HPが本気です「メイド in 東京」を大々的に宣伝中

2010年4月20日

以前から有りましたが、HPのMade in 東京。

東京で生産しているのは組立のみで、東京で基板やハードディスクを製造しているわけでは有りません。DELLとの差別化でしょう。左のリンクで言えば、DELLとHP以外は全て国内で生産出荷しており、特にどこで作ったなど言うものでも無く。

国内生産と言えば、今は無きSOTEC(現オンキョー)の「倉吉品質」が記憶に新しいとは言っても、既に半年以上も前の事。鳥取県で生産したから何だというのか。確かフロンティアも国内生産とやたら通販サイトに書いていた気がします。

日本HP 東京生産
http://h50146.www5.hp.com/promotions/ad/pc/made_in_tokyo/

hpの東京生産

世界シェア1位はダテじゃない。今度は日本です。

右上の「東京生産の裏側を知る」から、Flash動画のサイトへ飛べます。

hpのBTOパソコン抜き取り検査?

私は修理オンリー、生産の事は全くと言って良い程知りませんが、カスタマイズで生産されたBTOパソコンを抜き取り検査とはこれ如何に。抜き取るなら部品の段階だろうと突っ込みたくなりますが、これ以外に突っ込み所の無い安心感抜群のシナリオです。

右の漬け物石が気になりますが、もっと気になる事は東京生産ではございません。

HPがmade in Tokyoなら、サイコムはメイドインさいたま。それは良いとしてFaithやドスパラはメイドイン秋葉原でしょうか。HPのメイドインはひと味違う。

 

メイドin秋葉原(系というか何かそういうの)by.HP

最近のHPは蝶柄のノートなど出しており、突っ走り気味ですが

日本HP Directplus (10.04.12) e9360jp/CT s5330jp/CT HP x アイドリング!!! メイド in Tokyo キャンペーン第2弾
http://h50146.www5.hp.com/directplus/personal/promotions/desktops/20100412_maid_in_tokyo/

メイドイン東京というかHP

これはやばい。メイドですよ奥さん。

ドスパラやマウスが窓辺ななみPCとか言ってる間にHPは三次元です。

さすがにHPもメイドをトップページで宣伝はしておらず、この画像では控え目過ぎ、会社からこのブログを読んでいる方々に申し訳無いため、ハデ目な画像を探して来ました。

日本HPがメイドとコラボした! | RBB TODAY (ブロードバンド情報サイト)
http://www.rbbtoday.com/article/2010/01/25/65209.html

hpの工場でメイド3人

 

3人に増殖!?

 

違います。これは1月の第一弾で有り、今回のメイドインHPとは別モノ。

日本HP、「メイド in TOKYO」キャンペーン第2弾開始 | パソコン | マイコミジャーナル
http://journal.mycom.co.jp/news/2010/04/12/068/index.html

マイコミジャーナルのメイド2

これは素晴らしい。

HP独特の黒いツヤ有りミドルタワーとマイクロを若干スリム化したオリジナルケース。フロントベゼルには各社ロゴがアピールされており、キーボードもオリジナルでしょう。大丈夫か?HP

メイドネタを喜々として書いている私が大丈夫なのかと自分を問い詰めたくなりますが、HP公式サイトに有ったクイズに挑戦!!<ノリノリじゃねぇか

日本HP Directplus (10.04.12)HP x アイドリング!!! メイド in Tokyo キャンペーン第2弾
http://h50146.www5.hp.com/directplus/personal/promotions/desktops/20100412_maid_in_tokyo/maid_in_tokyo_sp1/

HPのクイズFlashアイドリング

とりあえず3号。ドラゴンボールを思い出しました。

ひつじ・・

何ということでしょう。漢字変換が出来ず白けて中止です。

次回の第三弾に期待します。

 

冗談はさておき。 やや本気でしたが気にしない。

HPが今回宣伝しているメイドイン東京の二機種、AMDの良さが判る人間なら充分安いのでは無かろうかと。私は修理当時でのトラウマでAMDロゴを見ただけでパンチしてキャンセル昇竜拳したくなります。

hp pavilion desktop

CPUの価値が良く判りませんが、他の構成を見ても大した性能では有りません。しかし普通にインターネットやメール、稀にパパ地デジ使っちゃうぞーな家族には安い良い仕様。地デジが付くかは知りません。

インテルで言うCore2DuoなNVIDIAのGF8400程度かと適当に想像しますが、18.5型モニタ付で5万円なら入門用に最適。

しかもさすがHP、上手い事に回線と抱き合わせでスーパーファミコン並の価格となっております。それでも納得しないなら100円PCを勧める導線。完璧です。

AMD系の自作マニアに荒らされそうな言い草ですが、安く買うならAMDのRADEON挿し。DELLは最近は本気で納品が遅いらしいので、5営業日出荷を厳守するらしいHPも選択肢に入れて見るのも手かも知れません。

内容に触れていませんが、FlashのクイズはHPの納期など真面目な内容です。周囲に誰も居ない事を確認して、思う存分メイドさんでハァハァして下さい。

もっと写真や動画が見たいならこちら。

HP×アイドリング!!!モデル第2弾! 今回もメイド姿でオススメします!!!
http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/018/18092/

久々に阿保な記事を書こうとしましたが、以前程のテンション出ずグダグダで終わります。

 

<この記事が最後まで読めた人は おそらくこれらも読めます>

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメント(2)

hpほどの企業であれば、IQCはやっていて当然でしょう。それよりもユーザー目線から説得力のある見せ方としては、OQCの方が効果的かと思います。

IQC=受入検査
OQC=抜取検査

品質管理の基本です。

PCの製造工程であれば、受入検査後、エージングを含めた動作検査もあるので、OQCで見る部分というのは梱包仕様書通りに梱包されているか、マニュアル等の資材に欠品がないか、PCの中に異物が入っていないか、製造工程で外観に傷がついていないか等見る部分はいくらでもあります。

またOQCは組み立てを行っている工員へ「貴方たちの作った製品がちゃんと仕様通りにできているかチェックしていますよ」と、工員の意識付けにも意味のあるチェックです。

そしてOQCで見つかった問題点を該当する部門にフィードバックしてPDCAサイクルにのせることも当然します。

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。