マウスよりタッチパネル搭載一体型PCが約7万円で発売

2013年1月10日

マウスコンピューターより比較的安価なボードPCが発売。

シリーズ名は「Mouse Pro A」。昨年12月下旬発売で法人向けとされており、何がどう法人向けなのかは仕様の一部に特徴がございます。Windows8用タッチ操作対応の一体型パソコンとしては結構安い方。

適当に見て参りましょう。

タッチパネル搭載バッテリ内蔵一体型PCが約7万円

ニュースリリースはPC Watchより。

マウス、バッテリ内蔵マルチタッチ対応法人向け一体型PC-PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20121220_579623.html

1220-mousepro02-l.jpg

画像はこちらの方が面白かったのでマウスの公式リリースページより拝借しております。普通にキーボードとマウスが付き、立っている画像も有り。

Mouse Proは2年前の2月にマウスコンピューターが法人用として専用ページを作っているブランド。

Aシリーズは一体型PCを指しており、今見て来ると全てWindows8でタッチパネル搭載PCになっておりました。

価格は約7~10万円で3機種。その内、最安の最下位モデル(MousePro-A210E)より標準構成を引かせてもらいます。

  • OS:Windows8 Pro 64bit
  • CPU:Celeron B830(1.8GHz、2コア、2MB)
  • マザー:Intel HM76 Expressチップセット搭載
  • グラフィック:インテルHDグラフィックス ※CPUに内蔵
  • メモリ:4GB(PC3-12800) ※PC3-8500動作
  • HDD:320GB(SATA2、5400rpm)
  • DVD:スーパーマルチドライブ
  • 有線:USB3.0x1、USB 2.0x3、Gigabit Ethernet など
  • 無線:IEEE 802.11b/g/n、Bluetooth 4.0+LE
  • モニタ:21.5型(解像度:1920x1080) ※10点マルチタッチ対応
  • バッテリ駆動:約1.2時間

CPUやチップセットから判るように中身は完全にノートですな。キーボードとマウスが外付で画面が21.5型へ巨大化したと思えばよろしいかと。

法人向けとされる点はWindows8がPro。用途は主に無印ではドメインに参加出来ない為で、そういう社内ネットワークが無ければProで無くとも良いでしょう。

CPUとチップセットの組み合わせは、4万円前後かそれ以下のノートPCで採用の多い性能低めの物。

メモリ4GBx1やHDD 320GBは今や最低限とも言える容量で、これら未満になると逆に高くなってしまうのでしょう。

DVDはスーパーマルチでもコンボドライブでも価格が変わらない為か標準搭載。今更CDは有り得ず、法人向けでブルーレイにする意味も無し。

インターフェイスは結構充実しており、USB3.0x1とギガLAN(1Gbps)は優秀。無線LANのn対応カードとBluetoothが標準も後付の必要無し。

肝心のタッチパネルモニタは、他社が解像度1600x900で出しているところ、比較的表示が小さくなるフルHDとはいい度胸をしております。しかし21.5インチも有ればフルHDでも良さそう。

そして最大の特徴かも知れない点が一体型PCの割にバッテリ搭載。でかいノートと思えば普通かも知れないけれど。

マウスに限らず国内のPCメーカーのバッテリ駆動時間測定方法は揃ってJEITAなので、通常使用で1.2時間はまずもたない。60分を切れると思われバッテリ駆動メインには使えないかと。

要するにこういう事ですな。

バッテリを内蔵し、停電時のデータ損失を防ぐことができる

小型でうるさくないUPS(無停電電源装置)が内蔵されていると思えば無いよりは良いと考えるべきでしょう。

関係無いけれど、デスクトップ用のATX電源でも10分駆動くらいで良いのでバッテリを載せて欲しい、と思ったものの、軽く1万円を超えると思うのでやはり要らない。

特徴をまとめると。

  • OSが標準でWindows8 Pro
  • 21.5型フルHDでタッチ操作可能
  • 1時間くらいと思われるバッテリ搭載
  • Celeronで良いなら7万円、i7なら10万円

HDD容量320GBが大き過ぎるならSSD推奨

おそらくHDDの320GBは在庫処分。仕様の違いはストレージのみ。

mouse-pro-a-ssd-120gb.jpg

HDD搭載機は約5千円値引きになっておりますが、インテルSSD520シリーズの120GBは1月上旬現在で最安1.2万円、HDD 320GBは4千円くらいなので単品販売での差額は8千円。

同価格になるわけが無く、HDDを売りたいだけの上手い見せ方、悪く言えば騙し方なので、数年間利用しても120GBを超えないならSSDにしておきましょう。

業務用となれば効率重視。下手にCPU性能を上げたりメモリを盛るより、HDDをSSDにした方が時間短縮になるはず。

但し、Windows8という時点で生産性はWindows7より遥かに低下すると思われ、それが嫌なら冗談以外での導入はやめておきましょう。

社長のマインスイーパー専用PCとしてならお勧め。

 

他メーカーの一体型PCとの性能や価格を比較

冒頭からマウスの一体型PCが比較的安いと申しておりますが、現在の一体型PC、しかもWindows8タッチ対応がどのくらいの相場かご覧有れ。

価格コムのデスクトップPCより、条件をWindows8、更にWindows8のタッチ対応モニタとし、価格昇順(安い順)に並べ替えた上位いくつか。

windows8-touch-board-pc-kakaku-2013-01.jpg

source:価格.com - デスクトップパソコン スペック検索

最安は日本HPで約7万円。マウスPro Aの最下位機種とほぼ同じ。

しかし性能はHPの方がやや上。理由はマウスはモバイル用パーツで固めており、HPはデスクトップPC用パーツを搭載している為。モバイル用はデスクトップPC用と比較し、高額な割に性能が低めになるもの。

