NVIDIAがMade to GameでGeForce 10を在庫処分?

2018年8月 1日

NVIDIAが謎のキャンペーンを開始。

Made to Gameと称しゲームやSSDとのセットな割に通常のグラボ価格より安いという、一見すると在庫処分や叩き売りとも言えそうな安売りを開始しており、2chで話題のようなので便乗。

適当に見て参りましょう。

GeForce 10シリーズの在庫を一掃?

元ネタはこちら。英語。

NVIDIA Clears Away GeForce 10 Inventory To Make Room For Next-Gen Cards
https://wccftech.com/nvidia-geforce-10-inventory-clearance-next-gen-geforce-graphics-cards/

made to game

source:GeForce 10 Series Cards are Back in Stock | NVIDIA

単位がユーロなのでわかりにくい。1ユーロを130円換算すると以下。

  • GTX 1080 Ti・・・84,500円
  • GTX 1080・・・57,850円
  • GTX 1070 Ti・・・55,770円
  • GTX 1070・・・42,900円
  • GTX 1060・・・57,600円
  • GTX 1050 Ti・・・19,500円

微妙。

日本国内の価格と比較するならASK税込でが1ドル160円くらい換算なので安く見えるかも知れないけれど、高性能なグラボは米Amazonから買えば送料を支払えども上記の「このくらいでは?」と思える価格設定。

しかしゲームやSSDが付くと思えば、グラボが多少安くSSDなどがタダで手に入るとしてアリだろうか。

 

10シリーズは値下がりしているのか?

2chより。

  • 1:今までのGeforceシリーズのモデル末期でこんなこと無かったよな? やっぱ、1100シリーズの発表後は1000シリーズの値段爆下げしそうだな
  • 148:出しません、捌けるまでは!
  • 157:価格に在庫減らす意志が感じられんのが問題
  • 162:情報誌の小出しきてるね 8月には在庫処分本格化しそうだ

source:NVIDIA、GeForce 10シリーズ在庫一掃するよ:PCパーツまとめ

157に同意。

本気で在庫処分、早くGTX11シリーズを出したいとか噂では8月末らしいのでそれに間に合わせたいのならばもっと値下げしなければぬるすぎる。

米Amazonで同じ機種見ても品切れやプレミア価格なため、海外での定番のEVGAを参考にするとこのくらい。

EVGA-GTX-1080-amaus

source:Amazon.com: EVGA GeForce GTX 1080 Ti SC2 GAMING

約750ドルは1ドル111円換算で83,250円でありNVIDIA価格より1千円くらい安い。価格推移は以下。

EVGA-GTX-1080-amapl

1月は仮想通貨が高騰したためか品薄となり値段跳ね上がったのか、そこから暴落へと進捗したため現在はマイニングブーム前の価格まで戻りそうな勢い。

となると、以前噂になっていた「マイニングブーム終了でグラボ在庫過多が心配」は当たっていたのかも知れませんな。私はそんなことにはならないだろうと書いた記憶ある。

国内はどうなのか、GTX 1080 Ti最安はドスパラで値動きなかったので、最安2番手のMSI製品の推移。

MSI-GTX-1080-Ti-ARMOR-11G-OC

source:価格.com - MSI GTX 1080 Ti ARMOR 11G OC

先週より6千円くらい安くなり現在92,800円なので海外より余裕で高価なものの、やはりマイニングブーム前と思われる時期の価格に戻った感じ。

Made to Gameを謳うはNVIDIAなのでAmazonや価格コムの小売店は関係ないといえばない。

 

11シリーズが出る布石とは限らないが・・・

2chでは、さも11シリーズ新発売に向けての在庫処分だろうとやや決めつけている感があり、元ネタの英語の見出しもそう。

NVIDIAのパートナーは、プロモーションバンドルを提供することで、GeForce 10シリーズの在庫をクリアし、さまざまなカスタムグラフィックスカードの価格を引き下げます

