2016年上半期の国内PC出荷シェアが公開(by.MM総研)

2016年12月 5日

MM総研がメーカー別PC出荷シェアを発表。

2016年上期は和式となっているので4~9月を指しており、2013年度下半期以来5半期ぶりのプラス成長らしいので2年半ぶり。2年に渡り下がり続けていたのだからそろそろ前年比上回るのは当然。

月曜なので手短に参ります。

元ネタはこちら。

2016年上期国内PC出荷台数5半期ぶりプラス~MM総研調べ - PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1031176.html

m2ri-2016-h1

個人が減り法人が増えたそうな。

量販店および個人向けWeb直販の出荷は11.7%減の181.2万台で、逆に法人直販/販売店は13.1%増の304万台

半期で480万台くらいならば年間1千万台切れるくらい、と言いたいけれど、パソコンは冬と3月頃に出荷台数が増える傾向があるので1千万台は行くのでしょう。

MM総研が言うには、法人のWindows 7仕様の最終需要があったらしいけれど本当にそうなのだろうか。確かにDELL、HP、富士通がプラスなのでそうとも思えるけれど、NECレノボのマイナスはどうなのか。

もう一つ気になる箇所はここ。

PC市場の本格的な回復には個人向けPC/タブレット市場では浸透が進んでいるWindows 10の法人利用を一層加速させる必要があるとしている。

個人向けは主に遊び用なのでWindowsとか割とどうでも良さそうなところ、法人利用としては、やたらとゲームで遊ばせようとしたり、勝手にSkype連動するような10仕様は向いておらず難しいというか的外れでは無かろうか。

上期のPC総出荷台数は前年同期比2.3%増の485.2万台で、

JEITA統計もそうだけれども、上期が2年連続でガタ落ちしたのだからプラス2.3%程度では良くなっているとは言い切れない。

なぜ大手メディアは現実を見て事実を伝えようとしないのか。マイクロソフトがそんなに怖いのか、袖の下でも頂戴しているのかとさえ妄想余裕。

ここ4年のWindowsパソコンの歴史。

  • 2013年・・・8発売でパソコン売れなくなって来る
  • 2014年・・・XPサポート終了1年前で7特需の開始
  • 2015年・・・特需終了により反動でパソコン売れず
    下期はマイクロソフトのアップグレードテロが始まる
  • 2016年・・・上期終了にてアップグレードテロも終了
    下期の10月末でWindows 7仕様PCがほぼ出荷終了

書き換えてみましょう。

  • 2013年・・・Windowsが8になりPC嫌われる
  • 2014年・・・7仕様へ乗り換える人が多数
  • 2015年・・・7仕様へ乗り換え済の人が多数
    下半期はタダで10へアップグレードするPC増加
  • 2016年・・・駆け込みアップグレードで10が更に増加
    企業のWindows 7仕様PC需要が終わり今後はほぼ10

「ほぼ」と付けている理由はダウングレードなど一部でまだ7仕様は販売出荷されているはずなので、完全終了とは言い切れない為。

7で保留したい人や企業は2013~2016年の間に移行しており、10でも良いなら2015~2016年にアップグレードしているわけで、ここ3年の間にパソコンが新しくなったのだから再び売れ始めるのは来年以降と推測するが自然。

2016年11月の当サイトのアクセス解析を見て来ると、Windows内での7シェアは50.48%、10は38.47%となっており、次の特需は7サポート終了1年前を切る2019年の春頃からと予想。

但し、マイクロソフトが7を終わらせ(る事ができ)たなら。

というわけで、今後2年くらいは出荷台数が大きくは伸びないはず。パソコンが故障しなければ7残留の意思を持つ個人や企業が多いだろうから当たり前かと。

それでも無償アップは終わったのだし、パソコンは故障する物なのだから、一定の需要はあるだろうし、下がりきった前年と比較するならプラスは当然。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメント(1)

>DELL、HP、富士通がプラス
DELLの「51.5万台→62.6万台」と、11.1万台増、シェア2%プラスはけっこうな数字ですね。記憶が確かなら、魅力的なモデルが連発した訳でも無かったと思いますけれど、法人向けが大きく伸びたなら納得できない事も無し。

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

マウスコンピューター

高性能: ★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★★

初心者: ★★★★★

令和時代の鉄板スタンダードなPC初心者向けメーカー。標準構成のバランス感覚が突出しており、私でさえケチを付けることが滅多にできない。性能の下から上まで幅広く実用的。

パソコン工房

高性能: ★★★★ 保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★

初心者: ★★★★

性能とパーツの相場がある程度わかる人なら標準構成が多いのでコスパ重視で選びやすい。同じに見える同じ価格でも仕様の違いがどうなのか判る人には最適。

ドスパラ

高性能: ★★★★ 保証: ☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★★

昔はドスパラ=BTOだったけれど最近は普通のパソコンに力を入れておらず、2018-2019年の偽インテルチップ中華SSDの件が未解決なので信用問題的に何とも言えない。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

10年以上前まではDELL=初心者向けの安いパソコン、それはもう通用しておりません。クーポン適用後が適正価格だと見抜けるパソコン詳しい人向け、または大人買いで割安になる法人向け。

日本HP

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★☆☆

コスパと性能以外にも見た目も重視したいならHPのノートも選択肢としてアリ。自社製造状態なのでBTO=ダサい印象は払拭されるかと。デスクトップは法人用、ゲーミングは海外向け。

TSUKUMO

高性能: ★★★★★ 保証: ☆☆

コスパ: ★★★★ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

昔のマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。機種が少なく特徴的な少数精鋭状態なので選べる人を選ぶが、それにしても選びにくい。

FRONTIER

高性能: ★★☆☆☆ 保証: ☆☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ☆☆☆

初心者: ★★★☆☆

フロンティア神代の解散後、現所長のパワハラがひどいとタレコミが複数あり、私から内情を運営会社へ伝えると逆ギレされて私を訴えるぞと謎すぎる返しがあり困惑中。

サイコム

高性能: ★★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★★

初心者: ☆☆☆☆☆

PC自作しない中~上級者向け、昔ながらの2chおっさん御用達な鉄板メーカー。動かない構成でも購入できるので初心者にはおすすめ不能。量産系BTOのようにコスパ悪くならないのでサイコムだけは自由なカスタマイズを激しくおすすめ。

※並びはBTOメーカーの知名度の順(暫定)で、大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
格安SIMなb-mobileを勝手に評価
格安SIMなLinksMateを勝手に評価

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。