マウスがAmazonでBTO PCをセミオーダーで販売開始

2016年4月25日

マウスは入力装置の方では無く旧マウスコンピューター。

直販以外に楽天でもショップを出店しておりネット通販している事は知っていたけれど、今回はAmazonでも販売、しかもセミオーダーと称しカスタマイズ可能なBTOパソコンを売り始めております。

何がどうなっているのか適当に見て参りましょう。

マウスがAmazonでBTO PCをセミオーダーで販売開始

元ネタはこちら。

Amazon.co.jp: マウスコンピューター セミオーダーデスクトップパソコン
https://www.amazon.co.jp/b?node=4210589051

mouse

元からBTOパソコンという仕組がセミオーダーなので同じ、または似たようなもの。デスクトップパソコンと付いている辺りはここでノートPCを販売する予定は無いのでしょう。

販売中の機種は5つと少なめ。

5機種

少ないイコール悪いわけでは無く、セミオーダー(カスタマイズ)出来るのだから増やす必要性が低く、増やし過ぎない方が分かり易い。但し上のような分け方は分かり難いと思う。

余計な世話ながら私なら、

  • ゲーミングPC
  • インテル入ってる標準PC
  • コスパ重視PC
  • スリムケース

の4種類。IntelとAMDの違いが解るような人はここでは買わないだろうから、インテルは有名なので残すとしてもAMDの良さが解るようコストパフォーマンスに置き換えるとか。

それは良いとして、ゲーミングなPCの販売ページはこの状態。

NM-I56041G96MX-ZB

色やサイズの変更をパーツへ置き換え項目を増やした感じですな。

オフィスは選べないもののパーツは主要な部分が一通り揃っており、上の画像では見えていない最下段でOSの選択も可能。

しかしこの構成で約13万円は盛り過ぎでは無かろうか。ざっと見たところ私の脳内価格コムによると自作ならば10~11万円くらいになるはず。

なぜ高くなっているかはこれが原因。

メカニカルキーボード付属

G-Tubeオリジナル~のキーボード&マウスが付属しております。たかがキーボードとマウス、と侮ること無かれ。

これと、

G-Tune黒軸

これが付いております。

G-Tuneレーザーマウス

「こんなものマウスの言い値だろう」とも思う事無かれ。

確かにやや高めな設定では有るものの、上のキーボードはメカニカルキーボード、Cherryの黒軸なのでマウスオリジナルでは無くとも相場は安くて1万円前後。

赤LED内蔵やオリジナルという事で希少価値が有るとするなら2万はやや高いものの妥当かも知れないくらい。キーのタイピング音がうるさくても良いなら約1万円は有りでしょう。

下のゲーミングマウスは良く分からないけれど、形のみで見るとCougar Gaming Mouse MOC600Oが近いというか同じ。

MOC600O

source:Amazon.co.jp: Cougar Gaming Mouse MOC600O

米国発送な為か1.4万はさすがに盛り過ぎ、海外では60ドルくらいなので7千円が妥当か。ならばマウスの約5千円は(これで良いなら)安い方と言えそう。

もう1機種、ゲーミングでは無い物も見ましょう。

LM-A10041P-ZB

こちらもやけに高い気がするのでマウスの直販で売っているモデルと比較。これの仕様が上の機種に近い。

LM-AR352E

WindowsやCPUなどをAmazon側でカスタマイズし合わせてみた。

LM-A10041P-ZB-custom

差額は17,700円、Amazon側の方が高い。

しかしマウスの直販は税別で送料も別、Amazonは込々なので合わせようとすると、39,800+送料で42,800円、税込にすると46,224円。

差額は11,276円まで狭くなったものの相変わらずAmazonの方が高額。どのくらい高いか率にすると19.6%なので約2割。

AmazonのPC販売手数料は100円+8%らしく、カスタマイズするという特殊なページなのでもう少し盛られているのか。いずれにせよ直販で購入した方が良さそうですな。

 

Amazonで販売するマウスの利点が良く解らない(まとめ)

買う側視点での利点を考えてみましょうか。

  1. 税込表記かつ送料無料なので分かり易い
  2. Amazonユーザからのレビューを期待可能
  3. 決済や購入履歴などもAmazonなので手軽
  4. 合わせ買い対象など他の商品も同時購入可
  5. カスタマイズの表記がシンプルな点も良い