ところが小見出しではこう続いております。

過剰なGeForce 10インベントリをクリアしようとしているのか、次世代カードへの道を拓くものなのか

単なる在庫処分なのか、次世代新製品を出すに出せないので安売りしているのか、元ネタのブログ記事でもわからない感。

GeForceが1千番台になり2年くらいなのでもう1100になれども早すぎず遅くもなく、問題はこれを知ってしまったなら「今は時期が悪い」が発動してしまうこと。

私は最新にこだわらないのでCPUとマザーボードはSandyBridgeが出る前月に1世代前にあたるBloomfieldとClarkdaleで新調したものの、グラボ、しかもNVIDIAとなるとそうは行かない。

GeForce 600番台から後のNVIDIAはタイムマシンでも作ったのかと思えるほど意味不明な高性能&省電力化が進んでおり、次の11シリーズに期待していたり、10シリーズなのに11へ乗り換える人も居そう。

グラボだけは中古や旧世代は避けたくなるモノだけに8月末に1180系が来る噂があるならば今は本気で時期が悪いでしょうな。

と言いつつ、本当に在庫処分や叩き売りがあるなら、GTX 1070が3万円台まで来たなら手を出すか、と思ったけれど、そんな金があるならSwitchかPS4買う私なら。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメント(3)

>単位がユーロなのでわかりにくい。1ユーロを130円換算すると以下。
すべてELSA製だったらお買い得。

>最安2番手のMSI製品の推移。
1080Tiってもう最安は10万円を切ったのですか。さすがに9万円を切るのは難しそうですが、平均価格が10万円台で落ち着くのも早そう。

>GTX 1070が3万円台まで来たなら手を出すか
推奨の電源容量は500Wですから注意。

>GTX 1070が3万円台まで来たなら手を出すか
そうなればPC版モンハンワールドのために本気出します。下がらなければ750tiのままのんびりMMORPGで露店放置を…

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

マウスコンピューター

高性能: ★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★★

初心者: ★★★★★

令和時代の鉄板スタンダードなPC初心者向けメーカー。標準構成のバランス感覚が突出しており、私でさえケチを付けることが滅多にできない。性能の下から上まで幅広く実用的。

パソコン工房

高性能: ★★★★ 保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★

初心者: ★★★★

性能とパーツの相場がある程度わかる人なら標準構成が多いのでコスパ重視で選びやすい。同じに見える同じ価格でも仕様の違いがどうなのか判る人には最適。

ドスパラ

高性能: ★★★★ 保証: ☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★★

昔はドスパラ=BTOだったけれど最近は普通のパソコンに力を入れておらず、2018-2019年の偽インテルチップ中華SSDの件が未解決なので信用問題的に何とも言えない。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

10年以上前まではDELL=初心者向けの安いパソコン、それはもう通用しておりません。クーポン適用後が適正価格だと見抜けるパソコン詳しい人向け、または大人買いで割安になる法人向け。

日本HP

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★☆☆

コスパと性能以外にも見た目も重視したいならHPのノートも選択肢としてアリ。自社製造状態なのでBTO=ダサい印象は払拭されるかと。デスクトップは法人用、ゲーミングは海外向け。

TSUKUMO

高性能: ★★★★★ 保証: ☆☆

コスパ: ★★★★ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

昔のマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。機種が少なく特徴的な少数精鋭状態なので選べる人を選ぶが、それにしても選びにくい。

FRONTIER

高性能: ★★☆☆☆ 保証: ☆☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ☆☆☆

初心者: ★★★☆☆

フロンティア神代の解散後、現所長のパワハラがひどいとタレコミが複数あり、私から内情を運営会社へ伝えると逆ギレされて私を訴えるぞと謎すぎる返しがあり困惑中。

サイコム

高性能: ★★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★★

初心者: ☆☆☆☆☆

PC自作しない中~上級者向け、昔ながらの2chおっさん御用達な鉄板メーカー。動かない構成でも購入できるので初心者にはおすすめ不能。量産系BTOのようにコスパ悪くならないのでサイコムだけは自由なカスタマイズを激しくおすすめ。

※並びはBTOメーカーの知名度の順(暫定)で、大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
格安SIMなb-mobileを勝手に評価
格安SIMなLinksMateを勝手に評価

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。