性能で売り込むマウスと安売りで販促するDELLの差

2017年11月22日

DELLとマウスが販促を開始。

マウスは新CM公開記念PCとグラフィックカード搭載のノート。DELLは値引きクーポンコードをバラ撒いており台数限定で最安約2万円のノートとデスクトップPCなど展開しております。

目の付け所に差がある感じ。

価格で勝負な以前のDELLに戻った感

以前のDELLとは、低価格帯の最も台数が出る売れ筋を薄利多売することで成り立っているとDELL本に書かれており、最近の高性能かつ高価格帯PCの宣伝しまくりとは逆。

というわけでこちら。

dell-sale-2017-11

1~6番の全てが本当。

値上げしておいて値引きしているのでは無く、通常価格からの値引きとなっているのでDELL製品にこだわりがある人も無い人にもコスパ的におすすめ。

特にモニタとサーバは定評のあるメーカーだと思われ、購入を検討していたなら今がチャンスかも知れない。

普通の人にはこれが目玉商品でしょう。

2万円PC

さすがに今時2万円ではまともなパソコンは買えないところ、2万円の税別ながら送料は込な点がDELLの強み。

共通して、CPUがCeleron、メモリ4GB、HDD 1TBなのでケチっているわけでもAtom系CPUで罠を仕掛けているでも無し。

Celeronが気になるけれど、ノートの方は3865UでありコードネームKaby Lake。クロック1.8GHzまで上がるデュアルコアにて軽作業用なら必要充分かと。

CPUのインテル公式価格は107ドルという事は、CPUとメモリとHDDの時点で2万円の価値とするならノートPC本体部分がタダ状態。

デスクトップのCeleronはG3900、Skylakeでクロック2.8GHzまで上がるデュアルコアとなっており、こちらはインテル価格42ドル、価格コムの最安はBOXで4千円くらい。

割安感が強いのはもちろんノート。性能の高さで言えばデスクトップのCeleronは一昔前のPentium並と思われ、モニタが余っているならデスクトップの方が用途広そう。

台数限定のクーポンは販売期間により変化。

  • 11/22~11/24・・・200台
  • 11/24~11/27・・・300台
  • 11/27~11/28・・・200台

いずれも午前2時半更新なので、例として24日の午前2時半に行けばゲット出来る可能性が高いはず。

ちなみに11/22の2時半まで分の300台は今これを書いている11/21の23時頃すでに消化済。

vostro-3267-3568

意外と転売屋が買いまくっているのやも知れず。手軽なノートの方は3万円でも売れると思う。

もう1つ軽いやつも。

メルマガ抽選

なぜかメールアドレス以外に氏名も入力しなければならない、法人なら社名も入れなければならないメルマガ登録で抽選3名にNew Inspiron 15 5000が当たる。

15の5000は型番同じで2種類あり、メルマガページには第8世代Coreプロセッサ搭載と書かれていたのでこちらかと。

New-Inspiron-15-5000

更にSSD搭載とも書かれていたので左の2つが消え、価格的に考えると右から2番めの9万円台になっているやつか。全12モデル中7つがSSDなので不明ながら、どれも10万円級なので当たれば即売り飛ばしても良さそう。

大幅値引き、貰えるかも。販促の王道ですな。

 

性能アピールで勝負に出て来たマウス

ノートPC背面中央、その位置にチーズのロゴはやめた方が良いと思ったCM公開記念の4,000台限定モデル。

m-Book-B504H

これ持ってスタバでドヤる人は居ないとするなら良いのだろうか。

価格は約10万円。

m-Book B504H

CPUが409ドル、メモリ類の高騰でSSDとRAMが高いので10万ならコスパ良い方でしょう。4コア/8スレッド可能な高性能CPU搭載して何をするかは知らないけれど。

