[おまけ] ストレージ容量のアンケート調査結果(2012年10月)

2012年10月15日

ストレージ容量に関する調査。

敢えてSSDやHDDと限定しなかった理由は回答者に決めて欲しかった為。今回の調査期間は約7日間、内1日が祝日という不利な条件であったものの、1問1択の為か回答総数は1,318とかなり多め。

おまけ記事として手短に参ります。

調査期間は、2012年10月7日(日)から2012年10月14日(日)、いずれも午前10時頃開始と終了の約1週間。

以前のWindows8発売前調査ノートPCに関するアンケートと同様、経過は開始から終了まで公開しており、情報操作などしていない証明として。

 

これだけ有れば充分と感じるストレージ容量は500GBが最多

私のてきとうな予想では、充分と感じる容量は120~250GBくらいでは?と思っていたけれど、500GBは必要なユーザが多め。

左は票数、右は割合。データ(ソース)は同じ。

storage-capacity-research.gif

左の棒を見ると500GBを頂点とし、1TBや250GBが高くなっており、次いで2TB、その次でようやく120GBとなっておりますな。失礼。

過去記事でそんなに大容量が必要なユーザは多いのか?と書いておりましたが、意外と多かった。

左を見ると結構差が有るように見えるけれど、右の円を見るとどの容量も大差無く見えているのは私だけでしょうか。

60GBで充分なユーザは稀、120GBも全体の1割に満たず。大容量を見ると1TBや2TBの需要は有れど3TBが不人気。2TB以上認識の壁を超えるか否か、でしょうか。

ちなみに当サイトのXPユーザは9月の1ヶ月間で約34%なので、偏っているとは言えないかと。

人気順に並べ替えて見たグラフが以下。

scr-ranking.gif

120GBまで直線が描けるような需要のばらつき。これでは良く分からないので、別の表現にしたグラフを次で。

 

SSD容量と価格の普及ラインはまだ先か?(まとめ)

容量の少ないものから票数を累計。「わからない」は除外。

scr-share.gif

今回の結果を容量別の充分度としてまとめると。

  • 120GB・・10人中1人
  • 250GB・・4人中1人
  • 500GB・・2人中1人

SSDは既に250GBクラスのコストパフォーマンスがそれ未満の容量と同じ、または優秀になっているものの、250GB程度で足りると感じるユーザはまだ4人中1人くらいと低め。

500GBになると半数のユーザが充分と感じていると言えるけれど、この程度では全PCがSSDになるのはまだ先でしょうな。500GBのコスパがそれ以下の容量と同じになっても、メーカー側は単純にSSDとHDDを半々にする事に。

累計で見ると1TBで7割なので、SSDが本格的に載りまくるのは1TBから。しかしこれは矛盾しており、現行のノートPCのHDDは1TB以下というより未満が多め。

各容量の投票別の数値より、累計の方が参考になりそうなので、PCメーカーの中の人が見ているなら社内でご利用有れ。

ナショナルブランドのノートがSSD標準になり、BTOメーカーのデスクトップがHDDのまんまで売り続けると、一般PCユーザは「ノートの方が高性能」と感じる事にも繋がり、ますますデスクトップが売れなくなりましょう。

以上、アンケートへのご協力有難う御座いました。


補足:今回の調査結果の転載はご自由に。数値をいじらないなら改編され ても結構。Webサイト(ニュースやブログなど)なら当記事または当ブログ(https://btopc.jp/)へソースとしてリ ンクを。社内など紙で使用するなら出典表記の有無は不問。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。