1~4はAmazonだからという理由。

5はPC詳しい人には異議アリかも知れないけれど、詳しく無い人向けと思えば主要パーツ数種類のみ変更可能な所は、カスタマイズが少ない、というより、完成品プラスαとして変更可能、と言えば利点。

ところが販売側のマウス視点で考えると、

  • 販路の拡大

この程度しか利点が無いと思われ、逆に難点としては、

  1. 在庫管理が大変(特にパーツ変更)
  2. Amazonから販売手数料を取られる
  3. 悪い評価が盛大に付きまくる可能性

1は社内でどうにかなるとしても2が痛く、3はヤバいほど低評価が大量に付くとイメージ悪くなってしまいましょう。Amazonは在庫切れてもページは削除されないので恒久的に残ってしまうリスクがございます。

おそらく、「とりあえずやってみよう、駄目なら引っ込めよう」的な考えだろうと思われ長続きするかは疑問。

しかしDELLやパソコン工房などもAmazonで完成品PCの販売はしており、Amazonアソシエイトはアルファブロガーによるアフィリエイトが強い印象が有る為、もしかすると上手く行くのかも知れない。

Amazonのパソコンカテゴリの販売手数料は8%との事。マウス持ちなら良いけれど、商品代に盛られていないか直販と比較する事をおすすめ。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメント(3)

>直販以外に楽天でもショップを出店しておりネット通販している事は
>知っていたけれど、今回はAmazonでも販売

個人的なイメージは「amazon>>楽天」ってな感じかな。

楽天の使いづらい点は
広告まみれ
検索では商品同じの並びすぎ
決済システムに送料無料が反映されず不安
エントリー登録がめんどい(キャンペーンなら勝手に反映して)

>販路の拡大

PC詳しくない人にしたら、「amazon>直販」の方が安心な気がする
PC詳しい人は直販で買うだろうから、購入層が分かれそう

知名度も多少上がるかなw

あと、アウトレットとかタイムセール販売もできるかも

>悪い評価が盛大に付きまくる可能性

レビューは楽天でもレビュー書かれているからなんとかなるのでは?
※楽天レビューは送料無料とか割引とか狙いで嘘くさいの多いけど

>Amazonは在庫切れてもページは削除されないので
>恒久的に残ってしまうリスク

在庫切れページは楽天の方が残ってる感じがするw

>販売中の機種は5つと少なめ
スリムゲーミングはなかなか攻めていますね。電源はカスタマイズできないものの、ビデオカードは最高でGTX 960を選べますから、スリムケースながら400W(NVIDIA公式サイトの「最小限必要な電力」を参照)も積んでいるのでしょうか。

>G-Tubeオリジナル~のキーボード
左Windowsキーを排除、変換や無変換キーを排除、右Windowsキーをロック可能、スペースキーを巨大化、ソフトで設定すればキーの割り当てを変更したりマクロを登録したりが可能、LEDバックライト有り、応答速度を変更可能(最高1,000Hz)、などゲーミング要素が多いですね。普段使いでもなかなか役に立ちそうです。

>直販で購入した方が良さそう
Amazonで注文する利点とすれば、デスクトップPCなのにギフトラッピングに対応してくれる所と、もちろん有料ですがモノによってはクロネコ延長保証サービスに加入できる点くらいですかね。

Amazon.co.jp: デスクトップパソコン 3年 長期保証(60,000円~64,999円)
http://www.amazon.co.jp/dp/B017L7HHB4
5,460円

Amazon.co.jp: デスクトップパソコン 3年 長期保証(90,000円~94,999円)
http://www.amazon.co.jp/dp/B017L7HR0U
8,190円

Amazon.co.jp: デスクトップパソコン 3年 長期保証(125,000円~129,999円)
http://www.amazon.co.jp/dp/B017L7I25Y
11,380円

ヨドバシAkibaにマウスコンピューターのパソコン専門店がオープン | マイナビニュース
http://news.mynavi.jp/news/2016/04/20/198/
マウスがヨドバシにも進出w

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。