況 - PC Watch

マザーとCPUがだいたい100%前後に対し、メモリは12月から、SSDは最初から100%を軽く突破し続け中。グラボはマイニング葬儀の影響か。

その影響はSSDやメモリ以外にNANDフラッシュつながりでSDカードも。

SDカードも同じく大幅な値下がり

source:Micron産業向けmicroSDカードが値下がり - AKIBA PC Hotline!

ここ数年、デジカメ代わりにスマホで撮影するようになってからSDカードに縁がなかったのでここまで大容量があることさえ知らなかった。後で出るけれど400GBも存在。

256GBが1年前のSSD価格くらいで比較的安く手に入る以外、32GBでさえ大容量と感じるので1,780円、しかも税込でこれとは割と衝撃的。

仕入れ値に関して。

もっとも大きな下落幅を記録した256Gb TLC NANDでは、1GBあたりの価格が0.08ドルを下回った

source:NAND価格下落で1GBあたりの価格は9円以下に - PC Watch

256GBx0.08ドルは20.48ドル、111円換算すると2,273円くらい。

コントローラなどがフラッシュメモリ部分以外が約2千円と思えば、なぜ大容量なほど割安にならないのか不思議。どうでも良いけれど2048セントはフラッシュメモリらしい数字。

今後どうなるかの予想も。

サプライヤーはPCIe SSDに注力し、成長余地があることからサプライヤーの競争も激しくなり、契約価格もあおりを受けて下落するとしている。

いつかはPCIeにしようと思っている私には朗報、いいぞもっとやれ感。

 

メモリは過去最安近くなりSSDは最安更新中

価格コムを見て来た。見出しのリンクでそこへ飛ぶ。

価格.com - SSD 人気売れ筋ランキング

容量別の価格帯おおよそ。最安で検索はせず人気ランキングを参照しており、以下は2.5インチSATA接続、カッコ内は1GBあたり。

  • 250GB・・・4千円(16円)
  • 500GB・・・8千円(16円)
  • 1TB・・・1.3万円(13円)

凄まじい値下がりですな。一昔前の価格が1段階下がったような形で、1年前に8千円で購入できる容量は250GBのはず。

また、1TBが最もコスパが良いところまで来ているようで、人気7位のcrucial MX500の1TBがやや高めな1.5万円ながら、それでも容量あたりの単価は500GB以下よりよろしい。

続いてPCIe、NVMe接続。

  • 250GB・・・※40位以内にナシ
  • 500GB・・・9千円(18円)
  • 1TB・・・2万円(20円)

こちらは性能、転送速度により価格が上下するので正確にいくら程度とは言い切れないので安さ優先、SATAの2倍以上のシーケンシャル叩き出すやつ限定。

コスパで考えると1TBへ移行する直前のように思えるが、全体的にSATAより高めなので割高な印象がございます。500GBで1万なら充分安い、私のメインPCのSATA 500GBは購入当時1.3万円くらいだった。

価格.com - メモリー 人気売れ筋ランキング

デスクトップ用DDR4 SDRAM、転送速度は無視。

  • 8GBx1・・・0.5万円(625円)
  • 16GB:8GBx2・・・1万円(625円)
  • 32GB:16GBx2・・・2万円(625円)

だいたいこのくらいで、8GBならもう千円、16GBは2千円安くなると過去最安クラスの相場になる。4GBとかナメた容量は40位以内にはなく、ほとんどが2枚組、1枚売りはSODIMM(主にノート用)ばかり。

DDR3も。

  • 4GBx1・・・2,400円(600円)
  • 8GBx1・・・4,600円(575円)
  • 16GB:8GBx2・・・8,800円(550円)

まだしぶとく販売中。

こちらはDDR4と比較すると低容量寄りとなっており時代の流れを感じる。

価格.com - USBメモリー 人気売れ筋ランキング

メーカーにより差が出る、無名なやつは除く聞いたことあるやつで全てUSB3.0にて。

  • 16GB・・・400円(25円)東芝、SanDisk
  • 32GB・・・500円(16円)東芝、SanDisk
  • 64GB・・・1,000円(16円)東芝、SanDisk
  • 128GB・・・1,700円(13円)SUPER TALENT
  • 256GB・・・4,600円(18円)SanDisk

凄まじいデフレーション。

もはや16GBでさえアホのように安く、コスパ考えると32~128GBにしろという割と大容量が主流と言えそう。

大手有名メーカーな東芝とSanDiskが安いので、他のNANDフラッシュ製造していないメーカーの方が高いという。

価格.com - SDメモリーカード 人気売れ筋ランキング

SDカードは上位14までが全てSanDisk、サンディスクテロ状態。

  • 16GB・・・400円(25円)SanDisk
  • 32GB・・・500円(16円)SanDisk
  • 64GB・・・900円(14円)SanDisk
  • 128GB・・・2,000円(16円)SanDisk
  • 200GB・・・3700円(19円)SanDisk
  • 256GB・・・5,500円(21円)SanDisk
  • 400GB・・・9,200円(23円)SanDisk