フルHD解像度の光沢液晶パネルなので動画鑑賞用だろうか。15.6インチで重量2kg、バッテリ4.4時間らしいのでモバイル用では無い半固定設置タイプ。

もう1つも15.6インチのノートPC。

m-Book-K686

こちらも約10万円。

m-Book-K686BN

価格は同じでCPUが1世代前、SSDでは無くHDDになり、代わりに特徴としてグラフィックカードを搭載。

GeForce MX 150とか見慣れない型番なのでPassMarkで性能見て来た。

mx150

source:PassMark Software - GPU Benchmarks - High End

マウス的にはGTX 950Mよりほんのり高性能、自作PCユーザ向けにはGTX 550 Tiと同じくらいの性能かも知れないと表現した方が分かりやすそうですな。

3Dでも軽めなゲームならば動く、重いやつでも設定を落とせば何とかなるかもな、どうしてもノートでゲームをしたいが10万円くらいしか出せない人用として。

 

一般PCユーザはDELLとマウスどちらを選ぶか

パソコン選びは人それぞれで様々な要因があるだろうけれども、今回の2種類で分かり易い方は断然DELLかと。

普段の価格より割引されており、特に2万円PCはDELLがどのくらい本気で売りたいか、ガチで値引きしているかが伝わりやすい印象。

逆にマウスの方はまず性能の見方が判る前提。なぜ10万円なのか不明な人にはDELLの方がハードルが低く、マウスは割とPC変態な人にしかその価値が解らない。

違和感があるのはマウスの台数限定の機種で、CMにつられてきた一般PCユーザ向けとして、今時10万円も出してパソコン買うのだろうかという疑問。

以前のCM公開連動の3万円台PCは分りやすかった。手頃な価格、それなりに使える、3年くらいもてば元を取れる感。

マウスのプレスリリースは毎回といえるほどどのような人が買うのかを考えて構成していたと思うので、今回のCM記念は何か少し違う気がした。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメント(3)

>GTX 550 Tiと同じくらい
Kepler世代のGTX650のほうでいいものを、なんでわざわざ暗黒のFermi世代持ち出すんですかね(震え声)

性能たいして変わらんのにTDP見てみ
GTX650 → 64W
GTX550Ti → 116W

地雷として名を馳せたカードのほうなんですがソレは(白目)

DELLのキャンペーンでお買い得のモニタだと、20%オフの「P2418D」あたりでしょうかね。23.8型で非光沢のIPS液晶。画面解像度は2,560×1,440と、フルHD以上4K未満でちょうど良さ気。価格は 30,980円が20%オフで 24,784円。

Dell プロフェッショナルシリーズ P2418D 23.8インチワイドモニタ
https://japancatalog.dell.com/pd/P2418D.html

>さすがに今時2万円ではまともなパソコンは買えない
中古なら通常用途に問題ない程度のPCは買えますね。CPUはPentiumDCからCore i3、場合によってはCore i5まで。私的には低スペックでも新品が良いですけれど。

>その位置にチーズのロゴはやめた方が良い
マウスコンピューターなのにマウスもコンピューターも無いロゴには、相変わらず違和感を覚えます。以前のシッポが出ていたロゴの方が好きでした。

>フルHD解像度の光沢液晶パネルなので動画鑑賞用だろうか
その用途で512GBのSSDはもったいないですね。ゲーム用としてはGPUが貧弱。CPUとストレージが高速、メモリもそれなりに多いとすれば、動画変換とかRAW現像とかには向いているやも。

>GeForce MX150
スペック的にはGeForce GT 1030と同等ですね。フルHDでのゲームプレイは無謀ですが、HD(1,280×720)くらいで画質を標準~低品質くらいに下げれば、40FPSくらいを維持できるゲームもありそう。CPUがけっこう高性能ですから、思ったより頑張れるゲームタイトルも多いやも。

>New Inspiron 15 5000
個人的にはイーサネットが10/100 RJ45イーサネットネットワークなので残念です。

>4コア/8スレッド可能な高性能CPU搭載
i7 8550Uは省電力のCPUですが高性能ですね。

PassMark - CPU Performance Comparison https://www.cpubenchmark.net/compare.php?cmp[]=2863&cmp[]=3064&cmp[]=2607

製品の仕様情報 - Intel® Core™ i7-8550U Processor (8M Cache, up to 4.00 GHz) https://ark.intel.com/ja/products/122589/Intel-Core-i7-8550U-Processor-8M-Cache-up-to-4_00-GHz

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。