大きな違いは、HP側は定格3.3GHzとCore i3にしては性能高めなCPUが載っており、HDD容量が500GBな点。そしてモニタサイズが20型とマウスより微妙に小さく、解像度が1600x900。

HP直販サイトで更に詳細を見ると、地デジのダブルTVチューナまで載っておりました。これは凄い。必要なら。

マウス側は8がPro、そしてバッテリ搭載という利点。どちらが良いかと言えば、個人的にはマウスのSSDモデル。CPU性能はHPの方が高くとも、動作はマウスのSSDモデルの方が速いと予想。

どうしてもパソコンでテレビが見たいならHPも有りでしょうな。

最安2位以下はソニーが並び約8万円またはそれ以上。新しめな製品で取り扱いが1店舗の場合はメーカー直販の目印。ソニーなら標準で3年保証、送料無料なのでこれはこれで有りでしょう。

VAIOと言えば高級というかぼったくりなイメージが有ったけれど、最近は高級機と低価格で上手く分けられているご様子。

ベアボーン(PC本体部分)がQuanta、ASUS、Clevoとかの違いでしょうか。故障する時は何でもするので気にしなくて良いと思うけれど。

 

PC業界を助けるには7の終息が必要(まとめ)

今回は敢えてWindows7仕様と価格を比較しておりませんが、性能を合わせるとやはりWindows8 PCは3万円かそれ以上高額。

原因はタッチパネル代が3万円くらいと思われ、これが値下がらない限り、生産性が7に劣る8では無理が有りましょう。

PCメーカー視点で見ると、この差が埋まらない限り法人向けPCなら今後も7が有利。BTO PCメーカーは7を売り続けているけれど有名メーカーは8へ移行済。需要と供給のバランスが合っていない。

マイクロソフト視点で考えると、MSとしては7が売れようと8だろうと同じWindowsのライセンス販売。7の方が高いと仮定すると、どちらが売れても問題無し。8でタブレットPC市場も取るつもりなら増益になる、と勘違いしていそう。

MS的にはもう少し様子を見たいかも知れないけれど、8の影響でPCメーカーは決算(標準3月として)までの約1/3年分前年割れと予想出来、今年は丸ごとWindows8なら来年にはPC事業から撤退するメーカーも出て来るかと。

余計な世話や妄想だけれども、ここは思い切って7を年内に終息させて全部8にした方が救いがございましょう。パソコンの単価が3万円上がるなら、一体型PCは5年くらい、ノートPCは3年前の相場になりPCメーカーも潤うはず。

というわけで、本当にそんな事をしたら消費者視点として私ならWindows7(DSP版)をまとめ買いするのでVistaどころでは無い長い氷河期になりそう。

Windows2000~7までのUIに変更出来るような、Windows ClassicとかWindows Legacyなども出して、8以降と住み分けさせると良いと思うけれど、MSは顧客満足より自社満足だからやらないでしょうな。


法人PC導入担当の人へ:Windows8にリプレースするなら見た目や営業に惑わされず、必ず一度は触りましょう。可能なら自分用に8かServer2012を1台借りるか買うかして慣れるまで利用を推奨。

タッチ操作(モダンUI)不要でデスクトップ画面のみの利用なら、お名前.comのデスクトップクラウドの14日間無料試用という手もございます。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

マウスコンピューター

高性能: ★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★★

初心者: ★★★★★

令和時代の鉄板スタンダードなPC初心者向けメーカー。標準構成のバランス感覚が突出しており、私でさえケチを付けることが滅多にできない。性能の下から上まで幅広く実用的。

パソコン工房

高性能: ★★★★ 保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★

初心者: ★★★★

性能とパーツの相場がある程度わかる人なら標準構成が多いのでコスパ重視で選びやすい。同じに見える同じ価格でも仕様の違いがどうなのか判る人には最適。

ドスパラ

高性能: ★★★★ 保証: ☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★★

昔はドスパラ=BTOだったけれど最近は普通のパソコンに力を入れておらず、2018-2019年の偽インテルチップ中華SSDの件が未解決なので信用問題的に何とも言えない。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

10年以上前まではDELL=初心者向けの安いパソコン、それはもう通用しておりません。クーポン適用後が適正価格だと見抜けるパソコン詳しい人向け、または大人買いで割安になる法人向け。

日本HP

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★☆☆

コスパと性能以外にも見た目も重視したいならHPのノートも選択肢としてアリ。自社製造状態なのでBTO=ダサい印象は払拭されるかと。デスクトップは法人用、ゲーミングは海外向け。

FRONTIER

高性能: ★★☆☆☆ 保証: ☆☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ☆☆☆

初心者: ★★★☆☆

フロンティア神代の解散後、現所長のパワハラがひどいとタレコミが複数あり、私から内情を運営会社へ伝えると逆ギレされて私を訴えるぞと謎すぎる返しがあり困惑中。

サイコム

高性能: ★★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★★

初心者: ☆☆☆☆☆

PC自作しない中~上級者向け、昔ながらの2chおっさん御用達な鉄板メーカー。動かない構成でも購入できるので初心者にはおすすめ不能。量産系BTOのようにコスパ悪くならないのでサイコムだけは自由なカスタマイズを激しくおすすめ。

※並びはBTOメーカーの知名度の順(暫定)で、大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
格安SIMなb-mobileを勝手に評価
格安SIMなLinksMateを勝手に評価

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。