コスパで考えると64GB。一体何に使うのかはスマホでしょうな。

 

記憶装置は何でもフラッシュ媒体の時代へ

太字がフラッシュメモリで過去から現在まで。

  • PC用記録装置:FD -> HDD&光学メディア -> SSD&HDD
  • 外付:カセットテープ -> FD -> HDD ->USBメモリ&HDD

HDDがしぶとく生き残ってはいるものの時間の問題と思われ、録画したり動画編集するような大容量必要変態以外はHDDなしでも生きて行けるようになるはずと思える出来事がフラッシュメモリ暴落。

どこまで下がるのか、いつ値上がりへ転じるのかによるとしても、値下がれば売れる、売れるならもっと値下げできる良い循環となり、NANDEMOフラッシュメモリになりそう。

先駆けてパソコン工房がノートPCを全部SSD標準にしていたり、BTOメーカーなら普通にSSDが搭載されているものの、大手ブランドは相変わらずHDD。

ノートPCで良い程度の使い方をしない人にこそSSDは重要と思うため、ますます大手ブランドのパソコンを買う理由が無く、BTOメーカーの方が良いとしか。

SSD&HDDの次はSSD&クラウドストレージか。この点ではパソコンはスマートフォンやタブレットに遅れを取っていると思った。

SSDの故障は一瞬で全データ吹き飛ぶと言われるけれど、それはHDDも似たようなもので、クラッシュすれば終わり。復旧にはクソ高いカネ払うハメになるので個人使用なら普通あきらめるでしょう。

何が言いたいか常連の皆様は飽き飽きであろう、HDDでもSSDでもバックアップしろ、で終わりましょうか。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメント(4)

昨年9月頃買ったcrucial MX500の500GBが1万強。
昨年2月にPCを組み替えた時のDDR4 4GB×2 が、やはり1万強。
メモリーは半額、SSDは2/3ぐらいですね。
コスパも大事なんですが、
SSDに1TBも要るか?とか、メモリーが16GB(8×2)もいるか?
とか考えてしまいます。
今まで足りないと思った事が無いですから。

少し前に確かCFDのDDR3-4GB×1を買いましたが、なるほど確かに価格は2,400円くらいでした。

>SDカード
私が持っている中で最大容量は、microSDの64GBですね。サムスンが1枚、トランセンドが1枚。撮影した写真を無線で飛ばすFlashAirを使い、コンデジで撮影時の転送先ストレージとしてタブレットに挿していました。

価格.com - 無線LAN対応のSDメモリーカード 人気売れ筋ランキング
https://kakaku.com/camera/sd-card/itemlist.aspx?pdf_Spec001=1

写真のSDカード、産業用って何だと思ったら「監視カメラやドライブレコーダーなどのカメラデバイス向けに特化して設計されたという高耐久仕様」なんだとか。最近のSDカードは、高速モデルで無い限り 64GBで1,000円、128GBで2,000円 くらいですから、単に写真を撮りたいとかスマホに取り付けたいとかなら、あえて写真の高耐久モデルを買う必要は無いですね。

>SSD
最初に買ったSSDって容量40GBのIntel製「X25-V」でしたが、確か1.3~1.4万円くらいで買ったような。購入時期は7~8年前。GB単価100円を切るのはいつになることやら、と思っていましたが10年も掛かりませんでしたね。

>SDカード
スマホ用にSANDISKの128GBを約2千円で先日購入。安くなりましたな。産業用は初耳で先生に聞いてみたら、フラッシュメモリがSLCなので高耐久を謳っているようですな。

産業用SDカードについて
http://suntech-corp.jp/download/appnote/sd-reference1.html

>SSD
Cドライブの480GBが半分ほど埋まってきたので1TBに換装を思案中。確か1.4万円ほどで購入した記憶があるので、GBあたりの単価が半額ですか。良い時代になりました。

>また、1TBが最もコスパが良いところまで来ているようで、人気7位のcrucial MX500の1TBがやや高めな1.5万円ながら、それでも容量あたりの単価は500GB以下よりよろしい。
私が使っているメインPCの起動ドライブ (SSD256GB) を換装しようと思っていますが、500GBにしようか迷うようになりますね…w
1TBは起動ドライブとしては多すぎとも思いますが、500GBで足りなくなる可能性も否定できませんね…w

>ノートPCで良い程度の使い方をしない人にこそSSDは重要と思うため
「ノートPCで良い程度の使い方しかしない人」が正しいと思いますw

>一体何に使うのかはスマホでしょうな。
Androidスマホの他、デジカメもありですねw

値下げの続くDRAM、第2四半期でさらに20%価格下落の見込み ~8GBモジュールは年末までに30ドルまで下がる可能性も - PC Watch
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1178065.html

Samsung製SSDが価格改定、定番モデルを中心に最大5,500円の値下がり (取材中に見つけた○○なもの) - AKIBA PC Hotline!
https://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/wakiba/find/1177/946/index.html

タイムリーな記事w

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
格安SIMなb-mobileを勝手に評価
格安SIMなLinksMateを勝手に評価

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。